ご来訪、誠にありがとうございます。

 当サイトは官能小説につき18禁としております。 また性的描写に嫌悪感を持たれる方

の閲覧もご遠慮ください。 ご自身の自己責任において承諾頂ける方のみお楽しみ下さい。

また当サイト内の小説はすべて作り絵空ですのでご承知おきください。

2012-11-09(Fri)

下田の海 18話

海を眺めながらボォ~っとしているとお母さんの車が帰ってきたようです。

「さぁ、お手伝いしなくっちゃ」

立ち上がると「台所はどこ?」

貴志君も立ち上がって「こっちだよ」

貴志君の後をついていきました。


通用口? 縁側にお母さんが買ってきたものも置くので「私、運びます」

「あら、じゃぁ、お願い。 これとこれ、持って」

お母さんのあとについて台所に入ると、そこは広すぎて台所というより厨房でした。

「おじいちゃんの代はね、船頭をしていたからみんながここに集まるの。

 そうするとみんなのご飯しなくちゃいけないでしょう。

 だから小さな台所では間に合わないのでこんなに広いの。 びっくりしたでしょう。

 ほらこれ1升炊きの釜。 いまどきこんなものを家においているところはないわね」


大きな釜が二つもあります。 その横には普段も使っている電気釜がありました。

「じゃぁ、これとこれ、適当な大きさに切って、炒め物にするから」

キャベツやほうれん草、しめじにしいたけ、あらゆる食材を渡されました。

量の多さに正直びっくりしました。


「ええ~ぇ、とっ、とっ、とぉ・・・」

「あっ、すみません。 藍沢香央里(あいさわかおり)と申します」

「あっ、ごめんなさい、かおりさんね。 切ったらこのざるに入れて洗っといてくれる」

「ハイ、わかりました」

「それと、敬語はいらないから。 敬語で話されると調子狂っちゃうし。

 普段どおり、ここではザックバランにね」

「お気遣い、ありがとうございます」


お母さんは手馴れたもので次々と食材を調理していきます。

「かおりちゃん、あそこに大きな皿が4枚あるから取ってきて」

食器棚に向かうとほんとに大きなお皿。

たぶん30cm‥いや50cmはあるかもしれない大きなお皿です。

大きなお皿は重たいんですよね。

落としそうにもなりながら運びました。

「ごめんね。 重たかったでしょ。 大人数になるとこれくらいの皿でないとおっつかないんだ」

「いえ、料理屋さんで持ったことありますから大丈夫です」

「かおりちゃん、野菜炒めできる? そんなに難しくしないでサッと炒めるだけでいいから」

「それくらいなら大丈夫です。 任せてください」

「あー、助かるわ~、ほんと。

 今日はラッキーしちゃった」とぺロッと舌を出すのを見て、かわいいお母さんだと思えました。


「たかし! ちょっと風呂、掃除して」

「人使い荒いなぁ、しょうがない、やるべ。 和樹も手伝えよな」

二人が出て行くと「うちはね、風呂も広いんだよ。 5~6人くらいならいっぺんには入れるから」

「へーぇ、すごいですね」

「いやなにも、広いのはいいけど、冬は寒いから。 暖まるに時間かかるし」

「あっ、そうか。 そういうところもありますよね」

「広いとなにかにつけていいように思うけど、とにかく掃除がたいへん」

「お母さんのご苦労、よくわかります」


しばらくすると「風呂、掃除、終わったよ。 ちゃんとお湯、入れといたから」

「ありがとよ、んじゃ、ご飯出来るまでテレビでも見てたら」

「ああ、そうする。 ここにいたらこき使われるから」


「ほんとに男連中は手伝わないんだから。 でも今日は助かったわ、かおりちゃんがいてくれて」

「いえ、そんな。 出来ることしかしてないので」

「いやそれが助かるんだよ」

家の外から物音がしたようです。

「あっ、帰ってきたかな。 かおりちゃん、そこの皿に盛り付けといて」

「わかりました」
2012-11-12(Mon)

下田の海 19話

お母さんが戻ってくると大きな鯛と小さな魚がいっぱい入った箱を運んできました。

「鯛はやっぱり切り身がいいよね。 かおりさんはそうね…、タコ、頼むわ」

そういうと箱の中からタコを取り出しまな板の上に乗せると、弱っているようですがまだ生きています。

棚を開くと包丁さしがあり、7~8本ある中から一番大きな包丁を取り出すと蛸の頭と足をポンポン切り離しました。

「じゃあ、これね。 ゆで物にするから適当な大きさに切って、横にある鍋でゆがいて」

見るとタコの足は切り取られているのですが、足だけでもクネクネ動いているんです。

初めてのことなので茫然。

さっきまで生きていた蛸の足は切り取られ、頭は別の鍋へ、足は私の目の前にウニャウニャ・・・

「大丈夫? くっつくけど引っ張れば離れるからドンドン切っちゃって」

びっくりだけど、ここはしっかりしなくちゃと勇気を振り絞りました。

確かに吸盤だけでまな板や包丁にくっつくのです。

私の手にもペタペタくっついてきます。

タコと戦いながら切った切り身を、お湯を沸かした鍋に放り込みました。

お母さんは上手に鯛をさばいていきます。

まるでプロ!


「さすがです、すごいですね」

「漁師の家に嫁ぐとね、いやでもうまくなるわ」

小さな魚は焼いたり揚げ物にしました。

そうこうしているうちにほぼ完成のようです。

「ああ、今日はかおりさんがいてくれたから早くできたわ。 ご飯、炊き上がるまでお茶にしない」

「ありがとうございます。 いろいろ料理の勉強になりました」

お母さんとお茶をしながらこの辺のことを伺いました。


「さあ~てと、そんじゃご飯も炊き上がったし並べるか」

「手伝います」

「じゃぁ、大皿から持っていって」

「この4つですね」

「そう、お願い」

大皿から始まって料理を次々と運こんでいくと食事部屋に男の人が現れました。

「ああ、かおりさんね、貴志の先生だから」お母さんが後ろから声をかけてくれました。

「へっ、先生?」

「そう、ピアノの先生」

「いや、そんなんじゃなくって、ただ聴きに来ただけですから」

「そんじゃ、先生だ。

 おれっちなんか音楽のことなんかじぇんじぇんわからへんへんし、ましてや聴きたいと思われへん。

 それを聴きたいっていうんなら先生だ」

「いえ、ほんとにその・・・」

「まぁ、なんだってええよ。 手伝ってくれてありがとうな」

「うちの父ちゃん」

「よろしくお願いします」

「ああ、ええよ。 ゆっくりしていってくれ」

「離れに泊まっていってくれることになったから」

「そりゃいい、じゃぁ飯もゆっくり食えるわけだ。 大勢のほうが皆も喜ぶ。

 ああ、それと母ちゃん、泰造と卓三とこの嫁さんも来ることになったから」

「あいよ」

なんとなく絶妙な夫婦です、とってもいい感じ。


宴会が始まると17~18人くらいでしょうか、とっても賑やかに始まり楽しい宴会になりました。

私は貴志君と和樹君に挟まれて隅っこのほうに座り、

みんないろんなことをしゃべっていますが、私たちは黙々と食べてました。


「あ~っと、なんだったかな? あ、かおりさんだ。 かおりさん」お父さんが声をかけてくれました。

「お酒は飲めるか?」

すると知らないおじさんが「どう見たって未成年者じゃろ」

「いえ、すみません、十分はたちを超えています」単なるお世辞でしょうけど照れてしまいます。

「誰?」

「貴志の先生じゃ、ピアノのな」

「どうりでスラッとして綺麗なはずじゃ」

「むさくるしい連中ばっかりが集まるから、どうじゃ花一輪、綺麗なもんじゃろうて」

「あら、私は?」どなたかの奥さんとおぼしき人が声を上げました。

「おまはんはもう売れとるからええじゃろうて」

「売れてるじゃなくて、熟れてるわよ」


「あはは、そりゃいい。 卓三の嫁さんにしておくには勿体ねえ」

「はは、ちげねえ」

「で、かおりさんよ、日本酒は飲めるか? ええ酒があんだ。

 なぁ、母さん、この間もらった越の華があったろうて」

「あいよ、まだ栓も開けずに置いてあるよ」

「それ、持ってきてくれ。 ああ、こっから遠いからかおりさんにはお銚子に入れて持ってきてくれや」

「そんなええ酒があるんじゃ、おらにもくれ」

「おめえらには勿体ねえって。 まっ、少しぐらいなら分けてやっからよ」

お母さんが席を立ったので、私も立ち台所に向かいました。

頂く立場で台所に向かうのははばかられましたが、それでも席を立たずにいられません。

台所に行くとお母さんは一升瓶を取り出すところでした。


「あっちの棚にお銚子があるから取って。 ああそれとお猪口もね」

棚を見ると数本のお銚子があって、なるべく小さそうなものを選びました。

「そんなんじゃだめ、こっちにしなさい」

お母さんは大きなお銚子を取りました。

「そんなの悪いですから」

「気にせんでええよ。

 たぶんね、うちの父ちゃん、かおりさんのこととっても気に入っているみたいだから。

 だからそんなこと言い出したのよ。 だからたんと召し上がれ。

 酔っ払ったらすぐ離れで横になれるから心配せんでもええ。 私がちゃんとしてあげるから」

「ありがとうございます」
2012-11-14(Wed)

下田の海 20話

部屋に戻るとお父さんの後ろにつき、一升瓶を差し出すと開けてくれました。

小さなコップに注ぐと「どうじゃ、試しに飲んでみたら」

「ありがとうございます」コップを受け取ると一口飲みました。

「おいし~い」

「そうじゃろ、そうじゃろ、かおりさんはいける口かい。 これはな、冷やが旨いんじゃ」

そういいながらお銚子に注ぎ、その後でガラスコップに少しずつ注ぎます。

「こんなけいたらいっぺんに空いてしまうから、一杯ずつな。

 かおりさんはこれを持って行きなされ」お銚子を渡されたのでお猪口と一緒に席に戻ります。


「貴志、ちゃんとお酌してやれよ」

「ああ」そういうとお銚子を取ってお酌をしてくれました。

どちらかというとキリッと引き締まった味で辛口なのでしょうか、

それでも喉にスッと入っていきとても上品な飲み心地でした。

「かおりさんはね、今日、ご飯を手伝ってくれたの。

 とても気がつく良い子でね。 その炒め物や天婦羅はかおりさんの作ったんだよ」

「ほう、そうか、そうか、それはありがとうな。 どうりで旨いはずじゃ」

「ところでかおりさんはおいくつになられる」

「ええ・・・、26です」

「そうか、そんなら貴志と八つ違いか。

 貴志もかおりさんみたいな人を嫁にもらってくれると嬉しいんじゃがの」

「どうじゃ、貴志、アタックしてみたら」同じ漁師仲間の人が言います。

「そんな、かおりさんに失礼よ。 ねぇ。 かおりさんならきっといい人いるでしょ」

お母さんがフォローしてくれました。


「いえ、実はその~、いないんです」

「そんなはずはなかろうて」

「いえ、本当にいないんです」

「もったいない、こんなええ子が一人身じゃろうて、貴志でも和樹でもアタックせんかい」

二人とも私の横でモジモジしています。

「そんな、かおりさんに迷惑でしょ」


「でもなあ、最近、ええ男もおらんもんな」 別の女性の方が言いました。

「俺がおるやろ」

「え~え、あんたが?」隣の奥さん風の人が言いました。

「そうじゃろうて、ええ男じゃろうて」

「どこがええ男やて、3分、もたん人が」

宴がドッと沸きました。

みんな明るくていい人たちばかりです。


隣の男の子たちが変わりばんこにお酌をしてくれます。

口当たりの良さから飲みすぎてしまいそう・・・


楽しい宴会も終わり、食器の片づけが始まりました。

ご近所の奥さんも手伝ってくれたので、たくさんの食器がありましたが、意外と早く片づけが終わりそうです。


「貴志! かおりさんにお風呂は入ってもらうから、お湯、張り替えてきて」

「ああ、いいよ」

「そんな、お母さん、勿体ないです」

「漁師の体はね、塩まみれだから汚いの。

 入れ替えないと海につかるようなもんで、泡もたちやしないから、気にせんでもええよ。

 だからいつもは父ちゃんが一番最後、先に入っちゃう」と言ってまた舌をぺロット出しました。

「でも今日は早く帰ってきたもんで、先に入っちゃったからお湯は入れ替えないとね」

「ありがとうございます。 何から何までお世話になって」

「いや、こっちこそ、手伝ってくれたおかげで早くできて助かったわ。

 こちらこそありがとう。 お風呂は入ったらゆっくり休んでいきなさい。 明日は早いの?」

「いえ、明日中に家に帰れば十分ですから、朝、早くなくてもいいです」

「助かったわ。 じゃあ7時くらいでいい? 朝ごはん」

「あっ、そんなお気遣いなく」

「朝ごはんって言ったって、今日の残りもんだけどね」

「十分です」


お母さんとお茶を飲みながら話していると貴志君が戻ってきました。

「やっといたよ」

「そう、じゃあ、後はやっとくから夏休みの宿題でもやってなさい」

「それを言うなよ・・・ あと、もうちょっとしか日もないもんな」

「だから、早くしなさいって言ったでしょう。 ささ、早く自分の部屋に行きな」

私は笑ってみていました。

「かおりさん、お風呂、案内するわ。 こっちに来て」

「ハイ」

お母さんのあとについていくとすぐにお風呂場でした。

話していたとおり確かに広いお風呂です。

「タオルはこれとこれ、使っていいから。 パジャマは持ってきた?」

「ハイ、大丈夫です。 でもタオルお借りするのは申し訳なくって」

「遠慮せんでええって、1枚洗うのも2枚洗うのも一緒だから。

 じゃぁ、お湯が溜まるのは30分くらいかかるから、それまで部屋で待ってて。

 上がったら声かけなくていいから、ここのドアを開けておくと誰も入ってない合図。

 だから入るときはきちんと閉めてね。 そのあと私が入るから」

「ほんとうになにからなにまでありがとうございます」

「じゃぁ、また、明日ね。 おやすみなさい」

「あっ、すみません。 おやすみなさい」
きのこのいえ
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Music Movie

イディナ・メンゼル

巷にはあふれかえる名曲『LET IT GO』 あおいは男性バージョンの方が好きです 3分過ぎからの歌声は圧巻!


露出小説 ~露出の魅惑~
かおりの露出体験
露出狂の私
もっとエッチにいやらしいことしてみたい
露出の魅惑 始めに
≪中学生編≫
中学生編1 スカートの中の秘密
中学生編2 家の中での露出
中学生編3 バスの中の露出
中学生編4 ノーブラチャレンジ
中学生編5 家庭科室のお掃除
中学生編6 全裸で縛られ遊び
中学生編7 全裸でトイレ 学校編
中学生編8 外で初めての全裸
中学生編9 深夜のプール
中学生編10全裸でバスケットボール
中学生編11スカートの中の秘密
中学生編12小学校の校庭(全9話)
中学生編13生おっぱい露出
中学生編14下着屋さんでの失敗談
≪高校生編≫
高校生編1 ノーパン初露出
高校生編2 ペットと添い寝
高校生編3 スポーツ用品店
高校生編4 露出狂のあたし(全6話)
高校生編5 ウォータースライダー
高校生編6 通過電車
高校生編7 高2の海水浴(全9話)
高校生編8 どMな私(全6話)
高校生編9 ファスナー全開
高校生編10台風に燃える
高校生編11Gパン短パン
高校生編12ダウンジャケット
高校生編13スキー温泉旅行(全2話)
高校生編14高3の海水浴(全11話)
高校生編15かがみ
高校生編16浴衣が全開
高校生編17卓球でオールヌード
高校生編18ハミ尻卓球
高校生編19寒い冬の電車
≪大学生編≫
大学生編1 電車の中でパンチラ
大学生編2 自転車露出
大学生編3 アクセサリーショップ
大学生編4 濡れたTシャツ(全2話)
大学生編5 脇あまシャツ
大学生編6 自動車教習所
大学生編7 ビルメンテナンス
大学生編8 露出奴隷な私(全31話)
≪社会人編≫
社会人編1 タクシー露出
社会人編2 初めての靴磨き
社会人編3 新幹線露出
社会人編4 靴磨きのおじさん
社会人編5 沖縄ビーチ24才(全8話)
社会人編6 露出嬉戯(全14話)
社会人編7 全身美容エステ(全18話)
社会人編8 露天風呂(全30話)
社会人編9 下田の海(全?話)
魅惑の世界
エッチテク & お色気ニュース
お持ち帰りされる方法
やっぱり大きい方がいい おっぱい
女子学生の自分撮りテクニック
エッチ視線テレビドラマ2010
男が離れられなくなる女術
究極のチラリズム パンチラ
水着と下着の違い
ノーブラって増えてる?
ウグイス嬢のセクシーボイス

気になる一言


あおいのつまらない話
遊べる ♪ 野球拳

野球拳

行列が途切れない大人気の野球拳!
一時期は全然つながらなかったけど、
最近は少し待てば遊べるよ
画像をクリックすれば画面に飛びます
リンク先は音声が出るからご注意!!

携帯サイトのご案内
 PCサイトとは別に携帯サイトを作成しました。
 ご覧頂くにはお手持ちの携帯機器よりWEBページにつないで頂き、検索窓より『あおいつぼみ』を検索して下さい。
【ページタイトル】
 携帯通信には別途パケット料金がかかりますのでご注意ください。

携帯へmobileあおいつぼみURL送る

プライバシーポリシーとご注意
RSSリンクの表示
アクセス解析
misonoダイエットとは
プロフィール

あおい

Author:あおい

ご訪問ありがとうございます。

何かモノを書きたくって始めました。 つたない文章のど素人作品ですが、どうぞよろしくお願いいたします。







検索フォーム
Site Map (サイトマップ)
カテゴリ
最新投稿
あおいの特選! お勧め小説♪

本物の官能小説が無料で読める
プロ作家が女性心理を見事に物語っています。
 ☆  妄想の座敷牢
~官能小説家、紅殻格子の世界~

いろいろなお話がいっぱい!
ひとみさんの『私の実験』が大のお気に入り!
 ☆  ひとみの内緒話
(入り口は右下にある【入場口】)

♡ Special Thanks ♡
とても良いお話がいっぱい。
ぜひご覧ください。

≪Hなお話 相互リンク集≫

総合サイト 紹介

様々な小説・読み物紹介してます


官能小説ランキング

あおいつぼみは今何位かな?

皆様のワンクリックが順位を上げます。
ぜひ愛の手をお願いします<(_ _)>


ネット小説ランキング

最新コメント
18才以上限定メルマガ


秘密のお買い物
あおいが厳選した人気アイテム
大手Amazonだから安心のNetShop
魅惑のバストアップアイテム
バストを綺麗に魅せる隠しアイテム
魅惑のランジェリー&ショーツアイテム
これで男どもはノックダウン!
貴女の秘密のお楽しみminiアイテム
初心者に優しいミニを集めてみました
貴女を刺激する人気アイテム集
貴女は性感の虜 夢中にさせます
後ろを開発されればもう貴女は性奴隷
信じられない快感が貴女を襲う
彼方のオナアイテム
使用頻度にご注意! やりすぎ厳禁
性生活バイブル
お勉強するには楽しいかも?
あおいつぼみへのメール
リンクのご案内

当サイトはリンクフリーですが、上段↑メールツールより御一報頂ければ幸いです。

相互リンクをお考えの方は「相互リンクについて」をご覧下さい。

リンクバナー置き場はこちらをクリックして下さい

banner20040


banner8831