ご来訪、誠にありがとうございます。

 当サイトは官能小説につき18禁としております。 また性的描写に嫌悪感を持たれる方

の閲覧もご遠慮ください。 ご自身の自己責任において承諾頂ける方のみお楽しみ下さい。

また当サイト内の小説はすべて作り絵空ですのでご承知おきください。

2010-04-06(Tue)

堕ちていく私 17 ≪男の正体≫

窓際に立つと、

「やっぱり、あなたにはかなわないわ。 そうやって私を寂しくさせる。

 結局あなたは私の事を知ってても、私は何もあなたの事を知らない。

 名前の蒼井さんってたぶん偽名でしょう。 結局、私は何一つ、あなたのことがわからないわ」


「蒼井は本名です。 が、しかし私の事を知ればあなたに危険が及ぶかもしれません。

 そういう仕事です。 だから出来ればそれは避けたいと思っています。」

「あら! 私の事、そういう風に見てくれているの? 少しだけ嬉しいわ。

 じゃあ最後一つだけ聞いていい? それ以上詮索しないわ」


「答えられるものであれば…」

思い切って聞いてみた「あなたって警察の人?」

「微妙な質問ですね。 でもあなたに対して嘘はつきたくない。

 心の中に締まって頂けますか。

 日本の警察をカバーとしていますが、正式な所属は日本の組織ではありません」


振り返り、男を遠い目で見た。 ますます男の存在が遠くに思えた。

やっぱり私の想像を超えた人。

「そう言えばさっき引っ越しも近いとか言ってたけど、近いの?」

「正直わからない。ただ…」  「ただ…、なに?」

「あまりここにいても、もう意味がないかもしれない」

「そう・・・、あ・た・し・・・・・・」

「あなたは美しい、きっと素晴らしい人生を送れると思います」

「お世辞なんかいらないわ、本当のことを言ってよ。

 私なんか、わたし…、なんか、ダメよ… きっと悪い女… だからあんな・・・こと…見せてしまって。・・・だから…」

「だから?」

「だから、あなたの事、本当は知りたいの」


「何となくわかるの…、たぶん私の想像も出来ないようなお仕事していらっしゃるのでしょう。

 危険だって。 でも、なんとなくあなたについて行きたいって思ったの」

「それはダメです」

「わかってるわ。 あなたの足手まといになるかもしれない。 それもわかっている。

 でもなんとなくついて行きたいと思ったの。 自分でもなぜかわからないけど。 だめかしら」


「私にも仕事上パートナーは必要です。 上司からもそれは言われています。

 が、しかし私と一緒にいると、とんでもない危険が及ぶかもしれません。

 もっと言えば私の目の前で別の男に犯される可能性もあります。 そんな覚悟はおありですか」


「ごめんなさい。 それは・・・ 今は・・・ わからない。 でもあなたはそれを許してくれるの?」

「そういう状況だったらしょうがない。 私のミスでそうなることもある」

「あなたが許してくれるのなら、我慢できるかもしれない」

「もし私が危険な目になったらあなたは助けてくれる?」

「危険な状況だったら、全力を賭けて君を助ける。 でも俺も万能ではない。最後には見捨てるかもしれない」

「いいの、そうなったらそうなったでかまいやしない。 それでもいいの。 でもそれまではあなたの近くに居たいの」

「・・・」 沈黙が訪れた。

目と目を見つめ合う二人。 男もどうしていいかわからなかった。
2010-04-08(Thu)

堕ちていく私 18 ≪乳房に愛撫≫

「君をかなり危険な目に合わせる事になるかもしれない・・・」

窓際から進み寄り男の前に立った。

その目前で背中のファスナーをおろすと、体にまとわりついていたワンピースは力なく床に落ちた。

美希子は手早くブラジャーもはずし、男に乳房を見せた。

「ねぇ…」 美希子は男に抱きつき 「ねっ、抱いて、最初にあなたに抱かれたいの」

美希子は男にしがみつき、唇を吸いとった。

美希子は男のベルトを外すとファスナーを降ろし、中にあるものを取り出した。

まだ柔らかいその物体を口に含む。


少し汗臭い匂いが欲情を掻き立て、喉の奥まで含もうとしたが、

口の中に入れた男の物はすぐさま反応し、膨張を続け、美希子の喉を突いた。

喉を突かれた美希子はむせるのを我慢し、口元をすぼめ愛撫をしようとした。

が、・・・その動きも止まった。 「大きい」 美希子は心の中で叫んだ。

今までお相手した男性の中でも目を見張る大きさだった。

戸惑った。 それでもその戸惑いを感じられるまいと、懸命に奉仕する。


「びっくりしたでしょう。心の準備はできましたか」

美希子は黙って男を見つめた。

「わかりました。 いいんですね」 コクリとうなずく美希子。

男は軽々、美希子を持ち上げた。

布団に運ばれると、最後の下着に手をかけられる。

美希子は足を少し開きお尻を上げた。

緊張なのか期待なのか、それとも不安なのか、体が小刻みに震える。

「小林さん、大丈夫ですか?」  その言葉はいやだった。

「イヤ! ミキコって呼んで」  「大丈夫…明るいので緊張しているだけ」

「消しましょうか」  「でもあなたの顔もみたい」 男の顔が近づく。

目をつぶるとあの荒々し唇が触れた。

美希子は自分から舌を入れ、男の肉厚のある舌に絡めると、唾液を吸いとった。


男は美希子の胸に触れた。

想像通りの大きな手に、美紀子の乳房はすっぽりと覆い尽くされた。

乳房周辺をなぞる指。

乳首は手のひらで刺激されていた。それだけで反応してしまう。

彼は性技に長けていた。

体のあちらこちらに触れられるとそれだけで体が踊る。

ウィークポイントを突かれると歓喜の声を切なく歌う。

さらに男に責めがきつくなると、わけが判らず、

乱れる肢体はエロスの官能の悦びを、体いっぱい表現した。

美希子は目を閉じた。

空間に、体はさ迷い、眠っている美希子の弱点を男の触手が正確に捕らえ、

責められる度に肢体はさらに高く宙に舞い上がり、悲鳴を放つ。


美希子は耐えられなかった。

体は跳ね上がり、歓喜の悦びと共に身悶え、そしてもがき苦しむ。

ただひとつ美希子は現世に居続けられる物を感じていた。

それは男の物。熱く固く大きな物が美希子の太ももを貫いている。

その存在に何故か安心感を与えてくれた。

美希子は手を伸ばし、熱い物を掴む。

つかむと生きている物の証として脈を打ち、手の内で暴れ始めた。

男は腰をあげると、美希子は不安にかられた。


いよいよ・・・だと。
2010-04-10(Sat)

堕ちていく私 19 ≪巨根に犯され≫

≪ 第七章 没落 ≫

美希子はここまで何度も宇宙をさ迷い、体は悲鳴を放ち続けた。

耐え切れるだろうか…美希子が男を迎えるため足を広げると、侵入を始めた。


「メリッ、メリ メリ メリ」 膣が破壊されていく音を脳から聞いた。

「きつい…」男の黒光りする巨大な欲物が、獲物を求め美希子の体に侵入する。

まだ亀頭しか入っていないのに、これから本体が続くと思うと気絶しそうになる。

耐えられない思い。  男の欲物は膣を犯すが如くゆっくりと侵入を続ける。


「メリッ、メリッ、メリッ」 今度は子宮で聞いた。

巨大な欲物は膣内部のシワを広げながら進む。

男の侵入許す美希子は、いっぱい、いっぱい。

やがて美希子の膣は、完全に制圧された。

太く巨大な火柱で、全身を串刺しされた気がする。

男は動きを止めと、股間に鎮座する熱い火の塊に美希子の五感は狂い始める。

このまま、何もしなくても、それだけで、達してしまうかもしれない…

それだけの存在感をワギナは感じとっていた。


男はゆっくりと動き出す。 男のカリは高い。

膣内部の壁をかき回され、強い刺激をうける。

美希子は内臓をえぐられるような感覚を感じ、体が震えだす。

「あっ、クゥゥ~~~ゥ」喜びの声とも、苦しみの声ともつかない声を発する

「美希子さん、大丈夫ですか。 でもこれぐらいのことは耐えられないといけない。 我慢できますか」

「ガ・・・、マ・・、ン、す、るぅ」 それをいうのがやっとだった。

「あああぁぁ~~・・・・・ イッ・・・ィィ・・・」


我慢する・・・そういってみたものの、それは嘘だと体はなげく。

でも耐えなければ・・・ 彼のものを楽しませなければ・・・

必死に次から次へと湧き上がる快感に耐える美希子。 いつかは切れる・・・

このままだといつかは切れてしまう。 どうなるのかはわからない。 

それは美希子にとっても知らない世界。 なにがどうなるのかもわからない。

ひとりの時には気持ちいい事は感じたことがある。

でも男性との営みで、それはまだ経験したことはない。

ひとりのときはどんなに乱れても恥ずかしくないけれど、

男の前だったら恥ずかしい思いをするかもしれない。

そんな恐怖心が我慢させようとする思いを強くさせるものの、

ダメかもしれない。


「いつもならゆっくりするのですが、今日は早くしたいと思います。

おなかの上に出していいですか」

「いや! 私の中にして。 あなたの子が欲しいの」

精一杯の女の意地悪を言ってみたくなった。

「それはまだ早い。 ダメです」

「ごめんなさい、嘘よ。 昨日からお腹が重いの。 もうすぐ来るから大丈夫」

「だから・・・、だから、お願い。 あなたのものが欲しい」

「わかりました。 いいんですね」  美希子は男の目を見つめうなずいた。

男の動きは早くなる。  動きにあわせ次から次へと波が襲ってきた。


我慢する・・・ 我慢する・・・

念仏のようにとなえても、耐え切れない体の反応に男の肩に噛みついた。

男は射精する瞬間、さらにそのものは大きくたくましく、女を狂わせる。

先端に大きなエネルギーがたまり、それを放出させようと準備に入った。

美希子は頭の中で光を感じた。無数に光る輝き。体はフワフワと浮き出した。

「あっ、くる・・・」

頭の中で無数の輝きを放つ光は、

大きくバタバタとフラッシュバックに光り輝きを放ち、美希子の肢体をつつむ。


「もうダメ・・・、イヤァ、アッ・・アゥ・・ゥゥ・・・アアアァ~~~」

美希子はあらぬ限りの絶叫を放った。

あまりの声の大きさに男は口で、美希子の口をふさいだ。

口を塞がれた美希子は酸欠状態に陥り、脳神経が麻痺を起こす。

美希子は男の腕の中で、身もだえ・・・苦しみ・・・のた打ち回った。

射精の瞬間 「ドクッ、ドクッ」 ワギナの中でその音を聞いたような気がする。

男は私の中で射精してくれた。


女の喜びを感じ、安堵の中、意識は遠のいた。

どれくらいの時間が経ったのだろう。 至福につつまれる時間が過ぎた。

男は美希子の体から降りた。 その動きに目が覚める。

「あたし・・・、どうだった? あなたのパートナーにして頂ける?」

「あなたは素晴らしい。 私も正直・・・、惚れてしまいそうだ」

美希子は喜びに男に抱きついた。 嬉しい・・・ 女に生まれてよかった。

喜びに身を震わせ、一粒の涙が頬を濡らした。

≪堕ちていく私 終り≫
きのこのいえ
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Music Movie

イディナ・メンゼル

巷にはあふれかえる名曲『LET IT GO』 あおいは男性バージョンの方が好きです 3分過ぎからの歌声は圧巻!


露出小説 ~露出の魅惑~
かおりの露出体験
露出狂の私
もっとエッチにいやらしいことしてみたい
露出の魅惑 始めに
≪中学生編≫
中学生編1 スカートの中の秘密
中学生編2 家の中での露出
中学生編3 バスの中の露出
中学生編4 ノーブラチャレンジ
中学生編5 家庭科室のお掃除
中学生編6 全裸で縛られ遊び
中学生編7 全裸でトイレ 学校編
中学生編8 外で初めての全裸
中学生編9 深夜のプール
中学生編10全裸でバスケットボール
中学生編11スカートの中の秘密
中学生編12小学校の校庭(全9話)
中学生編13生おっぱい露出
中学生編14下着屋さんでの失敗談
≪高校生編≫
高校生編1 ノーパン初露出
高校生編2 ペットと添い寝
高校生編3 スポーツ用品店
高校生編4 露出狂のあたし(全6話)
高校生編5 ウォータースライダー
高校生編6 通過電車
高校生編7 高2の海水浴(全9話)
高校生編8 どMな私(全6話)
高校生編9 ファスナー全開
高校生編10台風に燃える
高校生編11Gパン短パン
高校生編12ダウンジャケット
高校生編13スキー温泉旅行(全2話)
高校生編14高3の海水浴(全11話)
高校生編15かがみ
高校生編16浴衣が全開
高校生編17卓球でオールヌード
高校生編18ハミ尻卓球
高校生編19寒い冬の電車
≪大学生編≫
大学生編1 電車の中でパンチラ
大学生編2 自転車露出
大学生編3 アクセサリーショップ
大学生編4 濡れたTシャツ(全2話)
大学生編5 脇あまシャツ
大学生編6 自動車教習所
大学生編7 ビルメンテナンス
大学生編8 露出奴隷な私(全31話)
≪社会人編≫
社会人編1 タクシー露出
社会人編2 初めての靴磨き
社会人編3 新幹線露出
社会人編4 靴磨きのおじさん
社会人編5 沖縄ビーチ24才(全8話)
社会人編6 露出嬉戯(全14話)
社会人編7 全身美容エステ(全18話)
社会人編8 露天風呂(全30話)
社会人編9 下田の海(全?話)
魅惑の世界
エッチテク & お色気ニュース
お持ち帰りされる方法
やっぱり大きい方がいい おっぱい
女子学生の自分撮りテクニック
エッチ視線テレビドラマ2010
男が離れられなくなる女術
究極のチラリズム パンチラ
水着と下着の違い
ノーブラって増えてる?
ウグイス嬢のセクシーボイス

気になる一言


あおいのつまらない話
遊べる ♪ 野球拳

野球拳

行列が途切れない大人気の野球拳!
一時期は全然つながらなかったけど、
最近は少し待てば遊べるよ
画像をクリックすれば画面に飛びます
リンク先は音声が出るからご注意!!

携帯サイトのご案内
 PCサイトとは別に携帯サイトを作成しました。
 ご覧頂くにはお手持ちの携帯機器よりWEBページにつないで頂き、検索窓より『あおいつぼみ』を検索して下さい。
【ページタイトル】
 携帯通信には別途パケット料金がかかりますのでご注意ください。

携帯へmobileあおいつぼみURL送る

プライバシーポリシーとご注意
RSSリンクの表示
アクセス解析
misonoダイエットとは
プロフィール

あおい

Author:あおい

ご訪問ありがとうございます。

何かモノを書きたくって始めました。 つたない文章のど素人作品ですが、どうぞよろしくお願いいたします。







検索フォーム
Site Map (サイトマップ)
カテゴリ
最新投稿
あおいの特選! お勧め小説♪

本物の官能小説が無料で読める
プロ作家が女性心理を見事に物語っています。
 ☆  妄想の座敷牢
~官能小説家、紅殻格子の世界~

いろいろなお話がいっぱい!
ひとみさんの『私の実験』が大のお気に入り!
 ☆  ひとみの内緒話
(入り口は右下にある【入場口】)

♡ Special Thanks ♡
とても良いお話がいっぱい。
ぜひご覧ください。

≪Hなお話 相互リンク集≫

総合サイト 紹介

様々な小説・読み物紹介してます


官能小説ランキング

あおいつぼみは今何位かな?

皆様のワンクリックが順位を上げます。
ぜひ愛の手をお願いします<(_ _)>


ネット小説ランキング

最新コメント
18才以上限定メルマガ


秘密のお買い物
あおいが厳選した人気アイテム
大手Amazonだから安心のNetShop
魅惑のバストアップアイテム
バストを綺麗に魅せる隠しアイテム
魅惑のランジェリー&ショーツアイテム
これで男どもはノックダウン!
貴女の秘密のお楽しみminiアイテム
初心者に優しいミニを集めてみました
貴女を刺激する人気アイテム集
貴女は性感の虜 夢中にさせます
後ろを開発されればもう貴女は性奴隷
信じられない快感が貴女を襲う
彼方のオナアイテム
使用頻度にご注意! やりすぎ厳禁
性生活バイブル
お勉強するには楽しいかも?
あおいつぼみへのメール
リンクのご案内

当サイトはリンクフリーですが、上段↑メールツールより御一報頂ければ幸いです。

相互リンクをお考えの方は「相互リンクについて」をご覧下さい。

リンクバナー置き場はこちらをクリックして下さい

banner20040


banner8831