ご来訪、誠にありがとうございます。

 当サイトは官能小説につき18禁としております。 また性的描写に嫌悪感を持たれる方

の閲覧もご遠慮ください。 ご自身の自己責任において承諾頂ける方のみお楽しみ下さい。

また当サイト内の小説はすべて作り絵空ですのでご承知おきください。

--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-11-25(Thu)

ボクの幼なじみ(中学生編)22

≪ 第三章 おばさん ≫

部屋に上がると牛乳を一杯、

奈美のおばさんはボクに気を使ってくれていつも体に良い牛乳を出してくれます。

テーブルをはさんで座ると、なんとなく改まった感じで緊張しました。


「あのね、ちょっと奈美の事を聞きたいの」

奈美のことと言われて、ボクのことではないので不安と緊張が和らぎました。


「あのね、ちょっと聞きにくい事なんだけど・・・、

 んん~ん、なんて言うかなぁ。

 あのね、あそこの引出しに何が入っているか知ってる?」


箪笥の上の方、小さな引出しを指さしました。

表情を変えないようにしたつもりですが、ドキッとしました。

だってそこには確かコンドームが入っていた引出しです。

その他に何が入ってるのかは知りませんが、例の物はあそこです。

おばさんにバレてはまずいと思ったボクは首を横に振りました。


「そう、知らないの。

 実はね、しょう君だからいうんだけど、男と女というか、言いにくいんだけど・・・、

 実は避妊具が入ってるの」


 内心ドキドキしています。


「それがね、実はね、このところちょっとずつ無くなってるの。

 瑠衣なら社会人だし、もし使うにしてもちゃんと自分で買うと思うの。

 無くなるのは奈美のせいだと思うんだけど、奈美も年頃だし、変なことになってないかと心配で。

 ねぇ、しょう君、何か知らない。 誰かと付き合ってるとか、変な噂を聞くとか、心配なのおばさん」


「・・・」

ボクのせいだと直ぐわかりましたが、それをおばさんに言うのは・・・


「ねぇ、しょう君、何か知らない。 誰かにいじめられてるとか。

 あの子ね、表向きは気が強そうにみえるけど、ホントに小心者なの。

 口だけは達者な分、何か抜き差しならない状況になってないかって、おばさん・・・」


 やばい・・・!

 おばさんは感情が高ぶった涙声になってきました。

 おばさんに言いにくいのは、あたりまえなんだけど・・・

 それよりおばさんを悲しませるのはもっと良くない。

 どうしたものかと思いはしましたが、解決できる方法はたったひとつしかありません。


「あっ、あのぉ~」

「ん? 何か知ってるの。 決して怒らないし、奈美にも絶対言わないから教えて」

「あのぉ~、そのぉ~、・・・、ボクです・・・」


 おばさんはキョトンとしました。

 シラッとした空気が吹きましたが、おばさんは緊張が解かれたような気がしました。


「えっ、しょう君なの・・・、あはは、しょう君だったの、 あはは、なんだ、そうだったの。

 ははぁ、なんか心配して損した。

 そりゃそうね。 奈美とは幼なじみだものね。

 なぁ~んだ、そうなんだ。 あたしも慌てん坊よね。

 考えてみればそれもあるわよね。

 私てっきり誰かに脅されて何か悪い道に走っているんじゃないかと心配しちゃった。

 ははは、しょう君が使ったの」


「あっ、はぁいぃ・・・」


「奈美もね、女だから、

 いつかは、誰かとどこかでしちゃうんだろうけど、そっか、そのお相手はしょうちゃんだったの。

 そうなの・・・」


 ボクは後ろめたさにうつむいたままです。
2010-11-27(Sat)

ボクの幼なじみ(中学生編)23

「ねぇ、ホントにしょう君なのよね」

下を見たまま、うなずきました。


「そうなの。 でも少しは安心した。

 だって見ず知らずの人だったらおばさん心配だし、不安だったの。

 ごめんね。 言いづらいこと聞いちゃって。 おばさんに言いづらかったでしょう」


 首を縦に振りました。


「で、もう一度聞くけど、奈美としたの」

 ボクは首を横に振りました。

「えっ、してないの。 それって、どういうこと」

「・・・、できなかったんです」

「できないって?」

「できなかったんです」

 それを言うのが精いっぱいでした。

 でもおばさんはそれを許してくれませんでした。


 とうとう入口がわからなくって、できなかった事を白状させられました。

 男として無茶苦茶かっこわるいし、

 奈美のお母さんにそのエッチしようとしたことを白状させられるのが、

 とてもバツが悪くて消え入りそうに小さくなっていくのがわかりました。


「そうなの。 しょう君初めてだものね。 奈美も初めてだと思うし。

 女性もね、誰もが一度経験することなのに、初めての人って大切な気分になるの。

 でも、そうよね、それは男の人も同じだわよね」

 
ボクは黙ったまま、身動きせずうつむいてました。


「男の人って難しいわよね。 だって誰も教えてくれなし、かと言って聞くわけにもいかないし・・・」

「しょう君?」

 呼びかけられて、少しは上を向きましたが、お母さんの顔を見ることはできません。


「しょう君は奈美の事、好きなの」

「・・・」

「ねぇ、どうなの?」


 黙ってちゃ悪いと思いました。

「・・・、正直、・・・、わかりません」

「ん? それってどういう事?」

「昔からずっと一緒だったし、いろいろ遊んだし、いつも近くにいたから・・・。

 その・・・、好きとか嫌いとか・・・、考えたことがなくって・・・」


「そっか、それもそうね。 幼いころからずっと一緒だったものね。 今更好きとか嫌いとか考えないわよね」


「その・・・、改めて考えたことがなくって。 ただ・・・」

「ただ?」

「嫌いだったら、いつまでも一緒に遊んでないと思います」


「しょう君、正直ね。 男の人って、年頃になるとやりたいばっかりになるのよね」

「いいわ、好きとか嫌いとか考えなくって。

 その時が来ればまた改めて考えてくれればいいと思うわ。

 あたしも言えた義理じゃないし」


 その言葉の意味がわからなくって、顔を上げようとしましたが、

 おばさんの胸の位置までしか視線を上げられませんでした。
2010-11-30(Tue)

ボクの幼なじみ(中学生編)24

「しょう君。 しょう君、自信、失くしちゃった?」

おばさんと会話しているのに顔を上げなくっちゃとは思いましたが、完全に上がりきれません。

頑張ってみましたが、おばさんのあごを視界に入れるのが精いっぱい。


「おばさんね、自分の娘を大切にするのは当たり前だけど、

おばさんもね、しょう君、あなたの事も好きなの」


突然の言葉に顔を上げ、おばさんの顔を一瞬見ましたが、すぐにまた視線を下げてしまいました。


「変な意味じゃないわよ。

 だって幼いころからずっと奈美と遊んでくれたり、一緒にお風呂入ってくれたりしたじゃない。

 だからしょう君がもし困ったり、悩んだりしている事があればおばさんも悲しいの」


「ねぇ、しょう君、なにかお手伝いできることないかしら」


そんなことを言われても、何をどうしたらいいのかさっぱりわかりません。

黙っていたら「ねぇ、おばさんで良ければ、教えてあげようか」

チラッとおばさんの顔を見ました。


「あらっ、私。 何言ってるんでしょうね。 あはは。 だってね。 教えるって・・・」

コロコロ笑っています。


「あはは、変よね。 あらっ、私・・・どうかしちゃってるわ。

 わははっ、 なんかドキドキしちゃった」

黙って聞いています。


「でも、どうしたらいいんでしょね。 困っちゃうわよね。

 あははっ、なんかおばさん、こんがらがっちゃった」


「おっ、おっ、おばさん!」

「?」

「おばさん、さえ、よければ・・・、教えて欲しんです。

 すみません。 ほんとにわからなくなちゃって」


「・・・、そぉ~よね。 最初はみんな、わからないものよね」

「だから、おばさんさえ、良ければ教えて下さい!」


「・・・、あはっ、あたし・・・なんかドキドキしてる。 だって教えてあげたいけど。

 それって、どういう意味かわかってるの?」

「わかります。 わかるけど・・・」

「そうよね。 どうしたらいいかわかんないわよね。 ・・・、でも・・・、いいの?」

「はい!」

「それっておばさんとする事になっちゃうのよ。 それでもかまわないの?」

「おばさんは昔からず~っと一緒でした。 知らない人より・・・」

「ひと様の大事な息子さんだからいいのかしら。 だっておばさんよ」

「おばさんしか、こんなこと言えません」

「そりゃそうだけど、でもホントにいいの?」

「お願いします」

「だってプヨプヨよ。 おばさん」

「おばさん、綺麗です」

「あははっ、しょう君! こんなときに・・・上手。 あははっ20ぐらい若返っちゃった」


おばさんはケラケラ笑っています。

こんなおばさんは見たことがありません。

今から思えば見ていて本当に娘のように若返ったような気がしました。


「いいわ、わかった。 おばさんも肝っ玉かあさんだし、いいわ、踏ん切りつける。

 おばさんが言い出したことだから。

 けど本当にいいの。 しかも絶対誰にも内緒よ。

 奈美は当たり前だし、お家の人やお友達にも絶対内緒にしてくれる」

「絶対!誰にも言いません」

お互いの都合から1週間後の日曜日、お昼の1時に改めてお邪魔することになりました。
きのこのいえ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Music Movie

イディナ・メンゼル

巷にはあふれかえる名曲『LET IT GO』 あおいは男性バージョンの方が好きです 3分過ぎからの歌声は圧巻!


露出小説 ~露出の魅惑~
かおりの露出体験
露出狂の私
もっとエッチにいやらしいことしてみたい
露出の魅惑 始めに
≪中学生編≫
中学生編1 スカートの中の秘密
中学生編2 家の中での露出
中学生編3 バスの中の露出
中学生編4 ノーブラチャレンジ
中学生編5 家庭科室のお掃除
中学生編6 全裸で縛られ遊び
中学生編7 全裸でトイレ 学校編
中学生編8 外で初めての全裸
中学生編9 深夜のプール
中学生編10全裸でバスケットボール
中学生編11スカートの中の秘密
中学生編12小学校の校庭(全9話)
中学生編13生おっぱい露出
中学生編14下着屋さんでの失敗談
≪高校生編≫
高校生編1 ノーパン初露出
高校生編2 ペットと添い寝
高校生編3 スポーツ用品店
高校生編4 露出狂のあたし(全6話)
高校生編5 ウォータースライダー
高校生編6 通過電車
高校生編7 高2の海水浴(全9話)
高校生編8 どMな私(全6話)
高校生編9 ファスナー全開
高校生編10台風に燃える
高校生編11Gパン短パン
高校生編12ダウンジャケット
高校生編13スキー温泉旅行(全2話)
高校生編14高3の海水浴(全11話)
高校生編15かがみ
高校生編16浴衣が全開
高校生編17卓球でオールヌード
高校生編18ハミ尻卓球
高校生編19寒い冬の電車
≪大学生編≫
大学生編1 電車の中でパンチラ
大学生編2 自転車露出
大学生編3 アクセサリーショップ
大学生編4 濡れたTシャツ(全2話)
大学生編5 脇あまシャツ
大学生編6 自動車教習所
大学生編7 ビルメンテナンス
大学生編8 露出奴隷な私(全31話)
≪社会人編≫
社会人編1 タクシー露出
社会人編2 初めての靴磨き
社会人編3 新幹線露出
社会人編4 靴磨きのおじさん
社会人編5 沖縄ビーチ24才(全8話)
社会人編6 露出嬉戯(全14話)
社会人編7 全身美容エステ(全18話)
社会人編8 露天風呂(全30話)
社会人編9 下田の海(全?話)
魅惑の世界
エッチテク & お色気ニュース
お持ち帰りされる方法
やっぱり大きい方がいい おっぱい
女子学生の自分撮りテクニック
エッチ視線テレビドラマ2010
男が離れられなくなる女術
究極のチラリズム パンチラ
水着と下着の違い
ノーブラって増えてる?
ウグイス嬢のセクシーボイス

気になる一言


あおいのつまらない話
遊べる ♪ 野球拳

野球拳

行列が途切れない大人気の野球拳!
一時期は全然つながらなかったけど、
最近は少し待てば遊べるよ
画像をクリックすれば画面に飛びます
リンク先は音声が出るからご注意!!

携帯サイトのご案内
 PCサイトとは別に携帯サイトを作成しました。
 ご覧頂くにはお手持ちの携帯機器よりWEBページにつないで頂き、検索窓より『あおいつぼみ』を検索して下さい。
【ページタイトル】
 携帯通信には別途パケット料金がかかりますのでご注意ください。

携帯へmobileあおいつぼみURL送る

プライバシーポリシーとご注意
RSSリンクの表示
アクセス解析
misonoダイエットとは
プロフィール

あおい

Author:あおい

ご訪問ありがとうございます。

何かモノを書きたくって始めました。 つたない文章のど素人作品ですが、どうぞよろしくお願いいたします。







検索フォーム
Site Map (サイトマップ)
カテゴリ
最新投稿
あおいの特選! お勧め小説♪

本物の官能小説が無料で読める
プロ作家が女性心理を見事に物語っています。
 ☆  妄想の座敷牢
~官能小説家、紅殻格子の世界~

いろいろなお話がいっぱい!
ひとみさんの『私の実験』が大のお気に入り!
 ☆  ひとみの内緒話
(入り口は右下にある【入場口】)

♡ Special Thanks ♡
とても良いお話がいっぱい。
ぜひご覧ください。

≪Hなお話 相互リンク集≫

総合サイト 紹介

様々な小説・読み物紹介してます


官能小説ランキング

あおいつぼみは今何位かな?

皆様のワンクリックが順位を上げます。
ぜひ愛の手をお願いします<(_ _)>


ネット小説ランキング

最新コメント
18才以上限定メルマガ


秘密のお買い物
あおいが厳選した人気アイテム
大手Amazonだから安心のNetShop
魅惑のバストアップアイテム
バストを綺麗に魅せる隠しアイテム
魅惑のランジェリー&ショーツアイテム
これで男どもはノックダウン!
貴女の秘密のお楽しみminiアイテム
初心者に優しいミニを集めてみました
貴女を刺激する人気アイテム集
貴女は性感の虜 夢中にさせます
後ろを開発されればもう貴女は性奴隷
信じられない快感が貴女を襲う
彼方のオナアイテム
使用頻度にご注意! やりすぎ厳禁
性生活バイブル
お勉強するには楽しいかも?
あおいつぼみへのメール
リンクのご案内

当サイトはリンクフリーですが、上段↑メールツールより御一報頂ければ幸いです。

相互リンクをお考えの方は「相互リンクについて」をご覧下さい。

リンクバナー置き場はこちらをクリックして下さい

banner20040


banner8831

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。