ご来訪、誠にありがとうございます。

 当サイトは官能小説につき18禁としております。 また性的描写に嫌悪感を持たれる方

の閲覧もご遠慮ください。 ご自身の自己責任において承諾頂ける方のみお楽しみ下さい。

また当サイト内の小説はすべて作り絵空ですのでご承知おきください。

2010-02-04(Thu)

麻衣妖炎 第七十四話

≪早くちょうだい≫

大輔は指一本、麻衣の身体に差し入れた。
もうすでに十分な潤いを持つ泉の壷は、なんの抵抗もなくズルズルと受け入れてくれた。

その内部は肉ヒダに包まれ‘ざらついた’感触はあるものの、豊潤な愛液にスムーズに動ける。

そうして暖かく、やわらかい。
まるで揚水に包まれる赤ちゃんみたいに気持ちいい。

大輔は指であっちこっち壁を押してみると、やわらかい肉壁は暴れん坊の指を暖かくつつんでくれる。

さらに奥に指を差し入れるとなにか固いものにコツンと当った。
子宮口みたいだ。

軽く押してみると押し返してくる。
何度か押してみたが麻衣の反応がないのでやめた。

大輔は指をスライドさせるように動かす。
ゆっくり出たり入ったり。

指はすぐベトベトになり、サラサラしていた液体が次第に粘着性の液体に変わってきた。

指一本では物足りなくなってきたので2本に増やす。
そうして出し入れをすると指の隙間からネチョネチョとした音が響く。

麻衣は大輔の指に犯されているのを感じていた。
本当はもっと太い、たくましい物を入れてもらいたかったけど指もまたいぃ。

麻衣の身体の中で遊ぶように、うごめくのを膣内で感じる。
気持ちいい。 もっと中をかき回して欲しい・・・

かき回すどころか指はピストン運動を始めた。 膣壁にズルズルと刺激が伝わる。

「あ~ん い~ぃ~」 もっとぉ~~

指の動きが早くなると、気分も高まる。
お尻が自然と浮き、淫声も沸きあがる。

あ~ん、なんか膣が狭くなったよう・・・
指の数が増えたのかもぉ・・・
クッチョクッチョ音が聞こえる。
膣の中が気持ちいい。

「あっ、あっ、あっ」 あ~ん、我慢できないい~
M字開脚させられた足に、自然と力が入り閉めるように大輔の頭を太ももで挟んだ。

さらに指の運動が早くなると、
「ん、ん、あっ、あっ、あああああぁ~、いいぃ~~」

気持ちのよさに大輔の頭を掴んだ。
掴んだつもりが頭を押さえたのか、あたしのもっとも敏感なクリに何かが当った。

大輔は頭を太ももで挟まれ動けないでいる。
指は麻衣の体にうずめたまま。

指を2本から3本に増やそうと試みたけど、どうもきつそう。
しかも態勢的に動きづらい。

そのとき麻衣の手が髪の毛を掴んできたので、顔が下に落ちる。
どうも鼻の穴に麻衣の茂みが入りくすぐったい。

逃げようとあごを下げ、頭を上げると口が柔らかい肉ヒダにふさがれた。
目で確かめられないものの麻衣の敏感なところのはず。

わからないけど口を尖がらせて吸ってみた。
麻衣の身体が喜びの打ち震えるように悶えた。

大輔は少し苦しいので麻衣の脚を押し、股を広げさせた。
分かってくれたのか太ももを広げてくれたので動けるようになる。
見るとやっぱり唇は真珠を捕らえていた。

そのまま真珠を舐める。 今度は少し強めに。

麻衣のお尻が動くので責めづらいけど、我慢して続けると髪の毛をむしられた。

「痛いって!」 「ごっめ~ん」
「だって~」 「だって、なによ?」
「だってぇ~、ダイが激しいもん」 「気持ち好かったんだ?」

「バカ!」 「バカって、なんだよ?」
「そんなこと、答えられるわけないじゃん」
「やっぱ、気持ちよかったんだ?」

「ん~~、知らない」
「マイらしいなぁ~、可愛いなマイは・・・」

麻衣はゴロゴロ、ネコの様になりたかった。
2010-02-05(Fri)

麻衣妖炎 第七十五話

「じゃぁ、今度は私がしてあげる」

麻衣は起き上がり大輔を仰向けに寝かせると、彼のオチンチンを見た。
彼のオチンチンは少しお休み中・・・

お休み中のオチンチンは少しカワイイ。
フニャフニャした物を手に取り、口づけをするとすぐに固くなった。

スケベーないやらしいもの!
すぐ反応するオチンチンをエッチと思うけど・・・すき!

いとおしむように口に含む。
口の中いっぱいに広がるオチンチンがたくましく、素敵なもののように思えた。

いつもこれで私を愛してくれる・・・
いつもこれで私を貫いて甘い世界へ連れて行ってくれるの。
いやらしくもありうれしいもの・・・

大輔は麻衣の足を取る。
その片方の足を自分の顔をまたがせ反対のほうに置いた。

麻衣は大輔をまたがる形になり、お尻は大輔の目の前。
大輔はまた麻衣の股間に顔をうずめた。

「あ~~ぁ~、いぃ~~」 気持ちよくてタマンナイ。
してあげるつもりがされる方になってしまう。

サービスしてあげるつもりなのに…
反応してしまう体に気持ちを抑えるように口をスライドさせた。

でも、たまんない。
そろそろ大輔のものが欲しいぃ~、でもなかなか言えない・・・

「マイ、そのまま上に乗ってみて」 大輔が言葉を発した。
「えっ、上に乗るの?」  考えていたことだからすぐに意味がわかる。

「うん、乗ってみて」 「なんか恥ずかしいなぁぁぁ」
「大丈夫、上からゆっくり腰を下ろせば入るよ」

入るって・・・
それって女の子が自分からオチンチンを入れるっていうことなのよ。
そんな行為を見られながら、するって恥ずかしいことなのに・・・

大輔は麻衣のお尻をつかんで前に押しやる。
自然と麻衣の上半身は立ち上がり、麻衣のお尻は大輔の股間へ。

おそるおそる麻衣はオチンチンをつかんだ。
ゆっくりと肩膝を立てる。

中は十分に潤っているのですぐ入るだろう…
恥ずかしさに震える体を耐え、オチンチンを自分の入り口にあてた。

「あっ!」 あたった! 自分のヴァギナにオチンチンがあたる感触にドキドキ。
いつもは入れてもらうのに、今日は自分から入れる。

そんな行為が恥ずかしく体が更に震えるけど、ひとつだけ救われた。
大輔に背を向けていること。

たぶん変な顔をしている?・・・
それを大輔に顔を見られないで済むのはありがたかった。

「あっ、ちょっと待って」 大輔が言った。
「ん? なに?」 「こっち向いてよ」
「・・・」

えぇ~、せっかく顔を見られないで済むと思ってたのに・・・
「そのままだったらマイのかわいいお顔が見られないよ。 ねっ、こっち向いて」
「ええぇ~、でも~、・・・恥ずかしいし・・・」
「いいから、いいから、大丈夫。 ほらほら、こっち向いて」

大輔は麻衣の足をつかんで動かすようにそくした。
しょうがないなぁ…と思いつつ麻衣は姿勢を変えた。

女心はビミョゥなんだぞ!
ホントニィ~

恥ずかしさの裏腹に、もっとエッチになりたい自分もいる。
大輔が言うから仕方なくするんだと、言い訳にして正面を向いた。

照れくささの最後の手段として前髪を前に垂らす。
そのまま中腰になり大輔の物をとり入り口にあてる。

またオチンチンがヴァギナの入り口にあたる。
このまま腰を降ろせば・・・は・い・る。
麻衣は重力を言い訳に腰をゆっくりと降ろした。

ムニュっとした感触があそこに伝わり膣口が開く。
オチンチンの先端が麻衣の中に入ってくる。

あぁ~気持ちいいかも…。
そのまま重力にまかせお尻を降ろす。

ムニュムニュとした感触が膣内に広がり、ズルズルと大輔の熱くて固いものがあそこに侵入していく・・・

「ハァ~、ン~~」
眉をしかめながらペニスの進入を許した。

ゆっくり降ろしていくのでズルッ、ズルっと膣内をオチンチンが入り込む。

「はっあぁ~ん」

お尻は大輔の股間に密着するとオチンチンの根元まで…
すべてを膣の中に納めた。
体の中に大輔を感じる。

膣の中、いっぱいに埋められた大輔のオチンチン。

満足感からか身体が喜び始める。
チラッと大輔の顔を見た。 嬉しそうな顔をしている。

ご満足かな? なんとなくそう思った。
2010-02-06(Sat)

麻衣妖炎 第七十六話

麻衣は身体の中にある大輔の暖かいものを感じていた。
それだけで麻衣は満足。 至福の喜びに身体は包まれる。

腰を下ろす麻衣を大輔は見つめていた。
なかば眉間にシワを寄せながら目を閉じ、半開きになった口から溜息とも官能の喜びともつかない声が漏れる。

麻衣の表情はエロチック。
可愛いというよりもなんとなく美しく綺麗に思えた。

大輔は結合シーンを見ていた。
麻衣の足がまたがりゆっくりと腰を降ろす。

硬直したものが次第に濡れている麻衣の身体に埋没して行く様子を見ていた。
暖かくそして柔らかいものに包まれる感触がなんとも言えず気持ちいい。

次第に腰を降ろす麻衣のお尻は大輔の腰と密着する。
完全に麻衣の体の中に埋没した。

麻衣はじっとしていて動かない。
大輔のものを体に感じて満足しているのだろう。

でも男は物足りない。 大輔はお尻に力を入れ突き上げた。
「うっ」と声を漏らし天空をさまよう麻衣。

「なぁ、動いてみてよ」
その言葉にゆっくりと腰を上げると直立不動の大輔の根元が見える。

麻衣のもので濡らされた男根は黒く光り輝いているように見えた。
またゆっくりと腰を降ろす。
「あ~~ぁ」 気持ちよさそうな声を漏らす。

「気持ちいい?」

目をつぶっていた麻衣は目を開き大輔の顔を見下ろし恥ずかしそうに「うん・・・とっても・・・」

「ダイのが私の中に入ってんの・・・、なんか・・・いっぱい」
麻衣の胸はキュンキュン鳴った。
「なんか、恥ずかしいぃ・・・、あんまり見ないで」

「もうちょっと、早く動いて」
「あんまり上手く出来ないよぉ」

麻衣は大輔にまたがるのは初めて。 戸惑いながらも腰を上下させる。
大輔のものが身体の中でこすれる感触より、下から見られていると思った方が脳をしびれさせた。

垂直に立ってられなく前かがみに大輔の両脇に手をつく。
姿勢が楽になった分、動きやすくなり速度を速めた。

男の体の上で揺れる、麻衣。 大輔のものが体の中で暴れまわる。
リズムに乗って麻衣は上下する。 体が揺れる。 揺れる、おっぱい。

大輔は目の前で揺れるおっぱいに手を出した。
固いがボリュームのあるおっぱい。
わしづかみにしても余りある。

乳首をつかむと甘い吐息をもらす。 しばらく乳首をもてあそぶ。
大輔は少々暇を持て余していた。 麻衣の動きは上手くない。
初めてだからしょうがないものの、でもやっぱり暇。
だからおっぱいに手を出した。

「おっぱいが揺れてるってエッチに見える。 おっぱい、感じる?」
「あん、いいぃ。 もうダメ~ェ。 もうい~いぃ?」

麻衣はためらった。 やっぱり『する』より『される』ほうがいい!

大輔は身を起こした。 麻衣と胸がくっつく。
キスをしながら腰を密着させ、下から突き上げる大輔。

大輔の腕の中で麻衣の身体がまた飛び跳ねた。
跳ねるとおっぱいが大輔の胸とこすれる。
「あん、あん」 大輔は力強く突き上げた。

しばらくして麻衣のお尻を降ろした。 結合はしたまま。

「ほら、見て、マイとくっついてる」
大輔のものが麻衣の体に入ってるところを見せた。

「やん、ダメ~ェ、恥ずかしい~ぃ」
「マイの中に何が入ってる?」

「え~ぇ、ダイの・・・オチンチン」
「マイのどこに入ってるの?」 「ん~、あ・そ・こ」

「あそこってどこ?」 「いや~ぁ、エッチ」

「エッチな所に入ってんだ。 エッチな所ってどこかな?」
「ち・・・ちゅ」
「えっ? なに?」 「ち、ちゅちゅ!」

「“お”から始まる言葉で言ってごらん」
「やだ~ぁ、いやらしいんだ」 「いやらしくても言ってみて」

「だめよ~、恥ずかしいもん」
「ほら、ほらぁ」 「えぇ~ ・・・ おぉ・・まん・・」
「“こ”が抜けてるって」 「おぉ・・・○ん・・こ」
「ちゃんと言ってみて。 マイのどこに何が入ってるの?」

「マイのお・○ん・こに、ダイのオチンチンが入ってるの」
「やだ~だめ~、顔を見ないぃ~」

つくづく女性は不思議と思う。
普段なら絶対拒否する言葉をベッドの上なら口にする。

いやらしい言葉だと思いながらも、言わされることに喜びを感じる…。
やっぱり不思議・・・
きのこのいえ
カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
Music Movie

イディナ・メンゼル

巷にはあふれかえる名曲『LET IT GO』 あおいは男性バージョンの方が好きです 3分過ぎからの歌声は圧巻!


露出小説 ~露出の魅惑~
かおりの露出体験
露出狂の私
もっとエッチにいやらしいことしてみたい
露出の魅惑 始めに
≪中学生編≫
中学生編1 スカートの中の秘密
中学生編2 家の中での露出
中学生編3 バスの中の露出
中学生編4 ノーブラチャレンジ
中学生編5 家庭科室のお掃除
中学生編6 全裸で縛られ遊び
中学生編7 全裸でトイレ 学校編
中学生編8 外で初めての全裸
中学生編9 深夜のプール
中学生編10全裸でバスケットボール
中学生編11スカートの中の秘密
中学生編12小学校の校庭(全9話)
中学生編13生おっぱい露出
中学生編14下着屋さんでの失敗談
≪高校生編≫
高校生編1 ノーパン初露出
高校生編2 ペットと添い寝
高校生編3 スポーツ用品店
高校生編4 露出狂のあたし(全6話)
高校生編5 ウォータースライダー
高校生編6 通過電車
高校生編7 高2の海水浴(全9話)
高校生編8 どMな私(全6話)
高校生編9 ファスナー全開
高校生編10台風に燃える
高校生編11Gパン短パン
高校生編12ダウンジャケット
高校生編13スキー温泉旅行(全2話)
高校生編14高3の海水浴(全11話)
高校生編15かがみ
高校生編16浴衣が全開
高校生編17卓球でオールヌード
高校生編18ハミ尻卓球
高校生編19寒い冬の電車
≪大学生編≫
大学生編1 電車の中でパンチラ
大学生編2 自転車露出
大学生編3 アクセサリーショップ
大学生編4 濡れたTシャツ(全2話)
大学生編5 脇あまシャツ
大学生編6 自動車教習所
大学生編7 ビルメンテナンス
大学生編8 露出奴隷な私(全31話)
≪社会人編≫
社会人編1 タクシー露出
社会人編2 初めての靴磨き
社会人編3 新幹線露出
社会人編4 靴磨きのおじさん
社会人編5 沖縄ビーチ24才(全8話)
社会人編6 露出嬉戯(全14話)
社会人編7 全身美容エステ(全18話)
社会人編8 露天風呂(全30話)
社会人編9 下田の海(全?話)
魅惑の世界
エッチテク & お色気ニュース
お持ち帰りされる方法
やっぱり大きい方がいい おっぱい
女子学生の自分撮りテクニック
エッチ視線テレビドラマ2010
男が離れられなくなる女術
究極のチラリズム パンチラ
水着と下着の違い
ノーブラって増えてる?
ウグイス嬢のセクシーボイス

気になる一言


あおいのつまらない話
遊べる ♪ 野球拳

野球拳

行列が途切れない大人気の野球拳!
一時期は全然つながらなかったけど、
最近は少し待てば遊べるよ
画像をクリックすれば画面に飛びます
リンク先は音声が出るからご注意!!

携帯サイトのご案内
 PCサイトとは別に携帯サイトを作成しました。
 ご覧頂くにはお手持ちの携帯機器よりWEBページにつないで頂き、検索窓より『あおいつぼみ』を検索して下さい。
【ページタイトル】
 携帯通信には別途パケット料金がかかりますのでご注意ください。

携帯へmobileあおいつぼみURL送る

プライバシーポリシーとご注意
RSSリンクの表示
アクセス解析
misonoダイエットとは
プロフィール

あおい

Author:あおい

ご訪問ありがとうございます。

何かモノを書きたくって始めました。 つたない文章のど素人作品ですが、どうぞよろしくお願いいたします。







検索フォーム
Site Map (サイトマップ)
カテゴリ
最新投稿
あおいの特選! お勧め小説♪

本物の官能小説が無料で読める
プロ作家が女性心理を見事に物語っています。
 ☆  妄想の座敷牢
~官能小説家、紅殻格子の世界~

いろいろなお話がいっぱい!
ひとみさんの『私の実験』が大のお気に入り!
 ☆  ひとみの内緒話
(入り口は右下にある【入場口】)

♡ Special Thanks ♡
とても良いお話がいっぱい。
ぜひご覧ください。

≪Hなお話 相互リンク集≫

総合サイト 紹介

様々な小説・読み物紹介してます


官能小説ランキング

あおいつぼみは今何位かな?

皆様のワンクリックが順位を上げます。
ぜひ愛の手をお願いします<(_ _)>


ネット小説ランキング

最新コメント
18才以上限定メルマガ


秘密のお買い物
あおいが厳選した人気アイテム
大手Amazonだから安心のNetShop
魅惑のバストアップアイテム
バストを綺麗に魅せる隠しアイテム
魅惑のランジェリー&ショーツアイテム
これで男どもはノックダウン!
貴女の秘密のお楽しみminiアイテム
初心者に優しいミニを集めてみました
貴女を刺激する人気アイテム集
貴女は性感の虜 夢中にさせます
後ろを開発されればもう貴女は性奴隷
信じられない快感が貴女を襲う
彼方のオナアイテム
使用頻度にご注意! やりすぎ厳禁
性生活バイブル
お勉強するには楽しいかも?
あおいつぼみへのメール
リンクのご案内

当サイトはリンクフリーですが、上段↑メールツールより御一報頂ければ幸いです。

相互リンクをお考えの方は「相互リンクについて」をご覧下さい。

リンクバナー置き場はこちらをクリックして下さい

banner20040


banner8831