ご来訪、誠にありがとうございます。

 当サイトは官能小説につき18禁としております。 また性的描写に嫌悪感を持たれる方

の閲覧もご遠慮ください。 ご自身の自己責任において承諾頂ける方のみお楽しみ下さい。

また当サイト内の小説はすべて作り絵空ですのでご承知おきください。

2011-03-06(Sun)

露出の誘惑 大学生編 8-19

≪露出奴隷な私≫ (第19話)


「お姉さんのお尻の穴、見えたよ」


恥ずかしくってお尻の肉にギュッと力を込めました。

「ああん、だめだめ、力入れたってどうせいつまでも続かないんだから、見せた方が楽よ」


その通りです。 だんだんお尻の肉に力が入らなくなってきました。

緊張が解けると美香ちゃんはお尻をパックリと開けます。

きっとお尻の穴が完全に見えちゃってるでしょう。

でももう抵抗する力は残っていません。

今日初めて会った女の子にお尻の穴を見られているのです。


「あぁ~あ、お姉さん、とうとう見られちゃったわね。 お尻の穴。 ああ恥ずかしい!」

美香ちゃんの意地悪、そんなことを言わなくてもいいのに。


「前と後ろ、どっち見られた方が恥ずかしい? あたしはやっぱり前なんだ。

 だって男の子にも後ろの穴は付いてるでしょう。 だから。 お姉さんはどっち見られた方が恥ずかしい」

「・・・」

「答えられないわよね。 どっちにしろ今はどっちも恥ずかしいし」


「ちょっと触るわよ」

お尻の穴の中心部分をチクンと押したようです。

ツン!としたものが体の中をかけめぐりました。

でももうすぼめる力も出ません。

美香ちゃんは何度もチクン、チクンってお尻の穴を押してきます。

その度に体はビクン、ビクンと反応しますがすぼめることはできませんでした。

もう美香ちゃんのいいなり。


「さあ~って、そろそろ前の方に行こうかな? ねぇ、お姉さん、足をちょっと開いてくれる?」

「・・・」そんなこと・・・自分から出来ません。


「抵抗したってダメよ。 お姉さん、いやらしいところ見られたくって堪らないんだから。

 お姉さんはきっとそう思ってる。 でも自分から足、広げられないわよね。

 いいわ。 じゃあ、こうしてあげる」


美香ちゃんは足首を掴むと横にずらします。

膝は閉じているものの、すねから下は広がりました。

女の子座りみたいな感じです。


「ほらほら、もう膝に力が入らなくなってきてる。 そうやってオマタを広げるのよ、自分から」

そうです、膝に力が入らなくなってきて膝の隙間が広がって・・・

脚の付け根が広がっていきます。


「うう~ん、もうちょっとね。 もう一回」

さっきとは反対の足首を掴むと強引に横に広げて行くのです。

足が・・・足が・・・広がっていきます。


「見えてきたわよ。 お姉さんのあそこ。 後ろからでもばっちり。

 ああぁあ、お姉さんのビラビラ、濡れてるような感じ。 すっかりお洩らししてる。

 お姉さん、いやらしい事考えてるでしょ」


「ああぁあ、お姉さんのスケベ。 あそこ濡らして。

 きっとエッチな事、考えてるのに決まってんだから」


「ねぇ、触って欲しいんでしょう」

「・・・」

「まっ、そんな事聞いたって『ハイ、そうです』なぁ~んて答えられないわよね。

 でもお姉さんの心理、わかってるわよ。 本当は触って欲しいって」

「・・・」

「もっといやらしく、グジョグジョになるまで虐めて欲しいって」

「・・・」


「ほぉ~ら、答えられない。 答えられないのは恥ずかしい事が言えないでしょ。

 今日何度も言ってるでしょ。 あはは、お姉さん、わかりやす~い」


すべては見透かされてます。

でもだからと言って答えられるはずもなく・・・

「ああん、お姉さん、後ろからでも見えてる。 お姉さんのびらびら」

そう言って指を伸ばしてきました。


「なぁ~んだ、もうビチャビチャじゃない、お姉さんのあそこ。 なんだか虐めがいがないなぁ。

 でもそっか、山ん中で全裸でロープに吊り下げられて、恥ずかしいところ見られたら、そうなっちゃうものよね。

 たぶん私でもそうだと思う。 私だってそんなことされたら思いっきりお洩らししちゃって『ああん』なんていやらし声上げちゃいそう。

 あっ、そうだ、お姉さんのいやらしい声、聞いてみたいな。 出させてあげようか? もっといやらしことして」
2011-03-08(Tue)

ボクの幼なじみ(中学生編)66

まずはチョロっと下唇を舐めました。

プルンとした感触で美味しそうです。

下唇を何度か美味しく頂いた後、唇の両サイドを舌先でホジホジします。


実はこれ、おばさんに教わったテクニック。

これをやられると女はメロメロになるんやでと教えてもらったのです。

その通りの事を黒木さんに試しました。


最初のうちは舌を入れたりすると女の子がビックリしてしまうので、

ディープキッスは厳禁だと教えてもらいました。

だからそぉ~っと唇を舐める事に集中です。

そうやって上唇まで舐めたりして唇全体を舐め終わったころ、

女の子の唇が自然と開くと教えてもらいました。


舌先で唇をツンツン突いたり、舐めたりしていると本当に黒木さんの唇が開いてきたのです。

開いたらまずは唇を合わせてちょっと強めに吸ってから、

女の子の上唇や下唇を、今度は自分の唇で挟んで横にムニュムニュ動かして

女の子の唇の感触を楽しみなさいと教わってました。


こういう事は勉強なんかに比べノートに書かなくても自然と頭に残っています。


黒木さんの唇は柔らかく甘い感触でした。

とっても気持ちいいもので女の子の柔らかさが伝わってきます。


それが出来たら最後の仕上げ。

唇を咬む!


最初はソッと歯で唇をほんの少しだけ咬んでみる。

それが出来たらチュッチュを繰り返し、たまにちょっとだけ強めに相手の下唇や上唇を咬んでごらんなさい。

もし女の子の唇が完全に開いたら「もうその子はショウちゃんに完全に落ちてるわよ」と言われてました。


ボクのバイブル、百科事典にキスの仕方は書いてありましたが、さすがにそう言う事までは書いてありません。

生きた教材、おばさんは最高の指導者でした。


「でも、あせっちゃダメ。 女の子はゆっくり責められるのが好きなの」

おばさんの言葉を思い出しながら、ゆっくり焦らずキス攻撃を黒木さんに続けると、

黒木さんの唇がパックリと割れ、中から白い歯が見えてきました。

ちょっと興奮してきたボクは歯止めが利かなく、強めのキッスもしてしまいました。

まずかったかもと思いましたが、それと同時におばさんの言葉を思い出します。


「女はね、時として激しいキッスも好きなの。

 強く抱きしめられて、強く唇を吸われたらそれだけでメロメロになるときがあるの」


続きがあります。

「情熱的なキスは女を狂わせるけど、最初のうちはあまりしちゃダメ。

 そういうことに慣れてる女殺しの男と思われるかもしれないわよ」


その言葉がボクをセーブさせました。

ちょっと強めに吸ったかもしれないと思ったあとは、ソフト・ソフトにと自分を自制しました。

5分、いや10分くらいしてたでしょうか?

時間の感覚はまったくありません。

そろそろ一端終わりにしようと思い、黒木さんの顔全体を見れる距離まで離れました。

黒木さんの目が開きボクを見詰めます。

はにかんだ、初々しい綺麗な表情だと思いました。
2011-03-10(Thu)

ボクの幼なじみ(中学生編)67

「恥ずかしい」そう言って両手で顔を隠しました。

キスの途中から黒木さんの腕は力を失くしボクの背中から離れて行ってました。

その腕で顔を隠します。


ボクはいつまでも黒木さんの体の上に乗っていては悪いと思い、体を横にずらし体重を預けるのをやめました。

黒木さんは手で顔を隠したままです。

長い黒髪が下に垂れ、可愛い小耳が見えています。

そういえば黒木さんは髪が長いので耳を見たことがありません。

その小耳から首筋に至るライン、うなじが輝いて見えます。

とっても綺麗に見え、女性の美しさが眩しく感じられました。


うなじから下、更に視線を下に動かすと、ほんのり盛り上がった胸が見えました。

あかん、黒木さんをエッチな目線で見てはいけないと表面上は・・・思いましたが、

でもどうしても、どんなおっぱいをしているんだろうとエッチな目で想像してしまいました。


服の上からでもわかる、ふんわりとした盛り上がりをみせるバスト。

大きくてもちっちゃくっても、綺麗な人でもそうでない人でもおっぱいはおっぱい。

男にとっておっぱいは永遠の憧れ。


黒木さんのおっぱいは大きそうにはありません。

でもそんなことはどうでもよかった。

小さな息遣いに膨らむバスト。


あかん!エッチ目線でどうしてもみてしまう。

こんな目をしているところを黒木さんに見られたらヤバイと思って黒木さんの顔に視線を戻すと・・・

黒木さんはこっちを見ていました。


『やべ、見られたか?』心密かに動揺しました。

でも黒木さんの顔は真っ赤です。

まるで風呂上がりの赤さでこっちを見ています。

「ごっ、ごめんなさい」


なんだか慌てふためいた様子で、急にベッドから身を起こし立ち上がりました。

置いてきぼりをくらったボクもベッドから身を起こし、

ベッドに腰掛けたような姿勢で黒木さんを見上げます。


「ごめんなさい」

?????わけ分かりません。

キスをしたのはボクの方で、あやまちがあるとすればボクの方です。

なのに黒木さんは謝りました。


「いや、どうしよう私」独り言のように呟きました。

「恥ずかしい」そう言ってまた手で顔を隠しました。

さっぱり意味がわかりません。

手で顔を隠したかと思うとまた腕を降ろし、するとまた顔を隠しました。

その手もすぐまた降ろされました。

その仕草に本当に意味分かりませんが、明らかに動揺しているのは見てとれました。


するとペタンと床に女の子座りをすると、

「軽蔑してない?」

なんのこっちゃ、意味不明、思わずキョトンとしてしまいました。

「あたしの事、軽蔑してない?」

「なんで? ようわからん」

「・・・」


なんとなくちょっとマズイ空気が流れたと思ったボクは「そんなん、思うはずないやろ」

「ほんとに?」

「そんなん、・・・、ボクの方こそ、・・・、なんちゅうか・・・」

次の言葉が見つかりません。


「あたし、たまに暴走するの。 なんか分からなくなって。 ごめんなさい。 帰る」

「えっ、あっ、うっ、うん」急な展開にまごつくボク。


裏玄関に立つと「ここでいい」黒木さんはボクを制止ました。

「またCD借りていい?」

「ああ、いつでもええよ」

「ほんと? また来てもいい?」

「ふん、かまへん」なるべく明るい笑顔を作りました。

「そう、うれし」黒木さんも笑顔になりました。


最後の言葉にドキッ。

「あたし、初めて。・・・、じゃぁね。 バイバイ」

「あっ、ああ」

黒木さんの後姿を見送りました。


週明け、学校では何事もなかったような黒木さんの振舞い。

教室で会話をする事はありませんが、普段通りの黒木さんに憧れ以上の物を感じていました。
きのこのいえ
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Music Movie

イディナ・メンゼル

巷にはあふれかえる名曲『LET IT GO』 あおいは男性バージョンの方が好きです 3分過ぎからの歌声は圧巻!


露出小説 ~露出の魅惑~
かおりの露出体験
露出狂の私
もっとエッチにいやらしいことしてみたい
露出の魅惑 始めに
≪中学生編≫
中学生編1 スカートの中の秘密
中学生編2 家の中での露出
中学生編3 バスの中の露出
中学生編4 ノーブラチャレンジ
中学生編5 家庭科室のお掃除
中学生編6 全裸で縛られ遊び
中学生編7 全裸でトイレ 学校編
中学生編8 外で初めての全裸
中学生編9 深夜のプール
中学生編10全裸でバスケットボール
中学生編11スカートの中の秘密
中学生編12小学校の校庭(全9話)
中学生編13生おっぱい露出
中学生編14下着屋さんでの失敗談
≪高校生編≫
高校生編1 ノーパン初露出
高校生編2 ペットと添い寝
高校生編3 スポーツ用品店
高校生編4 露出狂のあたし(全6話)
高校生編5 ウォータースライダー
高校生編6 通過電車
高校生編7 高2の海水浴(全9話)
高校生編8 どMな私(全6話)
高校生編9 ファスナー全開
高校生編10台風に燃える
高校生編11Gパン短パン
高校生編12ダウンジャケット
高校生編13スキー温泉旅行(全2話)
高校生編14高3の海水浴(全11話)
高校生編15かがみ
高校生編16浴衣が全開
高校生編17卓球でオールヌード
高校生編18ハミ尻卓球
高校生編19寒い冬の電車
≪大学生編≫
大学生編1 電車の中でパンチラ
大学生編2 自転車露出
大学生編3 アクセサリーショップ
大学生編4 濡れたTシャツ(全2話)
大学生編5 脇あまシャツ
大学生編6 自動車教習所
大学生編7 ビルメンテナンス
大学生編8 露出奴隷な私(全31話)
≪社会人編≫
社会人編1 タクシー露出
社会人編2 初めての靴磨き
社会人編3 新幹線露出
社会人編4 靴磨きのおじさん
社会人編5 沖縄ビーチ24才(全8話)
社会人編6 露出嬉戯(全14話)
社会人編7 全身美容エステ(全18話)
社会人編8 露天風呂(全30話)
社会人編9 下田の海(全?話)
魅惑の世界
エッチテク & お色気ニュース
お持ち帰りされる方法
やっぱり大きい方がいい おっぱい
女子学生の自分撮りテクニック
エッチ視線テレビドラマ2010
男が離れられなくなる女術
究極のチラリズム パンチラ
水着と下着の違い
ノーブラって増えてる?
ウグイス嬢のセクシーボイス

気になる一言


あおいのつまらない話
遊べる ♪ 野球拳

野球拳

行列が途切れない大人気の野球拳!
一時期は全然つながらなかったけど、
最近は少し待てば遊べるよ
画像をクリックすれば画面に飛びます
リンク先は音声が出るからご注意!!

携帯サイトのご案内
 PCサイトとは別に携帯サイトを作成しました。
 ご覧頂くにはお手持ちの携帯機器よりWEBページにつないで頂き、検索窓より『あおいつぼみ』を検索して下さい。
【ページタイトル】
 携帯通信には別途パケット料金がかかりますのでご注意ください。

携帯へmobileあおいつぼみURL送る

プライバシーポリシーとご注意
RSSリンクの表示
アクセス解析
misonoダイエットとは
プロフィール

あおい

Author:あおい

ご訪問ありがとうございます。

何かモノを書きたくって始めました。 つたない文章のど素人作品ですが、どうぞよろしくお願いいたします。







検索フォーム
Site Map (サイトマップ)
カテゴリ
最新投稿
あおいの特選! お勧め小説♪

本物の官能小説が無料で読める
プロ作家が女性心理を見事に物語っています。
 ☆  妄想の座敷牢
~官能小説家、紅殻格子の世界~

いろいろなお話がいっぱい!
ひとみさんの『私の実験』が大のお気に入り!
 ☆  ひとみの内緒話
(入り口は右下にある【入場口】)

♡ Special Thanks ♡
とても良いお話がいっぱい。
ぜひご覧ください。

≪Hなお話 相互リンク集≫

総合サイト 紹介

様々な小説・読み物紹介してます


官能小説ランキング

あおいつぼみは今何位かな?

皆様のワンクリックが順位を上げます。
ぜひ愛の手をお願いします<(_ _)>


ネット小説ランキング

最新コメント
18才以上限定メルマガ


秘密のお買い物
あおいが厳選した人気アイテム
大手Amazonだから安心のNetShop
魅惑のバストアップアイテム
バストを綺麗に魅せる隠しアイテム
魅惑のランジェリー&ショーツアイテム
これで男どもはノックダウン!
貴女の秘密のお楽しみminiアイテム
初心者に優しいミニを集めてみました
貴女を刺激する人気アイテム集
貴女は性感の虜 夢中にさせます
後ろを開発されればもう貴女は性奴隷
信じられない快感が貴女を襲う
彼方のオナアイテム
使用頻度にご注意! やりすぎ厳禁
性生活バイブル
お勉強するには楽しいかも?
あおいつぼみへのメール
リンクのご案内

当サイトはリンクフリーですが、上段↑メールツールより御一報頂ければ幸いです。

相互リンクをお考えの方は「相互リンクについて」をご覧下さい。

リンクバナー置き場はこちらをクリックして下さい

banner20040


banner8831