ご来訪、誠にありがとうございます。

 当サイトは官能小説につき18禁としております。 また性的描写に嫌悪感を持たれる方

の閲覧もご遠慮ください。 ご自身の自己責任において承諾頂ける方のみお楽しみ下さい。

また当サイト内の小説はすべて作り絵空ですのでご承知おきください。

2010-02-01(Mon)

麻衣妖炎 第七十一話

大輔は麻衣の草むらに戯れた。
少し湿気を帯びた黒い草原に指を絡ませる。

何度か撫ぜ上げると口でつまんだ。
口で挟むと引っ張り上げる。

引っ張ることによってあそこ全体を刺激しているはず。
草むらを口に含み、むさぼるように引っ張り上下に揺れさせる。

男としてあまり楽しい作業ではないけど、これから“行きますよ”という合図のつもり。
麻衣はきっと期待して待っているはず。

麻衣の膝を折り、立てかけてなるべく楽な姿勢にさせてから、女性の花園の前に体を沈めた。
もうここまでくれば、じらすのは終わり。 自分も楽しみたい。

これから麻衣がどんな反応をするのかも楽しめる。
始めに女の園の中心部を舌で軽く突く。

ピクンと反応する麻衣。
この体勢になったら見られていることは承知しているはず。

「エッチにすごく濡れてるよ」
返事を出来ないでいる…
「マイのいやらしいところを独占できるのは嬉しいなぁ」
「マイのエッチなところがヒクヒクしてる」

大輔は息を熱くさせ、麻衣の花園に息を吹きかけられた。
熱いような、濡れている部分を吹き通ると冷たいような風にゾクゾクッとする麻衣。

プラス大輔のエッチなささやきにもメロメロ。
恥ずかしい気分と、これから訪れる官能を期待する気持ちが入り混じって、わけがわからなくなる。

でもいつもより私の体を楽しませてくれるのは嬉しい。
いつでもこの身を与えるから、自由に“いじって”もらいたい。

大輔は秘密の花園の周辺部分をゆっくりと、そして丹念に舐め上げる。
自分の唾液と麻衣の愛液とで濡れそぼり、もうグッショリ… 熱い息を吹きかける。

そうして花園に唇を寄せ、熱い口づけから愛液を吸い取る。
生暖かいヌメリ感が欲情をそそり、今すぐにでも突っ込みたくなる気分をなんとかこらえる。

花びらを一枚、口ではさみ引っ張ってみた。
あまり大きくないヒダはすぐに口から外れる。

左右の花びらを一枚ずつ口に取り、その薄い小さな肉片の感触を楽しむ。

「マイのあそこ、開いていい?」
麻衣は意味がわからないでいる。
大輔は手を伸ばし、花びらを左右に開いた。

「とっても濡れてるよ。 もうビショビショ。 広げたら真ん中に穴が開いてる」
 当たり前のことだけど言葉に出してみた。
「あ~ぁ、穴からまた液体がこぼれてきた。 舐めてみるね」

恥ずかしい言葉に、その言葉に、身をよじる思いの麻衣。
淫らな自分が恥ずかしく思えるけど、またいやらしい麻衣のあそこも見て欲しい。

大輔は溢れてきた愛液をすくい取る様に舐め上げる。
何度も、何度も… 何度すくい取っても次から次へと愛液が溢れてくる。

湧水は枯れることなく終わりを知らない。
「いやらしいね。 次から次へと溢れてくるよ。 感じる?」

返事をしないのはわかっている。
何回か舐め上げた後、舌を尖がらせて麻衣のあそこに侵入を試みた。

なんの抵抗もなく侵入を許す麻衣のあそこ。
舌は長くないので奥には届かないが、潤いが十分な泉の元は暖かく、そしてやわらかい。

舌を左右、上下に動かしてみたがそれはあまり刺激を与えられないようだ。
それでも動かし続けていると麻衣は小声を漏らす。

声を漏らしたのは感じている証拠。
短いが太く、固い、舌を、力強く麻衣の体の中で暴れるように頑張る。

男の本能だ。

舌の感触に感じていると思ったが、ひょっとしたら鼻が麻衣のもっとも敏感な真珠に、当たっているからかも知れない・・・
2010-02-02(Tue)

麻衣妖炎 第七十二話

大輔は責めの矛先を変えようと密壺の花園から上へ、上へと舌を這わせていく。
ゆっく、チロチロと、舌を柔らかく、ねっとりとした感触で舐め上げていくと、麻衣は大きなため息を漏らす。

「ウゥン~ン、ハアァ~ァ~」
草原のふもと、小さな丘、多少複雑な谷間にチロトロと舌でつついて登りつめた。

麻衣が腰を上下に揺らすので、そのタイミングでお尻のふくらみの下に手を入れ、秘密の花園全体、お尻を持ち上げた。
目の前には草原から真珠、あふれ返る泉の園から肛門まで、開かれた足の内側すべて一望できる。

麻衣の秘部は完全に大輔のものと思えた。
目で楽しむことはもちろん、口付けをし、舌で戯れ、指でいじることさえ自由にできる。
もちろんそれ以上のことも…

麻衣は裸の肉体の隅々、
すべての恥ずかしいところをも隠すことなく大輔に見つめられ、
自らの肉体を捧げることによって麻衣は喜びを味わう。

真珠のふもとに舌を徘徊させる。
ねっとりとした舌は濡れそぼった周辺を何の抵抗もなく徘徊させた。

やや、複雑に絡み合う花びらの頂点を解きほぐす。
複雑に絡み合った花びらの根元に真珠は存在するはず。
大輔はその真珠の存在をいまいちよくわからないでいる。

いや、だいたいの事はわかる、この辺がそうなのだと。
この辺に舌や指で刺激を与えると、麻衣は喜びの声をあげ体は悶える。

だからここに女性の性感帯があるのだとわかる。
大輔は今までに花びらを一枚一枚むいて、真珠のありかを確かめたことはなかった。
いや、なかったというより、よくわからなかったのだ。

ともすれば男は先に急ぎたがる。

もうここまでくれば女の泉は十分な潤いをもち、男を向い入れる体制は完了している。
大輔も早く自分のものを麻衣の中に沈めたい本能にかられ、難しいことは飛ばしてそそくさと麻衣の中に侵入してしまう。

だが今日は違う。

時間もたっぷりあるし、何よりも麻衣を楽しませることをメインにしたい。
好都合なことに一回目は麻衣の口の中に発射したことも、心と身体に余裕を持たせている。

手を伸ばし、薄皮を上にめくり上げる。
めくり上げたところは普段、露出していないのか肌がきれいにピンク色に染まっている。

そこに“しわ”にまみれながらもプクッと脹らんだ部分を発見した。
これが真珠なのだろうか?

よくよく眺め、良く見ると薄皮のふもとにややニキビより少し大きめの“つぶ”みたいな脹れた部分がある。
やはりこれがそうなんだろうか?

確かめる術は触れてみること。
麻衣の体の反応でわかるはず。

でも直に触れるときは刺激が強いと良くないらしい。
そこで舌先でふれるかふれない程度に軽くタッチを試みた。

舌先が当たった瞬間、ピクッと麻衣のお尻が収縮したように思えた。
確かめるためにもう一度。

やはり当たった瞬間に麻衣のお尻に力が入る。 やはりこれがそうなんだ。
大輔は今までの知識でもう少し大きめのものを想像していたので今までわからなかった。

もう見つけた。 迷いはしない。
これから思う存分、その真珠を責めてみたい。

さて、どうやって責めてみようか?

その真珠を見詰めながら思案していると、真珠は恐怖に脅えているのか、快楽への陶酔を期待しているのか、小刻みに震え、赤く肥大しているように見えた。
2010-02-03(Wed)

麻衣妖炎 第七十三話

麻衣の真珠は真珠と呼べるほどの大きさはなく小さなポッチのよう。
眺めていると麻衣の股間が揺れるように妙な動きをした。

なぜだろう? 触ってもいないのに…
そう思うと自分の鼻息が荒いのに気がついた。

ちょっと下品に自分の熱い鼻息が、麻衣の真珠に吹きつけ興奮を高めていた。

そっか、安心し真珠に触れないように舌で周辺をなぞった。
でもその行為は難しく、小さなポッチにどうしても当ってしまう。

その度にピクンと反応し小さな小声が聞こえる。
「アン!」
当るたびに気持ちよさそうな声が聞こえる。

「マイの敏感なところ、見付けたよ。 チューしていぃ?」
答えられるはずもない。

大輔は女性のもっとも敏感な場所に口付けをした。
深い喜びの声をもらす。

口付けのあと、舌でちろちろ舐めてみると、「ん、ん、ん」から「あっ、あっ、あぁ~」と声が変わる。
大輔は軽く吸い取るようにキスをしてみると、長い官能の喜びを声に出して身をよじりそうになった。

相手が小さいだけに動かれると狙いが定まらない。
大輔は両手で太ももの付け根を押さえ、動けないようにした。

そうして真珠への責めはつづく。

麻衣は大輔の股間への責めにギブアップ寸前。
恥ずかしい言葉責めのなか、女の一番敏感なところを捕らえられた。

大きく開かれた足の付け根に大輔が身をかがめ、大事なあそこを自由に楽しんでいる。
たまにピチャピチャといやらしい音が聞こえる。
もう恥ずかしいもなにもない。 自然と喜びの声がもれる。

大輔が股間にうずくまったとき、麻衣は麻美の言葉を思い出していた。

『男はねぇ、征服欲が強いの。 男が責めるとき反応して声を出してあげれば男の人は、感じさせようと一生懸命頑張ってくれるよ。 だからもうちょっと頑張って欲しいときは、少々大きめの感じる声を出せば、もっと気持ちよくさせてくれるから』

その時は笑って聞いていた。 でも今は違う。
今日はエッチをする日と考えていたから、朝からエッチな気分になっていたし、気持ちよくなる自分を想像していた。

少し前までは、ちょっとオーバー気味かなっと思いつつ声を出していたけど、今では勝手にのどから声がもれてしまう。

大輔がいつもより話しかけてくれる所為もあって、声をあげても自然に振舞えることが出来る。
だっていつもより大輔がエッチなんだもん。 だから…なんか嬉しぃ・・・

大輔が一番敏感なところを責めてきた。
もう身体がビクンビクン反応してしまう。

「アッ、アッ、アッ、アァ~」 自分でも悩ましい声だと思うけど止められない。 

自然と股間が動いてしまうけど、大輔に押さえられた。
普段見せない恥ずかしい股間の内部を、大輔は一部始終見られている。

そう頭の中で考えると熱い“おつゆ”が我慢できずトロトロこぼれていく。
もうメロメロ。

早く、ほ、し、い・・・ そう思っているのを知ってか知らずか、まだまだ敏感な部分への愛撫はつづく。

もうだめ! はやく~ぅ!

「アン、アン ア~~ン、 もうダメぇ~ アッアッ、イィ~」

麻衣は早く次に行って欲しいと思い、即すように少し大きめの声を上げた。
その言葉にようやく舌の動きが止まった。

止まったということは、
この後は大輔に抱きしめられて大輔のものを受け入れる・・・

そう思ってた・・・

が、違った。

麻衣のあそこに指の侵入を感じた。

 「ア~ン♡」 それもいいけど・・・
きのこのいえ
カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
Music Movie

イディナ・メンゼル

巷にはあふれかえる名曲『LET IT GO』 あおいは男性バージョンの方が好きです 3分過ぎからの歌声は圧巻!


露出小説 ~露出の魅惑~
かおりの露出体験
露出狂の私
もっとエッチにいやらしいことしてみたい
露出の魅惑 始めに
≪中学生編≫
中学生編1 スカートの中の秘密
中学生編2 家の中での露出
中学生編3 バスの中の露出
中学生編4 ノーブラチャレンジ
中学生編5 家庭科室のお掃除
中学生編6 全裸で縛られ遊び
中学生編7 全裸でトイレ 学校編
中学生編8 外で初めての全裸
中学生編9 深夜のプール
中学生編10全裸でバスケットボール
中学生編11スカートの中の秘密
中学生編12小学校の校庭(全9話)
中学生編13生おっぱい露出
中学生編14下着屋さんでの失敗談
≪高校生編≫
高校生編1 ノーパン初露出
高校生編2 ペットと添い寝
高校生編3 スポーツ用品店
高校生編4 露出狂のあたし(全6話)
高校生編5 ウォータースライダー
高校生編6 通過電車
高校生編7 高2の海水浴(全9話)
高校生編8 どMな私(全6話)
高校生編9 ファスナー全開
高校生編10台風に燃える
高校生編11Gパン短パン
高校生編12ダウンジャケット
高校生編13スキー温泉旅行(全2話)
高校生編14高3の海水浴(全11話)
高校生編15かがみ
高校生編16浴衣が全開
高校生編17卓球でオールヌード
高校生編18ハミ尻卓球
高校生編19寒い冬の電車
≪大学生編≫
大学生編1 電車の中でパンチラ
大学生編2 自転車露出
大学生編3 アクセサリーショップ
大学生編4 濡れたTシャツ(全2話)
大学生編5 脇あまシャツ
大学生編6 自動車教習所
大学生編7 ビルメンテナンス
大学生編8 露出奴隷な私(全31話)
≪社会人編≫
社会人編1 タクシー露出
社会人編2 初めての靴磨き
社会人編3 新幹線露出
社会人編4 靴磨きのおじさん
社会人編5 沖縄ビーチ24才(全8話)
社会人編6 露出嬉戯(全14話)
社会人編7 全身美容エステ(全18話)
社会人編8 露天風呂(全30話)
社会人編9 下田の海(全?話)
魅惑の世界
エッチテク & お色気ニュース
お持ち帰りされる方法
やっぱり大きい方がいい おっぱい
女子学生の自分撮りテクニック
エッチ視線テレビドラマ2010
男が離れられなくなる女術
究極のチラリズム パンチラ
水着と下着の違い
ノーブラって増えてる?
ウグイス嬢のセクシーボイス

気になる一言


あおいのつまらない話
遊べる ♪ 野球拳

野球拳

行列が途切れない大人気の野球拳!
一時期は全然つながらなかったけど、
最近は少し待てば遊べるよ
画像をクリックすれば画面に飛びます
リンク先は音声が出るからご注意!!

携帯サイトのご案内
 PCサイトとは別に携帯サイトを作成しました。
 ご覧頂くにはお手持ちの携帯機器よりWEBページにつないで頂き、検索窓より『あおいつぼみ』を検索して下さい。
【ページタイトル】
 携帯通信には別途パケット料金がかかりますのでご注意ください。

携帯へmobileあおいつぼみURL送る

プライバシーポリシーとご注意
RSSリンクの表示
アクセス解析
misonoダイエットとは
プロフィール

あおい

Author:あおい

ご訪問ありがとうございます。

何かモノを書きたくって始めました。 つたない文章のど素人作品ですが、どうぞよろしくお願いいたします。







検索フォーム
Site Map (サイトマップ)
カテゴリ
最新投稿
あおいの特選! お勧め小説♪

本物の官能小説が無料で読める
プロ作家が女性心理を見事に物語っています。
 ☆  妄想の座敷牢
~官能小説家、紅殻格子の世界~

いろいろなお話がいっぱい!
ひとみさんの『私の実験』が大のお気に入り!
 ☆  ひとみの内緒話
(入り口は右下にある【入場口】)

♡ Special Thanks ♡
とても良いお話がいっぱい。
ぜひご覧ください。

≪Hなお話 相互リンク集≫

総合サイト 紹介

様々な小説・読み物紹介してます


官能小説ランキング

あおいつぼみは今何位かな?

皆様のワンクリックが順位を上げます。
ぜひ愛の手をお願いします<(_ _)>


ネット小説ランキング

最新コメント
18才以上限定メルマガ


秘密のお買い物
あおいが厳選した人気アイテム
大手Amazonだから安心のNetShop
魅惑のバストアップアイテム
バストを綺麗に魅せる隠しアイテム
魅惑のランジェリー&ショーツアイテム
これで男どもはノックダウン!
貴女の秘密のお楽しみminiアイテム
初心者に優しいミニを集めてみました
貴女を刺激する人気アイテム集
貴女は性感の虜 夢中にさせます
後ろを開発されればもう貴女は性奴隷
信じられない快感が貴女を襲う
彼方のオナアイテム
使用頻度にご注意! やりすぎ厳禁
性生活バイブル
お勉強するには楽しいかも?
あおいつぼみへのメール
リンクのご案内

当サイトはリンクフリーですが、上段↑メールツールより御一報頂ければ幸いです。

相互リンクをお考えの方は「相互リンクについて」をご覧下さい。

リンクバナー置き場はこちらをクリックして下さい

banner20040


banner8831