ご来訪、誠にありがとうございます。

 当サイトは官能小説につき18禁としております。 また性的描写に嫌悪感を持たれる方

の閲覧もご遠慮ください。 ご自身の自己責任において承諾頂ける方のみお楽しみ下さい。

また当サイト内の小説はすべて作り絵空ですのでご承知おきください。

--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-10-25(Tue)

あおりんご 1

≪第一章 プロローグ≫

「大丈夫、あぶなかったね」

車にぶつかりそうになったのを心配してそんな言葉を投げかけたのですが、

彼女、黒木さんはそんな事を無視して「彼女、そういえばお友達だとか言ってたわよね」

タクシーを振りかえる姿はキリッとひきしまったような顔をしていました。

彼女の眼光は鋭く、まるで燃えているような目を投げかけたように感じたのです。

ドキッとしましたが冷静に、

「うん、そう。 ほら、あそこのアパート」

「へぇー、ホントに近かったんだ」

「でも、たった今、引っ越しして、それでお見送り」

「えっ、それじゃバイバイ?」

「まっ、そういうことになるかな?」

ちょっち、複雑な心境・・・


丁度そのタイミングでかあちゃんが店から出てきました。

「あら、もう行っちゃったの?」

「そんなもん、車やのに直ぐ行ってしまうわ」

「そりゃそうやね。 あら、こんにちは」

かあちゃんが黒木さんを見て挨拶。

「こんちには、おじゃましています」

「こんなところで話なんかしてないで中に入ってもらったら」

「ありがとございます。 でもちょっと急ぎますので」

「あらそう、じゃまた今度ゆっくりいらしてね」

「ありがとうございます」

オカンはそそくさと店に入ってしまいました。


「いいお母さんね」

「そっかな? まぁ、なんちゅーか、よぉ~わからんわ」

「なんとなく気楽そうで」

「うん、まぁ、そやね。 それより急ぐん?」

「別にそんなわけじゃないけど、おうちに入ったら長居してしまいそうで。

 今日、卒業式だったでしょう。

 私も今日はお祝いで、お外で食事しようって言われてるから夕方前には帰りたいと思って」

「それなら、まだ少し時間あるん?」

「うん、1~2時間ぐらいなら大丈夫」


最初は怖い目をしていたのですが、今では柔らかい目に変わっていました。

女って怖い、時には鋭い表情を見せながらもフッとしたときにやさしく表情を変える。

まだまだチュー坊のボクが、女性の心理など理解できるはずもない。

そもそも女性とつきあったといえる経験は・・・

奈美、か・・・

奈美とはキスやエッチもしたけど、でもなんちゅうか幼なじみで小さな時からの付き合い。

まるで兄弟みたいに育って、寝る場所が違うくらいで、そばにいててもまったく違和感がない。

喧嘩しても家族のように謝ることもせず、いつのまにかそんな事を忘れて仲直り。

そんな奈美との関係だったから、ちゃんとした女性とつきあったとはいえない。

改めて女性とつきあう難しさを感じた瞬間でした。

女は謎、だからこそ楽しいんだろうけど。
2011-10-27(Thu)

あおりんご 2

「じゃ、いつものドーナツ屋さんに行く?」

「うん、いいわよ。 でもあそこも飽きちゃった。 別のところ行かない?」

「えっ、かまへんけど。 他ってあんまり知らんし」

「いいの、行きたいところがあるから一緒に行ってくれる?」

「かまへんけどちょっとだけ部屋に戻りたいねん。 ちょっとだけ待ってくれる?」

「うん、わかった。 待ってる」


急いで身支度を終えると向かった先は同じようなファーストフード店ですが、メインはアイスクリーム。

いろんなアイスクリームがあって、見たこともないアイスクリームと、ひと口では言えなさそうな名前。

まるで英語のオンパレードで男のボクからすると女の前で「ええかっこ」したかったのにたじろぐばかり。

なんとなく情けなくてオドオドしていました。


「青井君はこういうところ初めて?」

ちゃっかりボクの行動で見透かされていました。

周りを見ても女の人や女の子ばっか、男の来るところやあれへん。

「あっ、うん、・・・」

「男の人はこういうところ来ないものね」

「あっ、うっ、うん・・・」

野球ばかりやってたから、こういうところは来たこともないし、野郎だけで来るところでもありません。

こういうところは女の子と来るものだと後で知りました。


「なにする?」

えっ、ええっ、わけ、わからへん。

「バニラ!」

「せっかくこういうところに来たんだから、何か違うものにしたら」

「じゃぁ、チョコレート」

「うん、もー、違うでしょ。 じゃ、私が選んであげる。 ダブルにする? シングルにする?」

ええっ、何それ? 何味? って思っていたら、

「初めてだからそれもわからないか。 単純にシングルは1個、ダブルは2個」

「あっ、そっか」

「じゃぁ、コーンにする? それともカップ?」

ええ、まだ選択肢があんのん?

「コーンは普通のソフトクリームみたいなもの、カップは紙コップに入ってるの」

「そっ、そうなの・・・」


で、結局彼女が選んでくれたのはティラミスの上にマジカルミントナイトが乗ったダブルのカップ。

アイスクリーム屋さんというのは恐るべし、本音を言えば逃げて帰りたくなりました。

ボクがお金を全部出そうとしたら彼女は「まだ私たちは中学出たばっかりだからワリ勘ね」

すっかり黒木さんにリードされ、かっこ悪くて頭が上がりません。

席についた時はもう疲労感いっぱいでした。

これから彼女、黒木さんとちゃんと付き合えるのだろうか?

少し、不安になりました。
2011-10-29(Sat)

あおりんご 3

「ねっ、おいしい?」

「うん、めっちゃウマ。 こんなん食べたん初めて」

「青井君、・・・、かわいい」

「えっ?」

そっ、そんなん、唐突に。

男前とか、かっこええとか言われたことないし、

それでも、もし、そんなん言われたら嬉しいかもしれへんけど、

同級生の女の子から『かわいい』って言われたら、

どんな表情してどなして返事してええのかさっぱりわからへん。

『混乱』という文字さえ頭に浮かばない。


「なにが?」 ようやく導き出したひと言

「青井君って可愛いところがあるのよね」

「えっ、あっ、なん?」 出た! 久々のドモリ。

「あははっ、その表情。 めちゃ、いい」と言いながらケタケタ笑ってる。

頭から煙が噴出して、ムスッ!

「ごめん、ごめん、悪気はないのよ。 そのままの本当の事を言ったの」

ますますムッ!

「ごめんなさい。 男の人にかわいいって言っちゃだめだよね。 でもそういうところがいいの」

「いいって? どういう意味」

「アハッ、それは言わせないで。 恥ずかしいでしょ」

なんとなく想像できたので、黙ってアイスクリームを食べる事にしました。

どうやら奈美以上に難敵。


女の子とアイスクリームを食べるのってむっちゃ気分いいです。

周りから見たら誰でもデート中って一発でわかります。

この女の子を独占してるんだなんて、優越感に浸っていました。

「そういえば、引越していった子」

「ああ、松下か」

「そんな名前だったわね。 付き合ってはいなかったの?」

「プッ! そんなん、冗談でもあれへん」

「どうして? ずっと近所に住んでいたんでしょ」

「まぁ、そりゃそうやけど、あまりにも近所過ぎて。

 第一うちの家のお客さんのところやったし、そんなん考えたこともあれへん」

「そう」

「なんで?」

「いや、別に、・・・」

「言うとくけど、全然関係あれへんから」

「そう、安心した」


「?」っと思ったけど、よくよく考えれば女の子としては気になるらしい。

でも奈美と黒木さんとでは全然タイプが違うし、

何度もお話してるけど奈美とは付き合った、別れた、そういう関係ではなかった。

それは今でもそう思う。

確かに遊びはしたけど、だからと言って彼女になったとは思わない。

そんな関係だったから、幼いころからずっと長く一緒に居られたのかもしれない。

それから小一時間、他愛もない話をして帰りました。

この時、ボクは一生の誓いを立てました。

ハッカ入りのアイスクリームは、二度と食べないと。

≪第一章 プロローグ 終わり≫
きのこのいえ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Music Movie

イディナ・メンゼル

巷にはあふれかえる名曲『LET IT GO』 あおいは男性バージョンの方が好きです 3分過ぎからの歌声は圧巻!


露出小説 ~露出の魅惑~
かおりの露出体験
露出狂の私
もっとエッチにいやらしいことしてみたい
露出の魅惑 始めに
≪中学生編≫
中学生編1 スカートの中の秘密
中学生編2 家の中での露出
中学生編3 バスの中の露出
中学生編4 ノーブラチャレンジ
中学生編5 家庭科室のお掃除
中学生編6 全裸で縛られ遊び
中学生編7 全裸でトイレ 学校編
中学生編8 外で初めての全裸
中学生編9 深夜のプール
中学生編10全裸でバスケットボール
中学生編11スカートの中の秘密
中学生編12小学校の校庭(全9話)
中学生編13生おっぱい露出
中学生編14下着屋さんでの失敗談
≪高校生編≫
高校生編1 ノーパン初露出
高校生編2 ペットと添い寝
高校生編3 スポーツ用品店
高校生編4 露出狂のあたし(全6話)
高校生編5 ウォータースライダー
高校生編6 通過電車
高校生編7 高2の海水浴(全9話)
高校生編8 どMな私(全6話)
高校生編9 ファスナー全開
高校生編10台風に燃える
高校生編11Gパン短パン
高校生編12ダウンジャケット
高校生編13スキー温泉旅行(全2話)
高校生編14高3の海水浴(全11話)
高校生編15かがみ
高校生編16浴衣が全開
高校生編17卓球でオールヌード
高校生編18ハミ尻卓球
高校生編19寒い冬の電車
≪大学生編≫
大学生編1 電車の中でパンチラ
大学生編2 自転車露出
大学生編3 アクセサリーショップ
大学生編4 濡れたTシャツ(全2話)
大学生編5 脇あまシャツ
大学生編6 自動車教習所
大学生編7 ビルメンテナンス
大学生編8 露出奴隷な私(全31話)
≪社会人編≫
社会人編1 タクシー露出
社会人編2 初めての靴磨き
社会人編3 新幹線露出
社会人編4 靴磨きのおじさん
社会人編5 沖縄ビーチ24才(全8話)
社会人編6 露出嬉戯(全14話)
社会人編7 全身美容エステ(全18話)
社会人編8 露天風呂(全30話)
社会人編9 下田の海(全?話)
魅惑の世界
エッチテク & お色気ニュース
お持ち帰りされる方法
やっぱり大きい方がいい おっぱい
女子学生の自分撮りテクニック
エッチ視線テレビドラマ2010
男が離れられなくなる女術
究極のチラリズム パンチラ
水着と下着の違い
ノーブラって増えてる?
ウグイス嬢のセクシーボイス

気になる一言


あおいのつまらない話
遊べる ♪ 野球拳

野球拳

行列が途切れない大人気の野球拳!
一時期は全然つながらなかったけど、
最近は少し待てば遊べるよ
画像をクリックすれば画面に飛びます
リンク先は音声が出るからご注意!!

携帯サイトのご案内
 PCサイトとは別に携帯サイトを作成しました。
 ご覧頂くにはお手持ちの携帯機器よりWEBページにつないで頂き、検索窓より『あおいつぼみ』を検索して下さい。
【ページタイトル】
 携帯通信には別途パケット料金がかかりますのでご注意ください。

携帯へmobileあおいつぼみURL送る

プライバシーポリシーとご注意
RSSリンクの表示
アクセス解析
misonoダイエットとは
プロフィール

あおい

Author:あおい

ご訪問ありがとうございます。

何かモノを書きたくって始めました。 つたない文章のど素人作品ですが、どうぞよろしくお願いいたします。







検索フォーム
Site Map (サイトマップ)
カテゴリ
最新投稿
あおいの特選! お勧め小説♪

本物の官能小説が無料で読める
プロ作家が女性心理を見事に物語っています。
 ☆  妄想の座敷牢
~官能小説家、紅殻格子の世界~

いろいろなお話がいっぱい!
ひとみさんの『私の実験』が大のお気に入り!
 ☆  ひとみの内緒話
(入り口は右下にある【入場口】)

♡ Special Thanks ♡
とても良いお話がいっぱい。
ぜひご覧ください。

≪Hなお話 相互リンク集≫

総合サイト 紹介

様々な小説・読み物紹介してます


官能小説ランキング

あおいつぼみは今何位かな?

皆様のワンクリックが順位を上げます。
ぜひ愛の手をお願いします<(_ _)>


ネット小説ランキング

最新コメント
18才以上限定メルマガ


秘密のお買い物
あおいが厳選した人気アイテム
大手Amazonだから安心のNetShop
魅惑のバストアップアイテム
バストを綺麗に魅せる隠しアイテム
魅惑のランジェリー&ショーツアイテム
これで男どもはノックダウン!
貴女の秘密のお楽しみminiアイテム
初心者に優しいミニを集めてみました
貴女を刺激する人気アイテム集
貴女は性感の虜 夢中にさせます
後ろを開発されればもう貴女は性奴隷
信じられない快感が貴女を襲う
彼方のオナアイテム
使用頻度にご注意! やりすぎ厳禁
性生活バイブル
お勉強するには楽しいかも?
あおいつぼみへのメール
リンクのご案内

当サイトはリンクフリーですが、上段↑メールツールより御一報頂ければ幸いです。

相互リンクをお考えの方は「相互リンクについて」をご覧下さい。

リンクバナー置き場はこちらをクリックして下さい

banner20040


banner8831

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。