ご来訪、誠にありがとうございます。

 当サイトは官能小説につき18禁としております。 また性的描写に嫌悪感を持たれる方

の閲覧もご遠慮ください。 ご自身の自己責任において承諾頂ける方のみお楽しみ下さい。

また当サイト内の小説はすべて作り絵空ですのでご承知おきください。

2012-01-02(Mon)

マザーイヴ 4

≪新生命誕生 4≫

生島はゆかりの腕にへばりついている物体をしかめっ面で見ていた。

「先生? 先生? どうかしたんですか?」

「あっ、いやいや、ごめん。 いやなんていうか、動きが早いなと思って」

「そうなんですか」 ゆかりにはわからない。

「いや、僕のときと違って動きがあきらかにいい」

「そうなんですか?」

「いや、その、なんとなく…喜んでいるみたいだ」

「ホントですか?」 新しいペットに気に入られて嬉しかったが少し不安になった。

「いやいや、ごめん。君が垢まみれという訳じゃないんだよ」

「当たり前でしょ。 そんな!」ゆかりは口を尖がらせて文句を言った。

「ゆかりちゃんが綺麗な女性だから喜んでいるんじゃないかな」

先生にしてはかなり無理した言葉、普段そんなことを言う生島ではないのでゆかりはおかしかった。

ゼリー状広がったミトコンドリア“ミンク”は肘まで登ると早く上にあがりたいのか?

懸命に触手を伸ばし二の腕にさしかかろうとしている。

ゆかりは通り過ぎた手首から肘までの間がツルンツルンになって皮膚が輝いているように見え、

内心綺麗になったと喜んでいた。

フト生島を見ると険しい眼差しで生命体を追っている。

ゆかりにはわかっていた。研究者の目だ。

こうなれば何を話しかけても無駄。

研究にのめりこんだ生島は目も耳も持たなくなってしまう。

生命体は二の腕から一気にスピードを上げると肩に登ることはせず、

ノースリーブのワンピの脇、鎖骨あたりから服の中に入ってしまった。

ゆかりは少し怖くなってきた。

「先生! 先生!」

「ゆかり君!申し訳ないけどもう少し様子を見さしてくれ。 もう少し、様子を見たいんだ」

「でも、先生」

「いざとなればボクが何とかする。 だからもう少しそのままで様子を見させてくれ」

「どうかしたんですか?」

「生命保存の本能だよ」

「?」

「あらゆる生命体は何かの栄養分を摂取して生命の保存をはかる。 それと…」

「それと?」

「種族保存の本能だよ。 生きているものはすべていつか死ぬ。

 でも自分が死んでもその子孫を必ず残していくもんだ」

「…」

「このミトコンドリアはバクテリアなんかの動物性たんぱく質を好んで食べる」

「はい…」

「あとわからないはどうやって子孫の残す運動をするかだ」

「…」

「この生命体は無性類だから精子や卵子を作らない。 体を大きくして分裂していくことが唯一の種族保存のはずだ」

「…」

「なんとなくその準備に入ったような気がするんだ。 だから申し訳ないけどもうちょっと我慢してくれ」

「はい…わかりました」

2012-01-02(Mon)

マザーイヴ 5

≪ミンクの生態 5≫

そう言ったものの不安だったがまだ服の中に入ったばかりで、これといった危害を与えられたわけではない。

反対に鎖骨から下へ降りてくる動きはムニュムニュした動きでなんとなく気持ちよかった。

以前、元彼に裸にされハケで全身を撫ぜられたことがある。

感触は違うけどその時の光景が思い出された。

「先生!」

「どうしました?」

「そのぉ~」

「?」

「あの~、中に入ってきそうなんです」

「中って?」

「し・た・ぎ、の中…」 恥ずかしくってちょっと赤面をしてしまった。

「下着って? シャツの中?」

「いえ、肌着は着ていません」

「…女性、特有の胸の下着ですか?」

「そうです…」

「もうちょっと様子を見ましょう。 気持ち悪いですか?」

「いえ、気持ちは、悪くないんですが…」

「なら、もうちょっと我慢してください。 種族保存の活動だと思う」

どうせ小さな生命体だ。いざとなれば引き剥がせばいい。

研究のためならもう少し我慢してみようと思った。

夏なので暑いから少し大き目のブラを選択してきた。

Cカップの胸には少し余裕のある大きさ。

ハーフカップなので乳房の上部は露出している。

そこを生命体が覆いかぶさって、ブラの隙間から潜りこみアンダーまで届きそうだった。

やがて右胸の乳房は生命体にすっぽりと被いつくされた。

ゆかりはやさしい手で乳房を包まれたような感じに気持ちよくうっとりしそうになったが、

先生の目の前なのでそんな表情をおくびにも出さないように我慢した。

「せっ、先生」

「どうされました?どんな感じですか?」

「あのぉぉぉ、動いているんです」

「下に降りてきたのですか?」

「いえ、下着の中に止まったままです」

「?」

「そのぉぉ、中で…」

「中で?」

「収縮運動しているみたいなんです」

「? 収縮運動? 大きくなったり小さくなったり?」

「そうなんです」

「どんな感じなんですか?」

「先生。 恥ずかしい」

「ゆかり君、申し訳ないけど研究のためだから恥ずかしがらないで正直に答えて欲しいんだ」

「その…」

「…」

「揉まれてるみたいで…」

最初は包み込むように揉まれ、そのうち吸盤かなんかで乳房全体を吸引するように搾り取られた。

薄いワンピース生地から胸のふくよさがわかる。

その程よい大きさのゆかりのバストが大きくなったり小さくなったり服の上からでも見て取れた。

「ゆかりさん、大丈夫ですか?」

「はい、これくらいなら大丈夫です」

2012-01-02(Mon)

マザーイヴ 6

≪ミンクの生態 6≫

乳房を揉まれたぐらいで素面の男の前でも平然としてられると思った。

そんな無節操なヤワな私ではない。

胸を揉まれるのは初めてじゃないし、少しぐらいの刺激なら平気な顔をしていられるはずだ。

「ならリラックスしてください。 手を肘掛に置いて自然に任せるような感じで」

そう言うと生島はゆかりの膝に下ろしていた手を取り肘掛に持っていった。

服は着ているものの胸周りがオープンにされた。

「何かをしようとしているんですね。 大丈夫です。

 この先、どういう動きをするのか見たいんです。 頑張ってください」

「はい、だいじょ・ぶ…アッ!クゥ!」

突然の動きに目を開けていられなくなり、肘掛を握りしめ顔をそむけた。

「どうされました?」

「いや、その、恥ずかしいけど… 吸ってくるんです」

「胸を吸われているのですか」

「全部じゃなくて、その先っぽを…」

「すごいですね。 女性の・・その・・先を吸ってくるなんて。

 信じられませんが生命の息吹きを感じますね。 もう少しの辛抱です」

「はい、わかってます。わかってますが…先生」

「どうされました」

「先生。 なんか変な動物ですよね。 これって」

「いやそんなことはない。 あらゆる生命体は母なる性を求める性質がある。

 人間でも原生動物でもそれはかわらない。

人間の赤ちゃんは教えもしないのに、おっぱいを与えると口に含み吸いだすだろう。

誰もそうしろとはいわないのに、赤ちゃんはオッパイを飲むんだ。

科学的には立証できていないけど、きっとDNAがそうさせるよう命令しているんだと思う」

ゆかりはオッパイを揉まれ、乳首を吸われたものだからちょっとエッチな気分に感じてしまいそうだった。

生命体は新たな動きを見せ始め、右胸から左胸に移ろうとしている。

ゆかりは左胸の方が感度がいい。

「先生」

「どうしました?」

「反対側に移ろうとしています」

「すごい! 本当にすごい。

 まるで目があるかのように、そこに何があるのかをミンクは知っているように動くんですね」

ゆかりは耐えていた。

表面的にはちゃんと服を着ていて椅子に腰掛けているだけ。

変な表情さえ見せなければごく普通の光景だ。

ミンクは右胸を諦めるかのように左に移動していく。

またもゆかりの乳房を包むようにその姿を変えていった。

左胸を包むと収縮運動を繰返し、乳房を揉むように動き始めた。

ドロッとした粘着性のある生命体はゆかりの乳房をもてあそぶ。

何度目かの収縮を繰り返したあと、乳首を中心に厚みを増し収縮を繰り返しながら乳首を吸い取り始めた。

ゆかりは胸全体の刺激を受けたあと、

乳首を締め付けられながらも吸引されるものだから平気でいられるはずがない。

尖り始めた乳首はそれに答えるかのように締め付けに反するように膨張し、

大きくなった存在感のある乳首に形を変えていった。
きのこのいえ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Music Movie

イディナ・メンゼル

巷にはあふれかえる名曲『LET IT GO』 あおいは男性バージョンの方が好きです 3分過ぎからの歌声は圧巻!


露出小説 ~露出の魅惑~
かおりの露出体験
露出狂の私
もっとエッチにいやらしいことしてみたい
露出の魅惑 始めに
≪中学生編≫
中学生編1 スカートの中の秘密
中学生編2 家の中での露出
中学生編3 バスの中の露出
中学生編4 ノーブラチャレンジ
中学生編5 家庭科室のお掃除
中学生編6 全裸で縛られ遊び
中学生編7 全裸でトイレ 学校編
中学生編8 外で初めての全裸
中学生編9 深夜のプール
中学生編10全裸でバスケットボール
中学生編11スカートの中の秘密
中学生編12小学校の校庭(全9話)
中学生編13生おっぱい露出
中学生編14下着屋さんでの失敗談
≪高校生編≫
高校生編1 ノーパン初露出
高校生編2 ペットと添い寝
高校生編3 スポーツ用品店
高校生編4 露出狂のあたし(全6話)
高校生編5 ウォータースライダー
高校生編6 通過電車
高校生編7 高2の海水浴(全9話)
高校生編8 どMな私(全6話)
高校生編9 ファスナー全開
高校生編10台風に燃える
高校生編11Gパン短パン
高校生編12ダウンジャケット
高校生編13スキー温泉旅行(全2話)
高校生編14高3の海水浴(全11話)
高校生編15かがみ
高校生編16浴衣が全開
高校生編17卓球でオールヌード
高校生編18ハミ尻卓球
高校生編19寒い冬の電車
≪大学生編≫
大学生編1 電車の中でパンチラ
大学生編2 自転車露出
大学生編3 アクセサリーショップ
大学生編4 濡れたTシャツ(全2話)
大学生編5 脇あまシャツ
大学生編6 自動車教習所
大学生編7 ビルメンテナンス
大学生編8 露出奴隷な私(全31話)
≪社会人編≫
社会人編1 タクシー露出
社会人編2 初めての靴磨き
社会人編3 新幹線露出
社会人編4 靴磨きのおじさん
社会人編5 沖縄ビーチ24才(全8話)
社会人編6 露出嬉戯(全14話)
社会人編7 全身美容エステ(全18話)
社会人編8 露天風呂(全30話)
社会人編9 下田の海(全?話)
魅惑の世界
エッチテク & お色気ニュース
お持ち帰りされる方法
やっぱり大きい方がいい おっぱい
女子学生の自分撮りテクニック
エッチ視線テレビドラマ2010
男が離れられなくなる女術
究極のチラリズム パンチラ
水着と下着の違い
ノーブラって増えてる?
ウグイス嬢のセクシーボイス

気になる一言


あおいのつまらない話
遊べる ♪ 野球拳

野球拳

行列が途切れない大人気の野球拳!
一時期は全然つながらなかったけど、
最近は少し待てば遊べるよ
画像をクリックすれば画面に飛びます
リンク先は音声が出るからご注意!!

携帯サイトのご案内
 PCサイトとは別に携帯サイトを作成しました。
 ご覧頂くにはお手持ちの携帯機器よりWEBページにつないで頂き、検索窓より『あおいつぼみ』を検索して下さい。
【ページタイトル】
 携帯通信には別途パケット料金がかかりますのでご注意ください。

携帯へmobileあおいつぼみURL送る

プライバシーポリシーとご注意
RSSリンクの表示
アクセス解析
misonoダイエットとは
プロフィール

あおい

Author:あおい

ご訪問ありがとうございます。

何かモノを書きたくって始めました。 つたない文章のど素人作品ですが、どうぞよろしくお願いいたします。







検索フォーム
Site Map (サイトマップ)
カテゴリ
最新投稿
あおいの特選! お勧め小説♪

本物の官能小説が無料で読める
プロ作家が女性心理を見事に物語っています。
 ☆  妄想の座敷牢
~官能小説家、紅殻格子の世界~

いろいろなお話がいっぱい!
ひとみさんの『私の実験』が大のお気に入り!
 ☆  ひとみの内緒話
(入り口は右下にある【入場口】)

♡ Special Thanks ♡
とても良いお話がいっぱい。
ぜひご覧ください。

≪Hなお話 相互リンク集≫

総合サイト 紹介

様々な小説・読み物紹介してます


官能小説ランキング

あおいつぼみは今何位かな?

皆様のワンクリックが順位を上げます。
ぜひ愛の手をお願いします<(_ _)>


ネット小説ランキング

最新コメント
18才以上限定メルマガ


秘密のお買い物
あおいが厳選した人気アイテム
大手Amazonだから安心のNetShop
魅惑のバストアップアイテム
バストを綺麗に魅せる隠しアイテム
魅惑のランジェリー&ショーツアイテム
これで男どもはノックダウン!
貴女の秘密のお楽しみminiアイテム
初心者に優しいミニを集めてみました
貴女を刺激する人気アイテム集
貴女は性感の虜 夢中にさせます
後ろを開発されればもう貴女は性奴隷
信じられない快感が貴女を襲う
彼方のオナアイテム
使用頻度にご注意! やりすぎ厳禁
性生活バイブル
お勉強するには楽しいかも?
あおいつぼみへのメール
リンクのご案内

当サイトはリンクフリーですが、上段↑メールツールより御一報頂ければ幸いです。

相互リンクをお考えの方は「相互リンクについて」をご覧下さい。

リンクバナー置き場はこちらをクリックして下さい

banner20040


banner8831