ご来訪、誠にありがとうございます。

 当サイトは官能小説につき18禁としております。 また性的描写に嫌悪感を持たれる方

の閲覧もご遠慮ください。 ご自身の自己責任において承諾頂ける方のみお楽しみ下さい。

また当サイト内の小説はすべて作り絵空ですのでご承知おきください。

2011-05-05(Thu)

ボクの幼なじみ(中学生編)91

≪ 第七章 感動体験 ≫

「どや、元気にしてるか?」

「ああ、なんや瑠衣ねぇかいな」

ボクは先程まで黒木さんとのときめいた会話の余韻に浸っていたので、

それを邪魔されたみたいでちょっと不機嫌に返事をしてしまいました。


「なんやとはなんや、せっかく声かけたってんのに」

「ごめん」素直にあやまるボク。

「あら、えらい素直やん」

「・・・」

「まぁええわ、そんなこと。 それよりちょっと話あんねん」

「?」   ドキッ!

「今度の週末、時間あらへん?」

「試合や」   なんやろ・・・

「終わったあとは?」

「ひま」    そんなもん試合終わったら屁こいて寝るだけやん。

「試合、何時頃、終わる?」

「9時、試合開始やから12時過ぎには家に戻ってる」   “話ってなんやろ?”

「そぉ~かぁ~、じゃぁそれからおいでえな。 ご飯作ったるさかいに」

「メシはええ、家で食べる」   “ごちそうになってたら遅なってしまうやん”

「じゃ食べたらすぐおいで」

「ん、わかった」


話とはなんやろと思いながら瑠衣ねぇの後姿を見送りました。

そういえばこの間『空家やったらまたしよな』って言ってました。

その事やろか?

それやったらドキドキもんです。

でもそう簡単にええ事もあるはずないし。

瑠衣ねぇは話があるって言ったので、なんか他にあるんやろか。

考えてもわからんこっちゃし、まあええわって考える事にしました。

その週末の試合はいとも簡単にあっさり勝ってしまい、いまいち面白くなかったけど、

黒木さんがちょっとだけ見に来ると言っていたので、そればかり気になっていました。

バックネット裏に黒木さんを発見したバッターボックスは2塁打を打つ事ができたので一安心。

女の子の前でええ格好できたので得意満面になっていました。

試合が終わるとマックに誘われましたが、断りました。

最近付き合いが悪いと罵られ『ほんまにごめん』とあやまりつつも、瑠衣ねぇとの約束に心弾ませていました。

ひょっとして、ひょっとしたらのお誘いに淡い期待を寄せ、

メシもそこそこに軽くシャワーを浴びてから奈美の家に向かいました。


そう言えば奈美はどうしたんやろ?

もし居てたら・・・

そこでの話となれば、なんかややこしい話になりそうな気がしてきて、だんだん不安になってきました。

最初はそんな事に気がつかずウキウキしていたのですが、それを思うと心配になってきたのです。

まぁええわい! 成るようにしかならんのやし、当たって砕けろやと思いつつチャイムを鳴らしました。

玄関を開けると奈美のいつも履いている運動靴がありません。

ちょっと安心です。

2階から瑠衣ねぇの声がしたので上がりました。

「ケーキ、買うてきたさかい、テーブルでちょっと待っとき、牛乳入れたるわ」

ちゃぶ台の前であぐら座りをすると瑠衣ねぇの後姿を見ていました。

大きなショートケーキはボクで、小さなショートケーキは瑠衣ねぇです。

ボクに牛乳を渡すと自分は紅茶でケーキを頂きました。

なんとなく偉いもてなしようです。

これは本格的に何かあるんちゃうかと内心ビクビクしていました。
2011-05-07(Sat)

ボクの幼なじみ(中学生編)92

ケーキを食べている間は世間話。

今日の試合どうやったんかとか、学校の様子とかの話しでした。

瑠衣ねぇも同じ学校だったので先生の顔ぶれも通じるところがあったのです。

ケーキも食べ終えひと段落した時、瑠衣ねぇが口火を切りました。

「それでな」

いよいよ来たと思いました。


「この間、私とちょっとしたこと、したやん」

ドキッ! やっぱりその話か。

「あっ、うん」

「あんな、その時、まだ奈美としてへんかったん?」

「?」

「おかあちゃんはわからんやろうけど、奈美、このところ、なんかすごく変わってん」

「・・・」

「ああ、もうバレバレ、経験したんやなってわかってん」

「・・・」

「奈美としたん?」

「うっ、うん」 バレバレと言われて正直に答えるしかありません。

「それを責めてるわけちゃうねんで、それはわかっといてや」

「うっ、うん」

「まぁ、ちょっと早いとは思うけど、それは別にええねん」

「・・・」

「で、なぁ、ようよう考えてみたらうちらとした時は、まだ奈美とはしてなかったん」

「うっ、うん・・・」

瑠衣ねぇとじゃれあった時、正確にはまだ奈美とエッチができていませんでした。

それ寸前まで行って、できなかった自分がかっこ悪くて、いいわけもできません。

「ホンマにぃ・・・、そうか・・・やっぱりなぁ」

「・・・」

「それで良かったん?」

「?」

「あたしが始めた事やってんけど、あんたが入れてきたんやな」

そうです、最初はチンコ弄られ遊ばれたけど、

調子こいて瑠衣ねぇのあそこにチンチンを入れる事に成功したのです。

あの時は気持ち良かった。

また奈美と違う快感がありました。

「うっ、うん・・・」

「と、言う事やわな」

「? ・・・」

「ええのんか?」

「?」意味不明!

「意味、わかってる?」

なんのこっちゃ、さっぱりわからず 「わからへん」

「ちゃうがな、した事はもうええねん」

ますます意味がわかりません。

でも瑠衣ねぇもなんだか、しどろもどろです。

「そのぉ~、なんて言うか、うちが初めてやったん?」


ハッと気がつきました。

最初にエッチらしきこと、お互い裸になってしたのは奈美です。

でもその時、ボクの未熟さから貫通はできませんでした。

その奈美とはつい先日エッチができたばかりです。

正確にはボクの童貞喪失は奈美のお母さん、つまりおばさんです。

そのおばさんは瑠衣ねぇのお母さんでもあるわけです。

そのおばさんとの童貞卒業は口が裂けても誰にも言えません。

もしおばさんとの初エッチがなかったら、ボクの初体験は瑠衣ねぇになってしまいます。

これも奈美には絶対ばれたくない事です。

いや、おばさんにもばれたくないです。

ややこしいことになってしまいました。

改めて事の重大さを痛感したのです。
2011-05-10(Tue)

ボクの幼なじみ(中学生編)93

「うっ、うん・・・」

つじつまを合わせるには、ボクの初体験は瑠衣ねぇちゃんじゃなくちゃならないのです。

そのツジツマ合せに返事をしました。


ボクの女性初体験のお相手は瑠衣ねぇ。

「そうかぁ・・・」

瑠衣ねぇも言葉を失い、しばし沈黙。

ボクも何を話していいのかもわかりませんでした。


「まぁ筆おろししてしもたんはしょうがないわな。 知らんかった話やし。

 でもほんまにウチで良かったん?」

「うっ、うん・・・」

それしか返事のしようがありません。

続けて何か言いたくって、それでも言葉が思いつかず、あらぬ事を口走ってしまいました。

「お姉ちゃんの事も好きやったし」

「あらっ! ガラにもない事、言うやん」

「でも、ほんまや」

「あはっ、なんか照れくさいわ」

「好きでなかったら、そんなこと、せいへん」

「アハッ! なんか浮きそうやわ。 そんなこと面と向かって言われたらこっちが照れてしまうやん。

 ほんまにそんな事、思てん?」

「うん」 つまらずに即答しました。

「あはは、なんかお尻、こそばくなってきたわ。

 そんなこと言われたら嬉しいけど、あたいに惚れたらあかんで」

「・・・」

「ショウには奈美がおるからな。 私なんかあかんわ。 第一、奈美に怒られるし」

「・・・」


「ホンマにウチの事、好きなん?」

「うん」 やけのやんぱち、なんとかこの場を切り抜けないと思い即答しました。

「ほなら、もう一回言うてみて。 ウチの事、好きやゆうて」

「ねぇちゃんの事、好き」

顔面が真っ赤になっていくのがわかり顔を上げる事ができません。


「あかん、ドキドキしてきた。 ホンマに照れる」

言わしといて、何言うてんねやと思いました。

これが女性なんでしょうか?

「・・・」

「でもな、ウチがあんたの彼女になられへんで」

「・・・」 そんなもん、当たり前やと心の中で呟きました。

「そうか、まあええわ、あんたの初めての女がうちやったちゅうことやな」

コクリとうなずきました。


「じゃぁ、パンツ、脱ぎ!」
きのこのいえ
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
Music Movie

イディナ・メンゼル

巷にはあふれかえる名曲『LET IT GO』 あおいは男性バージョンの方が好きです 3分過ぎからの歌声は圧巻!


露出小説 ~露出の魅惑~
かおりの露出体験
露出狂の私
もっとエッチにいやらしいことしてみたい
露出の魅惑 始めに
≪中学生編≫
中学生編1 スカートの中の秘密
中学生編2 家の中での露出
中学生編3 バスの中の露出
中学生編4 ノーブラチャレンジ
中学生編5 家庭科室のお掃除
中学生編6 全裸で縛られ遊び
中学生編7 全裸でトイレ 学校編
中学生編8 外で初めての全裸
中学生編9 深夜のプール
中学生編10全裸でバスケットボール
中学生編11スカートの中の秘密
中学生編12小学校の校庭(全9話)
中学生編13生おっぱい露出
中学生編14下着屋さんでの失敗談
≪高校生編≫
高校生編1 ノーパン初露出
高校生編2 ペットと添い寝
高校生編3 スポーツ用品店
高校生編4 露出狂のあたし(全6話)
高校生編5 ウォータースライダー
高校生編6 通過電車
高校生編7 高2の海水浴(全9話)
高校生編8 どMな私(全6話)
高校生編9 ファスナー全開
高校生編10台風に燃える
高校生編11Gパン短パン
高校生編12ダウンジャケット
高校生編13スキー温泉旅行(全2話)
高校生編14高3の海水浴(全11話)
高校生編15かがみ
高校生編16浴衣が全開
高校生編17卓球でオールヌード
高校生編18ハミ尻卓球
高校生編19寒い冬の電車
≪大学生編≫
大学生編1 電車の中でパンチラ
大学生編2 自転車露出
大学生編3 アクセサリーショップ
大学生編4 濡れたTシャツ(全2話)
大学生編5 脇あまシャツ
大学生編6 自動車教習所
大学生編7 ビルメンテナンス
大学生編8 露出奴隷な私(全31話)
≪社会人編≫
社会人編1 タクシー露出
社会人編2 初めての靴磨き
社会人編3 新幹線露出
社会人編4 靴磨きのおじさん
社会人編5 沖縄ビーチ24才(全8話)
社会人編6 露出嬉戯(全14話)
社会人編7 全身美容エステ(全18話)
社会人編8 露天風呂(全30話)
社会人編9 下田の海(全?話)
魅惑の世界
エッチテク & お色気ニュース
お持ち帰りされる方法
やっぱり大きい方がいい おっぱい
女子学生の自分撮りテクニック
エッチ視線テレビドラマ2010
男が離れられなくなる女術
究極のチラリズム パンチラ
水着と下着の違い
ノーブラって増えてる?
ウグイス嬢のセクシーボイス

気になる一言


あおいのつまらない話
遊べる ♪ 野球拳

野球拳

行列が途切れない大人気の野球拳!
一時期は全然つながらなかったけど、
最近は少し待てば遊べるよ
画像をクリックすれば画面に飛びます
リンク先は音声が出るからご注意!!

携帯サイトのご案内
 PCサイトとは別に携帯サイトを作成しました。
 ご覧頂くにはお手持ちの携帯機器よりWEBページにつないで頂き、検索窓より『あおいつぼみ』を検索して下さい。
【ページタイトル】
 携帯通信には別途パケット料金がかかりますのでご注意ください。

携帯へmobileあおいつぼみURL送る

プライバシーポリシーとご注意
RSSリンクの表示
アクセス解析
misonoダイエットとは
プロフィール

あおい

Author:あおい

ご訪問ありがとうございます。

何かモノを書きたくって始めました。 つたない文章のど素人作品ですが、どうぞよろしくお願いいたします。







検索フォーム
Site Map (サイトマップ)
カテゴリ
最新投稿
あおいの特選! お勧め小説♪

本物の官能小説が無料で読める
プロ作家が女性心理を見事に物語っています。
 ☆  妄想の座敷牢
~官能小説家、紅殻格子の世界~

いろいろなお話がいっぱい!
ひとみさんの『私の実験』が大のお気に入り!
 ☆  ひとみの内緒話
(入り口は右下にある【入場口】)

♡ Special Thanks ♡
とても良いお話がいっぱい。
ぜひご覧ください。

≪Hなお話 相互リンク集≫

総合サイト 紹介

様々な小説・読み物紹介してます


官能小説ランキング

あおいつぼみは今何位かな?

皆様のワンクリックが順位を上げます。
ぜひ愛の手をお願いします<(_ _)>


ネット小説ランキング

最新コメント
18才以上限定メルマガ


秘密のお買い物
あおいが厳選した人気アイテム
大手Amazonだから安心のNetShop
魅惑のバストアップアイテム
バストを綺麗に魅せる隠しアイテム
魅惑のランジェリー&ショーツアイテム
これで男どもはノックダウン!
貴女の秘密のお楽しみminiアイテム
初心者に優しいミニを集めてみました
貴女を刺激する人気アイテム集
貴女は性感の虜 夢中にさせます
後ろを開発されればもう貴女は性奴隷
信じられない快感が貴女を襲う
彼方のオナアイテム
使用頻度にご注意! やりすぎ厳禁
性生活バイブル
お勉強するには楽しいかも?
あおいつぼみへのメール
リンクのご案内

当サイトはリンクフリーですが、上段↑メールツールより御一報頂ければ幸いです。

相互リンクをお考えの方は「相互リンクについて」をご覧下さい。

リンクバナー置き場はこちらをクリックして下さい

banner20040


banner8831