ご来訪、誠にありがとうございます。

 当サイトは官能小説につき18禁としております。 また性的描写に嫌悪感を持たれる方

の閲覧もご遠慮ください。 ご自身の自己責任において承諾頂ける方のみお楽しみ下さい。

また当サイト内の小説はすべて作り絵空ですのでご承知おきください。

--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-06-05(Sun)

露出の誘惑 社会人編 1

≪タクシー露出≫

社会人になってまもなく上司と、ある会社にプレゼンに行く事になりました。

書類を携え、社を出るとタクシーを捕まえます。

男の上司は気を使ってくれたのか、タクシーの奥の座席を勧めてくれました。

タクシーに乗り込むと、最終の打ち合わせ。

熱心に聞いていると程なくクライアント前に着きました。

上司は5千円札を私に渡すと領収書を貰ってくれと言われたので、

その事を運転手さんに言うと後追いで領収書をくれたのです。


ここでハタっと気がつきました。

後部座席足元の真ん中、一段高いところがあります。

そこに右足を乗せ、左足は出口に向かうため大きく開いていました。

お釣りを貰う時、チラッと運転手さんが私のスカートの中を見たような気がしたのです。

その次、領収書を渡す時は完全に私の太ももをガン見。

スカートの中を覗かれた!

そう確信したのです。

仕事中だったのでその事は忘れるようにしていましたが、

家に帰るとスカートの中を覗かれた興奮にいたたまれなくなったのです。


で、決行!する事に決めました。

街でタクシーを拾いました。

乗ってびっくり!

あたしに車の知識がなかったので、車内に足を乗せる真ん中の高台がない車を拾ったのです。

『あん、これじゃぁ、足上げられない』ちょっとがっかりでした。

それでも乗り込んでしまったので降りるわけにもいかず、そのまま目的地を告げました。

車だと10分以内の距離です。

走行中は運転手さんと特段の会話はなし。

んん?40才代位の方かなぁ? そんな風に見ていました。


私は大きな荷物を抱えるシチュエーションでバスタオルを二枚詰めた大きなカバンを座席の奥に置き、

私はほぼ真ん中よりやや運転手さんが見える位置に座っています。

目的地に付きました。

さてここから本番。


まずは5千円札を渡し、お釣りをもらう予定でした。

私は別のトートバッグから財布を取り出しお札を渡します。

この時のこともちゃんと考えていました。

座席に奥深く腰掛け、上半身だけ倒してなるべく前がかりになるように手渡します。

そうすると胸元がたっぷり開いたシャツが下に弛み、前から覗くと胸元の奥の方まで見せる事ができるのです。

何くわない顔で運転手さんを見ていました。

運転手さんは最初に貰うお札に注目しているようでしたが、

私が運転手さんから斜め向かいに座っているのでチラッと私の方を見たような気がします。


お釣り、まずは大きい方3千円を揃えて私に身をくねらせながら手渡すと、私はお財布にしまいました。

この時のシチュエーションはお財布に意識が行ってるフリをして足を広げます。

パッと見上げると運転手さんは私のムチムチ太もも、スカートの方を見ていました。


今度は細かい小銭。

運転手さんは私がお札をしまう間に小銭を準備していて、私が小銭を貰い受ける、

つまり前かがみになるようにしか腕を伸ばしてくれません。

すると当然前かがみにお釣りをもらう為に近寄ると、胸元の開いたシャツは下に弛み広がりました。

ノーブラではやり過ぎになるので、この日はハーフカップブラにしていました。

乳輪がギリギリ隠れる程度の物です。


お釣りを貰うふりして運転手さんを上目遣いに気配を探ると・・・

襟元から私の服の中を・・・見てる・・・覗いてる・・・擬視してる。


確信しました。

“やりぃー、成功”

で、ここで大きなアクシデント。

小銭をばらまくのです。

普通にやってると自然にお財布に入ってしまいます。

一度グッと握ってパッと開く、そうすると小銭は飛び散ります。

そのアクションをしました。

案の定小銭は財布に留まらず辺りに落としてしまいました。

「あっ、ごめんなさい」

「あっ、いいですよ。 ちゃんとありますかね」

床に散らばった小銭を拾うと胸元がホントに広がります。

その意識から足元も緩みがち。

運転手さんにいろいろ見てもらいました。

視線を上げるとこっちを見ています。

当然ですよね。 でもどこを見ているのやら。

最後の仕上げに大きなカバンを取ると足を大きく開いて席移動。

運転手さんのエロエロ目線はしっかり釘付け。

そんなタクシー露出でした。
2011-06-12(Sun)

露出の誘惑 社会人編 2

≪初めての靴磨き≫

冬の寒い日なのに相変わらずミニスカブーツでお出かけをしました。

その日は朝から雨がシトシト。

どんくさいことに水たまりにはまり、泥水を跳ね上げてしまいました。

面倒くさいので 『そのうち乾くだろう』 と思い、そのまま電車に乗ってしまいました。

電車に乗って何気なく足元を見るとブーツの汚れを発見。

後悔しながらティッシュで拭き取ったのですが乾いてしまったのできれいに取れません。


『どじな私』と思いつつ、あぁ~あどうしようと考えていました。

友達との待ち合わせに時間があるので、駅構内をうろうろしていると靴磨きをしているおじさんを見つけました。

値段表を見るとブーツは少々高かったんだけど、思い切って磨いてもらうことにしました。

靴磨き、初体験です。


おじさんの前に腰掛け、少し高くなった台に片足を乗せると、どうしても足が開いてしまいます。

タイトミニなので屈んだおじさん位置から見られてしまうかもってドキドキしていました。

その日のパンティはノーマルの白。

「寒いですね・・・」

おじさんの話しかけ言葉に 「ほんと、寒くて雨の日はつらいですよね。 

電車に乗る前に泥をかけられたみたいで、ごめんなさいね」

「いや、汚れを取るのが商売・・・」おじさんは仏頂面で答えました。

そんな会話の中チラ、チラッと私の腰元に視線を上げるのを感じたのです。

どうもおじさんは気がついた? 視線の上げる頻度が高まりました。

至近距離で見られてると思うと頭がクラクラ、あそこがジュンっと湿ってしまいそうです。

でもちょっと太目の太ももは三角デルタは見られても、少し開いた足では中心部分までは見えないはずです。

露出好きな私、ちょっと開いてみようかと考えたのですが、ワザとらしくってできません。

そうしていると片方の靴磨きが終わってしまいました。


「ハイ終わり、反対の靴」

右足を台の右側に下ろすと、靴を載せる台をサッと左足の前に位置をずらしたのです。

『おじさん! うまい!』って心の中で叫びました。

右足を降ろす時は台の右側へ。

そうするとちょっと開き気味に足を降ろしたのです。

今度は左足を乗せる時は、そっちに寄せて乗せるはずだったのですが、

台を左に動かしたおかげでそのままの状態で足を乗せなければなりません。

そうするとどうしても足を開いた状態になってしまうのです。


もっとも右足を閉じればいいのですが、そうすると靴磨きがしづらいだろうと思って

なかなか近づけることが出来なかったのです。


完全に開いたタイトミニスカの中をおじさんに見せ付け、淫らな私は寒い日だというのに体は熱くなりました。

ブーツの上部を磨くとき、もうおじさんはチラ見ではなくガン見です。

頭はクラクラ、あそこはグショグショ・・・

ああ~ん、気持ちいい~。
2011-06-19(Sun)

露出の誘惑 社会人編 3

≪新幹線露出≫

社会人になって新幹線でたまに出張する事があります。

新○○駅に着く頃はかなり手前から減速しゆっくり走るので、周辺の建物をつぶさに見る事が出来ます。

そのひとつに廃墟的な建物がいつも目にとまりました。

一度あそこに登ってみたい、行ってみたいなと考えながら見ていました。

その日の出張はクライアントのおかげでもう一泊せざるを得なくなり、

本社に連絡をすると近くのホテルに宿泊許可が出たのです。


内心ニコリと喜びました。

まずは探検です。

向かった先は新幹線の駅近くであっても人の往来が少なく、なんとなく殺風景な町並みでした。

新幹線で走るとすぐなのですが、その建物まで歩くとかなりな距離があります。

たぶん20分は歩いたでしょう、そんなところにその建物はありました。

その建物はマンションのようでしたが、集合ポストは朽果てて錆び付いており、

投げ込まれたチラシは見事なまでホコリがたまり、誰も住んでいないのは一目瞭然でした。


階段を見ると無数の足跡があり子どもたちの遊び場になっているようです。

周辺や階上を伺っていましたが、ひっそりとして誰もいないようです。

階段を踏みしめると『ジャリ』っと砂音が鳴り、侵入者を拒むように響き渡りました。

私はおかまいなく階段を登り始め、目的の新幹線が見える階上まで進みます。

新幹線と同じ高さに登ると、今までの暗やみとうって変わり明るい視界が開けました。

念のためにこの階のドアを全部調べてみましたが、すべて鍵がかけられ開かないようになっていました。


一息ついたところに新幹線がシュルシュルとレールの音を鳴らせ通りすぎます。

中の様子を窺ってみるともうすぐ駅に着くためなのでしょうか、

網棚の荷物を取ったり読みかけた本を閉じ車外をボォーっと眺めている人たちも多くいました。


階段のところに戻るとそこは三方壁に囲まれています。

そこには女性の裸の写真が載った雑誌や、飲み物の空き缶や空き瓶、タバコの吸殻が散乱していました。

きっとここに集った人たちがいたのでしょう。

そんなことにはかまわずに、階段室は外界から完全に死角になっていますので、そこで服を脱ぎ始めました。

脱ぐのは上半身だけです。

見知らぬ土地で何があるかわからないのと、下を脱いでも廊下の壁が腰の高さまであり、

どのみち裸になっても見せられないからです。


今日の服は仕事服、つまりスーツです。

上着を脱ぐと持ってきたビニール袋に置きます。

いつもの事ながら室外でブラウスのボタンを外すときは、

これから湧き上がるいやらしい喜びを期待に指が震えます。

袖のボタンをはずし、ブラウスを脱ぎました。

長めのインナーはスカートから裾を引っ張り出し、脱ぎます。

上半身、ブラだけになりました。

あたりの様子を窺っても先ほどと変わらず無音です。

念のために廊下の低い壁から下をのぞき見たのですが、チャリンコが1台通り過ぎていくくらいです。


顔を上げてみると、ドキッとしました。

先ほど新幹線が通ったときには気づかなかったのですが、

高架レールの向こうには大きなマンションがあり、ベランダがすべてこっちを向いています。

これには煮詰まりました。

冷静に考えてみると、先ほど列車が通過したときは気づかなかった。

ということは、列車が通るときは見えないということ・・・。

隠れながら思い切ってブラを取りました。


外気にふれたバストが夕日に赤く染まり、とても色っぽいものに思えました。

興奮ですでに先端は大きなふくらみを持っています。

親指と人差し指で、つまんでみました・・・

「あっ、ん~」気持ちよいものがバストの先端から背中を伝わり、お尻の穴から女穴に通じます。

レールが「シュルシュル」鳴り出しました。

列車が近づいてくる音です。

長居は禁物なので急いで後ろ髪をまとめ、キャップをかぶりました。

大き目のサングラスをかけ準備完了です。

列車が近づいてきたので、顔だけ出して確かめました。

列車はまもなくやってきました。

運転手さんには見せたくないので、通過を待ってから廊下に出ました。


まずは向かいのマンションが見えないことを確かめ、大丈夫そうです。

列車は徐行運転でゆっくりと通り過ぎます。

私は新幹線の進む方向と反対方向に廊下を歩みました。

上半身裸の女の子がマンションの廊下を歩くようなシュチエーションを作りたかったのです。

中の様子は、出口に向かう人もいましたが、結構こっちを見ている人もいます。


男の人がジッとこっちを見ています。

見られていると思うと乳房がうずいてきたので、ゆっくりと自分で揉んでみました。

甘い感触が全身に伝わりとても気持ちいい気分になれます。

列車は16両、多くの人に楽しんでもらい、自分でも満足しました。


きっと明日の商談は上手くいくでしょう、

なぁ~んて勝手な事を考えながら、大急ぎで帰り支度を始めます。

露出は行きよりも帰りが肝心です。

時間を短縮するためインナーやブラは着けず、直接ブラウスをはおり、

ボタンを閉めてから上着を着るとノーブラだってばれにくい?
きのこのいえ
カレンダー
08 | 2017/03 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Music Movie

イディナ・メンゼル

巷にはあふれかえる名曲『LET IT GO』 あおいは男性バージョンの方が好きです 3分過ぎからの歌声は圧巻!


露出小説 ~露出の魅惑~
かおりの露出体験
露出狂の私
もっとエッチにいやらしいことしてみたい
露出の魅惑 始めに
≪中学生編≫
中学生編1 スカートの中の秘密
中学生編2 家の中での露出
中学生編3 バスの中の露出
中学生編4 ノーブラチャレンジ
中学生編5 家庭科室のお掃除
中学生編6 全裸で縛られ遊び
中学生編7 全裸でトイレ 学校編
中学生編8 外で初めての全裸
中学生編9 深夜のプール
中学生編10全裸でバスケットボール
中学生編11スカートの中の秘密
中学生編12小学校の校庭(全9話)
中学生編13生おっぱい露出
中学生編14下着屋さんでの失敗談
≪高校生編≫
高校生編1 ノーパン初露出
高校生編2 ペットと添い寝
高校生編3 スポーツ用品店
高校生編4 露出狂のあたし(全6話)
高校生編5 ウォータースライダー
高校生編6 通過電車
高校生編7 高2の海水浴(全9話)
高校生編8 どMな私(全6話)
高校生編9 ファスナー全開
高校生編10台風に燃える
高校生編11Gパン短パン
高校生編12ダウンジャケット
高校生編13スキー温泉旅行(全2話)
高校生編14高3の海水浴(全11話)
高校生編15かがみ
高校生編16浴衣が全開
高校生編17卓球でオールヌード
高校生編18ハミ尻卓球
高校生編19寒い冬の電車
≪大学生編≫
大学生編1 電車の中でパンチラ
大学生編2 自転車露出
大学生編3 アクセサリーショップ
大学生編4 濡れたTシャツ(全2話)
大学生編5 脇あまシャツ
大学生編6 自動車教習所
大学生編7 ビルメンテナンス
大学生編8 露出奴隷な私(全31話)
≪社会人編≫
社会人編1 タクシー露出
社会人編2 初めての靴磨き
社会人編3 新幹線露出
社会人編4 靴磨きのおじさん
社会人編5 沖縄ビーチ24才(全8話)
社会人編6 露出嬉戯(全14話)
社会人編7 全身美容エステ(全18話)
社会人編8 露天風呂(全30話)
社会人編9 下田の海(全?話)
魅惑の世界
エッチテク & お色気ニュース
お持ち帰りされる方法
やっぱり大きい方がいい おっぱい
女子学生の自分撮りテクニック
エッチ視線テレビドラマ2010
男が離れられなくなる女術
究極のチラリズム パンチラ
水着と下着の違い
ノーブラって増えてる?
ウグイス嬢のセクシーボイス

気になる一言


あおいのつまらない話
遊べる ♪ 野球拳

野球拳

行列が途切れない大人気の野球拳!
一時期は全然つながらなかったけど、
最近は少し待てば遊べるよ
画像をクリックすれば画面に飛びます
リンク先は音声が出るからご注意!!

携帯サイトのご案内
 PCサイトとは別に携帯サイトを作成しました。
 ご覧頂くにはお手持ちの携帯機器よりWEBページにつないで頂き、検索窓より『あおいつぼみ』を検索して下さい。
【ページタイトル】
 携帯通信には別途パケット料金がかかりますのでご注意ください。

携帯へmobileあおいつぼみURL送る

プライバシーポリシーとご注意
RSSリンクの表示
アクセス解析
misonoダイエットとは
プロフィール

あおい

Author:あおい

ご訪問ありがとうございます。

何かモノを書きたくって始めました。 つたない文章のど素人作品ですが、どうぞよろしくお願いいたします。







検索フォーム
Site Map (サイトマップ)
カテゴリ
最新投稿
あおいの特選! お勧め小説♪

本物の官能小説が無料で読める
プロ作家が女性心理を見事に物語っています。
 ☆  妄想の座敷牢
~官能小説家、紅殻格子の世界~

いろいろなお話がいっぱい!
ひとみさんの『私の実験』が大のお気に入り!
 ☆  ひとみの内緒話
(入り口は右下にある【入場口】)

♡ Special Thanks ♡
とても良いお話がいっぱい。
ぜひご覧ください。

≪Hなお話 相互リンク集≫

総合サイト 紹介

様々な小説・読み物紹介してます


官能小説ランキング

あおいつぼみは今何位かな?

皆様のワンクリックが順位を上げます。
ぜひ愛の手をお願いします<(_ _)>


ネット小説ランキング

最新コメント
18才以上限定メルマガ


秘密のお買い物
あおいが厳選した人気アイテム
大手Amazonだから安心のNetShop
魅惑のバストアップアイテム
バストを綺麗に魅せる隠しアイテム
魅惑のランジェリー&ショーツアイテム
これで男どもはノックダウン!
貴女の秘密のお楽しみminiアイテム
初心者に優しいミニを集めてみました
貴女を刺激する人気アイテム集
貴女は性感の虜 夢中にさせます
後ろを開発されればもう貴女は性奴隷
信じられない快感が貴女を襲う
彼方のオナアイテム
使用頻度にご注意! やりすぎ厳禁
性生活バイブル
お勉強するには楽しいかも?
あおいつぼみへのメール
リンクのご案内

当サイトはリンクフリーですが、上段↑メールツールより御一報頂ければ幸いです。

相互リンクをお考えの方は「相互リンクについて」をご覧下さい。

リンクバナー置き場はこちらをクリックして下さい

banner20040


banner8831

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。