ご来訪、誠にありがとうございます。

 当サイトは官能小説につき18禁としております。 また性的描写に嫌悪感を持たれる方

の閲覧もご遠慮ください。 ご自身の自己責任において承諾頂ける方のみお楽しみ下さい。

また当サイト内の小説はすべて作り絵空ですのでご承知おきください。

--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-08-03(Tue)

巡査長 美咲 ~淫妖水魔編~

序章 プロローグ  ≪第一話≫

「ああん、いやいや、あっ、アッアッアッアッ、ダメダメ、アッ、アッ」
「行くぞ、デッ、出る」「ああ~ん、ハァハァハァ」「・・・」



「じゃあぁ、俺、こっちから帰るから、また今度な・・・」

とある都会の地下鉄へ降りていく階段の前、さっきまで情事が嘘のようにサッサと冷たく男は帰っていった。

都会暮らしに憧れ一人住まいを始めると仕事をしながらある劇団に入ると、
都会の生活は刺激も多く、開放的な気分に青春を楽しめた。

女性は男性と付き合った経験がない、
劇団に入るとこれも勉強だと先輩に口説き落とされ初めて男に体を開いた。

結果は嫌ではなかった。
男の人と付き合うっていうのはこんなに楽しいものだと初めて知った。

それから半年、すでに5人と性交渉を持ったがすべて劇団の人。

単身、都会の一人暮らしに憧れ青春を謳歌する一方、都会の冷たさにもふれ一抹の寂しさから、
男の言われるまま体を開くとそんな寂しさも癒される。

ただその反面劇団内で“させ子”の噂も立ち始め、劇団の気まずい思いをしていた頃、
コンパで別の男に優しくされ、先ほどまでベッドを共にしていた。

6人目。

彼氏になってくれるかもしれない・・・
そう思って男に体を開いた。

でも秘め事が終わると身支度をサッサと終えラブホを出たら急に冷めた感じにあしらわれ、
地下鉄へ降りていく階段の前で男を見送った。

“おまえ、ゆるいんじゃない?”男の言葉がグサリと心に残った。

“なによ”そう思って駅へと続く階段に振り向くと、その横に赤い看板が目に入った。

“あなたの悩み解決します 占いの館”
一人暮らしだし帰るのはまだ時間が早く勿体無かった。

別に占いでどうにかして欲しいとは思わなかったが、その時はなぜかフラフラと入って行くと、
中は狭く黒衣装の女が座っていたので、その前にある小さな椅子に座った。

「何もいわなくて結構です。 寂しいんですね」
「えっ、あっ、はぁ、はい」

「ならこれを試してください。 料金は結構です。 これを貴女の体で温め育ててください」
「えっ? 温める? 体で?」
「そうです」

「温めるって、どうすればいいのですか」
「女性の中に入れて温めるのです」
「女性って?」

「そう、女性の中です。 体の中」
「女性?って、あのぉ・・・、あそこですか」
「そうです、その中に入れて育てておいてください」

「そうすれば、どうなるのですか?」
「殿方との交渉がとっても素晴らしいものになりますよ」

「ずぅ~っと入れて腐ったりかぶれたりしないんですか」
「アハハ、大丈夫ですよ。 決してそのようなことはありません。 ただ・・・」

「ただ?」
「とてもひどく喉が渇くときがあります」

「それってどうなるんですか」
「欲望のまま、本能のまま動いてください。 そうすれば癒されます」

占いの女はさくらんぼ大の赤い実を2個手渡した。

家に戻ると好奇心いっぱいに自分のあそこに入れてみると、何も変化が起こらない。
温めるということは時間がかかるということ?

そう思ってそのままにしていると違和感もなく、ついつい忘れてしまった。

ある日、バイト先の男が声をかけてきた。
俺のアパートに来ないかという。

魂胆はミエミエだったけど何も知らないようについて行くと、やはりこの男も体を求めてきた。

抗う私を無理やり押さえつけ侵入すると腰を使い出す。

赤い実は眠っていた。
そこへ男性のものが入ってくるとその実の形を崩し男の亀頭部分にまとわりつく。

「いいじゃん、絞まるよ。 ああっ、きつい。 ああっ、でっ、出る。 このまま出してもいいか、いくぞ」

男は最後のフィニッシュが近づくと激しく腰を揺らし体内に放出していった。

グッ、ズゥ、ドッ、ドッ、ピュ~、ピュ、ピュ、ピュゥ~~~~~~~~~~~~
男は慌てた、なぜか射精は止まらない。

普通、男はどんなに長くても4~5秒、それが10秒たち、30秒経っても射精が止まらない。
男は悲鳴をあげ、体が痙攣を起こしても射精は止まらない。

男はコップ1杯以上の射精が終わると女の体の上で男はコクリと堕ちた。


「クッ、クッ、クッククク」

女は不気味な笑い声を上げ立ち上がると、上に乗っていた男は干からびて、
まるでミイラのような茶褐色に身を焦がした遺体はゴロンと転げ落ちた。

女は自分の体に異変を感じた。

両手を見ると小さくなっていく。
体が干からび小さく、子供のような体格になっていく。

「あああぁ」悲鳴をあげると、ひどく喉が渇き慌てて水道の蛇口から水を飲むと
「まずい!こんなまずい水は飲めるか! もっと美味い水をくれ」

そう言い残して男のアパートを飛び出していった。

2010-08-05(Thu)

巡査長 美咲 ~淫妖水魔編~ ≪第二話≫

第一章 第一の被害者

「緊急入電、緊急入電、0803、警視庁、通信司令室、20時33分入電、港区、高輪署管轄内にて女性の変死体の発見の通報あり。

所轄署は直ちに急行せよ。 場所は港区高輪6丁目○○-×× マンションプレジデント1505号室 至急急行されたし」



「おーい、山ちゃん、今、みんな出払って居ねえんだよ。 美咲君、誘って行ってくんね~かな」

「えー? あの新米をですかぁ? 勘弁してくださいよ」

「まあ、そう言うなって、我が捜査一課、六係の期待のホープなんだから」

「期待のホープ? 彼女が!? それこそ堪忍してくださいよ。 なんとなく苦手なんすよ、彼女」

「えー! 何? 彼女って誰のことよ」
お茶を3人分、お盆に乗せながら美咲が入って来た。

「あっ、美咲君、いいところに帰って来た。 今ね、高輪で03事件が発生したんだよ。
 山科君と一緒に行ってもらえんか」

「えー、私ですか? 2人だけで・・・ですか?」

「来てもらったそうそうに悪いんだが、今、他に誰もいないんだよ。
 まぁ直感だが03事件と言っても初動捜査だし、ややこしい話にはならんと思うから頼むよ」

「わかりました、美咲、山科警部補に同行します」

「まだ本庁の癖、抜けへんな、所轄は係長でいいんだよ」
「あんたこそ、関西訛り東京弁、止めてよね。 なんか変よ」

「ヘイヘイ、わかりもーした。 ほな、行きまっせ」
 山科は美咲をポーンと叩き、行くぞとばかりの合図をした。

「山科係長! 逮捕します!」
「なんだよ? 藪から棒に」

「今、私のお尻、触ったでしょ。 セクハラ容疑で逮捕します」
「うそつけ、腰だろう、腰。 なんだよ、美咲ちゃんのお尻はくびれたところに付いてんのか?」

「あ~~、わいせつ容疑で逮捕します!」
「そんなこと言ってねーで、行くぞ! 近いから歩いて行くからな」

さっさと出て行く山科に、美咲は慌ててお茶を載せたお盆を課長のデスクに放り投げ、
カバンをひったくる様に取ると慌てて出ていった。

「おう、ありがたい。 お茶、3杯ももらえる」
渡辺課長は独り言を言いつつ、出がらしの茶をゆっくりとすすった。



「美咲君、マンションプレジデントって知ってるか?」
「いえ、知りません。 なんとなく偉そうな名前ですね」

「あ~、有名人ばかりが住んでる超高級マンションだ。
 そんなマンションで死体が出たなんて、マンションの価値が下がるな」

「山科係長って、そういうふうに物事を見てるのですか?」
「いや、別に、フッとそう思っただけさ。 超高級マンションの値段が下がっても僕には前々関係ないからね」

ものの7、8分でマンションに着く。
15階に上がると近くの交番からの巡査が待機していた。

「ご苦労様です。 高輪署の山科です。 こちらが同じく美咲。 中の様子はどうですか?」

「特に荒らされた形跡はありません。
 第一通報者の高橋さんが今、マンション管理人室で待機してもらっています。
 現場は出来るだけ荒らさないようにしました」

「ありがとう、適切な処置です。 とりあえずガイシャを見せてもらえますか」

「こちらです」
巡査は先導し、リビングからベッドルームに続く部屋に案内した。

が、ベッドルームの扉の前に立ち、中には入ろうとせず「この中です」とだけ伝えた。

山科は無造作に入った。


「こ、こ、これは・・・、何?」


≪ 登場人物 一覧 ≫
港区 高輪署 捜査第一課 第二強行犯捜査 殺人犯捜査第6係
(殺人、傷害事件の捜査)
警 部  課 長   渡辺 敬之   わたなべ たかゆき  男  45 
警 部  課長代理   岸上 征夫   きしがみ ゆきお  男  37 
警部補  係 長   蒼井 大翔   あおい  だいと  男  32 
警部補  係 長   山科 俊平   やましな しゅんぺい  男  28 
巡査長  係   美咲 彩   みさき  あや  女  25 
巡 査  係   真辺 真奈美   まなべ  まなみ  女  22 
2010-08-07(Sat)

巡査長 美咲 ~淫妖水魔編~ ≪第三話≫

8畳ほどの部屋に、大き目のクローゼットに鏡台、ダブルベッドの脇、
ベージュ系の落ち着いたカーペットに女性と思しき人が倒れている。

全裸で横たわる女性は、今にも崩れ落ちそうなくらい干からびて、
全身が茶褐色化しており、あきらかに小さくなっていた。

まるでミイラか・・・?そう思ったが矛盾している点がいっぱいある。

「み、」 美咲を呼ぼうとして振り向いたが、美咲は顔面に両手を握り締め、
思いっきり眉間にシワを寄せ目を閉じていた。

山科は美咲の肩をつかみ、回れ右をさせた。
「美咲君、渡辺課長にお願いして鑑識を呼んでもらってくれ」

山科は心に余裕が出た。

震える美咲に後ろを向かせ、言葉をかけてから狙い通りの大きなお尻を力強く叩いて送り出した。

鑑識が来るまで動けない。

そう思うと山科は部屋の隅々まで記憶に残そうと、ゆっくり見回したがやはり寝室は荒らされた形跡がなく、
一見、強盗殺人や物取り犯とは思えず綺麗に片付けられたままだった。

ただひとつ、違うとすればベッドのシーツに乱れた痕跡が異様に思えた。

山科は寝室を出るとリビングにいる巡査に声をかけた。
「第一発見者は管理人室に居るとか言ってたね」

「ハイ、待たしてあります」 山科はリビングの様子を観察しながら続けた。

「どんな風な人でした?」
「有名な会社の重役です。ここにいる人は銀座のホステスだそうです」

山科は驚きの表情で巡査の顔を見た。
「本当か?それは・・・」愚問だと思った。巡査はこんなことに嘘をつかない。

それにしてもつい言葉を発してしまったのは、倒れていた女性はどうみても80才を越えるような老婆で、
とてもじゃあないが銀座のクラブに務められそうに思えない。

しばらく考えてみたが、何もわからず、とりあえず部屋には異常がなさそうだ。

「もうすぐ鑑識が来ます。 それまでここで待っていてもらえませんか。
 私は第一発見者に会いに行って来ます」

「わかりました」

玄関を出ると美咲が立っていた。

「鑑識の方がおみえになります。それに岸上代理もかけつけてもらえます」
「それは助かった。 じゃぁ、僕は第一発見者のところに行って来る。 キミはここで待っててくれ」

美咲は山科のスーツの袖を引っ張った。
「私も連れて行って下さい」 いつもの強気が消え、小さくなっていた。

「どうしたんだ、仏さんを見るのは初めてじゃないだろ」
「だって…」 美咲の心情は分かる。

人の終わりは、それまで生きてきた証みたいなものが積み重なり、
“命”途絶えてもそれなりの尊厳を肉体にかもし出すもの。

ところが今日の仏さんには“ひとかけら”もそれが感じられなかった。

いや、それどころか干からび、茶褐色に染まった遺体は、嫌悪感をももよおす物体にみえた。

山科の返事を待つ美咲の目は、すがり付くような視線を送っていた。

「しょうがないなぁ~、まぁ中には巡査がいることだし、大丈夫だろう。おいで」
山科はエレベーターのボタンを押した。

エレベーターを待っていると美咲は服の袖だけではなく、腕にしがみついて来た。
「おいおい、それじゃ誤解されちゃうよ」

「すみません、エレベーターの中まででお願いします」
美咲は訴えるように告げた。

エレベーターに乗り込む時、腕に美咲の胸の膨らみを感じたが、
それを言うととんでもないような目に合いそうだから、なるべく腕を動かさないように乗る。

エレベーターの15階は長い。

しがみつかれた腕に胸の膨らみを感じたまま、意外と美咲の胸はボリュームがあるのかも知れない。
まんざらでもなかったが男の威厳として動かさないように耐えた。

マンションの管理人室に入ると、いかにも会社の重役といった男性が腰掛けていた。
山科は挨拶をすると、「何でもお話をしますから、是非とも会社には内密にして欲しい」と懇願された。

山科は状況は読めるが、それはそれで先入観を持つと間違ったことになりかねないので、
改めて話を聞くことにする。

美咲を横に立たせて、座りながら男の話を聞いた。




きのこのいえ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Music Movie

イディナ・メンゼル

巷にはあふれかえる名曲『LET IT GO』 あおいは男性バージョンの方が好きです 3分過ぎからの歌声は圧巻!


露出小説 ~露出の魅惑~
かおりの露出体験
露出狂の私
もっとエッチにいやらしいことしてみたい
露出の魅惑 始めに
≪中学生編≫
中学生編1 スカートの中の秘密
中学生編2 家の中での露出
中学生編3 バスの中の露出
中学生編4 ノーブラチャレンジ
中学生編5 家庭科室のお掃除
中学生編6 全裸で縛られ遊び
中学生編7 全裸でトイレ 学校編
中学生編8 外で初めての全裸
中学生編9 深夜のプール
中学生編10全裸でバスケットボール
中学生編11スカートの中の秘密
中学生編12小学校の校庭(全9話)
中学生編13生おっぱい露出
中学生編14下着屋さんでの失敗談
≪高校生編≫
高校生編1 ノーパン初露出
高校生編2 ペットと添い寝
高校生編3 スポーツ用品店
高校生編4 露出狂のあたし(全6話)
高校生編5 ウォータースライダー
高校生編6 通過電車
高校生編7 高2の海水浴(全9話)
高校生編8 どMな私(全6話)
高校生編9 ファスナー全開
高校生編10台風に燃える
高校生編11Gパン短パン
高校生編12ダウンジャケット
高校生編13スキー温泉旅行(全2話)
高校生編14高3の海水浴(全11話)
高校生編15かがみ
高校生編16浴衣が全開
高校生編17卓球でオールヌード
高校生編18ハミ尻卓球
高校生編19寒い冬の電車
≪大学生編≫
大学生編1 電車の中でパンチラ
大学生編2 自転車露出
大学生編3 アクセサリーショップ
大学生編4 濡れたTシャツ(全2話)
大学生編5 脇あまシャツ
大学生編6 自動車教習所
大学生編7 ビルメンテナンス
大学生編8 露出奴隷な私(全31話)
≪社会人編≫
社会人編1 タクシー露出
社会人編2 初めての靴磨き
社会人編3 新幹線露出
社会人編4 靴磨きのおじさん
社会人編5 沖縄ビーチ24才(全8話)
社会人編6 露出嬉戯(全14話)
社会人編7 全身美容エステ(全18話)
社会人編8 露天風呂(全30話)
社会人編9 下田の海(全?話)
魅惑の世界
エッチテク & お色気ニュース
お持ち帰りされる方法
やっぱり大きい方がいい おっぱい
女子学生の自分撮りテクニック
エッチ視線テレビドラマ2010
男が離れられなくなる女術
究極のチラリズム パンチラ
水着と下着の違い
ノーブラって増えてる?
ウグイス嬢のセクシーボイス

気になる一言


あおいのつまらない話
遊べる ♪ 野球拳

野球拳

行列が途切れない大人気の野球拳!
一時期は全然つながらなかったけど、
最近は少し待てば遊べるよ
画像をクリックすれば画面に飛びます
リンク先は音声が出るからご注意!!

携帯サイトのご案内
 PCサイトとは別に携帯サイトを作成しました。
 ご覧頂くにはお手持ちの携帯機器よりWEBページにつないで頂き、検索窓より『あおいつぼみ』を検索して下さい。
【ページタイトル】
 携帯通信には別途パケット料金がかかりますのでご注意ください。

携帯へmobileあおいつぼみURL送る

プライバシーポリシーとご注意
RSSリンクの表示
アクセス解析
misonoダイエットとは
プロフィール

あおい

Author:あおい

ご訪問ありがとうございます。

何かモノを書きたくって始めました。 つたない文章のど素人作品ですが、どうぞよろしくお願いいたします。







検索フォーム
Site Map (サイトマップ)
カテゴリ
最新投稿
あおいの特選! お勧め小説♪

本物の官能小説が無料で読める
プロ作家が女性心理を見事に物語っています。
 ☆  妄想の座敷牢
~官能小説家、紅殻格子の世界~

いろいろなお話がいっぱい!
ひとみさんの『私の実験』が大のお気に入り!
 ☆  ひとみの内緒話
(入り口は右下にある【入場口】)

♡ Special Thanks ♡
とても良いお話がいっぱい。
ぜひご覧ください。

≪Hなお話 相互リンク集≫

総合サイト 紹介

様々な小説・読み物紹介してます


官能小説ランキング

あおいつぼみは今何位かな?

皆様のワンクリックが順位を上げます。
ぜひ愛の手をお願いします<(_ _)>


ネット小説ランキング

最新コメント
18才以上限定メルマガ


秘密のお買い物
あおいが厳選した人気アイテム
大手Amazonだから安心のNetShop
魅惑のバストアップアイテム
バストを綺麗に魅せる隠しアイテム
魅惑のランジェリー&ショーツアイテム
これで男どもはノックダウン!
貴女の秘密のお楽しみminiアイテム
初心者に優しいミニを集めてみました
貴女を刺激する人気アイテム集
貴女は性感の虜 夢中にさせます
後ろを開発されればもう貴女は性奴隷
信じられない快感が貴女を襲う
彼方のオナアイテム
使用頻度にご注意! やりすぎ厳禁
性生活バイブル
お勉強するには楽しいかも?
あおいつぼみへのメール
リンクのご案内

当サイトはリンクフリーですが、上段↑メールツールより御一報頂ければ幸いです。

相互リンクをお考えの方は「相互リンクについて」をご覧下さい。

リンクバナー置き場はこちらをクリックして下さい

banner20040


banner8831

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。