ご来訪、誠にありがとうございます。

 当サイトは官能小説につき18禁としております。 また性的描写に嫌悪感を持たれる方

の閲覧もご遠慮ください。 ご自身の自己責任において承諾頂ける方のみお楽しみ下さい。

また当サイト内の小説はすべて作り絵空ですのでご承知おきください。

2012-07-07(Sat)

全身美容エステ 7話

「それじゃ、いきますよ」

そう言ってまだチョコレートがかかっていないところ、

お腹から下の腰やら太もも、足先までチョコレートがかけられました。

そうやってから手のひらでチョコレートを伸ばしていきます。

「最後の仕上げに優しくマッサージしていきますので、出来ればご自身で感じるように意識してくださいね。

 そうすることによって脳内のエンドルフィンが分泌されて、いっそうお肌がつやつやに輝きますよ」


「あいさわさん?」

「あっ、ハイ!」

「女性が本当に一番美しくなれる方法、ご存じですか?」

「いえ、わかりません」

「それはご自身が美しくなろうという心を持ち続けることなんですよ」

「私たちがいくら外面から美しくしようとしても、ご自身がそれを放棄されては効果がありません。

 美しくなろうという心を持ち続けること。 それを自分に言い聞かせてその信号を絶えず脳に送ることです」

「そりゃそうですよね、自分で放棄しちゃったらだめですよね」

「何度も申し上げましたけど、恋する女性は美しくなる」

「ハイ」

「恋する女性は自分で意識しなくても美しくなりたいと勝手に脳が働いて、

 それが絶えず全身に信号を出しているんです」

「わかるような気がします」

「その中でも最も効果的な時、それは性的興奮が訪れているときなのです」

「・・・」話の内容はわかっていたけど言葉として“性的興奮”ってはっきり言われるとドキドキした。

「愛する人に体を触られると嬉しい。 女性というか雌の本能、自然の摂理。

 体を触ってもらう、つまり愛してもらうと性的興奮を呼び覚まし、

 その興奮が中枢神経を刺激してエンドルフィンをはじめとした様々な女性ホルモンの分泌を高めます」

「リラックスして身をゆだねてくださいね。 自然に任せることによって美しくなれます。

 恥ずかしがらずに素直になってくださいね。

 何度も言いますがここは防音設備が整っていますので外には音がもれませんから」

「・・・」

「それでは最も美しい“美”の世界へお連れします」


“それでは最も美しい美の世界へお連れします”って・・・言われてもどこへ連れて行こうとするの?

話の流れからしたら、あっちの方向・・・でしょうね。(^_^;)

内心、照れる私。

あははっ、そんなことを考えてたら早速手がやってきて、私の体の弱点をあっちこっちついてきた。

やっぱりあっちの方向に向かわせてるには違いない。

ドキッ、マギッ! ピクン!ピクン! 身体が少しずつ反応するようになると、足も広げられた。

チョコレートが塗ってあるはずなので、直接あそこは見られていない、はず・・・

ドキドキしていると、堂々とそこもいじられてきた。

チョコレートで茂みがグチャグチャになってるアンダーヘヤーからさらのその下、

女性の敏感な真珠のツボへ指が伸びてくる。

あっと思ったのもつかの間、的確に真珠が捕らえられた。

指先でちょこんといじられ、ツッン!とあそこが反応する。

あ~、大きくなったと自分でもわかった。

あたしの大事な真珠が一皮むけ小粒大に膨らむと、

久美子さんが指で固くなって自己主張したものをコロコロ転がした。

「気持ちよくなったら、おっしゃってくださいね。 気持ち良くなることが大切ですから」

そんなこと言われても・・・できやしない。

同性にいじられて“気持ちいい”なんて言えるはずがない。


久美子さんが顔を覗き込んできた。

恥ずかしいので目をつぶり顔を横に振る。

「かおりさん、私にはわかっているんですよ」

黙って聞いていました。

「さっき、胸を施術したとき、かおりさん、わきの下が弱そう」

「・・・」

「って、私もそうなんだけど、ほとんどの女性も同じです。

 でもかおりさんは特に敏感。 かおりさんは二の腕の裏も弱いですよね。

 性感帯の巣窟の場所。 逃げても無駄ですからね。 絶対たっぷりといじめてあげちゃいます」

「えっ、そんなー」

「ほらほら、これはどう?」

わきの下を爪の裏側でそっとなで上げます。

「うっ、くぅぅ・・・」

「いい感じでしょう。 こんなのはどう?」

わきの下から脇腹まで大きく爪の裏側でなで上げると、最後のアクセントで乳首をツン!

「あっ、んんん」

「ほら、もっとさわってほしくなっちゃったでしょ」

「・・・」

「わかります、私だってそういう気分なってしまうもの。

 目をつぶってもいいですから自然に身をゆだねてください」

≪ 露出の魅惑 社会人編 7 全身美容エステ7話≫

2012-07-10(Tue)

全身美容エステ 8話

いつの間にか久美子さんが右わき腹から乳房を、先生は左わき腹から股間の方へ手が伸びていました。

先生の指は女性の秘境の場所から大事なところの周辺をくりくり撫ぜたかと思うと

真珠をつまみ出させ、むき出しになったクリを表面からアタック。

まともに刺激を受けたクリちゃんはあたしの体の中にエッチな光線を大量発射、

体がびくびくと反応してしまいます。


「んんん、はっはっはっ」

「そうそう、その調子ですよ。 だったらこんなのはどうでしょう」

むき出しになったクリちゃんをひねったのです。

「あっ、んああぁぁん。。。」

「かおりさん、感度、良すぎ。 もう一回」

「あぁぁん、だめです」

「だめなことはないですよ。 楽しいからもう一回」

「うぅぅ、くぅぅー。 楽しいって・・・」

「だってかおりさん、かわいいからもっといじめたくなっちゃうんです」

先生は先ほどの優しさはどこへやら、あたしをエッチな体にもっていこうとするんです。

恥ずかしいから我慢していました。

だってエッチぽくなってる私をしらふの人たちが観察しているんですもの。

きっとみだらな顔になってるのに違いない。

そんなスケベな顔をしていたら立ち直れない。

そんな思いとは裏腹に私の体をまさぐる4本の手。

あたしは腕を上げさせられ胸を突出し、

足は秘部に手がすっぽり入るぐらいに開いているから4本の腕は自由に私の体をあやつれる。

無抵抗のままに、4本の手はあたしに刺激を送り続けた。


「あっ、うぅ、くぅう、んん・・・」

声を出すまいと思っても自然と口が開きうめきがこぼれてしまう。

その間も先生といわれる店長の手が敏感な場所を捕らえて離さない。

無防備になってる真珠はたっぷりと刺激を受け続け、快感に襲われた。

「あっ、あっ、ああん」

声もしだいに大きくなると、4本の手はあたしを逝かそうとしてせわしく体をかけまわった。

「うぅ、あああん・・・」腰がびくびくと震え瞬間持ち上がるとストンと堕ちた。

「軽く逝ったみたいね」

「はっ、はっ、はぁぁ・・・」


少し休憩時間をもらうと「じゃぁ、続きを行きましょうか」

『ええ?』内心思った。

今まで直接複数の手で裸の体を触られた経験はありました。

海でおっぱいポロリをやった時に子供たちの手が裸の体をまさぐったのです。

でもそれは子供相手だったので軽いエッチな遊びでした。

でも今日はちがう。

女のツボを知った手。

巧みに触られると逝かされた感じです。

幸いエッチな時に逝った経験もあります。

だって彼の腕の中で抱かれると幸せな気分になれます。

あたしが逝くと彼も一緒に逝ってくれます。

だから立て続けというのはありません。

でも女性相手だと違います。

終わりのないエンドレスな性感。

ドキドキしてしまいました。


先生と久美子さんの手はスィートスポット、一番の性感帯、乳房から乳首とクリトリスを重点的に責めたのです。

一度逝かされた体は簡単に性感に反応しました。

こんな立て続けの経験はありません。

寝ているのに自然と腰が持ち上がり、胸ももっと刺激を求めて突き出したくなります。

「あっ、ああん、まっ、また、つぅっつ、ん!んんぅ」

「いいですよ。 どんどん気持ち良くなってください。 感じれば感じるほどきれいになれますよ」

言われなくってもあたしの陰核は先生の手によってクリクリ回され、つままれ、挟まれ、引っ張られた。

こんなことされたらもうダメです。

腰が自然と持ち上がり、空をさまよいます。

「あぅぅ、あああん」

一声、大きな声出してしまい、恥ずかしいとは思ったのですがそんなことにかまってられませんでした。

「かおりさん、きれいですよ。 その調子ですからね」

“その調子ですからね”って、まだ続けるんですか? そう胸の内に思っていました。


「あらあら、変だと思ったら、かおりさん、おつゆ、多い、

 せっかくのチョコレートオイルがあそこだけ流れて落ちてしまってますわ」

「えっ、どんな感じなんですか?」久美子さんが私の足元に移動していきました。

下からおまたをのぞかれます。

「ほんとだぁー、あそこだけはげちゃってる。 丸見えですよね、先生」

「丸見えって、そんな言葉は使わないの」

「でも、本当にそうなんですもの。 かおりさんのビラビラもそんなに色素が強くないですよね」

「そうね、もともと色白だから、あそこもそうなのかもね」


「中はどんなふうになってんのかな?」

ベッドで横たわっているとあそこを指でパクッと開かれたみたいです。

「まぁ、中もピンク色、色素が少ないといいなあ。 私もこんな風になりたい」

「これっ! お客様の了解も得ず、そんなことしちゃダメでしょう」

「ごめんなさい。 だってきれいそうだったし、見てみたかったから」

「ごめんなさいね、かおりさん。 大丈夫ですか」

女性の秘部、穴の奥を見られたことに先生は謝ってくれました。

私はその時ニコリと笑って「大丈夫です」と答えました。

≪ 露出の魅惑 社会人編 7 全身美容エステ8話≫

2012-07-12(Thu)

全身美容エステ 9話

「じゃぁ、これからは休みなしですよ。 かおりさんはリラックスしてくださいね」

本音、まだやるんですかと思いました。

穴の中を見られた上にこれ以上続けられたら・・・どうなるかわかりません。

そんな体験、したことない・・・

でもここまできて、未知の領域も見てみたい気もします。

おっぱいを鷲掴みにされると未知へ領域のスタートでした。

十分体が温まっているので、すぐに山に登り始めます。

「ああん、ううん、あっあっ、ううっ、くぅ・・・」

なるべく声は漏らしたくありませんが、どうにも止まりません。

「あっ、あっ、また、っっつ、うぅ」

1合目から駆け足に十合目まで登らされてしまいました。

気持ちいい刺激が止まらないんです。


「あっ、はぁあ~~~ん」

「うっ、はぁ、うぅ、ああん」

「もお、また、イクっ、イヤン、あぁ~ん、にゃぁ~ぁ~」


駆け上がったあとも休憩は与えられません。

先生や久美子さんの手はクリちゃんや乳首から離れないのです。

頂点まで駆け登らされるとさらに上へと刺激を与えられ続けられ、

体はどうなっているのかわからなくなりました。

クリトリスを捕らえられた指の動きは巧みで、

快感光線が次から次へバキュン!ドギュン!

穴や子宮に発射されると、そのたびに全身が震えポヨンポヨンと揺れるおっぱい。

こんなに立て続けに逝かされた経験がありません。


わけが分かんなくなっていると、怖いことがおこりました。

休息を与えられないので快感罫線が9合目までしか降りないのです。

もう1度、強い波が来たら立て続けに逝ってしまいます。

その波はすぐにやってきました。

「あっ、ああん、くぅ~ん、んんん、あっあっ、あ、にゃぁん! にゃぁ~~っ」

自分でもあそこから大量にお漏らししているのがわかりました。

あそこは“つゆだく”でヌルヌルです。。

それが証拠に先生の指がそのお汁をすくい取り、なめらかになった指でさらにクリトリスを刺激しているのです。

先生は手を休めませんでした。

十合目まで登った快感罫線は降りようとしません。

快感ゲージは十合目を維持し、私はアヘアヘのまま、ヘロヘロに逝かされます。

そんなときです、先生の指はあたしの大事なおまめさんを強くつねったのは。

強い電流がクリちゃんから湧きあがり子宮へ、

お腹から肌を伝わってピンクの丘、胸のつぼみ乳首に電流が走り、乳首を気持ちよくさせた後、

そこにとどまらず乳房に快感を残したまま、脳まで悦楽電流が駆け巡ったのです。

頭の中でその電流がパッと散ったかと思うと真っ白なベールで包まれました。


「ふっ、にゃぁ~~っ」

とうとう先生の手によって快感ゲージは120%を超えました。

そのすぐ後のことはよく覚えていません。

気が付いたときは全身を包むほどの大きなタオルをかぶせられていました。

どうやら眠ってしまったようです。

目を空けると久美子さんが一人座っていました。


「大丈夫ですか?」

「あっ、はい」

「かおりさん、すごいです」

『?・?・?』なんのことかわかりません。

「かおりさんが逝く時って、パッと肌が輝くんです。 とても色っぽいです」

「あはは、そうですか」とりあえず愛想笑い。

「それでもって逝くときはなんて言ったか覚えています?」

『?・?・?』何を言ったんだろう・・・

「にゃん!って言ったんですよ、子猫のように。 もう可愛くってたまんない。

 もしあたしがかおりさんの彼氏だったらその時思いっきり抱きしめたくなっちゃいました。

 にゃんにゃんにゃんって。

 もうホントに本当に可愛くって可愛くってたまんない。

 こんど彼氏とするときに真似して使っちゃおうかと思いました。

 でもあたしのキャラだったら似合わないかな?

 かおりさんって可愛系のキャラだから似合うけど、私はちょっと違うタイプだし」

「あはは、そんなこと、言ってました?」


「最初はどうなんですか? 彼氏に『にゃん』って言えって言われたんですか?」

「そんなことはないけど」

「じゃぁ、自分で考えて言われたのかな。 でも絶対カワイイ~」

「そんな、考えたこともない・・・」

「いいの、いいの。 でも今度ニャンニャンの時、絶対使ってみよう」

「・・・」

「あっ、すみません。 勝手なことばかりお話しして。 この後ですね、シャワーで全身を洗い流します」

「あっ、はい、お願いします」

「立てますか?」

「あっ、はい」と言ったものの、体に力が入りません。

「ゆっくりでいいですからね。 これガウンです。 後ろからかけますね」

座ったまま後ろからガウンをかけてもらって袖に手を通しました。

全身チョコレートまみれで動きが機敏にできません。

それでもってべっとりまとわりついているのでチョコレートが体に重く、ズシリと体重が増えたように思えます。

「想像以上に重いでしょう。 歩けますか?」

「ハイ、大丈夫です」

≪ 露出の魅惑 社会人編 7 全身美容エステ9話≫

きのこのいえ
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Music Movie

イディナ・メンゼル

巷にはあふれかえる名曲『LET IT GO』 あおいは男性バージョンの方が好きです 3分過ぎからの歌声は圧巻!


露出小説 ~露出の魅惑~
かおりの露出体験
露出狂の私
もっとエッチにいやらしいことしてみたい
露出の魅惑 始めに
≪中学生編≫
中学生編1 スカートの中の秘密
中学生編2 家の中での露出
中学生編3 バスの中の露出
中学生編4 ノーブラチャレンジ
中学生編5 家庭科室のお掃除
中学生編6 全裸で縛られ遊び
中学生編7 全裸でトイレ 学校編
中学生編8 外で初めての全裸
中学生編9 深夜のプール
中学生編10全裸でバスケットボール
中学生編11スカートの中の秘密
中学生編12小学校の校庭(全9話)
中学生編13生おっぱい露出
中学生編14下着屋さんでの失敗談
≪高校生編≫
高校生編1 ノーパン初露出
高校生編2 ペットと添い寝
高校生編3 スポーツ用品店
高校生編4 露出狂のあたし(全6話)
高校生編5 ウォータースライダー
高校生編6 通過電車
高校生編7 高2の海水浴(全9話)
高校生編8 どMな私(全6話)
高校生編9 ファスナー全開
高校生編10台風に燃える
高校生編11Gパン短パン
高校生編12ダウンジャケット
高校生編13スキー温泉旅行(全2話)
高校生編14高3の海水浴(全11話)
高校生編15かがみ
高校生編16浴衣が全開
高校生編17卓球でオールヌード
高校生編18ハミ尻卓球
高校生編19寒い冬の電車
≪大学生編≫
大学生編1 電車の中でパンチラ
大学生編2 自転車露出
大学生編3 アクセサリーショップ
大学生編4 濡れたTシャツ(全2話)
大学生編5 脇あまシャツ
大学生編6 自動車教習所
大学生編7 ビルメンテナンス
大学生編8 露出奴隷な私(全31話)
≪社会人編≫
社会人編1 タクシー露出
社会人編2 初めての靴磨き
社会人編3 新幹線露出
社会人編4 靴磨きのおじさん
社会人編5 沖縄ビーチ24才(全8話)
社会人編6 露出嬉戯(全14話)
社会人編7 全身美容エステ(全18話)
社会人編8 露天風呂(全30話)
社会人編9 下田の海(全?話)
魅惑の世界
エッチテク & お色気ニュース
お持ち帰りされる方法
やっぱり大きい方がいい おっぱい
女子学生の自分撮りテクニック
エッチ視線テレビドラマ2010
男が離れられなくなる女術
究極のチラリズム パンチラ
水着と下着の違い
ノーブラって増えてる?
ウグイス嬢のセクシーボイス

気になる一言


あおいのつまらない話
遊べる ♪ 野球拳

野球拳

行列が途切れない大人気の野球拳!
一時期は全然つながらなかったけど、
最近は少し待てば遊べるよ
画像をクリックすれば画面に飛びます
リンク先は音声が出るからご注意!!

携帯サイトのご案内
 PCサイトとは別に携帯サイトを作成しました。
 ご覧頂くにはお手持ちの携帯機器よりWEBページにつないで頂き、検索窓より『あおいつぼみ』を検索して下さい。
【ページタイトル】
 携帯通信には別途パケット料金がかかりますのでご注意ください。

携帯へmobileあおいつぼみURL送る

プライバシーポリシーとご注意
RSSリンクの表示
アクセス解析
misonoダイエットとは
プロフィール

あおい

Author:あおい

ご訪問ありがとうございます。

何かモノを書きたくって始めました。 つたない文章のど素人作品ですが、どうぞよろしくお願いいたします。







検索フォーム
Site Map (サイトマップ)
カテゴリ
最新投稿
あおいの特選! お勧め小説♪

本物の官能小説が無料で読める
プロ作家が女性心理を見事に物語っています。
 ☆  妄想の座敷牢
~官能小説家、紅殻格子の世界~

いろいろなお話がいっぱい!
ひとみさんの『私の実験』が大のお気に入り!
 ☆  ひとみの内緒話
(入り口は右下にある【入場口】)

♡ Special Thanks ♡
とても良いお話がいっぱい。
ぜひご覧ください。

≪Hなお話 相互リンク集≫

総合サイト 紹介

様々な小説・読み物紹介してます


官能小説ランキング

あおいつぼみは今何位かな?

皆様のワンクリックが順位を上げます。
ぜひ愛の手をお願いします<(_ _)>


ネット小説ランキング

最新コメント
18才以上限定メルマガ


秘密のお買い物
あおいが厳選した人気アイテム
大手Amazonだから安心のNetShop
魅惑のバストアップアイテム
バストを綺麗に魅せる隠しアイテム
魅惑のランジェリー&ショーツアイテム
これで男どもはノックダウン!
貴女の秘密のお楽しみminiアイテム
初心者に優しいミニを集めてみました
貴女を刺激する人気アイテム集
貴女は性感の虜 夢中にさせます
後ろを開発されればもう貴女は性奴隷
信じられない快感が貴女を襲う
彼方のオナアイテム
使用頻度にご注意! やりすぎ厳禁
性生活バイブル
お勉強するには楽しいかも?
あおいつぼみへのメール
リンクのご案内

当サイトはリンクフリーですが、上段↑メールツールより御一報頂ければ幸いです。

相互リンクをお考えの方は「相互リンクについて」をご覧下さい。

リンクバナー置き場はこちらをクリックして下さい

banner20040


banner8831