ご来訪、誠にありがとうございます。

 当サイトは官能小説につき18禁としております。 また性的描写に嫌悪感を持たれる方

の閲覧もご遠慮ください。 ご自身の自己責任において承諾頂ける方のみお楽しみ下さい。

また当サイト内の小説はすべて作り絵空ですのでご承知おきください。

2010-08-10(Tue)

巡査長 美咲 ~淫妖水魔編~ ≪第四話≫

 男の話によれば、自分は大手工作機メーカーの常務取締役で、海外事業部に席を置き、
 2週間ほどかけて中東から欧州へと出張、帰国したところで上の女性が勤める銀座のクラブに行くと、
 そこのママから4日ほど無断欠勤をしていると聞き、
 次の日、つまり今日、来てみたらこのような有様になっていたという。

 部屋に入るときの状況はと聞くと、普段どおりで特に変わったこともなく、
 鍵も閉められていたので、鍵を使って入った。

 リビングは電気もついておらず、私がつけて名前を呼んだが反応がなかったので寝室に入ると、
 倒れている女性を発見した。

 正直、お目当てのここの住人とは思えなかった。

 ただよくよく考えてみると別人がここに入り込む余地はなく、本人だとしか理解できなかった。


「部屋の明かりは全部消えていたのですね」

「いや、寝室だけはついていました」

「他に部屋に変わったことはありませんでしたか」

「特になかったように思えます。 正直のところ怖かった。
 なにも触ることはできず、ただ警察に連絡しなくてはならないとしか考え付きませんでした」


 部屋の鍵を持っているくらいだから、それなりの関係なのだろうが、
 出張前に何か彼女の変わった様子はなかったかと聞くと、特段何もなく普通に過ごしていたと答えた。

 女性の名前はと聞くと「山口さゆり」本名かどうか知らず、年は39だという。

 他に似たような関係を持つ男性について聞くと、
「正確にはわかりません。 たまにスケジュールが合わないときがあり、
 これだけのマンションに住んでいるのだから、他に支援してもらっている男性がいるかもしれません。
 ただマンションの鍵を持っているのはどうやら私だけのように思えます」との事だった。


「出張の前に何か特別なものはもらわれませんでしたか」

 高橋はチラッと美咲を見た。

 冷たい目で美咲は男を見下ろしている。

「女性の刑事さんがいる前でなんなのですが、お守りをもらいました」

「そのお守りとはなんですか」

 男は口を噤んだが、意を決したように、
「彼女の陰毛です。 私が外で悪いことしないように財布の中に入れられました」

「見せてもらえますか」

 男は財布を取り出し、中にある綺麗に折りたたんだティッシュを取り出した。

 開くと一本の毛が入っていた。

「すみません、それをお預かりすることができますか」

「こんなものが何かのお役に立ちますか?」

「この毛と、上にいる女性とDNA鑑定にかけます。 そうすればご本人かどうかわかります。
 この毛は山口さんのものに間違いはないですね」

「間違いありません。 私の前で抜いてティッシュに包みましたから。 どうぞこれを差し上げます。
 私としても上にいた女性をさゆりと思いたくありません。
 が、DNA鑑定ならはっきり判りますよね。 どうぞお使いください」


「彼女の身内の人はご存知ですか」

「東北のある市の出身と聞いています。 母と妹が健在だとか。 残念なことに詳しいことは知りません。
 お店のママに聞けば何か分かると思います」

「ありがとうございました」 山科は丁重に礼を述べた。
 高橋の連絡先を聞き、今日はお帰り頂き、後日また連絡しますと伝えた。


 高橋は深々とお辞儀をし、部屋を出ていく。

 扉が閉まった瞬間、美咲は「最低なやつ」とつぶやいた。

 どうしてだいと聞くと、「奥さんがいるのに、愛人なんか作って!」

「私なら絶対許さないから!」 怒り心頭に憤慨している。

 15階にいたときの弱々しい態度から一変しているので、笑うと
「なによ! その笑いは!」

 これ以上、笑うとこっちにとばっちりが来そうなので、むりやり真顔にして、
「じゃぁ、上に行こっか」 席を立った。

 どうやら美咲を振り向かせお尻をぶったことは、気づかれていないようでホッとした。


 エレベーターホールで「上に戻るけど大丈夫か?」と聞くと、またも体を寄せてきた。

「上についたら離れるから今だけお願い」

 エレベーターの中では腕にしがみつき、体も寄せてきた。

 山科は背中に膨らみを感じたが、それより下ろしている手がどうやら彼女の太ももに当たっているみたいで、
 山科は緊張していた。

 確かめるにも変な動きをしたら、それこそ後でどうなるのか分からない。
 山科はいらない冷や汗をかいた。


 部屋に戻ると岸上代理と鑑識がせわしく調査をしていた。 巡査も残ってくれている。

 岸上代理に通報者の詳しい話を伝えた。 そして預かったティッシュを取り出す。
「そいつは良かった。 鑑識に頼もう。 これではっきりわかる」

「こっちはもう仏さんを運び出すだけだ。 詳しい話は帰ってからにする」

「すいません」と巡査を呼んだ。

「後は運び出すだけだから、もう帰っていただいて結構です。 ご苦労様でした。
 帰りについでに管理人を呼んでもらえませんか。 鍵を閉めなくちゃいけないので」

 遺体を運び出すのにあわせて管理人が来た。
「じゃぁ、後は宜しくお願いします」

 車に乗り込むと「美咲さんもお疲れさん。 たいへんだったね。 署に着いたら帰っていいよ」

「はい、ありがとうございました」

 美咲の明るい声に、山科は女の変わりようは怖いものだと思えた。

2010-08-12(Thu)

巡査長 美咲 ~淫妖水魔編~ ≪第五話≫

二日後の夜、初動捜査の報告会が行われた。

DNA鑑定も高橋が持っていたものと一致したので、死亡した女性は山口さゆりと断定され、
しかも本名だったので田舎の親族にもすぐに連絡は取れた。

鑑識の報告によれば死亡推定時刻は4月23日未明、死亡推定原因は「急性脱水症状」によると判断された。
首を絞められたとか、体に傷ついている部分はなく、胃の内部にも毒物は検出されなかった。

ただひとつ、死亡直前に全身の筋肉の収縮があったように見受けられるという項目が追加された。

現場報告は、死亡当日は部屋の玄関鍵は閉められており、外からの侵入者の痕跡は見られない。
ただベランダにある窓の鍵は開いており、16階の最上階から降りてくることは可能性があると思われる。

預金通帳、印鑑は存在し、翌日第一発見者の高橋氏の立会いにより金目の物の紛失は認められなかった。

部屋内部にも争った形跡はなく、死亡直前までいつもと変わらぬ生活をされているように思われる。

ただひとつ、鑑識からの報告によれば、山口さゆりさんのものとは違う、
数本の若い女性の髪の毛と思われる長い毛を採取しており、
これについての身元は、お店関係者を調べたところ該当者はいなかった。

以上の結果、殺人や物取りの事件性は認められず、
何かの原因によって急速に水分が体から蒸発して亡くなられたと判断しました。

「美咲さん、お疲れさんだったね」
「いえ、美咲! 頑張りました!」

後ろでクスクス笑う山科に振り返り、「何がおかしいのよ」
「いえ、別に・・・ 25にもなって『美咲、頑張りました』って言うかよ」

「いいじゃなぁい、初めてだったんだから、少ない人数でいくの・・・」

「いやいや、美咲ちゃんは頑張った。 この私が言うのだから間違いない」
渡辺課長は割って入り、二人を遠ざけた。

それでも美咲は突っかかって、山科を睨みながら
「まだ、何か言うことあるの?」

「いえいえ、ございません。 ご立派に活躍していただきました」

「ほらね。 そうでしょう。 そういう風に言えばいいのよ」
「じゃぁ、私、みんなにお茶を入れてくる」といって部屋を出て行った。

「課長、お願いだから美咲さんとペア組むの、なるべく堪忍してくださいよ」
「だめだよ。 年も近いし、頼むよ。 山科君しかいないから」

二人の会話から岸上、蒼井、真辺が逃げるように、ス~っと席を立った。

「あ~~、ずる~い! みんな! ほんと、勘弁しってて」
六係に笑い声が起こった。

2010-08-14(Sat)

巡査長 美咲 ~淫妖水魔編~ ≪第六話≫

第二章 第二の被害者

あれから約一ヵ月後、山科は美咲と真辺と交代交代ペアを組んでいた。

捜査内容が簡単なときは美咲、少し複雑な事件になると真辺とペアを組んだ。
真辺は真辺真奈美、22才。 短大を卒業してすぐこの六係に配属になった三年目。

おちゃらか美咲とは違い、静かな謎めいた女性だった。
少し暗いように思えるが頭はいい。
女の直観力が働き、たまにすごい推理を見せる。

今日は真辺とペアを組んでいた。
そのさなか、聞き込み調査をしていると山科の携帯が鳴った。

「なんだよ、このクソ忙しいときに・・・」見ると署からだった。

「ハイ、山科です。 あっ、はい、課長、・・ハイ・・・ハイ・・・えっ?・・今からですか?
 ハイ・・・えっ? 本当ですか? 岸上さんも担当されたと思うんですが・・・ 
 ハイ・・ハイ、じゃぁ真辺さんは・・ハイ、わかりました。 今から行きます」

「真辺君、すまん、どうやら一ヶ月前に銀座ホステスの変死体があっただろう。
 それが蒲田署管轄でも起きたらしい。 応援に俺と美咲さんが呼ばれて、課長も手が空いたから来るって。
 それで真辺君だけど、蒼井さんが来てくれるので駅の喫茶店で待って欲しいって」

「わかりました。 山科さんって美咲さんと仲がいいんですって?」
「そんな噂たってんの? 勘弁してって。 誰から聞いた?」

「いえ、私がそう思っただけです」
「勘弁してくれよ、真奈美ちゃん。 ほんと、それだけは、ネッ、頼むよ」

 クスクス笑うだけの笑顔を真辺はみせた。
 可愛い顔してるけど、なんとなくこいつ、やっぱり怪しい・・・

 現場に着くと、そこは木造2階建てのアパートで課長と美咲は先に到着していた。
 あいさつ回りに忙しい課長に声をかけづらかったが、課長から気がついてくれた。

「あっ、山科君。 お疲れ様。 助かるよ。 だいたいの事は終わったから一応現場を見てくれ。
 さっき、美咲君に頼んだら、なんか断られちゃって・・・」

「わかりました。 行ってきます」
 課長は言うだけ言うとそそくさと別の人に話しかけた。

 近くにいた美咲が山科の袖を引っ張り、小声で話しかけた。
「私のこの間の様子、しゃべっちゃ、ただでは置かないからね」

「あ~~、こわ~、行ってきま~す」

 中に入ると鑑識が片づけを始めていた。
 死体には毛布がかぶせられ、めくってみると以前の記憶がよみがえった。

 仰向けになった女性の顔はミイラのように干からび、年齢は推測不可能。

 またしても衣類は一切身につけておらず、
 本来なら女性の象徴、豊満な胸がしわがれたおばあちゃんのような形になっている。

 目をつぶり目礼すると毛布をかけ、邪魔にならないよう部屋を出て行った。

「課長、まったく同じですね。 おいくつなんですか、彼女」

「21ということだ。 第一発見者は彼女のボーイフレンドでね。 よく知っている間柄らしい。
 そうだ、中の捜査は終わったから両隣、階下の部屋の聞き込みをお願いできんか、さっき頼まれたんだよ」

「わかりました、美咲さんと行ってきます」
「行くぞ」というとピョコピョコついてきた。

「おい、なんか動きがギコチねーぞ」
「放っといてよ!」



≪ 登場人物 一覧 ≫
港区 高輪署 捜査第一課 第二強行犯捜査 殺人犯捜査第6係
(殺人、傷害事件の捜査)
警 部  課 長   渡辺 敬之   わたなべ たかゆき  男  45 
警 部  課長代理   岸上 征夫   きしがみ ゆきお  男  37 
警部補  係 長   蒼井 大翔   あおい  だいと  男  32 
警部補  係 長   山科 俊平   やましな しゅんぺい  男  28 
巡査長  係   美咲 彩   みさき  あや  女  25 
巡 査  係   真辺 真奈美   まなべ  まなみ  女  22 
きのこのいえ
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
Music Movie

イディナ・メンゼル

巷にはあふれかえる名曲『LET IT GO』 あおいは男性バージョンの方が好きです 3分過ぎからの歌声は圧巻!


露出小説 ~露出の魅惑~
かおりの露出体験
露出狂の私
もっとエッチにいやらしいことしてみたい
露出の魅惑 始めに
≪中学生編≫
中学生編1 スカートの中の秘密
中学生編2 家の中での露出
中学生編3 バスの中の露出
中学生編4 ノーブラチャレンジ
中学生編5 家庭科室のお掃除
中学生編6 全裸で縛られ遊び
中学生編7 全裸でトイレ 学校編
中学生編8 外で初めての全裸
中学生編9 深夜のプール
中学生編10全裸でバスケットボール
中学生編11スカートの中の秘密
中学生編12小学校の校庭(全9話)
中学生編13生おっぱい露出
中学生編14下着屋さんでの失敗談
≪高校生編≫
高校生編1 ノーパン初露出
高校生編2 ペットと添い寝
高校生編3 スポーツ用品店
高校生編4 露出狂のあたし(全6話)
高校生編5 ウォータースライダー
高校生編6 通過電車
高校生編7 高2の海水浴(全9話)
高校生編8 どMな私(全6話)
高校生編9 ファスナー全開
高校生編10台風に燃える
高校生編11Gパン短パン
高校生編12ダウンジャケット
高校生編13スキー温泉旅行(全2話)
高校生編14高3の海水浴(全11話)
高校生編15かがみ
高校生編16浴衣が全開
高校生編17卓球でオールヌード
高校生編18ハミ尻卓球
高校生編19寒い冬の電車
≪大学生編≫
大学生編1 電車の中でパンチラ
大学生編2 自転車露出
大学生編3 アクセサリーショップ
大学生編4 濡れたTシャツ(全2話)
大学生編5 脇あまシャツ
大学生編6 自動車教習所
大学生編7 ビルメンテナンス
大学生編8 露出奴隷な私(全31話)
≪社会人編≫
社会人編1 タクシー露出
社会人編2 初めての靴磨き
社会人編3 新幹線露出
社会人編4 靴磨きのおじさん
社会人編5 沖縄ビーチ24才(全8話)
社会人編6 露出嬉戯(全14話)
社会人編7 全身美容エステ(全18話)
社会人編8 露天風呂(全30話)
社会人編9 下田の海(全?話)
魅惑の世界
エッチテク & お色気ニュース
お持ち帰りされる方法
やっぱり大きい方がいい おっぱい
女子学生の自分撮りテクニック
エッチ視線テレビドラマ2010
男が離れられなくなる女術
究極のチラリズム パンチラ
水着と下着の違い
ノーブラって増えてる?
ウグイス嬢のセクシーボイス

気になる一言


あおいのつまらない話
遊べる ♪ 野球拳

野球拳

行列が途切れない大人気の野球拳!
一時期は全然つながらなかったけど、
最近は少し待てば遊べるよ
画像をクリックすれば画面に飛びます
リンク先は音声が出るからご注意!!

携帯サイトのご案内
 PCサイトとは別に携帯サイトを作成しました。
 ご覧頂くにはお手持ちの携帯機器よりWEBページにつないで頂き、検索窓より『あおいつぼみ』を検索して下さい。
【ページタイトル】
 携帯通信には別途パケット料金がかかりますのでご注意ください。

携帯へmobileあおいつぼみURL送る

プライバシーポリシーとご注意
RSSリンクの表示
アクセス解析
misonoダイエットとは
プロフィール

あおい

Author:あおい

ご訪問ありがとうございます。

何かモノを書きたくって始めました。 つたない文章のど素人作品ですが、どうぞよろしくお願いいたします。







検索フォーム
Site Map (サイトマップ)
カテゴリ
最新投稿
あおいの特選! お勧め小説♪

本物の官能小説が無料で読める
プロ作家が女性心理を見事に物語っています。
 ☆  妄想の座敷牢
~官能小説家、紅殻格子の世界~

いろいろなお話がいっぱい!
ひとみさんの『私の実験』が大のお気に入り!
 ☆  ひとみの内緒話
(入り口は右下にある【入場口】)

♡ Special Thanks ♡
とても良いお話がいっぱい。
ぜひご覧ください。

≪Hなお話 相互リンク集≫

総合サイト 紹介

様々な小説・読み物紹介してます


官能小説ランキング

あおいつぼみは今何位かな?

皆様のワンクリックが順位を上げます。
ぜひ愛の手をお願いします<(_ _)>


ネット小説ランキング

最新コメント
18才以上限定メルマガ


秘密のお買い物
あおいが厳選した人気アイテム
大手Amazonだから安心のNetShop
魅惑のバストアップアイテム
バストを綺麗に魅せる隠しアイテム
魅惑のランジェリー&ショーツアイテム
これで男どもはノックダウン!
貴女の秘密のお楽しみminiアイテム
初心者に優しいミニを集めてみました
貴女を刺激する人気アイテム集
貴女は性感の虜 夢中にさせます
後ろを開発されればもう貴女は性奴隷
信じられない快感が貴女を襲う
彼方のオナアイテム
使用頻度にご注意! やりすぎ厳禁
性生活バイブル
お勉強するには楽しいかも?
あおいつぼみへのメール
リンクのご案内

当サイトはリンクフリーですが、上段↑メールツールより御一報頂ければ幸いです。

相互リンクをお考えの方は「相互リンクについて」をご覧下さい。

リンクバナー置き場はこちらをクリックして下さい

banner20040


banner8831