ご来訪、誠にありがとうございます。

 当サイトは官能小説につき18禁としております。 また性的描写に嫌悪感を持たれる方

の閲覧もご遠慮ください。 ご自身の自己責任において承諾頂ける方のみお楽しみ下さい。

また当サイト内の小説はすべて作り絵空ですのでご承知おきください。

2012-11-02(Fri)

下田の海 15話

「あ~あ、しんど・・・」

二人は座り込み、しばらく沈黙が続きました。

「ところで、お願いがあるんだけど・・・」

「ん? な~に?」

「やっぱり、さわるのはダメ?」

「あはは、やっぱりさわりたいんだ」

「うん! お願いだから」

「どうしょうかなぁ?」

「ねっ、お願いします」

「面白いの見たでしょう」

「それは君たちが負けたからでしょ。

 でも、わかった、そこまで言うんだったら別にいいわよ。 少しだけならね」

「ホント! やった! かおりさん、やさしい」

「でもほんのちょっとだけよ」

「うん! それでもかまわない」

「お願いします」

「じゃぁ、ちょっとだけ」


二人は私ににじり寄ってきます。 なんとなくドキドキ。

二人はバストに触れてきました。

最初は指で押すように…。

「とっても色っぽい、プリンプリンしてる」

貴志君は包むように手のひらでつかむと、指一本でトップに触れてきました。

「ァン!」心の中でつぶやきました。

乳首が立っていくのがわかります。

「大きくなった!」

「あたりまえでしょ、さわるんだから」

和樹君が顔を近づけ、鼻でにおいをかぐようにトップに近づくので少し不安になりました。

「何か、におう?」

「うん、甘い香りがする」

「うそっ! ホントに?」

貴志君も真似をして鼻先でトップにふれます。

「アン」

和樹君がペロンとなめてきました。

「だめでしょ、そんなことしたら」

「えっ、何したの?」 貴志君が聞くと和樹君が舐めたことを教えました。

「おれも!」といって貴志君も乳首をなめ始め、二人は競うように乳首にむちゃぶりついてくると、

まるで二人の赤子がオッパイを吸うように甘えてきてるように思え、

二人とも赤ちゃんのようにかわいく思えたのです。


でも余裕があったのは最初だけでした。

あま~くしゃぶっているお口は、だんだん力強く乳首を吸うと次第に口を押し付けてくるのです。

「あ~ん、だめよ。 そんなに強く押したら…」

バランスを崩し後ろに倒れそうなのを、

誰かが背中をやさしく持ってくれたのはいいのですが、そのまま押し倒されてしまいました。


「あ~ん、ちょっとだけって言ったのに」

男の子たちは倒れるときもオッパイから離れません

そうこうしているうちに手を握られました。

手を握ってくれるのは安心できるのですが、その手を上のほうに持っていかれるとバストがつりあがります。

「あ~ん、だめよ、そんなにいっぱいしちゃ」

乳首を舌で転がすようにねぶられると、しだいに私も気持ちが変になりそう。

しかも二人同時に言い合わせたかのように乳首を転がされたのです。

両方のオッパイを同時に舌で転がされるのは初めて、当然ですよね、3Pなんて経験がありません。

同時に責められてるってとっても刺激的に感じるんです。

「ねえ、もういいでしょ。 満足したでしょ」


「アッ、ン? ダメダメダメ! それはダメ! 咬んじゃダメって!」

私の言葉を合図のように反対の乳首も甘咬みにされてしまいました。

両方のオッパイ、乳首を同時に甘咬みにされたのです

体の中で電気が発生して女性の中心、あそこに“しびれ”“刺激”を伝えます。

ああ、ダメ、お漏らししちゃうかもしれない・・・、必死に我慢するのですが、男の子たちは許してくれません。

男の子たちはどこでテクニックを覚えてきたのかわかりませんが、

どんどん責めてきて強弱をつけながら乳首を噛んでくるのです。


「ぁぁん、もうだめ、おしまい」

「もうちょっと、もうちょっとだけ」そういうとわきの下へ舌を這わせるのです。

「ああ、そこはダメ、そこは胸じゃない、約束違反」

バストは私の弱点、そこを十分に責められた後、今度はその周り、わきの下や背中が性感帯になってくるんです。

全身に広がった性感帯を次々と責められたら・・・抵抗できなくなるかもしれません。

そんなことを知ってか知らずか、体中、舌や手を這わせてくると全身に広がった性感帯を責めてきます。

わきの下から下へ、わき腹に舌が這うと「ああぁ、もうだめ、ウッ、もういいでしょ」

お尻がこそばくなって、太ももをこすり合わせて腰が浮き上がります。

「ねっ! ねっ! もう・・・いいでしょ。 十分満足したでしょ?」


ザッ、ザザッ、ザザァ~

外から車が止まる砂音が聞こえました。

「やべ! 誰か帰ってきた。 急いで服、着て!」

私もやばいと思って急いで服を着ました。

貴志君は服を着ると部屋を飛び出していきます。
2012-11-05(Mon)

下田の海 16話

「君たち、いろいろ、知ってんだ」

おっぱい観たいっていっても、最後には触りたいって言ってくるくらいは最初からわかっていました。

年頃の男の子だったら当然ですよね。

あたしも悪女だからおっぱいプリプリさせて、

触っちゃダメっていうのはワンちゃんがご飯お預けくらっているみたいなもんだから無理だと思ってた。

男の子って絶対おっぱい、触りたいですよね。

でもそれは指先でプニプニしたり、乳首をツンツンしたりそのくらいだと思ってた。

まっ! 調子に乗っておっぱいモミモミぐらいは許してあげようと考えてたんですが、

彼らはそれ以上のことをしてきたんです。


おっぱいチュウチュウ吸われて、乳首を甘噛みされたら女の体は変化して心が揺らぎます。

「えへっ、本に書いてあったから」

「そんな本、読んでんだ」

後から考えると当たり前ですよね。

高校ぐらいの年頃、誰もがあれに興味があってそんな本を読みあさりますよね。

正直、ちょっぴりanan読んだかな?

「ほんとにエッチね。 私も危なかった」

「エッ? 危ないって? 危ないってどういうこと?」

「あはは、私もわからないって」意味不明の返事・・・

自分で墓穴を掘るような言葉だったことを恥ずかしくなり、赤面してしまいました。


「たかし! 帰ってたの」

遠くの部屋から声が聞こえてきました。

私はどうしていいかわからず、そわそわしてしまいましたが、

部屋を勝手に出るわけもいかず和樹君とおとなしく待っていることにしました。


「ちょっと、お客さんを連れてきてピアノの話をしてたんだ」

「ピアノ? おまえが?」

廊下の足音が近づいてくると扉が開き、お母さんと思える人が入ってきました。

「あっ、すみません、おじゃましてます」

「あら、タカシの友達だと思ったら女の人なの。 めずらしいわね。 どうもこんにちは」

「あっ、こんにちは、おじゃましています」

「タカシ、お父ちゃんがね、今日は大漁だから早く帰ってくるって。 組合に連絡が入ったから晩御飯にするわ」

「えっ、じゃぁ裕美は?」

「ああ、敬ちゃんちのお母さんが迎えに行くからついでに拾って帰るって」

「あっ、そう」

「あの~、すみません、そろそろおいとまします」

「あら、良かったら夕食、一緒に食べてくれない」

「いえ、そんなの、ご迷惑です」

「迷惑なんてありゃせんよ。 せっかく父ちゃんが大漁でいい魚、持って帰ってくるからぜひ食べていって。

 家、遠いの?」


貴志君が私は旅行者で氷をご馳走になって、

和樹君の店を紹介したらピアノの話になって聴きたいっていうから家に連れてきたと、かいつまんで説明しました。


「あら、そう。 で、今日は泊まるところは予約してあるの?」

「あっ、いえ。 一人身だし勝手気ままにしようと思っていましたので、どこも予約してないんです」

「あらそう。 なら泊まっていけば」

「えっ! そ、そんな、それこそあつかましいです」

「遠慮せんでええよ。 うち、広いから寝る部屋はいくらでもあるし布団もいっぱいあるから。

 そうすればお金もかからないし」

「いえ、本当にご迷惑ですから」

「いやね、実は本当のことを言うと大漁の日は父ちゃん、船を手伝ってくる人を連れて帰ってくるんで酒盛りなわけ。

 そんなもんで20人分くらいのご飯作んなきゃいけないから、ちょっと手伝ってほしいんだ。

 裕美もいないことだし」

「あっ、裕美って妹のことね」貴志君がフォローしてくれます。

「お手伝いはいいんですが、ご迷惑じゃないですか?」

「迷惑なんてありゃせんよ。 反対に助かるんだよ。 人が多いほうが楽しいし。

 ほれ! タカシ、女の人だから離れの部屋がいいんじゃないか。

 母ちゃん、ちょっと市場に行って買いもんしてくっから、その間に掃除と布団運込んどいてけれ」

「いいんですか? ほんとうに」

「かまわしないって、なっ、その分、手伝って。

 そんでから和樹君も飯食っていけ。

 たまにはうちの家で飯食うのもいいじゃろ。

 家には電話しておいてやっから、なんなら父ちゃん母ちゃんも呼ぶか?」

豪快なお母さんでした。

あっけにとられているとお母さんはせかせかと買い物に出かけていきました。
2012-11-07(Wed)

下田の海 17話

ねぇ、貴志君、本当に迷惑じゃないの」

「ああ、母ちゃんがあそこまでいうんだからいいんじゃないか。 僕もその方がうれしいし」

「ほんとうに、いいのかなぁ?」

「いいって、いいって。 じゃ、ちょっくら部屋の掃除、始めっから。 和樹、手伝え!」

3人はそろって部屋を出ると奥のほうへ続く廊下を進むと、

渡り廊下があって離れのお部屋がありました。


「ここはオジイ、オバア用に作ったんだけど、結局使わずじまい。

 それからは客室用として使ってるところなんだ」

「おじいさん、おばあさんって」

「もう6~7年くらい前に亡くなったんだけど、離れてる部屋はいやだって言うから、結局建てただけ」

「そうなの」

「ここなら生活できるよ。 小さいけどキッチンやトイレ、お風呂もあるし。

 でもお湯が出ないからお風呂は使えないんだ」


そこはまるでワンルームといったお部屋でした。

普段は使ってないらしく空気はよどんでいたので窓を開け、持ってきた掃除機をかけました。

小さいながらも縁側があり、雨戸を開けると海が見える景色の良いところでした。


「贅沢だわ~。 こんなところ」

「気に入った?」

「うん! 気に入った」

「じゃぁ、住めば」

「あはは、それは無理。 私にも家あるし」

「そりゃ、そうだよね。 明日は帰っちゃうんだ」

「そうね。 明日は帰るつもり」

「そっか、さみしいな」

「何言ってんの? さあ、掃除、掃除」


部屋は大きくないし、散らかってもないので掃除は簡単に終わりました。

貴志君と和樹君が布団を取ってくるというので一緒に行き、

私は車から荷物を取り出し、

離れの縁側に向かうと二人とももう戻ってきていたので「しく?」って聞くから、

「まだ布団を敷くのは早いわ。 隅に置いといて」

布団を部屋の隅に片付けると、その横にかばんを置きました。


私が縁側に座ると二人ともついてきました。

「いいところね」

「かおりさんは都会の住んでるんだよね」

「今はそう。 でも生まれはここよりもっと田舎よ。

 私の生まれたところは本当に山と川しかないところだったの。

 だから海があるってうらやましいなって思っちゃう」

「へ~、そんなとこ行ったことないや」

「あはは、何にもないところだから行く必要はないでしょうね」

「でも海もいいかもしんないけど、台風のときは怖いよ」

「あっ、そうか。 そういうこともあるんだ。 こっちにはこっちの事情があるんだ」

「でも普段はいいよ。 いつでも泳げるし」

「そうだね。 私のところの川なんて水が冷たくって泳げやしないわよ」

「林間だもんな。 でもそういうところも行ってみたいな」

「そうね、働き出したら彼女とキャンプに行くのもいいかもね」

「僕・・・かおりさんと行きたい」

「あはっ! なに“ナマ”言ってんの? 私よりもっといい人がいるわ。 がんばんなさい」




私、もう26 この子達は高3だから18 八つも違う。

もう楽しかった高校生・・・、少し遠くなっちゃったかなぁ。
きのこのいえ
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Music Movie

イディナ・メンゼル

巷にはあふれかえる名曲『LET IT GO』 あおいは男性バージョンの方が好きです 3分過ぎからの歌声は圧巻!


露出小説 ~露出の魅惑~
かおりの露出体験
露出狂の私
もっとエッチにいやらしいことしてみたい
露出の魅惑 始めに
≪中学生編≫
中学生編1 スカートの中の秘密
中学生編2 家の中での露出
中学生編3 バスの中の露出
中学生編4 ノーブラチャレンジ
中学生編5 家庭科室のお掃除
中学生編6 全裸で縛られ遊び
中学生編7 全裸でトイレ 学校編
中学生編8 外で初めての全裸
中学生編9 深夜のプール
中学生編10全裸でバスケットボール
中学生編11スカートの中の秘密
中学生編12小学校の校庭(全9話)
中学生編13生おっぱい露出
中学生編14下着屋さんでの失敗談
≪高校生編≫
高校生編1 ノーパン初露出
高校生編2 ペットと添い寝
高校生編3 スポーツ用品店
高校生編4 露出狂のあたし(全6話)
高校生編5 ウォータースライダー
高校生編6 通過電車
高校生編7 高2の海水浴(全9話)
高校生編8 どMな私(全6話)
高校生編9 ファスナー全開
高校生編10台風に燃える
高校生編11Gパン短パン
高校生編12ダウンジャケット
高校生編13スキー温泉旅行(全2話)
高校生編14高3の海水浴(全11話)
高校生編15かがみ
高校生編16浴衣が全開
高校生編17卓球でオールヌード
高校生編18ハミ尻卓球
高校生編19寒い冬の電車
≪大学生編≫
大学生編1 電車の中でパンチラ
大学生編2 自転車露出
大学生編3 アクセサリーショップ
大学生編4 濡れたTシャツ(全2話)
大学生編5 脇あまシャツ
大学生編6 自動車教習所
大学生編7 ビルメンテナンス
大学生編8 露出奴隷な私(全31話)
≪社会人編≫
社会人編1 タクシー露出
社会人編2 初めての靴磨き
社会人編3 新幹線露出
社会人編4 靴磨きのおじさん
社会人編5 沖縄ビーチ24才(全8話)
社会人編6 露出嬉戯(全14話)
社会人編7 全身美容エステ(全18話)
社会人編8 露天風呂(全30話)
社会人編9 下田の海(全?話)
魅惑の世界
エッチテク & お色気ニュース
お持ち帰りされる方法
やっぱり大きい方がいい おっぱい
女子学生の自分撮りテクニック
エッチ視線テレビドラマ2010
男が離れられなくなる女術
究極のチラリズム パンチラ
水着と下着の違い
ノーブラって増えてる?
ウグイス嬢のセクシーボイス

気になる一言


あおいのつまらない話
遊べる ♪ 野球拳

野球拳

行列が途切れない大人気の野球拳!
一時期は全然つながらなかったけど、
最近は少し待てば遊べるよ
画像をクリックすれば画面に飛びます
リンク先は音声が出るからご注意!!

携帯サイトのご案内
 PCサイトとは別に携帯サイトを作成しました。
 ご覧頂くにはお手持ちの携帯機器よりWEBページにつないで頂き、検索窓より『あおいつぼみ』を検索して下さい。
【ページタイトル】
 携帯通信には別途パケット料金がかかりますのでご注意ください。

携帯へmobileあおいつぼみURL送る

プライバシーポリシーとご注意
RSSリンクの表示
アクセス解析
misonoダイエットとは
プロフィール

あおい

Author:あおい

ご訪問ありがとうございます。

何かモノを書きたくって始めました。 つたない文章のど素人作品ですが、どうぞよろしくお願いいたします。







検索フォーム
Site Map (サイトマップ)
カテゴリ
最新投稿
あおいの特選! お勧め小説♪

本物の官能小説が無料で読める
プロ作家が女性心理を見事に物語っています。
 ☆  妄想の座敷牢
~官能小説家、紅殻格子の世界~

いろいろなお話がいっぱい!
ひとみさんの『私の実験』が大のお気に入り!
 ☆  ひとみの内緒話
(入り口は右下にある【入場口】)

♡ Special Thanks ♡
とても良いお話がいっぱい。
ぜひご覧ください。

≪Hなお話 相互リンク集≫

総合サイト 紹介

様々な小説・読み物紹介してます


官能小説ランキング

あおいつぼみは今何位かな?

皆様のワンクリックが順位を上げます。
ぜひ愛の手をお願いします<(_ _)>


ネット小説ランキング

最新コメント
18才以上限定メルマガ


秘密のお買い物
あおいが厳選した人気アイテム
大手Amazonだから安心のNetShop
魅惑のバストアップアイテム
バストを綺麗に魅せる隠しアイテム
魅惑のランジェリー&ショーツアイテム
これで男どもはノックダウン!
貴女の秘密のお楽しみminiアイテム
初心者に優しいミニを集めてみました
貴女を刺激する人気アイテム集
貴女は性感の虜 夢中にさせます
後ろを開発されればもう貴女は性奴隷
信じられない快感が貴女を襲う
彼方のオナアイテム
使用頻度にご注意! やりすぎ厳禁
性生活バイブル
お勉強するには楽しいかも?
あおいつぼみへのメール
リンクのご案内

当サイトはリンクフリーですが、上段↑メールツールより御一報頂ければ幸いです。

相互リンクをお考えの方は「相互リンクについて」をご覧下さい。

リンクバナー置き場はこちらをクリックして下さい

banner20040


banner8831