ご来訪、誠にありがとうございます。

 当サイトは官能小説につき18禁としております。 また性的描写に嫌悪感を持たれる方

の閲覧もご遠慮ください。 ご自身の自己責任において承諾頂ける方のみお楽しみ下さい。

また当サイト内の小説はすべて作り絵空ですのでご承知おきください。

--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-01-10(Tue)

あおりんご 31

《第四章 ゆいの想い》


パンパンパン! 手を叩く大きな音が室内に反響した。

「それじゃ、ダメでしょう。 唯ちゃん」

ピアノ教室でピアノを弾いていると突然先生が手を叩いた。

「そこはもっと情感を込めてって言ったでしょう」

「・・・」

「そこはそんなに走っちゃダメ、焦っちゃダメよ」

「・・・」


「どうしたの、最近唯ちゃんおかしいわよ。 なにかあったの」

「・・・、いえ、特には」

「唯ちゃんは“デキる子”だから返ってたいへんなのはわかるけど、少しは落ち着いたら。 走ってばっかりよ」

「あっ、はぃ・・・」


ピアノ教室の帰り道、暗い気持ちで自転車をこいだ。

先生の云う事はわかる。

わかってるけど、自分でもどうしようもなくイライラしているのもわかってる。

最近、何をしても面白くないのだ。

楽しい読書をしてても面白くない。

ピアノを弾いてても楽しくない。

理解が深まると嬉しくなる勉強も身が入らない。

学校でも、お家にいても、お友達とおしゃべりしても、なんにも面白くない。

生活が・・・人生が・・・ちっとも面白くない。


暗い夜道。

今日はいつもと違う道を通って帰ろう・・・そう思った。

先生の云ったことが思い返される。

『唯ちゃんはお勉強もできて、ピアノも弾けて、なんでも出来る“良い子”なんだよね。

 でも、それがつらい時があるんじゃない?

 みんなから尊敬されて、期待されて、それがうっとおしい時もあるんじゃない。

 たまには悪いことをしてみたいって考えてるんじゃないかな?

 ハメを外して、思いっきり遊んでみたい。 そう思ってる? もっと自由に、羽ばたくように』


自分の中にモヤモヤしたものはあった。

それがなんだかわからずにモヤモヤしてる。

「・・・」

先生が続けた『唯ちゃんにはボーイフレンドいるの?』

首を横に振った。

『好きな人は?』

また、首を振った。

『そっかぁ、いないんだ。 じゃぁ恋をしなさい。 片思いでもいいから。

 見ている感じ唯ちゃんに合いそうな男の子はわからないけど、だったら片思いでいいの。

 胸が熱くなる様な気持ちになれば、このロベルト・シューマンの気持ちもわかるわよ』






『唯ちゃんはテクあるから、あとは気持ち。 頑張って』

「はい、先生」
2012-01-12(Thu)

あおりんご 32

暗い夜道、街灯がポツリポツリ明るい。

自転車を止め、小さな公園のベンチに座った。

なんとなくわかりかけている。

人生に・・・乾きを覚えているのだ。

ザラザラした空気が、あたしの周りにまとわりついている。

「恋か・・・」 誰もいない公園でつぶやいてみた。


女の子なんだから恋愛に興味がないといえば嘘になる。

実は内心、誰にも言ったことはないけど自分のことをオマセサンと思ってた。

幼稚園の頃から好きな男の子はたくさんいた。

でもそれを口にすることはなく、小学校へ上がると忘れた。

するとまた別の子を好きになった。

でも自分からそんなことは言えない。

小学校ではクラス替えになると、それでいつも途切れてしまう。

一時期、あっちこっちに好きな男の子が出来て、自分は恋多きな女かとも思ったこともあった。

恥ずかしく、それが嫌で自分の気持を押し殺した。

するといつの頃からか、好きな男の子ができなくなった。

良い人だと思える男の子が、回りにいなかったかもしれない。

そういえば最近好きなこと、好きなものと感じたものがない。

あぁ~ぁ、私ってダメな子なのかな。


ベンチの前にあった小石を蹴ってみた。

コロコロ転がってすぐに止まった。

私って、つまらない子。

私も、先生が云う胸が熱く焼けるほど恋がしてみたい。

その手の本はいっぱい、いっぱいいっぱい読んだ。

うらやましいと思ったけど、その反面、自分にはできないと思った。

何もかも捨てて男のもとに走り愛を捧げる、そんな可愛い女性を演じてみたかった。

でも、それはできない。

たまたま勉強ができたお陰で、学校の先生や塾の先生、

それに親も賛同して一流の学校を目指すことが自分に与えられた使命。

そんな周りの期待を裏切って恋愛に没頭することなんてできない。


また小石を蹴ってみた。

少し転がってはすぐに止まる。

つまらない子、ゆい。

そんな、急に恋をしなさいってそれは無理。

だって恋愛には相手が必要なんだから。

そんな男の子、王子様のような男の子は急に現れるはずがない。

あぁ~ぁ、いつまでもクヨクヨしたって始まらない。

私の悪い癖。

気持ちを切り替え、自転車に乗るとものすごいスピードで街を走った。

夜風が心に気持ちいい。

少し遠回りして帰ろっと!


駅に近づいた。

暗い夜道から、駅前の商店街から明かりがこぼれて街が明るい。

その光を見て 『そうだ、あたしには明るい未来が待っているんだ』 

そう思って駅に近づくと、道角から少し入ったところで野球のバットを振っている男の子を見つけた。

『うん、もぉ~、夜道にあぶないな』 近づくと、その子はバットの素振りをやめた。

その脇道を通り過ぎるとき、男の子をチラ見した。

見覚えのある子、そうだ! クラスメートの男の子。

彼は私が近づくのを知って素振りをやめ、バットのグリップ辺りを握りしめ、その握り方を考えているようだった。

グリップを見つめる眼差し、その顔から汗がいっぱい吹き出し、街灯の灯りに照らされ光ってた。

その時、特別な感情は湧かなかったけど、なんとなく興味を持った。


交差点の角を曲がり、彼から見えなくなった所で自転車を止め、

歩いて戻ると物陰から彼の様子を伺うと、暗い夜道、誰もいなくなるとバットを振り回していた。

何度も何度も、バットを振り回している。

彼は真面目な眼差しをしていた。

ひたいには汗。

彼にはピッチャーから投げられるボールが見えているのだろうか。

そんなことを思わせるぐらいの真剣な目をしていた。


いいなぁ、真剣に打ち込めるものがあって。

彼は確か野球部。

大会が近いことは生徒会の部活活動報告で知っていた。

彼はそのために一生懸命、練習している。

そんな彼をみて、わたしは・・・なにしてるんだろう。
2012-01-14(Sat)

あおりんご 33

次の日、学校で彼を発見した。

間違いない、やっぱり昨日の男の子だ。

同じクラスメート。

彼は休み時間、友だちと楽しそうにしゃべってた。

そういえば彼はいつも明るくて元気がいい。

いいなぁ、楽しそうで、そう思って見ていた時、・・・、信じられないことが起こった。


小さな胸がキュン!

えっ、と思い、すぐさま机に顔を伏せた。

ドキドキ、心臓の鼓動が早い、自分で何もしなくても感じられるほど心臓の音が感じられた。

戸惑った。 目がうつろになった。

えっ、なぜ、私が?

こんなこと、・・・、なったことない。

でも、それはなぜ、そうなるのか? 本の知識でそれは知っていた。

その本によると『人が恋を覚えた瞬間』そんな風になるという。

ドキドキ、鼓動が早い。

うそだ! でも・・・どうしよう・・・

考えてみた。

考えて、考えて、考えてみようとしたけれど、

本当にどうしたらいいのか、考えてみようとすればするほど・・・頭の中は真っ白、ぽっかり空間があいた。


いやだ、わたしに限ってそんなことって・・・あるはずない。

授業はとっくに始まっていた。

何気ない仕草でもう一度彼を見ると胸がギュッと締め付けられた。

どうして、どうしてなの私。

こんなことになるなんて、ひょっとして一目惚れ?

あたしに限って一目惚れだなんて・・・ウソだ、信じられない。


その日、生徒会活動や部活も休んでまっすぐ家に帰った。

母親が心配そうにどうしたのって聞くので、「ちょっと疲れたみたい、寝たら治る」と答えたらそっとしてくれた。

まだ明るいけどベッドで着替えて潜り込んだ。

また心臓がドキドキいいだした。

別に彼の顔は浮かばなかったけど、明らかに彼を意識した症状だと思えた。

頭から布団を被り暗闇の中で考えた。

昨日、彼を見たときはなんともなかった。

すると、彼がバットを振り回している真剣な目が思い出された。

必死に何かに向かって追いかける目。

その目が心の残像となって浮かび上がる。

でも、ただそれだけだ。


もし一目惚れだとしたら彼の何が良かったんだろう。

・・・、わからない。

フッと思いついたのは、彼は今まで好きになった男の子と明らかにタイプが違う。

幼稚園の頃から好きになった男の子といえば明るく聡明な子。

どちらかと言うと自分にも似て勉強ができる明るい子だった。

そうだ、最低限、勉強ができないと自分では許されなかった。

中学1年や2年のとき、言い寄られた男の子もいた。

そんな男の子も同じようなタイプだった。

でも、彼は違う。

勉強が出来るかどうか、知らない。

見ていてクラスのトップクラスじゃないように見えた。

じゃぁ、なぜ?

彼の・・・何が・・・あたしを・・・困らせた?

わからない・・・

わからないけど・・・

わからないから、・・・、興味が、湧いてきた。
きのこのいえ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Music Movie

イディナ・メンゼル

巷にはあふれかえる名曲『LET IT GO』 あおいは男性バージョンの方が好きです 3分過ぎからの歌声は圧巻!


露出小説 ~露出の魅惑~
かおりの露出体験
露出狂の私
もっとエッチにいやらしいことしてみたい
露出の魅惑 始めに
≪中学生編≫
中学生編1 スカートの中の秘密
中学生編2 家の中での露出
中学生編3 バスの中の露出
中学生編4 ノーブラチャレンジ
中学生編5 家庭科室のお掃除
中学生編6 全裸で縛られ遊び
中学生編7 全裸でトイレ 学校編
中学生編8 外で初めての全裸
中学生編9 深夜のプール
中学生編10全裸でバスケットボール
中学生編11スカートの中の秘密
中学生編12小学校の校庭(全9話)
中学生編13生おっぱい露出
中学生編14下着屋さんでの失敗談
≪高校生編≫
高校生編1 ノーパン初露出
高校生編2 ペットと添い寝
高校生編3 スポーツ用品店
高校生編4 露出狂のあたし(全6話)
高校生編5 ウォータースライダー
高校生編6 通過電車
高校生編7 高2の海水浴(全9話)
高校生編8 どMな私(全6話)
高校生編9 ファスナー全開
高校生編10台風に燃える
高校生編11Gパン短パン
高校生編12ダウンジャケット
高校生編13スキー温泉旅行(全2話)
高校生編14高3の海水浴(全11話)
高校生編15かがみ
高校生編16浴衣が全開
高校生編17卓球でオールヌード
高校生編18ハミ尻卓球
高校生編19寒い冬の電車
≪大学生編≫
大学生編1 電車の中でパンチラ
大学生編2 自転車露出
大学生編3 アクセサリーショップ
大学生編4 濡れたTシャツ(全2話)
大学生編5 脇あまシャツ
大学生編6 自動車教習所
大学生編7 ビルメンテナンス
大学生編8 露出奴隷な私(全31話)
≪社会人編≫
社会人編1 タクシー露出
社会人編2 初めての靴磨き
社会人編3 新幹線露出
社会人編4 靴磨きのおじさん
社会人編5 沖縄ビーチ24才(全8話)
社会人編6 露出嬉戯(全14話)
社会人編7 全身美容エステ(全18話)
社会人編8 露天風呂(全30話)
社会人編9 下田の海(全?話)
魅惑の世界
エッチテク & お色気ニュース
お持ち帰りされる方法
やっぱり大きい方がいい おっぱい
女子学生の自分撮りテクニック
エッチ視線テレビドラマ2010
男が離れられなくなる女術
究極のチラリズム パンチラ
水着と下着の違い
ノーブラって増えてる?
ウグイス嬢のセクシーボイス

気になる一言


あおいのつまらない話
遊べる ♪ 野球拳

野球拳

行列が途切れない大人気の野球拳!
一時期は全然つながらなかったけど、
最近は少し待てば遊べるよ
画像をクリックすれば画面に飛びます
リンク先は音声が出るからご注意!!

携帯サイトのご案内
 PCサイトとは別に携帯サイトを作成しました。
 ご覧頂くにはお手持ちの携帯機器よりWEBページにつないで頂き、検索窓より『あおいつぼみ』を検索して下さい。
【ページタイトル】
 携帯通信には別途パケット料金がかかりますのでご注意ください。

携帯へmobileあおいつぼみURL送る

プライバシーポリシーとご注意
RSSリンクの表示
アクセス解析
misonoダイエットとは
プロフィール

あおい

Author:あおい

ご訪問ありがとうございます。

何かモノを書きたくって始めました。 つたない文章のど素人作品ですが、どうぞよろしくお願いいたします。







検索フォーム
Site Map (サイトマップ)
カテゴリ
最新投稿
あおいの特選! お勧め小説♪

本物の官能小説が無料で読める
プロ作家が女性心理を見事に物語っています。
 ☆  妄想の座敷牢
~官能小説家、紅殻格子の世界~

いろいろなお話がいっぱい!
ひとみさんの『私の実験』が大のお気に入り!
 ☆  ひとみの内緒話
(入り口は右下にある【入場口】)

♡ Special Thanks ♡
とても良いお話がいっぱい。
ぜひご覧ください。

≪Hなお話 相互リンク集≫

総合サイト 紹介

様々な小説・読み物紹介してます


官能小説ランキング

あおいつぼみは今何位かな?

皆様のワンクリックが順位を上げます。
ぜひ愛の手をお願いします<(_ _)>


ネット小説ランキング

最新コメント
18才以上限定メルマガ


秘密のお買い物
あおいが厳選した人気アイテム
大手Amazonだから安心のNetShop
魅惑のバストアップアイテム
バストを綺麗に魅せる隠しアイテム
魅惑のランジェリー&ショーツアイテム
これで男どもはノックダウン!
貴女の秘密のお楽しみminiアイテム
初心者に優しいミニを集めてみました
貴女を刺激する人気アイテム集
貴女は性感の虜 夢中にさせます
後ろを開発されればもう貴女は性奴隷
信じられない快感が貴女を襲う
彼方のオナアイテム
使用頻度にご注意! やりすぎ厳禁
性生活バイブル
お勉強するには楽しいかも?
あおいつぼみへのメール
リンクのご案内

当サイトはリンクフリーですが、上段↑メールツールより御一報頂ければ幸いです。

相互リンクをお考えの方は「相互リンクについて」をご覧下さい。

リンクバナー置き場はこちらをクリックして下さい

banner20040


banner8831

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。