ご来訪、誠にありがとうございます。

 当サイトは官能小説につき18禁としております。 また性的描写に嫌悪感を持たれる方

の閲覧もご遠慮ください。 ご自身の自己責任において承諾頂ける方のみお楽しみ下さい。

また当サイト内の小説はすべて作り絵空ですのでご承知おきください。

--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-03-21(Sun)

露出の魅惑 高校編 4

≪ 露出狂のあたし 6-1 ≫

小春日和の日、セーラーミニのあたし、学校帰りに寄り道をしました。

寒い冬が過ぎ去ってポカポカ陽気にほだされ、まっすぐ帰るのがもったいなくって途中下車しました。
初めての町です。 しばらく歩くと小さな公園がありました。

久しぶりにブランコに乗ってみたくなり一人で漕いでいると、小さな男の子がやってきました。

どうでしょう? まだ小学生3~4年生っていったぐらいです。
ブランコを漕いでいる私の前に立つと、ジッと私の方を見ます。

公園には他に誰もいないということもあったんですが、ジッと私を見てる理由はもうひとつあるのは知っていました。

なぜなら私、ノーパンなんです。

春の陽気も手伝って学校のトイレでパンツを脱ぎ、カバンに押し込んでノーパンの電車通学を楽しんでしました。

久々の開放感でウキウキしちゃった私はその勢いで途中下車をし、公園でノーパンのままブランコに乗って、スカートがめくれ上がるのもかまわずブランコをこいでいたのです。

でも実際はめくれ上がるなんて生易しいものじゃありません。

ブランコが前に出るときはドッバァーってな感じで、しかもミニスカ仕様ハイウエストにしていたものだからおへそ近くまで捲くれあがります。

捲れ上がったところは丸裸。
下腹部から股間、太ももまで隠すものは一切ありません。

完璧な露出狂の私です。
そんな状態だから男の子が近寄ってくるかはわかりません。

へんな露出に危険な女だと思われれば近寄らないでしょう。
でも、もし・・・、興味があれば近寄ってくるはずです。

男の子は近寄りそうになったのですが、一度立ち止まりました。
そうして私を見ます。
でも結局、彼はやってきて、私の真正面に立ったのです。

少し力を入れてブランコを大きく漕ぐと、太ももの裏側を見せてあげました。
生尻の直座り、スカートを踏んでないので、身長の低い彼はひょっとしたらお尻の割れ目まで見えちゃってるかも?

でも足はちゃんと揃えています。
さすがに真ん中を見せる勇気はありません。

「ボク! 正面に立ったら危ないよ」
「大丈夫、もしこっちに来たら避けるもん」
「そっか」

ブランコから一度降りて立ち漕ぎを始めました。
高い位置からだとよく見えるかもしれません。
春風に誘われてスカートがひるがえります。

「お姉ちゃん、ひとり?」
「うん、そうよ。 僕は? お母さんは?」
「ゲームばっかりしていたから外で遊んできなさいって」
「そうなの。 じゃぁ、僕もひとり?」
「うん、そう・・・」
「そう、じゃぁ、お姉ちゃんと一緒だ」

「じゃぁ、僕もブランコに乗らない?」
「いいよ、ボク、ここで見てる」
あはは、マセガキ! きっとあたしのスカートの中を見てんだ。

それがわかっていてもブランコをこぐのを止めません。
スカートはこぐたびにバサァーってめくりあがります。
もっと見せたくってジィーっと見られてもかまいません。

「お姉ちゃん! 聞いていい?」
「ん? なに?」
「お姉ちゃん、どうしてはいてないの?」 あはは、やっぱり。

「どうしてかなぁ~、どうしてだろう。 ボクはどう思う?」
「ん~、わかんない」
「どうしてだろう? お姉ちゃんにもわかんないや」

「そうなの? ・・・ 恥ずかしくないの?」
「んん~、恥ずかしいわよ」
「じゃぁ、どうして隠さないの?」
「どうしてだろう? きっとボクに見てもらいたいからじゃないかな」
「えっ、ボク、見てていいの?」
「どうだろうね。 ボクが見たかったらそうしてればいいじゃん」
「んん~、お姉ちゃんのエッチ」
「あはは、じゃぁ見てるボクもエッチじゃん」

エッチだと言われると男の子はうつむいてしまいました。
ブランコをこぐのを止め近寄ると「もう、やめちゃうの?」

アハッ、男の子の本音。
「ん? どうして?」
「いや、なんとなく」
「もうちょっと、見たいんだ?」 聞くと男の子はモジモジしました。

「図星でしょう。でも、いいわよ、見たかったら見せてあげても」
男の子はパッと顔を上げました。
「そのかわり、お姉ちゃんだけだったら不公平だから、ボクのも見せてくれる?」
悩んでいる表情でした。 「どうする?」追討ちをかけました。

「いいけど・・・、いいけど、お姉ちゃんが先に見してくれる? だって幼稚園の時、お医者さんごっこでボクは見せたのに女の子はパンツ、脱いでくれなかったんだ。 嘘つかれるのは嫌だし・・・」

「あはは、お医者さんごっこか? そんなことがあったんだね。 でも、いいわよ。 先に見せてあげても。 なんならお医者さんごっこしよっか?」

   ← 良かったら投票お願いします


続きを読む

2010-03-23(Tue)

露出の魅惑 高校編 4

≪ 露出狂のあたし 6-2 ≫

「でも、ここだと他の人も来るかもしれないし」
「じゃぁ、あっちがいいよ。 ほら、あの隅」

そこは大きな木があり、公園のお掃除道具なんかが置いてある倉庫がありました。
その横の陰になっている場所は公園入口からは見えないし、わざわざ覗かない限り見えないような場所でした。

二人してそこに隠れました。
「そういえば僕は何年生?」
「今度、6年生」
ちょっとびっくりしました。 幼い顔と少し身長が低いのでもうちょっと下だと思ったのです。

「お姉ちゃんは?」
「あ、私は高2」
「ふ~ん、もう大人なんだ」
「あは? そっかもね」

「じゃぁ、どうしよっか?」
「・・・」
「ボク、スカートめくりしたことある?」
「一回だけしたことある。 でも悪いと思って、それからしてない」

「じゃぁ、お姉ちゃんのスカート、めくってみて。 お姉ちゃんが許してあげるから大丈夫よ」
「ホントに? 怒ったりしない?」

「怒らないわよ。 大丈夫」
うなずきました。
「いいわよ、めくってみて」

男の子は一度私の顔を見ると手を伸ばし、恐る恐るスカートを掴みました。
そうして持ち上げていくのです。

ドキドキしちゃってます。

私はもっと羞恥になりたくって上を見ると、木の枝がありました。
その枝にぶら下がるようにしがみついたのです。

気持ちは手錠をはめ、抵抗できないように木の枝に吊らされスカートめくりをされるのです。
無抵抗に男のされるがままに・・・。

野外、街中、無抵抗にスカートめくりされるって究極です。
しかもパンツもはいていません。
もろ露出にドキドキ。

男の子は最初、片手で持ち上げましたが、今では両手です。
身長の低い男の子からするとオマタが完全に見えてるはずです。

ちょっと足元が震えだしました。
「どう?」
「ん~、なんか変な気分」
「ボクの好きなだけ見てもいいよ」

私も大胆になってきました。
「その奥も見たい?」
うなずいたように思います。

「でもちょっと気持ち悪いかもよ」
「・・・・・」
「そう・・・、見たいの?」 もう一度言うと、今度ははっきりうなずきました。

少しずつ足を開くあたし、手はまだ縛られたように木の枝に捕まっています。
半歩ほど開いたでしょうか? 背の低い彼からすると奥の方まで見えてるはずです。

男の子は股間に触れそうなくらい近寄って奥を覗き込みます。
ふと、太ももに男の子の手を感じました。

ビクンと震える私。
男の子はビックリしたように離れました。

「あっ、ごめん、大丈夫。 お医者さんごっこだから触らないとわかんないもんね。 触っても大丈夫よ」

男の子はもう一度、内モモに触れてきました。
「あっ、ごめん。 ボク、手はキレイ?」

「キレイだと思うけど・・・」両手を広げて見せてくれました。
「そうね。 キレイだと思うけど念のために『手』洗ってきて。 そうしたら触っていいよ」

「うん、行ってくる」
「あっ、ボク、ハンカチ持ってる?」

「持ってないや」
「そう、お姉ちゃんの貸したげる。 1分位はキレイにゴシゴシ洗ってね」

カバンからタオルハンカチを出し男の子に持たせ、
「あっちのトイレに水道があったはずだから」
「うん、知ってる」
「じゃぁ、お願いね」

そう言うと男の子は飛んでいくようにトイレに向かって走り出しました。
念のため公園の様子を伺うとまだ誰もいません。

私は大急ぎでブラウスをたくし上げ、背中のブラホックをはずします。
そうして肩紐をずらしました。

もう一度トイレの方向を見ると、一生懸命洗ってる姿が見えました。
まだ時間がありそうです。
悩んだ末、もうひとつの細工をしてみました。
成功するかどうかはわかりません。

男の子が帰ってくるとハンカチを返してくれました。
その時、私の姿がスカートからブラウスの裾が全部出ていたのでビックリしたようです。

   ← 良かったら投票お願いします

セクシー ヘルスケア ラブコスメ
2010-03-25(Thu)

魅惑の露出 高校編 4

≪ 露出狂のあたし 6-3 ≫

「お姉ちゃん、木の枝にぶら下がって、ボクの邪魔をしないから」
「うん」
「お医者さんごっこだからちゃんと上も診てね」
「うん」

胸を突き出すとブラウスの裾から手を入れてきます。
でも、どうも窮屈そう。

「窮屈だったらボタン、はずしていいから」
「いいの? 大丈夫?」
「ちょっと恥ずかしいけど、お医者さんの前だったら脱ぐから大丈夫」

「そうだね。 お医者さんだったら服脱ぐもんね」
そういうとボタンをはずしていきます。

羞恥に乱れそうな気分になりました。
ボタンを全部はずし終わるとブラをたくし上げます。

ホックをはずしてあったのですぐにおっぱいが現れました。
男の子は生唾を飲んだように思えました。
小さくてもやっぱり男の子です。

小さな手が乳房に当たると作戦は成功です。

水でキレイに洗った手は冷たくてヒンヤリとしています。
その冷たい手で乳房を触られると・・・。

あっ、声が出そう・・・

「どういう風に診ればいいの?」

「そうね、ボクの手は小さいから大きく広げて握り締めてくれる。 そうすると胸の感触がわかるから。 そこはね、柔らかいけど中に固いものがあれば病気かもしれないから、固いところがないか、あっちこっち触って確かめて」

「うん、わかった!」
さすが男の子。 元気、良さそうぉ~?

おっぱいの下、横、上からも男の子は揉み始めたのです。
おっぱいを揉まれるって気持ちいい。

「反対側もね」
「うん!」

小さな両手でおっぱいを揉んでいきます。
気持ちよくなってきました。

「どう?」
「おっぱい、プニュプニュしてる」
「あはっ、そう。 しこりは? ある?」
「しこりって?」
「固いところ」
「う~ん、なさそう」

男の子は力を入れて揉むので「お姉ちゃん、へんな気分になってきた」
「大丈夫?」
「あっ、ごめんごめん。 違う意味だから大丈夫。 それより両方いっぺんに触って右と左が違わないかも診てね」

「うん、わかった」
両方のおっぱいを一度に揉まれます。
だんだん、妖しい気分になってきました。

「でも、お姉ちゃん。 固いところがある」
「エッ、どこどこ」

「ここ」
バストトップを指されました。

「そこはなんだか知ってる?」
「うん、知ってるよ。 赤ちゃんがおっぱい飲むところ」
「そうね、正解。 そこはね反対にすぐに固くなるから、赤ちゃんがおっぱいを飲みやすいようにやわらかくマッサージして」

「わかった! 柔らかくすればいいんだね」
「そうね。 お願い」

   ← 良かったら投票お願いします

セクシー ヘルスケア ラブコスメ
きのこのいえ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Music Movie

イディナ・メンゼル

巷にはあふれかえる名曲『LET IT GO』 あおいは男性バージョンの方が好きです 3分過ぎからの歌声は圧巻!


露出小説 ~露出の魅惑~
かおりの露出体験
露出狂の私
もっとエッチにいやらしいことしてみたい
露出の魅惑 始めに
≪中学生編≫
中学生編1 スカートの中の秘密
中学生編2 家の中での露出
中学生編3 バスの中の露出
中学生編4 ノーブラチャレンジ
中学生編5 家庭科室のお掃除
中学生編6 全裸で縛られ遊び
中学生編7 全裸でトイレ 学校編
中学生編8 外で初めての全裸
中学生編9 深夜のプール
中学生編10全裸でバスケットボール
中学生編11スカートの中の秘密
中学生編12小学校の校庭(全9話)
中学生編13生おっぱい露出
中学生編14下着屋さんでの失敗談
≪高校生編≫
高校生編1 ノーパン初露出
高校生編2 ペットと添い寝
高校生編3 スポーツ用品店
高校生編4 露出狂のあたし(全6話)
高校生編5 ウォータースライダー
高校生編6 通過電車
高校生編7 高2の海水浴(全9話)
高校生編8 どMな私(全6話)
高校生編9 ファスナー全開
高校生編10台風に燃える
高校生編11Gパン短パン
高校生編12ダウンジャケット
高校生編13スキー温泉旅行(全2話)
高校生編14高3の海水浴(全11話)
高校生編15かがみ
高校生編16浴衣が全開
高校生編17卓球でオールヌード
高校生編18ハミ尻卓球
高校生編19寒い冬の電車
≪大学生編≫
大学生編1 電車の中でパンチラ
大学生編2 自転車露出
大学生編3 アクセサリーショップ
大学生編4 濡れたTシャツ(全2話)
大学生編5 脇あまシャツ
大学生編6 自動車教習所
大学生編7 ビルメンテナンス
大学生編8 露出奴隷な私(全31話)
≪社会人編≫
社会人編1 タクシー露出
社会人編2 初めての靴磨き
社会人編3 新幹線露出
社会人編4 靴磨きのおじさん
社会人編5 沖縄ビーチ24才(全8話)
社会人編6 露出嬉戯(全14話)
社会人編7 全身美容エステ(全18話)
社会人編8 露天風呂(全30話)
社会人編9 下田の海(全?話)
魅惑の世界
エッチテク & お色気ニュース
お持ち帰りされる方法
やっぱり大きい方がいい おっぱい
女子学生の自分撮りテクニック
エッチ視線テレビドラマ2010
男が離れられなくなる女術
究極のチラリズム パンチラ
水着と下着の違い
ノーブラって増えてる?
ウグイス嬢のセクシーボイス

気になる一言


あおいのつまらない話
遊べる ♪ 野球拳

野球拳

行列が途切れない大人気の野球拳!
一時期は全然つながらなかったけど、
最近は少し待てば遊べるよ
画像をクリックすれば画面に飛びます
リンク先は音声が出るからご注意!!

携帯サイトのご案内
 PCサイトとは別に携帯サイトを作成しました。
 ご覧頂くにはお手持ちの携帯機器よりWEBページにつないで頂き、検索窓より『あおいつぼみ』を検索して下さい。
【ページタイトル】
 携帯通信には別途パケット料金がかかりますのでご注意ください。

携帯へmobileあおいつぼみURL送る

プライバシーポリシーとご注意
RSSリンクの表示
アクセス解析
misonoダイエットとは
プロフィール

あおい

Author:あおい

ご訪問ありがとうございます。

何かモノを書きたくって始めました。 つたない文章のど素人作品ですが、どうぞよろしくお願いいたします。







検索フォーム
Site Map (サイトマップ)
カテゴリ
最新投稿
あおいの特選! お勧め小説♪

本物の官能小説が無料で読める
プロ作家が女性心理を見事に物語っています。
 ☆  妄想の座敷牢
~官能小説家、紅殻格子の世界~

いろいろなお話がいっぱい!
ひとみさんの『私の実験』が大のお気に入り!
 ☆  ひとみの内緒話
(入り口は右下にある【入場口】)

♡ Special Thanks ♡
とても良いお話がいっぱい。
ぜひご覧ください。

≪Hなお話 相互リンク集≫

総合サイト 紹介

様々な小説・読み物紹介してます


官能小説ランキング

あおいつぼみは今何位かな?

皆様のワンクリックが順位を上げます。
ぜひ愛の手をお願いします<(_ _)>


ネット小説ランキング

最新コメント
18才以上限定メルマガ


秘密のお買い物
あおいが厳選した人気アイテム
大手Amazonだから安心のNetShop
魅惑のバストアップアイテム
バストを綺麗に魅せる隠しアイテム
魅惑のランジェリー&ショーツアイテム
これで男どもはノックダウン!
貴女の秘密のお楽しみminiアイテム
初心者に優しいミニを集めてみました
貴女を刺激する人気アイテム集
貴女は性感の虜 夢中にさせます
後ろを開発されればもう貴女は性奴隷
信じられない快感が貴女を襲う
彼方のオナアイテム
使用頻度にご注意! やりすぎ厳禁
性生活バイブル
お勉強するには楽しいかも?
あおいつぼみへのメール
リンクのご案内

当サイトはリンクフリーですが、上段↑メールツールより御一報頂ければ幸いです。

相互リンクをお考えの方は「相互リンクについて」をご覧下さい。

リンクバナー置き場はこちらをクリックして下さい

banner20040


banner8831

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。