ご来訪、誠にありがとうございます。

 当サイトは官能小説につき18禁としております。 また性的描写に嫌悪感を持たれる方

の閲覧もご遠慮ください。 ご自身の自己責任において承諾頂ける方のみお楽しみ下さい。

また当サイト内の小説はすべて作り絵空ですのでご承知おきください。

2012-10-08(Mon)

下田の海 4話

「ねっ、見えた?」

「・・・」

「あはっ、見えたわよね・・・」

男の子はうなずきました。

「やっぱり・・・、しょうがないわよね、私が見せたようなものだから。

 でも・・・どうしよう? 片手では結べないし、両手で結んだら溺れちゃう・・・」


男の子も返答に困っているようでした。

しょうがないので・・・って言ってもそれが目的なんですから・・・

「マットに上って水着を直すから、見ないでくれる?」

「いいよ、でもマットはさっきみたいに沈めた方がいい?」

「そうしてくれると助かる」

「でも、そんなことしていたら見えちゃうよ」

「そっか、でも・・・、しょうがないか・・・、見えちゃうもんね。

 でも押さえてくれた方がやっぱり上がりやすいし・・・、

 わかった、かまわないから・・・、そのまま上るけど、

 なるべく見ないようにしてくれればそれでいい。

 少しくらいならいいけど、マジマジ見ちゃぁだめよ。 恥ずかしいから。 それでいい?」


「僕たちは別にかまわないけど、お姉さんさえよければ」

「じゃぁ、お願いします」


ここまで計画通りでした。 何回も海に落ちて海水を飲んだ以外は。

水を飲んでしまうと体力も弱ります。

それを言い訳にして、マットを沈めてもらうことにして、まじかに胸を見てもらうことにしました。

まったくの露出狂の私には困ったものです。

自分で言うのもなんなのですが、たわわに実ったバスト。

胸の谷間を見せながら街を歩くと、多くの視線を集めるバストだから、

目の前に来られると普通の男の子だったら見ないわけがありません。

きっと大注目です。

本当はそれでもいいんですが、やっぱり女です。

恥じらいがなかったら女じゃないですよね。


マットの両サイドから真ん中を押さえてもらいました。

男の子たちをみると、しっかり目を開けています。

気がつかないフリをして、マットに上りました。

なるべく男の子たちを見ないようにマットに腰かけ水着を直しました。


「ありがとう、とっても助かった」

「いや、いいですよ、そんなたいした事はなかったし」

「そう? そうでもなかったんじゃない? いいもの見れたし・・・?」

「アハハ、そのとおり。得しちゃいました」

「そう? 得したの? じゃぁ私は損したのかなぁ?

 でもそんな気分でもないし・・・、まぁ、いいや、難しい事考えても始まらないし」

「で、お姉さん、これからどうするの?」

「さすがに疲れたから岸に帰る」

「そう、そうしたら僕たちが連れて行ってあげるよ」

「ほんと? 泳いで帰るのはちょっとしんどくって、どうしようかと考えていたところなの」

「いいよ、僕たちが押してあげるから、そのまま座ってくれたままでいいよ」

「ありがとう、うれしいわ。 じゃぁ、ヨロシクお願いします」



岸へ向かうときはまるでお姫様気分でした。

私が乗ったお神輿を若い男の子が担いで、そこのけ、そこのけ、お姫差が通る、なぁ~んちゃって。

でも気分は悪くありませんでした、というより、ちょっぴり最高!


“お持ち帰り”された私は、岸に着くと丁重にお礼を述べ男の子たちと別れると、荷物のあるところまで戻りました。

タオルで体を拭いてから周りを見渡すと、先ほどより人が増えているようです。

でも子供たちが多いかな? 夏休み最後の楽しみで来ているようです。



ロングTシャツに袖を通し、持ってきたお紅茶やお菓子をほおばります。

のどかな砂浜が気分をリラックスさせてくれました。

持ってきたお菓子はクッキーなどの乾いたものが多く、

なにか冷たいものが欲しくなったので、かき氷でも買いに行こうと財布を取り出しました。

お店屋さんにつくと、思い通りのかき氷があったのでひとつ注文しました。
2012-10-10(Wed)

下田の海 5話

出来上がるまで待っていると、さっきの男の子たちがやってきました。


「あらっ、こんにちは」

「あっ、どうも・・・」

男の子たちはちょっと照れくさそうな表情を浮かべました。

「さっきはどうもありがとうね。 ちょうどかき氷食べるところなんだけど、君たちも食べる?」

「いや、ここ高いからいいです」

「シッ! お店の人に聞こえるわよ。 いいわよ、お姉さんがおごってあげるから。 ねっ、一緒に食べない?」

「いえ、そんな、悪いから」

「いいわよ、そんなに遠慮しなくても。 ひとりで食べるよりみんなで食べた方が美味しいじゃない。

 それに海岸まで連れて帰ってくれたお礼だから」

「そうですか、それならご馳走になります」

「あはは、君たち可愛いね。 かき氷くらいならお姉さんに任せなさい」

そういうと2つ追加注文をし、お店の中に入っていきました。


3人で腰掛けると世間話を始めました。

男の子たちの話によると、彼らは高校3年で野球部仲間。

夏の大会が終わったので部活は引退、あとは受験勉強だけど、

彼ら2人とも大学には進学しないで家業を継ぐらしく、特に受験勉強はしていないようでした。


「ところでさー、・・・、聞きづらいんだけど・・・、あのぉ…、見えてたよね?」

「・・・」

「見えてたわよね?」

「エヘヘ」

「やっぱり…、で、マットに上がる時も?」

「内緒!」

「あぁ~ぁ、やっぱり見てたんだ。うんモォー」

「でさー、ずぅーと見てたの?」

「だってぇ…」

「ウン!モォー、やっぱりずぅーっと見てたんだ。

 でもさー、しょうがないわよね、お姉さんがちゃんと水着をつけてなかったのが悪かったんだし、

 マットに上がる時は自分から見せたようなもんだから。

 あっ、怒っちゃあいないからね、ちょっと恥ずかしかっただけ、だから気にしないでね。

 で、どう・・・だった?」


「ン~、なんて言うか…こいつと話してたんだけど、大きいし、迫力あったし、綺麗って言うか…、

なんて言うんだろう? かっこよかった!」

「俺もそうだなぁ…、綺麗って言うか…、

でもなんとなく綺麗って言う言葉じゃなくって、なんとなくそこだけ光輝いてまぶしいって思えた」

「あっそうそう、俺もそれを言いたかった。 光って、輝いて、まぶしかったもんな」


「なに言ってんのよ、海水が付いててそれが光っただけじゃない?」


「違う、違うって。そんなやわらかい光じゃなくって、強烈にまぶしくって、回りも照らすような光だったよなぁ」

「そうそう、大きくってツンとしてて、なんて言うんだろう、美乳って…」

「シッ!大きな声で言わないの。 恥ずかしんだから」


「ゴメン、でもさー、ツンとしてて大きくせり出していて、その大きなところから甘い香りがした」

「あっ、それそれ。 俺もその匂いがした」


「ゴメン、なんか聞いてる私が恥ずかしくなって来ちゃった。

 でもほめてもらっているようで、なんとなく嬉しいわ。ありがとう」


自慢のバストです。

膨らみかけたときから手塩にかけて育てた胸。(って、1人Hのこと?)

男の子が言うとおり、たわわに実ったボリュームのある乳房に、まあるくプチッっと膨らむバストトップ。

人に見せる事で熱い視線を受け、肌つやがまぶしいくらいの輝きを放つ。

私は大好きです。


「あっ、もうすぐ1時だわ? どうりでお腹が空いたはず。

 かき氷じゃお腹ふくれないしね。 ねぇ、君たちこの辺の近くでおいしいお店知らない?」


「なら、こいつん家がいいよ。

 俺んところの父ちゃんは漁師やっててこいつんところに魚、卸してんだ。

 うちのとうちゃんの獲った魚は活きがいいんで、

 数は少ないけど特別にいい魚だけこいつのところで調理しているから近所でも評判の食堂だよ」


「あら、そう。 それいいかもね。 地元の人だけが知ってるところなんだ」

「うちのとうちゃん、料理うまいから村の全員が集まる場になってる」

「そう! ますます行きたくなっちゃった。 案内してくれるかなぁ? 君たちこれから予定ある?」

「夏休みだし、なんにもないよ」

「悪いけど案内してくれない?」

「いいよ、じゃぁ、今から行く?」

「ごめん、シャワーだけは浴びさせて。 それから・・・」

「いいよ、ならここは温泉があるんだ。 温泉といってもみんな水着のままで入るから混浴だけどいい?」

「へぇー、そんなところあるんだ。 知らなかった」

「ここの海水浴場は地元の人が多いから、役場で作ったんで“ただ”だし」

「そうなんだ。 贅沢」

「行く? ってすぐそこだけど」

「お水のシャワーよりお湯がいいな。 行く!」
2012-10-12(Fri)

下田の海 6話

海岸で荷物をまとめると、待合わせの場所に向かうとすでに男の子たちが待っていました。

温泉は駐車場から道路を渡ったその反対側に施設はあります。

天然かけ流し温泉で露天風呂? 屋根もなく誰でも自由に出入りできそうです。

浴槽は10人くらいが入れる小さなお風呂でしたが、暖かいお風呂が気持ちいい。

お風呂から上ると個室のシャワー室があり、シャンプーも石鹸も備えてあり自由に使っていいとの事でした。

体を綺麗に洗い、着替えたら荷物をまとめて出発です。

男の子たちは自転車で来ていましたが、私の車に同乗することにしました。

食堂は車では10分もかからない近いところです。

お店の前には大きな駐車場があり、数台の車が止まっています。

男の子のあとをついて店に入りました。


「おやじー、ちょっとこの人になんかお昼作ってよー」

「なんだ、なんだ! 『おやじ』っていうからよ、また小遣いねだりに来たのかと思ちゃうじゃねえか。

 おっ、こりゃまたベッピンさん。

 どうした! ナンパしてきたか? まぁ、おまえにゃぁこんなべっぴんさんをナンパできる玉じゃねえわな。

 そんで、お譲ちゃんもこんなむさくるしいやつ相手にしないわな」

「なに、ごちゃごちゃ言ってんだよ。 なんかお昼作ってくれよ、腹減ったよ」

「いいけどよ。 なにがいい? そうだ! お譲ちゃん、あわび食うか?」


お譲ちゃんと言われると恥ずかしい年なので、調子が狂いそうになります。

「いや、あの・・、そんなあわびみたいな・・・」

「いや、その~、なんだ。 あわびは食った事あるか?」

「おやじ、緊張すんなよ! 言葉が変だぞ!」

「うるせー、なぁ、こんなべっぴんさんが来てくれたのは初めてじゃねえか。

 この近所で1番のべっぴんさんはうちの母ちゃんだけんど、その次のべっぴんさんだ。

 なぁ、そう言っとかないと後がうるさいからな。 で、あわびは食えるか?」

「そのぉー、食べた事ないです」

「なら、ちょっと切り身にしてやっからよ。 女の人が食ったら共食いだ」

「こらぁ! 父ちゃん! 若い娘さんになんて事いうんだよ。

 恥ずかしくってありゃしないよ。 ほんとに! お譲さん、ごめんね。 無神経な人で・・・」

「いえ、あの、その、大丈夫です」

・・・とは言ったものの、意味は知っていたので少し赤くなったような気がしました。

「じゃぁ、魚は焼いたものがいいか、揚げ物にしたほうがいいか?」

「お任せします」

「魚はよぉー、切り身が一番上手いんだ。 その次は焼きもんだな。

 暑いけど鍋もうまいぞ。 じゃ、作ってやっからよ。 ちょっと待っててや。 そんでお前らもか?」

「俺も腹ペコだよ」

「じゃ、一緒に作ってやっからよ。 ちょっと待ってろ」

そういうと親父さんは調理場に向かいました。


「なんか、偉く機嫌がいいんじゃないか?」

「なんか、いいことあったらしい・・・」

「でも、楽しいお父さんね」

「この前の大会で、うちの学校が始めて地区大会優勝したもんだから、

 県大会ではしゃぎようたら、なかったよなぁ、お前の父ちゃん」

「そうそう、あの大漁旗、思いっきり振り回してたから」

「息子として恥ずかしいよ」

「いいお父さんじゃない」

「ならいいけど、声もでかいから野次もうるさくって」

「あはは、楽しいお父さんね」


「そう言えばさ、地区大会決勝戦のとき、珍プレーがあったんだ」

「えっ、なになに、聞かせて」

「こいつがさー、9回の表で2塁打、打ったんだ。

 でも返球がよかったから2塁ベース上でクロスプレー、そしたらこいつ猛然とヘッドスライディング」

「いいだろ、一生懸命走ってセーフになって、それが決勝点になったんだから」

「それはいいんだけど、

 2塁ベースで相手のショートのベースカバーめがけてヘッドスライディングしたもんだから、

 こいつのヘルメットが相手の股間にぶち当たって相手のやつ、

 可哀相にもんどりうって、ひっくり返ったものだから落球してセーフ」

「まぁ、今考えたら暴走だったかもな。 タイミングはアウトだったかもしれんし」

「なぁ、今なら言えるかもしんねえけど、あれ、狙ってた?股間?」

「狙うはずねえだろう。 最終回で2塁まで全力疾走でおまけにスライディング、勢いしかなかったし」

「まぁ、そうだろうな。 でもあのランは良かったと思うけど。

 でさー相手のやつ、股間押さえてもんどりうってしばらく動けなかったもんな」

「たぶん、まともに入ったと思うよ」

「あれはきついな。 想像しただけで痛くなる」

「おねえさん、わかる?」

「あはは、わかるわけないでしょ」

「そりゃ、そうだよね。 ついてないし」

「あら、なにが?」

「いや、その、あのぉ・・・別に・・・」

お姉さんらしく大人の対応をしました。

「アハハ、この年だから言わなくってもわかるわよ。

 ちょっと意地悪言っただけ。 でもね、女の人も強く打ったら痛いのよ」

「へー、お姉さんも、経験、あるんだ」

「小さい頃、鉄棒でね」

「あちゃー、痛そう。 男だったらたまんねえな」

「あははは」
きのこのいえ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Music Movie

イディナ・メンゼル

巷にはあふれかえる名曲『LET IT GO』 あおいは男性バージョンの方が好きです 3分過ぎからの歌声は圧巻!


露出小説 ~露出の魅惑~
かおりの露出体験
露出狂の私
もっとエッチにいやらしいことしてみたい
露出の魅惑 始めに
≪中学生編≫
中学生編1 スカートの中の秘密
中学生編2 家の中での露出
中学生編3 バスの中の露出
中学生編4 ノーブラチャレンジ
中学生編5 家庭科室のお掃除
中学生編6 全裸で縛られ遊び
中学生編7 全裸でトイレ 学校編
中学生編8 外で初めての全裸
中学生編9 深夜のプール
中学生編10全裸でバスケットボール
中学生編11スカートの中の秘密
中学生編12小学校の校庭(全9話)
中学生編13生おっぱい露出
中学生編14下着屋さんでの失敗談
≪高校生編≫
高校生編1 ノーパン初露出
高校生編2 ペットと添い寝
高校生編3 スポーツ用品店
高校生編4 露出狂のあたし(全6話)
高校生編5 ウォータースライダー
高校生編6 通過電車
高校生編7 高2の海水浴(全9話)
高校生編8 どMな私(全6話)
高校生編9 ファスナー全開
高校生編10台風に燃える
高校生編11Gパン短パン
高校生編12ダウンジャケット
高校生編13スキー温泉旅行(全2話)
高校生編14高3の海水浴(全11話)
高校生編15かがみ
高校生編16浴衣が全開
高校生編17卓球でオールヌード
高校生編18ハミ尻卓球
高校生編19寒い冬の電車
≪大学生編≫
大学生編1 電車の中でパンチラ
大学生編2 自転車露出
大学生編3 アクセサリーショップ
大学生編4 濡れたTシャツ(全2話)
大学生編5 脇あまシャツ
大学生編6 自動車教習所
大学生編7 ビルメンテナンス
大学生編8 露出奴隷な私(全31話)
≪社会人編≫
社会人編1 タクシー露出
社会人編2 初めての靴磨き
社会人編3 新幹線露出
社会人編4 靴磨きのおじさん
社会人編5 沖縄ビーチ24才(全8話)
社会人編6 露出嬉戯(全14話)
社会人編7 全身美容エステ(全18話)
社会人編8 露天風呂(全30話)
社会人編9 下田の海(全?話)
魅惑の世界
エッチテク & お色気ニュース
お持ち帰りされる方法
やっぱり大きい方がいい おっぱい
女子学生の自分撮りテクニック
エッチ視線テレビドラマ2010
男が離れられなくなる女術
究極のチラリズム パンチラ
水着と下着の違い
ノーブラって増えてる?
ウグイス嬢のセクシーボイス

気になる一言


あおいのつまらない話
遊べる ♪ 野球拳

野球拳

行列が途切れない大人気の野球拳!
一時期は全然つながらなかったけど、
最近は少し待てば遊べるよ
画像をクリックすれば画面に飛びます
リンク先は音声が出るからご注意!!

携帯サイトのご案内
 PCサイトとは別に携帯サイトを作成しました。
 ご覧頂くにはお手持ちの携帯機器よりWEBページにつないで頂き、検索窓より『あおいつぼみ』を検索して下さい。
【ページタイトル】
 携帯通信には別途パケット料金がかかりますのでご注意ください。

携帯へmobileあおいつぼみURL送る

プライバシーポリシーとご注意
RSSリンクの表示
アクセス解析
misonoダイエットとは
プロフィール

あおい

Author:あおい

ご訪問ありがとうございます。

何かモノを書きたくって始めました。 つたない文章のど素人作品ですが、どうぞよろしくお願いいたします。







検索フォーム
Site Map (サイトマップ)
カテゴリ
最新投稿
あおいの特選! お勧め小説♪

本物の官能小説が無料で読める
プロ作家が女性心理を見事に物語っています。
 ☆  妄想の座敷牢
~官能小説家、紅殻格子の世界~

いろいろなお話がいっぱい!
ひとみさんの『私の実験』が大のお気に入り!
 ☆  ひとみの内緒話
(入り口は右下にある【入場口】)

♡ Special Thanks ♡
とても良いお話がいっぱい。
ぜひご覧ください。

≪Hなお話 相互リンク集≫

総合サイト 紹介

様々な小説・読み物紹介してます


官能小説ランキング

あおいつぼみは今何位かな?

皆様のワンクリックが順位を上げます。
ぜひ愛の手をお願いします<(_ _)>


ネット小説ランキング

最新コメント
18才以上限定メルマガ


秘密のお買い物
あおいが厳選した人気アイテム
大手Amazonだから安心のNetShop
魅惑のバストアップアイテム
バストを綺麗に魅せる隠しアイテム
魅惑のランジェリー&ショーツアイテム
これで男どもはノックダウン!
貴女の秘密のお楽しみminiアイテム
初心者に優しいミニを集めてみました
貴女を刺激する人気アイテム集
貴女は性感の虜 夢中にさせます
後ろを開発されればもう貴女は性奴隷
信じられない快感が貴女を襲う
彼方のオナアイテム
使用頻度にご注意! やりすぎ厳禁
性生活バイブル
お勉強するには楽しいかも?
あおいつぼみへのメール
リンクのご案内

当サイトはリンクフリーですが、上段↑メールツールより御一報頂ければ幸いです。

相互リンクをお考えの方は「相互リンクについて」をご覧下さい。

リンクバナー置き場はこちらをクリックして下さい

banner20040


banner8831