ご来訪、誠にありがとうございます。

 当サイトは官能小説につき18禁としております。 また性的描写に嫌悪感を持たれる方

の閲覧もご遠慮ください。 ご自身の自己責任において承諾頂ける方のみお楽しみ下さい。

また当サイト内の小説はすべて作り絵空ですのでご承知おきください。

2009-02-06(Fri)

麻衣妖炎 第三十話

「実はね、これでもモテちゃうんだから」 裕子はおどけてみせる。
「えっ?何?」
「ラブレターがいっぱい来るの」
「何処から?」
「全国から」
「ほっへ? ゼンコク? ゼンコクってどこよ」

「全国がどこよって言われても困るけど、ホントに全国津々浦々」
「ヘーェ、いつ頃から?」
「高校選抜でアジア四ヵ国大会に出て、それが雑誌に載った時くらいからかなぁ?」
「その雑誌、見たことある。 てか、そう言えばヒロが持って来てくれて、みんなで見たんだ」

「ヘーェ、そうなんだ。ヒロ!偉い!」
「別に偉くはないけど」
「どのくらい来るの」
「月にピークで300通くらい。 最近は少なくなって20通くらいかな」
「ドッヒャ~! 返事、書けないでしょう」
「でもね、半分以上は住所も名前もないの。 それでも残り半分でも無理。 だから定番の文章作ってコピーして、とりあえず返信したわ。 住所書きはお母さんね」

「アイドルじゃん、ヒロ。 いいなぁ~」
「たまには自分でも返事を書く事もするわ。 でもね、いい事も、悪い事もあるの」

「悪い事って?」
「やっぱり試合中ね。個人名で声援が聞こえると、最初のうちはなんか恥ずかしかった。動揺していたのかな、ミスを連発する事もあった。 監督にひどく怒られて悩んだわ」

「その声援してくれる人が手紙をくれてくれるんだもんね」
「そうなの。 向こうは私の事知っていて私は全然知らない。 なんとなく何時も見られているようで、最初のうちはトイレも行けなかったわ」
「アイドルの辛いところね」
「監督に怒られてから、その『頑張って~』って言う声を味方につけるようにしたの。 頑張らなくちゃ、プレーで返さなくっちゃと思い込むようにしたの」

「プロね」
「ボールが動いている時は集中しているから気にならないけど、サーブの時に名前を連呼されるのは中々慣れなかったなぁ」
「じゃあ、声援されるのは苦手?」
「うぅ~うん、サーブの時『そーれぇ』って言われるとボールのスピードが早くなるように思えるもの。 サーブが上手く行った時はものすごっく気持ちいいわ。 サービスポイントが取れた時には、会場も沸くし私もやったーって最高に嬉しい」
やっぱりヒロはバレーボールの話をすると活き活きしている。

「やっぱ!モテモテだね、ヒロは。 で、手紙の人とは会ったことはあるの?」
「会場では会ったことはあると思うの。 相手が言ってくれないとわからないから。 後で手紙をもらって、あの時はお話し頂いてありがとうって書いてあるけど、大勢いるし、顔もわからない。 会場の外で会うことはないわ」

「じゃあ、愛しの君とはまだ出会えてないんだ」
「そうね。 部内では男子禁制の不文律があるし、卒業してからにしようと思ってる」
「わ~、選り取り見取りなんだ!」
「実は、この話には落ちがあるの」
「オチ?」
「私、わかった!」とクミ。
「そう、落ち。 それはね、手紙をくれる99%が女の子。男の子はほんの数人。」

「そっか~、やっぱ、そうだよね。女の子だったらわかるけど、男の子だったら直球ストレートだもんね」
「あら! イケナイ! 食事の時間が始まる!」
大慌てで飛びだし、浴衣を着る。着替え中でも「腹減ったぁー」お酒の話になる。
みんな二十歳を越え少しはイケる口になったみたい。

最初はビールで乾杯。

そのうち誰が言ったかわからないけど日本酒、お酒も追加された。女っていいなぁ思う。
浴衣姿で女がお銚子を持って、お猪口を持っている人についであげる。
腕から垂れる浴衣の大きな袖。 なんか絵になる。
しかもここは京都。 腕を上げてお酒を飲む姿は妙に色っぽい。

食事後の話題は久美子の身の上話から始まった。
2009-02-08(Sun)

麻衣妖炎 第三十一話

≪それぞれの経験≫

高校時代、付き合っていた拓也のことを久美子はポツリポツリと話し出した。
高校卒業してから4人がまとまって集まることがなかったので、話した内容がバラバラなので最初からみんなに話すわ。

拓也とは高校卒業してからもしばらく続いたんけど、お互いの学校が遠いので電話で話すことが多くなった。

久しぶりに会うと必ずセックスをした。

ある日、拓也に抱かれていると今までしたことのないようなことをしてきたの。
それはテクニックが成長してきたと軽く思ったけど、会うと必ず2回、多いときは4回くらい愛してくれるのに段々回数は減ってきた。

最後の方では拓也が逝かないことが多くなってきた。
おかしいっと思って、思い切って聞いてみた。
「私が悪いの?」
そんなことは無いという拓也の目は、空中を彷徨っているように見えたの。

それでピンと来た。 女が出来た。 そう思えたの。

決定的な場面はすぐに訪れた。
ある日の電話で私の名前を間違えた。
「誰?それ?」
「ごめん間違えた…」
「そう…。 いいの…。 なんとなくわかってた。 このところの拓也の様子がおかしかった。 それもその人のせいなのね…」
「ごめん。 本当にごめん・・・」
「悪いけど浮気は許せない。 それじゃぁね」

プッ!  久美子は出来るだけ早く電話を切りたい衝動に駆られた。
嘘でも「違うんだ」といって欲しかった。
涙が一筋、また涙、そして涙。 次から次へと涙があふれた。

薄々わかっていた事だけど、いざ直面してみるとどうしようもない気持ちに駆られた。
号泣して次の日は学校を休んだ。 思い出すたびに涙が出てくる。

男は所詮、種まき動物。

ほって置いたらそこらでいい畑を見つけて必ず種まきに精を出す。

それがわかっているから女は、浮気をした女に気を許しているか、最終的にそこをポイントに置く。
単なる性的欲求で性欲処理しただけなら、まだ我慢できるけど、その子に気を許しているなら性欲処理じゃなく、浮気として許せない。
だから久美子は拓也を許せなかった。

気分転換に街に出た。

洒落た感じのカフェでお茶をしていると、紳士風の男が声をかけてきた。
久美子は大人びて見えるので、かなりな年配でも声をかけられる。
反対に同年代からはあまり声をかけられない。

いきなり久美子は「10万円でどう?」
自分でも信じられない言葉がでた。

10万円という金額は何を意味するかはわかるはず。
男は一瞬びっくりした顔をして見せたが、すぐ冷静になりニコッと笑いながら、じゃあご一緒しましょうと言った。

「10万は先払いね。 あとはホテル代。 それ以上はいらないわ」
男は銀行の前で待ってろと言う。

逃げることもできたのに、キャッシュカードコーナーの前でボ~ッと、この身体をむちゃくちゃにしたいと、ただそれだけを考えてたの。

10万円もらうとホテルについて行った。
ホテルの中では人形のように寝ているだけ、感じない女なんて面白くなかったと思うわ。

男とはすぐに別れ、手元に残った10万円は残しておくのは嫌だったから、遊びに使おうと思ったけど、少ししか使えなかった。
たまたま何かの募金のボランティアがいたので全部そこへ入れた。
今、思い出しても実感がなく、本当にあったのかどうかも忘れてしまったわ。

そんなことより資格試験に向けての勉強に熱中し、晴れて合格した時は拓也のことはすっかり忘れてた。
そんなこともあり短大卒業後、遠い街で一人で生活をしてみたかったの。

運よく放送局に就職できたので、それをきっかけに家を出て一人住まいを始めた。
見知らぬ土地ではゴミの分別に始まり知らないことばかり、会社でも新人として失敗だらけ。

一人の先輩が親切に面倒を見てくれて、たまには食事に誘ってくれた。
目的は私の体。
それもわかっていたけど提供してあげたわ。 恩返しのつもりね。

社内で付き合っていることは評判にならなった。
その人は新人女性をみると、いつも声をかけているらしいの。
だから毎年恒例で誰も気にかけない。
その内ウワサで、上司の何かの逆鱗に触れたらしく、南の支局に転勤してしまった。

その人とのセックスは数回しかなく、私もすぐに忘れてしまっていたの。
たぶんね、私も見知らぬ土地で迷いもあって、ただ寂しかっただけかもしれない。

その隙間を彼は埋めてくれただけ。
その意味で、時間をつぶしてくれて感謝しているわ。

今年ね、年上の新人の男の子が入ってきたの。
もともと地元の人でとても面白いの。

学生時代、貧乏旅行でインドやエジプトなんかを旅していて色々なお話をしてくれた。
普段は数人の職場仲間と騒いだりするけど、この間初めて二人きりで居酒屋で食事したの。

初めて明かすなんて言って自分の学生時代の失敗談とかを話して、ホント朝まで笑っていたわ。
その人とはまだ何もお話がないので、付き合っているということにはなってないけど、一緒にいてホント楽しい。
最後には久美子が幸せそうに話すのを見てて微笑ましかった。

久美子は麻美を見て、
「アミはどうなの? 私と一緒で知らない土地に暮らし始めて大変だったでしょう」

「私はね、久美子ほど苦労はしてないわ。 みんなには家の事情としか話してないけど、ホントはね、お母さんが離婚して、お母さんのお母さん。 つまり私のおばあちゃんね。  体を悪くしてそれでお母さんの実家に戻り面倒をみることになったの。 私もなんとなく京都や奈良に憧れがあってくっついて来たけど、でも奈良って京都よりイメージ違うのよねぇ」

「そうなんだ。 大変だったんだ」

「う~ぅん、大変なことは何にもない。 昼間は子供たちと遊んで楽しいし、休みはたまにコンパしてデートして、楽しくしてる。 クミほど波乱万丈じゃないわ」

「な~に言ってんの! それだけの男遍歴があって何も無い方がおかしいって。 話したくてウズウズしてること、あるんじゃない?」

「キャハ! 鋭いところ突いてくるわね。 クミは。 まぁ、あるにはあるんだけど・・・」
2009-02-10(Tue)

麻衣妖炎 第三十二話

「ねぇねぇ、なにかエッチなこと、教えて」
「そうねぇ。 何から話しようか・・・」
「やっぱりたくさんあるんだ」
「そうね…、やっぱりあれかなぁ? いきなり過激なんだけど、オシッコ飲ませてっていう人がいたの」
「やっぱ! 過激~~ィ」
「何々それ、どうすんの?」
「コップに入れて飲むの?」
「マイは発想が貧困だね。 そんなんじゃ面白くないじゃん」
「シュン↴・・・。」

「お風呂場でね、男の人が寝て、その顔の上にまたがるの」
「イヨッ、いきなりお股、全開!」

「下から見られるわけでしょう。 やっぱり恥ずかしいし、最初はネ、緊張したのか少ししか出なかったので失敗した。 で、次のデートのとき食事していっぱい水を飲まされたわ。 もちろん、おしっこは我慢。 私がしたいって言ったら直ぐに近くのラブホに急行! 急いで着ている服を全部脱いでからお風呂場に行って、顔にまたがるとすぐに放水開始」

「でもね、飛ぶ方向を調整するのは難しいものだと初めて知ったの。 彼がね、位置をずらして口に入るようにしたわ。 嬉しそうに飲むの。 お水をいっぱい飲んだし、大量に出て、している時間がすっご~く長く感じた。 オシッコをするのがあれだけ気持ちのいいものだと、あの時初めて知ったわ。」

「ネェネェ、ひとつ聞いていい?」
「何?」
「そのあとエッチしたんでしょ」
「うん、まあね」
「で、キスした?」
「うわぁ~ィ、いい突っ込みね。 正直、避・け・た!」
 涙が出るほど爆笑した。

「ネェネェ他には?」
「そうね~、ン~、フェチかな?」
「フェチ?」
「そうフェチ、胸なら胸、ず~っと胸を舐めてるの。 最初のうちは気持ちよかったからウッフ~ンとか言ってけど、だんだん飽きてきて寝てしまったの。 そしたら彼、怒った声で『今、寝た?』」って聞くから、『気持ちよすぎてあっちの世界に行ってしまったわ』って言ったらものすごく彼喜んでいたわ。 そしたらまた舐め始めるの。都合1時間は舐められた」

「1時間も舐め続けられたら麻痺するよねぇ」
「そうそう、退屈だった」
「エッチで退屈か? 贅沢な悩み」
「まぁまぁそれも経験。 その人とはそれっきり。 何回も電話かかってきたけどお断りしたわ」

「で、他には?」
「お尻大好きの人もいたわ。 でもやっぱり一番はあそこフェチ」
「キタ・キタ・キタ! あそこを舐められるのは普通だけど、フェチだけになんか面白そうね」
「ウン、とんでもない経験、気が狂ったわ。 あそこをず~っと1時間くらい舐められた経験ある?」
「フツ~ウくらいなら経験あるけど1時間はないわ。 麻痺するんじゃない?」

「そして彼、また上手いの。 何回も何回も空、飛んじゃって合計何回飛んだかわからなくなって、あとでベッドを見たら少し失禁もしてたみたい」
「そんな…、羨ましい」
「マイはイッタことはないの?」
「ン~? まだイクって言うのは実感ないの」
「まぁそっか、そのうちわかるわよ」

「でね、女って強欲なんだと思う。 クリばっかりいじられるとあそこに入れて欲しくなるの。 お願いしても入れてくれないから、最後には彼のオチンチン捕まえて無理やり彼の上に乗ったら、すぐにイッテしまったわ」
「うわ~ぁ、なんか大胆と思うけど、うらやましい」

「そう、私も恥ずかしかったわ。 オチンチン捕まえる行為を取るとは自分でも信じられなかったし、彼の上にのしかかって大きな声を出していたと思うわ。 腰も激しく振ってたし」
「そんな経験してみたいなぁ。 で、その彼と何回もしたんだ」
「それがね。 それから電話がかかってこなくなったの。 私が激しかったからかなぁ? 私から電話するのも、何か求めてるみたいで恥ずかしいし」
「ふ~ん、そうなんだ」

「でもね。 ちょっと彼、早かったみたい。 それが少々物足りなくってお家に帰って・・・」
「1人エッチしたんだ!」
「恥ずかしいこと、言わないでよ」
「キュウリだけのサラダ食べたんだ」
「もう~、キュウリを食べるのは上の口から。 高校生じゃないんだから、ちゃんといいもん持ってるもん!」
「あっ、言っちゃった」
「へ~ぇ、アミも持ってるんだ」
「チョイ待ち! 『も』ってなによ? “も”とは、ヒロも持ってるんだ」
「お互い墓穴、ほってるわね」

久美子の言葉を聞き、麻美と裕子の会話に麻衣は少しうらやましかった。
だって、実家に居ては買えないもの・・・
きのこのいえ
カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
Music Movie

イディナ・メンゼル

巷にはあふれかえる名曲『LET IT GO』 あおいは男性バージョンの方が好きです 3分過ぎからの歌声は圧巻!


露出小説 ~露出の魅惑~
かおりの露出体験
露出狂の私
もっとエッチにいやらしいことしてみたい
露出の魅惑 始めに
≪中学生編≫
中学生編1 スカートの中の秘密
中学生編2 家の中での露出
中学生編3 バスの中の露出
中学生編4 ノーブラチャレンジ
中学生編5 家庭科室のお掃除
中学生編6 全裸で縛られ遊び
中学生編7 全裸でトイレ 学校編
中学生編8 外で初めての全裸
中学生編9 深夜のプール
中学生編10全裸でバスケットボール
中学生編11スカートの中の秘密
中学生編12小学校の校庭(全9話)
中学生編13生おっぱい露出
中学生編14下着屋さんでの失敗談
≪高校生編≫
高校生編1 ノーパン初露出
高校生編2 ペットと添い寝
高校生編3 スポーツ用品店
高校生編4 露出狂のあたし(全6話)
高校生編5 ウォータースライダー
高校生編6 通過電車
高校生編7 高2の海水浴(全9話)
高校生編8 どMな私(全6話)
高校生編9 ファスナー全開
高校生編10台風に燃える
高校生編11Gパン短パン
高校生編12ダウンジャケット
高校生編13スキー温泉旅行(全2話)
高校生編14高3の海水浴(全11話)
高校生編15かがみ
高校生編16浴衣が全開
高校生編17卓球でオールヌード
高校生編18ハミ尻卓球
高校生編19寒い冬の電車
≪大学生編≫
大学生編1 電車の中でパンチラ
大学生編2 自転車露出
大学生編3 アクセサリーショップ
大学生編4 濡れたTシャツ(全2話)
大学生編5 脇あまシャツ
大学生編6 自動車教習所
大学生編7 ビルメンテナンス
大学生編8 露出奴隷な私(全31話)
≪社会人編≫
社会人編1 タクシー露出
社会人編2 初めての靴磨き
社会人編3 新幹線露出
社会人編4 靴磨きのおじさん
社会人編5 沖縄ビーチ24才(全8話)
社会人編6 露出嬉戯(全14話)
社会人編7 全身美容エステ(全18話)
社会人編8 露天風呂(全30話)
社会人編9 下田の海(全?話)
魅惑の世界
エッチテク & お色気ニュース
お持ち帰りされる方法
やっぱり大きい方がいい おっぱい
女子学生の自分撮りテクニック
エッチ視線テレビドラマ2010
男が離れられなくなる女術
究極のチラリズム パンチラ
水着と下着の違い
ノーブラって増えてる?
ウグイス嬢のセクシーボイス

気になる一言


あおいのつまらない話
遊べる ♪ 野球拳

野球拳

行列が途切れない大人気の野球拳!
一時期は全然つながらなかったけど、
最近は少し待てば遊べるよ
画像をクリックすれば画面に飛びます
リンク先は音声が出るからご注意!!

携帯サイトのご案内
 PCサイトとは別に携帯サイトを作成しました。
 ご覧頂くにはお手持ちの携帯機器よりWEBページにつないで頂き、検索窓より『あおいつぼみ』を検索して下さい。
【ページタイトル】
 携帯通信には別途パケット料金がかかりますのでご注意ください。

携帯へmobileあおいつぼみURL送る

プライバシーポリシーとご注意
RSSリンクの表示
アクセス解析
misonoダイエットとは
プロフィール

あおい

Author:あおい

ご訪問ありがとうございます。

何かモノを書きたくって始めました。 つたない文章のど素人作品ですが、どうぞよろしくお願いいたします。







検索フォーム
Site Map (サイトマップ)
カテゴリ
最新投稿
あおいの特選! お勧め小説♪

本物の官能小説が無料で読める
プロ作家が女性心理を見事に物語っています。
 ☆  妄想の座敷牢
~官能小説家、紅殻格子の世界~

いろいろなお話がいっぱい!
ひとみさんの『私の実験』が大のお気に入り!
 ☆  ひとみの内緒話
(入り口は右下にある【入場口】)

♡ Special Thanks ♡
とても良いお話がいっぱい。
ぜひご覧ください。

≪Hなお話 相互リンク集≫

総合サイト 紹介

様々な小説・読み物紹介してます


官能小説ランキング

あおいつぼみは今何位かな?

皆様のワンクリックが順位を上げます。
ぜひ愛の手をお願いします<(_ _)>


ネット小説ランキング

最新コメント
18才以上限定メルマガ


秘密のお買い物
あおいが厳選した人気アイテム
大手Amazonだから安心のNetShop
魅惑のバストアップアイテム
バストを綺麗に魅せる隠しアイテム
魅惑のランジェリー&ショーツアイテム
これで男どもはノックダウン!
貴女の秘密のお楽しみminiアイテム
初心者に優しいミニを集めてみました
貴女を刺激する人気アイテム集
貴女は性感の虜 夢中にさせます
後ろを開発されればもう貴女は性奴隷
信じられない快感が貴女を襲う
彼方のオナアイテム
使用頻度にご注意! やりすぎ厳禁
性生活バイブル
お勉強するには楽しいかも?
あおいつぼみへのメール
リンクのご案内

当サイトはリンクフリーですが、上段↑メールツールより御一報頂ければ幸いです。

相互リンクをお考えの方は「相互リンクについて」をご覧下さい。

リンクバナー置き場はこちらをクリックして下さい

banner20040


banner8831