ご来訪、誠にありがとうございます。

 当サイトは官能小説につき18禁としております。 また性的描写に嫌悪感を持たれる方

の閲覧もご遠慮ください。 ご自身の自己責任において承諾頂ける方のみお楽しみ下さい。

また当サイト内の小説はすべて作り絵空ですのでご承知おきください。

2011-04-17(Sun)

露出の誘惑 大学生編 8-25

≪露出奴隷な私≫ (第25話)

「さぁ~てと、これをどうやって使おうかな? マッサージ器だもんね。

 ちゃんとマッサージしないとネコの手に悪いもんね」

美香ちゃんは肩にネコの手をあてがいながらあたしの体をジロジロ見ています。

「まずは、こうかな?」


右のおっぱいにあてがい、下から突くように押してきます。

フニィっといった感じで乳房にあて、何度もおっぱいの下からネコの手でおっぱいを突きさしてきます。

その度に乳房は形を変え、まるでおっぱいがネコの手で踏まれているような気がしました。

「これだけじゃ面白くないわね。 やっぱり下の方、虐めちゃおうかな」

美香ちゃんはネコの手のスイッチを入れるとブ~ンと小さな振動音がなり、恥骨あたりにあてがい擦ります。


美香ちゃんの狙いはもちろんクリッ!

クリちゃんのところをゴロゴロ、ネコの手で擦っていくのです。

「イヤッ! ダメッ」

「ダ~メ、いつもお姉さんがやってる事でしょ。 少しくらいの事で感じたりしないの」

そういうと強く押し当ててきます。

そのうち美香ちゃんがしゃがみました。

あたしのあそこを観察しながらネコの手で遊ぶつもりです。

ブ~~ン、わずかな振動音が体を伝って聞こえてくると自分もなんだか妖しい気分に。

あたしの潤滑油が効いているようです。


ヌメヌメした感じにネコちゃんの手がスムーズにクリからその奥壺へ行ったり来たり。

「あっ、それはダメっ」

「いいから、いいから、お姉さんは大丈夫」

「ウッ、クッ!」

美香ちゃんがネコの手を入れてこようとするのです。

「ダメダメ、イヤッ、入っちゃう」

「入っちゃうじゃなくって、入れようとしてんの。 お姉さんも入れて欲しいでしょ。

 もうお姉さんのここ、濡れ濡れよ」

わかってます、恥ずかしいくらいに濡れてるのが・・・

ネコの手はいつもバイブ代わりに使ってるので、条件反射的に体が反応しちゃって直ぐ濡れてしまうのです。


「あっ、入った」

「アン、クッ、・・・」

「すごい、すごい、どんどん入っちゃう。 どのくらい入るの?

 男の人のあれって結構大きいでしょう。 それをここで咥えちゃうんだもんね。

 やっぱり同じくらい入るのかな? 試めしちゃおう」

「あっ、そんなに、入れたら。 クゥッ! んんん、 ハァハァハァ、 アゥっっっ」

「すご~いい、10cm以上は入ってるんじゃない。 まだ行ける?」

「もう、無理」

「んな事いても、入って行くよ。 ん? これくらいまでかな。

 でもすご~いぃ、ほとんど入ちゃったわよ。 お姉さんのここ、これくらい深いんだ。

 あたしのもそうなのかな。 タンポンしか入れた事がないからわかんない」


「あっ、ダメ、動かしちゃ」

「ふふ~ん、ダメ。 こうしたらお姉さんがどんな風になるのか見たいんだ」

「あっ、いや、いや、だっ、だめ、・・・だって」

「んんん、ウッ、イヤン。 アッ、ハァハァハァ―。 ンンン、 ツツツ」


ネコちゃんの手があたしの中で行ったり来たり。

バイブの振動に咥えてネコの肉球があたしの中の壁を擦っていくのです。

その度にビクンビクン。


「アッ、イヤン、ウッ・・・。 んんんん、ハァハァハァ・・・」

ピストン運動が激しくなりました。

それだけじゃなくってあわせ技、クリも指でコリコリされると・・・。

「アアン、イヤッ、アッ、ダメッ、アフン。 イッ、イチャウ。 ダメッ、イッチャウ。 ホントに逝っちゃう。

アアン、激しくしたら・・・。 モッ、もうダメ。 イヤッ! ああん、ダメダメダメ

あああぁぁ~~」

たまらず自分から腰を振ってしまいました。


ネコの手があたしの中であばれて、それがドンドン大きくなって、

熱く、あたしを支配するように犯される・・・


ガクガクガク、ネコの手の刺激がもっと欲しくてガクガク腰を揺すってネコの手に感じてしまいました。

「うぅぅ、・・・。 ウッ、ハァ、ハァハァハァ・・・」


あたしは感じてしまい、脱力感から足腰の力をなくし、

手を吊らされてるままうな垂れてぶら下がりました。

土の音がしました。

美香ちゃんが立ったんだと思います。

「お姉さん、激しい! ビックリ。 あたし、そこまで逝ったことない。

 でもお姉さん、 今のお姉さんの裸体って、とっても綺麗」
2011-04-24(Sun)

露出の誘惑 大学生編 8-26

≪露出奴隷な私≫ (第26話)

そんな事を褒められてもその時は何とも思えません。

だって今日初めて会ったばかりの女の子の前で裸になりバイブで責められ、逝かされた。

知らない女の子の手によって逝かされた事に、

露出好きな私の肉体は喜びに打ち震えなんとも言えない気分なんです。


「ハァハァハァ・・・」

「疲れたわね。 もういいよ、お姉さん腕を外しても」

虚脱感、疲労感から私はロープから腕を抜き去り、

目の前にあった大きな岩によろよろと近付き両手をついて前かがみに休みました。


呼吸が落ち着くまでその姿勢で休んでいると、

後ろから足音がして美香ちゃんが近づいてくるのがわかりました。

「お姉さん、いい物みっけ」

そういうと隠してはずのピンクローターを私の背後から手を伸ばして見せます。

もうネコの手を使われたあとなので、見つかった恥ずかしさはありません。

「あたし、これは知ってる。 雑誌でみたことあんだ。 何に使うかも。

 それでね、いい事思いついたんだ。 お姉さん協力してくれる?」

振り返るとそこにはピンクローター、ネコの手、そしてガムテープを持った美香ちゃんがいました。

きっと私が休んでいた時にカバンをあさって取ってきたんだと思います。


「お姉さん、足、ちょっと広げて」

「・・・」

私がなんにもしないでいると、無理やり足を広げさせられました。

そうしてガムテープを長め、50cmくらい切り取ると私のおへそへガムテの端っこを貼ります。

そうしてオマタの方へ。

途中、クリの上にピンクローターを当てると

ガムテで包んでそのままお尻の方へガムテを伸ばし貼りつけました。

ピンクローターをクリの上で固定したのです。

でもガムテは真後ろに伸びたのではなく、片寄り右側のお尻のてっぺんに貼りつけられました。

なぜ、そうしたのかわかりません。


「ねっ、これちょっと持ってて」

ピンクローターにつながっているコントローラーを渡されます。

「これだけじゃ面白くないから後ろ向いて」

言う通りにしました。

「その岩に手をついてお尻を高く上げて」

手をついて前かがみになります。

そうしたらいきなりネコちゃんの手があたしの中に入ってきました。

「あん」まだ濡れが収まってない私のあそこにすんなり入ってしまいます。

「まだまだ感じちゃダメよ」

ガムテのビリビリ音が聞こえて、また新しくガムテを取ったのがわかりました。

そうしてそれが背中、腰の真ん中にペタンと貼られ、

お尻の方へ垂らされると美香ちゃんは前に回ってきて

お腹の方へガムテの切れ端を伸ばしてきて貼りつけたのです。

そう、ネコの手が私の体から外れないように。


固定する直前にスイッチが入れられたぶん“強”に入ったと思います。

「ウッ、グッ!」

「ううん、いいわね。 完璧。 ・・・、あっ、そうだ」

ひとりごとを言うと今度はカバンから赤いロープを持ってきました。

「両手、後ろ」

命令されるまま腕を後ろにやると、ロープで両手を縛られました。

怖い半面、ゾクゾク肉体の喜びが聞こえて来そうです。

何をされるのだろう。

「じゃ、帰ろうっか」

「えっ?」

「帰るの、ずっとここにいてもしょうがないでしょ。 下に降りるよ」

「こっ、このままで?」

「うん、もちろん、だって準備したんでしょ。 ほらほら帰るわよ。

 あっ、カバンは私が持ってあげるからね。 お姉さん、さっきみたいに滑って転ばないでね」

「ええ、でもぉ・・・」

全裸のままであそこに細工され、ガムテが露出されたまま下まで降りろと言うのです。

もし下に誰かいたなら弁解の余地はありません。

「デモもへちまもない。 さっさと降りるよ。 降りたらすごいわよ~、100人ぐらい人がいるかもよ?

 あっ、コントローラーは貸して、私が持ってあげるから。 ほらほら行くわよ」
2011-05-01(Sun)

露出の誘惑 大学生編 8-27

≪露出奴隷な私≫ (第27話)

グズグズしているとカバンの中から変形する物差しを取りだし、ムチ代わりに私のお尻を叩きます。

「あん」

「さぁー、行ってみようー」

バシッ!

「あはは、なかなかいいわね。 お馬さんごっご。 ほれー、ハイどうどう」

バシッ!

ムチを打たれると体にキュンと力が入って、それがあそこにも。

あたしの中で強にされたバイブが暴れ回っています。

体に力が入ると返って刺激が増します。

「うっ、うんん、つっっっ」


「ほら、行くわよ。 歩かなかったらムチ打ちとこれよ」

ピンクローターのスイッチを入れられました。

いきなり強、ビビビッとした刺激がクリを襲います。

「あん、ダメッ」

手で股間を押えたいけど、両手が後ろ手に縛られているのでやられっぱなしです。

ピンクローターの動きが止まりました

「ねっ、わかったでしょ。 じゃぁ行くよ」

後ろから縛られているロープを手綱代わりにムチ震えると、

本当にお馬さんごっこみたいな気分になりました。


一歩、一歩、足を前に出して進みます。

あたしの体の中でバイブが暴れたまま。

少し気を許すとバイブの感触に襲われそうですがなんとか耐えます。

少し進むと急な下り坂。

一段降りる度に体がガクン。

その振動がバイブに伝わって私を襲ってきます。

股間を押えれば少しは気分も安らぐのでしょうが、後ろ手に縛らたまま。

腕を広げられない分、バランスが悪くなり慎重に降りなければなりません。

ゆっくり降りるとあそこに意識がいってしまうので、なるべく気を散らしながら一歩一歩降りて行きます。


「うぅ、・・・」

ピンクローターのスイッチが入れられました。

ブゥ~ンとした静かな振動がクリを襲ってきました。

でも、我慢できない程ではありません。

そのままなんとか降り続けました。

でもなんだか・・・クリへの振動が・・・大きくなってくるようです。

「ッッ、ウゥ」

「ああん、だめ、歩けない」立ち止まりました。

「あらそう、残念ね。 って言うわけないでしょ。 実はもっといい事思いついたんだ」


ピンクローターのスイッチを切るとコントローラーを背中に貼ってあるガムテをちょっとだけ剥がし、

そこに預けました。

それからカバンから例の割り箸を取りだすとあたしの乳首に装着します。

もちろん両縛り。

乳首を挟み、広がる箸先もきちんと輪ゴムで閉じます。

ギュッと閉められた割り箸に挟まれる乳首は変形してしまいます。

美香ちゃんは小さな小枝を数本拾い集めました。

輪ゴムを使って束ねると、更に輪ゴムを使って、乳首を挟んでいる割り箸に引っかけます。

おっぱいから小枝がぶら下がりました。

その小枝を下から持ち上げると「んん、ちょっと軽いわね」

「お姉さん、カバンの中にあるお水、頂戴ね」

そういうと小枝を一度取り外すとペットボトルのお水をかけました。

「あんまり濡れないね。 まぁ!しょうがないか。 これ、残ったお水、飲んで」

ペットボトルを口の中に入れられました。

少し飲みます。

「だめ、全部飲んで」

ペットボトルには半分ぐらい残っています。

無理やり飲まされましたが「もう飲めない」

「ダメダメ、全部」

頭をグイッと上に向けられ、その上からペットボトルを口の中に差し込まれると、

飲まないわけにはいきません。

少し時間はかかりましたが全部飲んでしまいました。

それから濡れた小枝を割り箸に引っかけます。

もちろん両乳首とも。

ちょっとズシッとした重みが乳首に感じられました。

「ちょうど半分ぐらい降りたから、あともうちょっとよ。 じゃ、行こう」


あたりは静かです。

下に降りても誰もいないような気配。

誰かに見つかったら・・・そんな恐怖はありましたが、美香ちゃんの言う通り降りて行きました。
きのこのいえ
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
Music Movie

イディナ・メンゼル

巷にはあふれかえる名曲『LET IT GO』 あおいは男性バージョンの方が好きです 3分過ぎからの歌声は圧巻!


露出小説 ~露出の魅惑~
かおりの露出体験
露出狂の私
もっとエッチにいやらしいことしてみたい
露出の魅惑 始めに
≪中学生編≫
中学生編1 スカートの中の秘密
中学生編2 家の中での露出
中学生編3 バスの中の露出
中学生編4 ノーブラチャレンジ
中学生編5 家庭科室のお掃除
中学生編6 全裸で縛られ遊び
中学生編7 全裸でトイレ 学校編
中学生編8 外で初めての全裸
中学生編9 深夜のプール
中学生編10全裸でバスケットボール
中学生編11スカートの中の秘密
中学生編12小学校の校庭(全9話)
中学生編13生おっぱい露出
中学生編14下着屋さんでの失敗談
≪高校生編≫
高校生編1 ノーパン初露出
高校生編2 ペットと添い寝
高校生編3 スポーツ用品店
高校生編4 露出狂のあたし(全6話)
高校生編5 ウォータースライダー
高校生編6 通過電車
高校生編7 高2の海水浴(全9話)
高校生編8 どMな私(全6話)
高校生編9 ファスナー全開
高校生編10台風に燃える
高校生編11Gパン短パン
高校生編12ダウンジャケット
高校生編13スキー温泉旅行(全2話)
高校生編14高3の海水浴(全11話)
高校生編15かがみ
高校生編16浴衣が全開
高校生編17卓球でオールヌード
高校生編18ハミ尻卓球
高校生編19寒い冬の電車
≪大学生編≫
大学生編1 電車の中でパンチラ
大学生編2 自転車露出
大学生編3 アクセサリーショップ
大学生編4 濡れたTシャツ(全2話)
大学生編5 脇あまシャツ
大学生編6 自動車教習所
大学生編7 ビルメンテナンス
大学生編8 露出奴隷な私(全31話)
≪社会人編≫
社会人編1 タクシー露出
社会人編2 初めての靴磨き
社会人編3 新幹線露出
社会人編4 靴磨きのおじさん
社会人編5 沖縄ビーチ24才(全8話)
社会人編6 露出嬉戯(全14話)
社会人編7 全身美容エステ(全18話)
社会人編8 露天風呂(全30話)
社会人編9 下田の海(全?話)
魅惑の世界
エッチテク & お色気ニュース
お持ち帰りされる方法
やっぱり大きい方がいい おっぱい
女子学生の自分撮りテクニック
エッチ視線テレビドラマ2010
男が離れられなくなる女術
究極のチラリズム パンチラ
水着と下着の違い
ノーブラって増えてる?
ウグイス嬢のセクシーボイス

気になる一言


あおいのつまらない話
遊べる ♪ 野球拳

野球拳

行列が途切れない大人気の野球拳!
一時期は全然つながらなかったけど、
最近は少し待てば遊べるよ
画像をクリックすれば画面に飛びます
リンク先は音声が出るからご注意!!

携帯サイトのご案内
 PCサイトとは別に携帯サイトを作成しました。
 ご覧頂くにはお手持ちの携帯機器よりWEBページにつないで頂き、検索窓より『あおいつぼみ』を検索して下さい。
【ページタイトル】
 携帯通信には別途パケット料金がかかりますのでご注意ください。

携帯へmobileあおいつぼみURL送る

プライバシーポリシーとご注意
RSSリンクの表示
アクセス解析
misonoダイエットとは
プロフィール

あおい

Author:あおい

ご訪問ありがとうございます。

何かモノを書きたくって始めました。 つたない文章のど素人作品ですが、どうぞよろしくお願いいたします。







検索フォーム
Site Map (サイトマップ)
カテゴリ
最新投稿
あおいの特選! お勧め小説♪

本物の官能小説が無料で読める
プロ作家が女性心理を見事に物語っています。
 ☆  妄想の座敷牢
~官能小説家、紅殻格子の世界~

いろいろなお話がいっぱい!
ひとみさんの『私の実験』が大のお気に入り!
 ☆  ひとみの内緒話
(入り口は右下にある【入場口】)

♡ Special Thanks ♡
とても良いお話がいっぱい。
ぜひご覧ください。

≪Hなお話 相互リンク集≫

総合サイト 紹介

様々な小説・読み物紹介してます


官能小説ランキング

あおいつぼみは今何位かな?

皆様のワンクリックが順位を上げます。
ぜひ愛の手をお願いします<(_ _)>


ネット小説ランキング

最新コメント
18才以上限定メルマガ


秘密のお買い物
あおいが厳選した人気アイテム
大手Amazonだから安心のNetShop
魅惑のバストアップアイテム
バストを綺麗に魅せる隠しアイテム
魅惑のランジェリー&ショーツアイテム
これで男どもはノックダウン!
貴女の秘密のお楽しみminiアイテム
初心者に優しいミニを集めてみました
貴女を刺激する人気アイテム集
貴女は性感の虜 夢中にさせます
後ろを開発されればもう貴女は性奴隷
信じられない快感が貴女を襲う
彼方のオナアイテム
使用頻度にご注意! やりすぎ厳禁
性生活バイブル
お勉強するには楽しいかも?
あおいつぼみへのメール
リンクのご案内

当サイトはリンクフリーですが、上段↑メールツールより御一報頂ければ幸いです。

相互リンクをお考えの方は「相互リンクについて」をご覧下さい。

リンクバナー置き場はこちらをクリックして下さい

banner20040


banner8831