ご来訪、誠にありがとうございます。

 当サイトは官能小説につき18禁としております。 また性的描写に嫌悪感を持たれる方

の閲覧もご遠慮ください。 ご自身の自己責任において承諾頂ける方のみお楽しみ下さい。

また当サイト内の小説はすべて作り絵空ですのでご承知おきください。

--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-02-01(Tue)

ボクの幼なじみ(中学生編)51

お盆に載せた紅茶を溢さないように気をつけながら部屋に戻ると、黒木さんは立ったままだった。


シマッタ! 椅子を用意するのを忘れとった。


「ごめんな、椅子一つしかあれへんから座っといてくれたら良かったのに」

勉強机の椅子しかなかった。

「ううん、別に大丈夫」


良く考えたらお盆を置くところがありません。

しょうがないので勉強机に乗せました。


机の横にはベッドがあります。

机の近い方のベッドに腰掛けてもらう事にしました。

上布団を少しめくり黒木さんに座ってもらい、ボクはその横に座ります。


「紅茶で良かった?」

「うん、なんでもいいの。 ありがとう」

慣れない上品なティーカップにソーサー、

溢すなんて失態のないよう十分気をつけながらすすります。

ティーカップに注視していたボクは何気に黒木さんの方を見ました。

ティーカップを持っていたので上の方・・・顔は見えません。

その代わりに黒木さんの足元を見ました。


ドッ、ドッ、ドッヒャ~~ァ!!


黒木さん・・・ミニスカートから太ももが丸見え。


学校では女子ブルマになんの色気も感じないのですが、

ミニスカから覗く太ももは色っぽい!


当然ながらストッキングなんてまだ穿かない年です。

艶々した細身の生足が覗いています・・・


もともとミニスカートだったので、ベッドに座ると更に極端にミニミニ!

もうギリギリというか、あともうちょっと上がれば・・・

『男の憧れ』が見えるかもしれません。


風紀委員長の黒木さんに対してとんでもない妄想。

メッチャ失礼なのはわかってますが、ボクも男。

可愛い女の子のパンティーを見たい!

悪魔がささやきます。


でもやっぱり駄目だ。 いくらなんでも黒木さんに失礼。

第一、変な事をすれば黒木さんに絶対嫌われる。


そう考えはするものの男の欲望は隠せません。

それとなく見えるかどうかの作戦を考えました。


すると期待を裏切るかのように黒木さんは立ち上がり「これ、青井君のバット?」

「うん、そう」立った黒木さんにガックリするボク。

「触っていい?」

「いいよべつに」

「へー、意外と軽いんだ。 もっと重いもの想像してた」

「そう、いつもこんな感じ」

「振ったら危ないわよね」

「まぁ、部屋ん中だから。 でもまぁちょっとくらいなら」


ひょっとして振る姿にスカートがひるがえるのを期待するボク。


「こんな感じ?」

「そうそう、いい振りしてる」期待がすぐさま失望に変わりました。

フレアースカートじゃないんで、裾が広がりません。
2011-02-03(Thu)

ボクの幼なじみ(中学生編)52

2、3回振ったかと思うとすぐ止めちゃいました。

期待はずれのボクも、まぁもういいやって感じで立ち上がり、

バットをケースにしまっていると黒木さんはベッドのほぼ中央に座りました。


ボクの座るスペースがありません。

あんまりくっついて座ろうもんなら・・・嫌がられます。

しかたないので立ったまま話を続けました。


下から見上げる女の子の顔って、可愛く見えるもんですね。

テレを隠しながらいろいろ質問してくるので答えていました。


すると野球の話になって、部活での爆笑話とか話出した時です。

黒木さんは思いのほかうけまくって、座ったままベッドの上で飛び上がるようにキャッキャッ笑うのです。


こんな明るい感じの黒木さんは学校で見たことがありません。

いつもはおとなしく秀才タイプなので物おじせず、教室でポツンと座ってるのがイメージ。

ふう~ん、結構くだけた明るい子なんだ。

そう思って、いつも奈美と話していた口調であることないこと、野球部の暴露話を続けました。


ず~っと立ってると話しづらいので床にあぐらをかくようにすわり、話を続けます。

ここぞというポイントで黒木さんはベッドで弾んで大きな口で笑ってくれました。

うけがいいとボクもノリノリです。

ちょっとオーバーアクション気味に話をしていると、ベッドに座る黒木さんの足元がゆるんできました。


その瞬間、ボクは逃がしません。

ひょっとしてこれはいけるかも思ったボクは輪をかけて話を面白くします。

「ホントに?」「やだ~」「うっそぉ~」黒木さんは連発してくれて、話が最高潮に達した時です。


黒木さんの膝がパクっと割れ、奥から何やら白いものが・・・

視力1.5は伊達じゃありません。

動体視力がいいと思っているボクはその白い獲物を逃がさない!

瞬間ですがバッチリです!


奈美以外の女友達のパンツを見るのは初めて。

まして優等生の黒木さんのパンツを拝めるなんて、普通では絶対あり得ない。

ちょっと興奮してしまいました。


でもそれを悟られたらヤバイです。

直ぐに視線を黒木さんの顔に戻し、何事もなかったように話を続けました。

チラチラ伺うとどうも足元が弛み気味です。

これは再度のチャンスはあるのか!


「そしたらさぁ、なんとそいつがサヨナラ逆転3ランホームラン打っちゃって。

 それはそれでかっこよかったんだけど、3塁ベース回る時、つまづいちゃってスッテンコロリン。

 思いっきり顔面打ちゃって、顔じゅう、擦り傷だらけ。

 先生から『名誉の負傷』だなって言われてみんな大爆笑」


ボクは転ぶ仕草を真似て床に顔面を押しつけて、

こんな感じだよっていう風に見せて下から黒木さんを見ると。


「やだ~、うっそ~」再び黒木さんは体を弾まって、足元がおろそか・・・


2回目の獲物・・・ばっちり頂きました。(ヤリィ!)
2011-02-05(Sat)

ボクの幼なじみ(中学生編)53

ただちょっと見つめてしまったもんで、黒木さんは気がついたのかパタッと閉じちゃったのです。


「・・・」

しまった! スケベ目線に気がついた!

重苦しい沈黙の時間・・・ドキドキドキ・・・


「ひょっとして、見えた」

「ん? 何が?」とぼけるボク。鋭い追求のお言葉でなかったのでホッとする。


「んん、なんでもない。 今日はありがとう。 いっぱい聞かせてくれて楽しかった」

「別にこんなんでよければいつでも」ちょび安心。


「ねぇ、青井君」

「ん?」

「あの~、なんていうか? あたしの事・・・どう思う?」

「えっ、黒木さんこと?」

「うん、そう。 あたしってどう?」


「んん、どう思うかって聞かれても・・・まぁ・・・その・・・なんと言うか・・・クラスメート?」

「ううん、そんなんじゃないの。 なんかあたしって変?」

「そんなことはないやろ。 学校ではちゃんとしてるし、頭いいし」

「ううん、そんなんじゃなくって。 学校の私と今の私、なんとなく違うと思わない?」

「うん、まぁ・・・今じゃメガネかけてないし、なんか雰囲気が違う」

「でしょう。 で、本当の私ってどっちだと思う?」

「ええっ、わからへんわ。 学校でも黒木さんは黒木さんやし。

 今も黒木さんだし。 どっちも黒木さんに間違いないし」


「あたしね、家でのしつけはうるさいんだ。 あれこれちゃんとしてないと怒られるの。

 でもそれも嫌じゃないのね。 だから学校でもそう。

 休み時間なんかも本読んだりして真面目に過ごしてるでしょう。

 あたし・・・青井君だから言うけど、学校でのあたし、作ってんだ」


「?」


「おとなしくて優等生タイプ。 自分でもわかってんだ。

 なんとなくみんなからそういう目で見られて喜んでいる自分がいるの」

「・・・」

「でもあたしも普通の女の子なの。

 たまにはみんなでギャーギャー騒いでふざけ合ったりしてみたい時があるの。

 でもそれが出来なくって、たまに煮詰まる時があるのね」


「ふ~ん、そうなんだ」

「そんな時、青井君見ててうらやましいなぁって思うの」

「?」


「お友達と楽しくお喋りしてるでしょ。 ああ~なんかいいなぁって思うの。 楽しそうだし」

「うん、まぁ、悪友多いしな」


「ふざけ合う友達がいてうらやましいの。 あたしにはそういうお友達がいない。

 もちろんその原因を作ってるはあたしなんだけど。

 でもたまにはあたしも羽を伸ばしたい。 そんな時があるのね。

 だから今日の自分。 なんとなく素でいたいと思ったの。 特に青井君の前では」

「?」なんでボクと思った。


「ごめんなさい。 変なお話しちゃった。 だからあたしって変でしょ」

「うんや、ぜんぜん変なんか思わへん」


「そう、そう言ってもらえると嬉しい。 じゃぁCD借りていくね。

 あんまり長居しちゃうとお家の人に変だと思われるし」

「ああ、それはかまへん。 ぜんぜん変と思わへんから」


「返す時、またお家に来てもいい?」

「かまへんよ。 こんなところで良かったら」

「ホント?」

「うん」

「じゃぁ、約束。 あたし青井君とお話できるの楽しみ」

「そう言われたらなんかドキドキしてきた。 でもええよ」

「あたしもドキドキしてる。 ありがとう。 じゃぁ帰る」

「ああ、また今度な」

「うんっ!」
きのこのいえ
カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
Music Movie

イディナ・メンゼル

巷にはあふれかえる名曲『LET IT GO』 あおいは男性バージョンの方が好きです 3分過ぎからの歌声は圧巻!


露出小説 ~露出の魅惑~
かおりの露出体験
露出狂の私
もっとエッチにいやらしいことしてみたい
露出の魅惑 始めに
≪中学生編≫
中学生編1 スカートの中の秘密
中学生編2 家の中での露出
中学生編3 バスの中の露出
中学生編4 ノーブラチャレンジ
中学生編5 家庭科室のお掃除
中学生編6 全裸で縛られ遊び
中学生編7 全裸でトイレ 学校編
中学生編8 外で初めての全裸
中学生編9 深夜のプール
中学生編10全裸でバスケットボール
中学生編11スカートの中の秘密
中学生編12小学校の校庭(全9話)
中学生編13生おっぱい露出
中学生編14下着屋さんでの失敗談
≪高校生編≫
高校生編1 ノーパン初露出
高校生編2 ペットと添い寝
高校生編3 スポーツ用品店
高校生編4 露出狂のあたし(全6話)
高校生編5 ウォータースライダー
高校生編6 通過電車
高校生編7 高2の海水浴(全9話)
高校生編8 どMな私(全6話)
高校生編9 ファスナー全開
高校生編10台風に燃える
高校生編11Gパン短パン
高校生編12ダウンジャケット
高校生編13スキー温泉旅行(全2話)
高校生編14高3の海水浴(全11話)
高校生編15かがみ
高校生編16浴衣が全開
高校生編17卓球でオールヌード
高校生編18ハミ尻卓球
高校生編19寒い冬の電車
≪大学生編≫
大学生編1 電車の中でパンチラ
大学生編2 自転車露出
大学生編3 アクセサリーショップ
大学生編4 濡れたTシャツ(全2話)
大学生編5 脇あまシャツ
大学生編6 自動車教習所
大学生編7 ビルメンテナンス
大学生編8 露出奴隷な私(全31話)
≪社会人編≫
社会人編1 タクシー露出
社会人編2 初めての靴磨き
社会人編3 新幹線露出
社会人編4 靴磨きのおじさん
社会人編5 沖縄ビーチ24才(全8話)
社会人編6 露出嬉戯(全14話)
社会人編7 全身美容エステ(全18話)
社会人編8 露天風呂(全30話)
社会人編9 下田の海(全?話)
魅惑の世界
エッチテク & お色気ニュース
お持ち帰りされる方法
やっぱり大きい方がいい おっぱい
女子学生の自分撮りテクニック
エッチ視線テレビドラマ2010
男が離れられなくなる女術
究極のチラリズム パンチラ
水着と下着の違い
ノーブラって増えてる?
ウグイス嬢のセクシーボイス

気になる一言


あおいのつまらない話
遊べる ♪ 野球拳

野球拳

行列が途切れない大人気の野球拳!
一時期は全然つながらなかったけど、
最近は少し待てば遊べるよ
画像をクリックすれば画面に飛びます
リンク先は音声が出るからご注意!!

携帯サイトのご案内
 PCサイトとは別に携帯サイトを作成しました。
 ご覧頂くにはお手持ちの携帯機器よりWEBページにつないで頂き、検索窓より『あおいつぼみ』を検索して下さい。
【ページタイトル】
 携帯通信には別途パケット料金がかかりますのでご注意ください。

携帯へmobileあおいつぼみURL送る

プライバシーポリシーとご注意
RSSリンクの表示
アクセス解析
misonoダイエットとは
プロフィール

あおい

Author:あおい

ご訪問ありがとうございます。

何かモノを書きたくって始めました。 つたない文章のど素人作品ですが、どうぞよろしくお願いいたします。







検索フォーム
Site Map (サイトマップ)
カテゴリ
最新投稿
あおいの特選! お勧め小説♪

本物の官能小説が無料で読める
プロ作家が女性心理を見事に物語っています。
 ☆  妄想の座敷牢
~官能小説家、紅殻格子の世界~

いろいろなお話がいっぱい!
ひとみさんの『私の実験』が大のお気に入り!
 ☆  ひとみの内緒話
(入り口は右下にある【入場口】)

♡ Special Thanks ♡
とても良いお話がいっぱい。
ぜひご覧ください。

≪Hなお話 相互リンク集≫

総合サイト 紹介

様々な小説・読み物紹介してます


官能小説ランキング

あおいつぼみは今何位かな?

皆様のワンクリックが順位を上げます。
ぜひ愛の手をお願いします<(_ _)>


ネット小説ランキング

最新コメント
18才以上限定メルマガ


秘密のお買い物
あおいが厳選した人気アイテム
大手Amazonだから安心のNetShop
魅惑のバストアップアイテム
バストを綺麗に魅せる隠しアイテム
魅惑のランジェリー&ショーツアイテム
これで男どもはノックダウン!
貴女の秘密のお楽しみminiアイテム
初心者に優しいミニを集めてみました
貴女を刺激する人気アイテム集
貴女は性感の虜 夢中にさせます
後ろを開発されればもう貴女は性奴隷
信じられない快感が貴女を襲う
彼方のオナアイテム
使用頻度にご注意! やりすぎ厳禁
性生活バイブル
お勉強するには楽しいかも?
あおいつぼみへのメール
リンクのご案内

当サイトはリンクフリーですが、上段↑メールツールより御一報頂ければ幸いです。

相互リンクをお考えの方は「相互リンクについて」をご覧下さい。

リンクバナー置き場はこちらをクリックして下さい

banner20040


banner8831

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。