ご来訪、誠にありがとうございます。

 当サイトは官能小説につき18禁としております。 また性的描写に嫌悪感を持たれる方

の閲覧もご遠慮ください。 ご自身の自己責任において承諾頂ける方のみお楽しみ下さい。

また当サイト内の小説はすべて作り絵空ですのでご承知おきください。

2011-08-07(Sun)

露出の誘惑 社会人編 5-6

≪沖縄ビーチ 24才≫ (第六話)

「かおりさん、僕、逢えて、とっても嬉しいんです。

 僕、あの時からずぅ~とかおりさんに憧れていました。

 水族館でかおりさんを見つけたときはびっくりしました。

 だってこんな遠いところですし、ありえない話じゃないですか。

 でも近づいていくうちにだんだんと確信めいたものもが湧き起ってきたんです。

 ○○万人目に当たれ、当たれって念じていました。


 神様っているんですね。 お友達の方が当たって・・・

 僕、あの時、正常にお話ができました? 正直ドキドキしていました。

 紙に住所を書いてもらって見たときには神様に感謝していました。

 こんなことがありえるんだろうかと。

 でもきっかけは、きっかけですよね。

 ストレートに確かめることもできず、根掘り葉掘り聞いてしまいました。


 あれから10年。 僕も付き合った女性はいます。

 でもどこかでその子とかおりさんを比べている自分がいました。

 高校を卒業したときあの小学校の近くで一日中探してみたこともあります。

 でもそれは無理ですよね。 だから昨日、気がふれるほど喜んじゃいました。

 変ですか? 変ですよね。

 たった一回しか会ったことがないのに、こんな事しているのは。

 でも僕、本当にかおりさんに憧れていたのです。

 ごめんなさい。 たいへん失礼なことをしてしまいました」


「ありがとう。 そこまで思っていただいたの。 それに比べ・・・、私・・・」


「いや、僕、あの頃はまだ小学生です。 体も顔も変わっていると思います。

 それに比べてかおりさんは大人でした。 顔もあの時と変わらず可愛いと思います。

 そういえばあの時、かおりさんは14っていいましたよね。

 僕てっきり中2だと思ってました。


 僕が中3になったとき、

 たまたま友達のお姉さんにその年代の卒業アルバムを見せてもらえる機会があったんです。
 
必死になってかおりさんを探したのですが、いませんでした」


「まぁ、そんなことまで・・・」


「ばかですよね。 今じゃぁストーカーですよね」

「そんなに思ってもらって嬉しいんですけど・・・」

「なにか?」

「私って・・・ 変だから」

「変ってあのことですか? それは違いますよ。

 かおりさんが変だったら僕も変です。

 お話しましたが僕も中学生になって裸で遊んでみたんです。

 そしらた自然というのか、木や草花の呼吸が体で感じられるようになったんです。

 僕はかおりさんがしていたことはこれなんだと思いました。

 自然って素晴らしい。 かおりさんは“純粋”なんだと思いました。

 だからこそ憧れが強くなったんです。

 きっとかおりさんは純粋に自然が好きな人なんだと思いました」


「なんとなく誉めていただいてありがとう。

 でも・・・違うかもよ・・・、単に・・・、その・・・、なんと言うか・・・」


「あはは、たぶん違うと思いますよ。 “いやらしい”とか“エッチ”っていう事でしょ」


「いいにくいから・・・」


「わかります。 女性が口にできない言葉ですよね。

 かおりさんはね、自然というオーラがあると思います。

 かおりさんは自然回帰が好きなんです。


 古来、人間は裸で生活していましたよね。

 そのとき人間は食欲と性欲しかありませんでした。

 食欲というのは生命保全の本能ですよね。

 性欲は種族保全の本能です。

 どちらも生物にとって、なくてはならない本能です。

 それに正直に生きているだけなのです。


 そのあと人間は服を着だしました。

 自分の体を飾って名誉を欲したのです。

 物欲ですよね。

 物欲は名誉欲とともなって人間の頭の中で進化しました。

 本来の本能とは別物です。

 生きているものすべて、動物も植物も含めて食欲と性欲はありますが物欲はありません。

 その食欲と性欲がなかったら地球上の生物はすべて絶滅してしまうはずです。

 だからかおりさんは自然回帰しているだけなんですよ」
2011-08-09(Tue)

ボクの幼なじみ(中学生編)132

背中を叩くのは奈美。

「外は寒いちゅうに、なんかここだけ、むっちゃ暑いわ」

「なんや、奈美か、びっくりしたやん」

「ごめんごめん、ちょっとな、ケーキ買ってきたから一緒に食べへん?」

「今?」

「ケーキは生もんや」

「奈美やったらしゃーないな、ほな、片づけてから行くわ」

「うん、待ってるさかい」


グローブやバッド、黒木さんからもらったチョコレートを部屋に片付け、

奈美のところにお邪魔すると、テーブルにはチョコレートケーキにレモンティが添えられていました。


「へへ、買ってきた。 一緒に食べよ」

「うん、ありがとう」

「でもな」  「ん?」

「今日、ケーキ屋、むっちゃ混んでてん」  「そっか」 ムシャムシャ。

「にぶいやつ」  「誰が?」

「しょう以外に誰がおる」  「ぼくか?」

「そうやん」  「なんでやねん」

「あんな、今日、何の日か知ってるやろ」  「何の日やった?」

「あほか、さっきチョコレートもうたやろ」  「ああ、バレンタインか」

「だからケーキ買ってきたんやんか」  「そっか、ありがとう」

「それだけ?」  「他になんかあるか」  「もうええわ」


黒木さんと会ってたところを見られて、気まずかったのかもしれません。

だからこんな反応してしまったんでしょう。

でもこのままではチトまずいと思いフォローに入りました。


「でも、美味しいな、これ」

「そやろ」 ちょっとご機嫌になる奈美。

「相当、並んだん?」

「ほんまにびっくりしたで。 ケーキ買うのに1時間かかってしもてん」

「ええっ、マジっ・・・」

「たった2個しか買わへんのに、もっと早よして欲しかったわ」

「ええ、そやのに買ってきたん」 「うん」

「オレの為に買ってきたんやわな」  「他に誰がおるちゅうねん」

「ごめんなぁ、ありがとう、そんな気も知らんと」  「別、ええよ」


ちょっと奈美が愛おしくなりました。

「ありがとう、美味しかったわ」

「紅茶、お代わりする?」

「いや、冷たい方がええわ。 牛乳貰える?」

「うん、それもちゃんと買ってある」

コップに2杯、テーブルに置くと 「奈美、ありがとな」

「うん、なんかそんなに言われたら照れくさいわ」


「高校はどうした」

「うん、向こうの学校の合格通知が昨日届いた」

「やりぃー、よかったやん」 「うん・・・」

「・・・」 「・・・」 「・・・」

「でもな」  「なに?」  「これでとうとう離れてしまうんやんな」

「そっか、そやな。 でも心配せんとき。 いつまでも仲ええはずやろ」

「そやな、うちら幼なじみやんな」  「そうや、永遠にな」

「永遠かぁ・・・、そう言えばうちら、いつ頃会いだした?」

「幼稚園前やからな、もうその辺のことは忘れたわ」

「そっか、そやな」


「でもまぁ、10年は一緒におったんちゃう」

「15で10年か、もうほとんどやな」  「うん」

「ここから10年ゆうたら25か。 25才って考えられへんわ」

「25ゆうたら大学も卒業して社会人か。 そんなん全然考えられへん」

「25になったらしょうはどないしてんのやろ」

「そんなもん、わかるはずないって」


「しょうとは連絡取れるん?」

「家は変わらへんから、うちに連絡すれば絶対わかると思う」

「そっか、そやな」

「あっ、奈美、チョコレート、顔についてんで」

「いやん、どこ?」

「取ったるから、こっちおいで」

テーブルの反対側にいてた奈美を呼び寄せました。
2011-08-11(Thu)

ボクの幼なじみ(中学生編)133

もちろんチョコレートが顔に付いているとは真っ赤なウソ、奈美をおびき寄せる作戦です。

近寄る奈美に「もっとこっちに顔、持って来てえな」

「なん、どこ?」 近寄った奈美に・・・

「あっ、こらっ! しょう、あかんて、あっ、かぁ・・・、うっ、っんん・・・」

舌で奈美の唇を舐めてやりました。


これ以上喋らせないように唇を咬んだり、舐めたり、咬みながら唇を引っ張ったり・・・

出来る限りのボクのキステクニック。

「ううぅん」

呻いていますが、おかまいなし、口を開けさせると歯ぐきも舐めてやりました。

ついでに空いてる手で服の上からおっぱいモミモミ。

手で払いのけようとするので、後ろ手に固定させ、

無抵抗になった事をいいことに思いっきり胸を揉みまくってやりました。

「うっ、ふぅ~ん」

キスしながらやってると鼻息が荒くなってきたので、

ここは攻めるべく、服の中に手を入れ直接ブラジャーの上からおっぱいモミモミ。

抵抗できない奈美をしり目に、自由にまさぐってやりました。


唇を離してやると、「こらっ! しょう! イタズラばっかり!」

「あっ、こら、あかんて、すけべ! ボタン、外すな、脱げるやん」

「そんなん、全部外したら、あん、すけべ!」

「あかんて、そこは、ブラホック、外れる・・・、あぁ~、外れた」

「あかん、そこはあかんて、そこは、アンッ! 弱いねんて、そこは」

「あっ、あっうぅぅ~ん」


「こらっ! スカート、めくるな。 恥ずかしいって。 

 あっ!コラッ! ツンパの中に手入れたら、ああん、イヤャ!

 こそばいて。 アッ、ああん、ウッ、アッ! ぅふぅ~ん」


「脱がしたらいややん。 アカンねんて今日は。

 ケーキ屋さんで時間かかったし、今日はお風呂入ってへんさかい。

 あかん、あかんて、そんなことしたらパンツ、脱げるてぇ」


「いややん、恥ずかしい・・・って」


「そんなん、お尻、こそばい。 そんなに力入れたらお尻の形変わる。 うっ!あっ!」


「あかん、背中はあかん。 イヤッ! ああん、あかんて、堪忍して、止まらんようになる」


「ふ~~んっ、ウッウッウッ、あはぁ~ん」

「ウッ、ッッッゥ・・・、いややん、かんにん、しっ、てぇ」


「アン! 足、上げたら、恥ずかしい。 いややん、今日は汚いって。

 あかん、あかんて、そんなとこ、そんなことしたら汚いって、うっ! アッ!

 ほんまに、かんにん。 ああっ、あかんて。 アッ、ああぁぁぁ~ん」


「なんか、・・・、なんか、今日、しょう、激しいっ。 ウッッッッ・・・」

「アッアッアッ、うぅぅ~ん。 アアン、吸ったらあかん! ウッ! ハァ~ン。 クゥン」


「アン、イヤッ、あかん、後ろからはあかんて。

 この間、変になってしもたやん、あかんて、うしろ・・・から、入れたら・・・、アッ、うぅぅ、くぅぅん。 あああん」


「ハァハァハァ、きつい。 しょう、なんか、・・・、熱い」

「あかん、ウッ! そんなに激しく突いたら、アンッ!

 なんか、熱い、奥、奥まで、ああん~~」


「イヤッ、あかん、はげしい。 しょう! なんか、今日、大きくなってる。

 むちゃ大きなってる。

 アッ、アッ、アッ。 そんなで動いたら、ああん。 あかん、ヘッ、ヘン、変に、なるっぅぅぅ」


「アッアッアッ、ウッウッウッ! ハァ~ン。 フゥフゥ。 ウッ! アッ! アアン、ッッッ・・・」


「ねぇ、前から。 前から、して。 お願い」

「うしろ、さみしい」


「ありがと、ウッ!アッ! クゥ~ン。 アンアンアン。 ネッ、キスして」

「ムッグググゥゥ、ハフハフッ、パッフゥ~。 ハァハァハァ・・・」


「アッ、クッ、んんんんん、あ~~ん。

 イッ、イッ。 イィィ、クッ。 ああ~~~~~~ん」

「ハァハァハァ・・・」


「しょう、イジワルした」  「えっ、してへんで」

「イジワルした!」  「なんのこと?」

「言われへん」  「プッ、なんのこっちゃ」

「しょうのが、体に染みついた」

「?」

「しょうのが、私の体をこんなんにした。 もう忘れられへん」

「・・・」

「もうすぐしたら、離れ離れになるっちゅうのに、こんなん・・・」

「・・・」

「こんなん、さ、み、しぃ」
きのこのいえ
カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Music Movie

イディナ・メンゼル

巷にはあふれかえる名曲『LET IT GO』 あおいは男性バージョンの方が好きです 3分過ぎからの歌声は圧巻!


露出小説 ~露出の魅惑~
かおりの露出体験
露出狂の私
もっとエッチにいやらしいことしてみたい
露出の魅惑 始めに
≪中学生編≫
中学生編1 スカートの中の秘密
中学生編2 家の中での露出
中学生編3 バスの中の露出
中学生編4 ノーブラチャレンジ
中学生編5 家庭科室のお掃除
中学生編6 全裸で縛られ遊び
中学生編7 全裸でトイレ 学校編
中学生編8 外で初めての全裸
中学生編9 深夜のプール
中学生編10全裸でバスケットボール
中学生編11スカートの中の秘密
中学生編12小学校の校庭(全9話)
中学生編13生おっぱい露出
中学生編14下着屋さんでの失敗談
≪高校生編≫
高校生編1 ノーパン初露出
高校生編2 ペットと添い寝
高校生編3 スポーツ用品店
高校生編4 露出狂のあたし(全6話)
高校生編5 ウォータースライダー
高校生編6 通過電車
高校生編7 高2の海水浴(全9話)
高校生編8 どMな私(全6話)
高校生編9 ファスナー全開
高校生編10台風に燃える
高校生編11Gパン短パン
高校生編12ダウンジャケット
高校生編13スキー温泉旅行(全2話)
高校生編14高3の海水浴(全11話)
高校生編15かがみ
高校生編16浴衣が全開
高校生編17卓球でオールヌード
高校生編18ハミ尻卓球
高校生編19寒い冬の電車
≪大学生編≫
大学生編1 電車の中でパンチラ
大学生編2 自転車露出
大学生編3 アクセサリーショップ
大学生編4 濡れたTシャツ(全2話)
大学生編5 脇あまシャツ
大学生編6 自動車教習所
大学生編7 ビルメンテナンス
大学生編8 露出奴隷な私(全31話)
≪社会人編≫
社会人編1 タクシー露出
社会人編2 初めての靴磨き
社会人編3 新幹線露出
社会人編4 靴磨きのおじさん
社会人編5 沖縄ビーチ24才(全8話)
社会人編6 露出嬉戯(全14話)
社会人編7 全身美容エステ(全18話)
社会人編8 露天風呂(全30話)
社会人編9 下田の海(全?話)
魅惑の世界
エッチテク & お色気ニュース
お持ち帰りされる方法
やっぱり大きい方がいい おっぱい
女子学生の自分撮りテクニック
エッチ視線テレビドラマ2010
男が離れられなくなる女術
究極のチラリズム パンチラ
水着と下着の違い
ノーブラって増えてる?
ウグイス嬢のセクシーボイス

気になる一言


あおいのつまらない話
遊べる ♪ 野球拳

野球拳

行列が途切れない大人気の野球拳!
一時期は全然つながらなかったけど、
最近は少し待てば遊べるよ
画像をクリックすれば画面に飛びます
リンク先は音声が出るからご注意!!

携帯サイトのご案内
 PCサイトとは別に携帯サイトを作成しました。
 ご覧頂くにはお手持ちの携帯機器よりWEBページにつないで頂き、検索窓より『あおいつぼみ』を検索して下さい。
【ページタイトル】
 携帯通信には別途パケット料金がかかりますのでご注意ください。

携帯へmobileあおいつぼみURL送る

プライバシーポリシーとご注意
RSSリンクの表示
アクセス解析
misonoダイエットとは
プロフィール

あおい

Author:あおい

ご訪問ありがとうございます。

何かモノを書きたくって始めました。 つたない文章のど素人作品ですが、どうぞよろしくお願いいたします。







検索フォーム
Site Map (サイトマップ)
カテゴリ
最新投稿
あおいの特選! お勧め小説♪

本物の官能小説が無料で読める
プロ作家が女性心理を見事に物語っています。
 ☆  妄想の座敷牢
~官能小説家、紅殻格子の世界~

いろいろなお話がいっぱい!
ひとみさんの『私の実験』が大のお気に入り!
 ☆  ひとみの内緒話
(入り口は右下にある【入場口】)

♡ Special Thanks ♡
とても良いお話がいっぱい。
ぜひご覧ください。

≪Hなお話 相互リンク集≫

総合サイト 紹介

様々な小説・読み物紹介してます


官能小説ランキング

あおいつぼみは今何位かな?

皆様のワンクリックが順位を上げます。
ぜひ愛の手をお願いします<(_ _)>


ネット小説ランキング

最新コメント
18才以上限定メルマガ


秘密のお買い物
あおいが厳選した人気アイテム
大手Amazonだから安心のNetShop
魅惑のバストアップアイテム
バストを綺麗に魅せる隠しアイテム
魅惑のランジェリー&ショーツアイテム
これで男どもはノックダウン!
貴女の秘密のお楽しみminiアイテム
初心者に優しいミニを集めてみました
貴女を刺激する人気アイテム集
貴女は性感の虜 夢中にさせます
後ろを開発されればもう貴女は性奴隷
信じられない快感が貴女を襲う
彼方のオナアイテム
使用頻度にご注意! やりすぎ厳禁
性生活バイブル
お勉強するには楽しいかも?
あおいつぼみへのメール
リンクのご案内

当サイトはリンクフリーですが、上段↑メールツールより御一報頂ければ幸いです。

相互リンクをお考えの方は「相互リンクについて」をご覧下さい。

リンクバナー置き場はこちらをクリックして下さい

banner20040


banner8831