ご来訪、誠にありがとうございます。

 当サイトは官能小説につき18禁としております。 また性的描写に嫌悪感を持たれる方

の閲覧もご遠慮ください。 ご自身の自己責任において承諾頂ける方のみお楽しみ下さい。

また当サイト内の小説はすべて作り絵空ですのでご承知おきください。

2009-02-14(Sat)

麻衣妖炎 第三十四話

≪ 写 真 ≫

食事も終わり、少し休憩がてら旅館の庭を散歩することにした。

麻衣はお酒の酔いに話の衝撃さで、少しフラフラした感じで庭に出てみると、ライトアップされた庭園は凄く綺麗で幻想的な雰囲気をかもしだいしていた。
庭園のベンチに腰掛けて夜空に浮かんだまん丸お月さんを見て、またここに来られたらいいなぁっと心静かに想いをはせる。

散歩から戻ると布団がひいてあった。
部屋の片隅に片付けられたテーブルに集まり、お茶を飲みながら持ってきたお菓子とともにおしゃべりが始まる。

「マイの今の彼氏はどんな人?」って麻美が聞いてきた。
「ん~、そうね~、どっちかっていうとスポーツマンタイプで身体ががっちりしている人」

クミが「写真あるでしょ? 携帯に」
「うん! あるよ。見したげようか?」というよりも見せたかった。
自分でもかっこいい彼氏だと思うので自慢したかった。

携帯をカバンから取り出し一番お気に入りの写真、海に行って私がビキニで大輔は海パンだから上半身裸。
ちょっと恥ずかしいけどたくましい大輔の胸が好きだから思い切って見せることにした。

久美子に渡して「へ~ぇ、かっこいいじゃん! たしかにスポーツマンタイプ、で?彼?身長は?」
「180」
「へ~、高いね。 マイとダンチ」
確かに彼は身長が高く、キスをするときはいつも背伸びをすることが多い。
だってその方が彼に抱き付けるから。

久美子が携帯を麻美に渡した。
「やさしい?」
「もち! やさしいわよ~」
「いくつ?」
「同級生」
「そっか~、いいなぁ~、大学生はそういう出会いがあって」

麻美が「あっちもやさしい?」
「あっちって? あっち?」
「もちろん! あっち」
「えへへ、内緒!」
「いいんだ」
「まあね」

携帯が裕子に回る。

「学生だったら毎日会うの?」
「4年だから毎日学校には行ってないの。 週4回。 彼とタイミングがあわなくて、彼と学校で合うのは週3日。 それ以外はバイトがあるから」

「会ったらするんだ」 突っ込むアミ

「キャハ! そんなにしない。 だってする時はそれなりの場所が必要だもん。 いくらバイトしていてもそんなにお金ないから」
「お金なくっても、今時の女子大生ならカラオケボックスでもしているらしいわよ」

「そうね、大学の友達でそういう子はいるわ。 でも私はダメなの。 だってゆっくりしたいもの」
「ゆっくりしたいんだ!」
「もう! それ! どういう意味?」
自分の心が見透かされたようで気恥ずかしかったので、怒ったようにみせた。
だってゆっくり愛されたいんだもん!

「マァ~イ~~ィ」 突然、裕子の声がした。
ビクッとした。
何かとんでもない様な予感に不安にかられた。

「この写真は、ナ~ァ、二~ィ?」

そこには、鏡の前に全裸でひざまつき悩殺ポーズをとった写真があった。
一人遊びで撮った写真。

麻衣の顔面に火がつき、顔面真っ赤になりながら「ダメ~、見ないで~」
悲願しても、久美子と麻美が見して見してと麻衣の侵入をガードした。

「ヘ~ェ、なんか? エロチックだけど綺麗ね!」
「なんとなく芸術的。 すごいね、悩殺ポーズ」
十分楽しまれた後、携帯を返してくれた。

半ベソをかく麻衣・・・

しまった!
隠しフォルダーに例の写真を一枚だけ残していたのを忘れていた。

彼との写真も、彼が上半身裸だし、私もビキニだから恥ずかしいので見られないように隠しフォルダーに入れていた。
隠しフォルダーにはその2枚しか入っていない。
当然、次を押したらその写真が出てくる。
2009-02-16(Mon)

麻衣妖炎 第三十五話

「よくそんな写真撮ったわね」
「あら?私はわかるわ。 私も撮ったことあるもの」 久美子の言葉に救われる。

「アミは?」
「私は撮られたことはある」
「えっ、その撮った人、大丈夫なの?」
「その人は大丈夫。 セミプロだしいっぱいヌード写真を撮っている人なの。 プロのモデルさんなら写真展にも出しているけど、プライベートは絶対公開しないって」

「そうなの。 でも不安なような」
「その人に会ってみればわかるわ。 安心できる人よ」
「そっか、アミが良ければそれでいいんだけど」

「女の子だったら一度は自分のヌード、撮ってみたいと思うわよ。 ヒロは?」

「ン~、マァ、あるにはあるけど…、綺麗な写真ならいいだけど。 ほんとはね、正直に話すけど写真を撮られたことがあるの。 でもね、女子寮でしょ。 女だらけだから遊びで、両手両足をつかまれて『大』の字になった写真を撮られたの。 自分の携帯を使ってくれたのでさっさと消したわ。 まじりっけなしのエロ写真だったから」

「そっか、じゃぁ、イメージ、悪いね」
「でも、ン~、それを見てから言うわけでもないけど、綺麗な写真だったらいいかも知れない」

みんなの言葉に和む麻衣。

「写真見て悪かったと思うわけじゃないけど、みんなで撮らない?」
久美子の言葉にエッと顔を上げる麻衣。
「そうよ、みんなで撮ろうよ、私、撮って欲しい」

「ネェ、マイ。 カメラマンして」
さっさと立ち上がり自分のデジカメを取りに行くと麻衣に渡した。

「バックはどうしようか?」
掛け軸があったのでそれをバックにすることにした。
さっきまでベソかいていたのに、久美子に振り回される。

「ネェ、マイのポーズはこんなの?」
正面からドンっとひざをつき、ひざを割った。
腕を上げて頭の後ろで手を組む。
浴衣姿でしたものだから裾が割れて太ももがのぞけそう。

「うん、マァ、そんな感じ」
少し違うような気がしたけど、そんなことは言えず生半可な返事をしてしまう。

久美子は麻衣の言葉を確かめてから、もう一度立ち上がり浴衣の帯に手をかけた。
少しためらった様子にも伺えたが、久美子は思い切って浴衣を脱いだ。
先ほどのポーズをとる久美子。 正面姿だったら色っぽくない。

「クミ、斜に構えてみて」
麻美のアドバイスに片方のひざを前に出し、身体が斜めになったところで上半身を少しだけひねった。

「そうそう、そんな感じ」 麻衣も綺麗だと思った。

正面からだったらなにかの証明写真みたいだ。
斜めから撮ると胸のボリューム感がアップしたように思える。
そのままで見上げたり、うつむいたりして4回シャッターを押した。

麻美が「マイの写真とは違うよ」って言ってきた。
それは私も気がついていたけどそこまで言えない。
麻衣は靴下だけはいて、あとは一糸まとわぬ姿。

久美子は浴衣を取っただけ、ブラはつけてないものの下着はつけている。
「ん~、それはわかっていたけど、さすがに…。 でも、いいわ」

立ち上がって下着を脱いだ。
同じようなポーズをとる久美子。
顔の表情がさっきと違って上機嫌に一段と、色っぽく見えた。
我ながらいい写真が取れたと思う。 

「最後の決めポーズ教えよっか」 麻美
「後ろ向きになって少しだけ体をひねってこちらを向くの。 手は髪をまとめる様な仕草にして、目は伏し目がちにするの」

「マイはね、画面いっぱいにクミが入るように近づいて、クミの胸の高さにカメラを合わせてね。 そしてお尻と片方だけのバストトップが入るような角度で撮ってあげてね」

撮った写真を見た。
なるほど麻美が言ったとおりに綺麗だ。
なにかの写真集を見ているよう。

浴衣を羽織った久美子が近づき、みんなで写真を見た。
「やっぱりいいね。 アミのアドバイス。 最後の写真はとってもいいわ」

「じゃぁ、今度はヒロね」
「エ~ン、私?」
「そうよ、マイを辱しめた張本人だからね。 さっさと脱いで! 私が撮ってあげるから、ヒロの携帯貸して」
2009-12-15(Tue)

麻衣妖炎 第三十六話

準備をしている間に麻衣は麻美に聞いた。
「いつもあんな感じで撮るの?」

「ン~ン、撮影はもっと大変なの。 まず下着の跡を取るためにお風呂に入ってから、ドライヤーであそこの毛を乾かして撮影。 彼はあそこの毛をフワッとさせるのがいいみたい。 撮影中はいろいろなポーズを執らされるから結構動くのよね。 まるで体操しているみたい。 そのうち照明のライトが暑いから汗が出てくるわ。 汗を拭いてから化粧を直してまた撮影。 たまには扇風機あててもらうの」
「ヘ~ェ、結構大変なんだ」

ヒロが先ほどのポーズで撮り始めた。
「アミ? こんな感じでいいの?」

「ン~、ヒロはボーイッシュだから立ち姿もいいと思うわ。 立ってみて足を肩幅ぐらいに開いて、両手は腰に。 目線はしっかりカメラにね」 

全裸でそのポーズをとると色っぽくないけど、スレンダーボディーの裕子は返っていい写真が撮れそうだ。

「次はそのまま後ろを向いて」 引き締まったお尻が可愛い。

「じゃぁ次は身体を横向きにして上半身をひねってこちらを向いて、両手は胸の下あたりで親指と人差し指をくっつけて何か小さな仕草をしているように。 そうそう、そんな感じ。 で、クミは全身と上半身だけの2枚撮ってあげてね」

撮影が終わるとみんなで携帯を見た。
色っぽいヌード写真というよりもさわやかなヌード写真に仕上がった。

「じゃぁ、今度私ね」っていいながら帯を解いた。
掛け軸の前に立つと「私は2枚でいいわ」

麻美の携帯を構える久美子。
「最初は上半身だけでいいからね」と言って半身に構え浴衣の片方だけ開くとボリューム感のある大きな乳房が片方現れた。

まるで赤ちゃんにおっぱいをあげるような大きな乳房は「母」を連想させる。

両手でその重量感のある乳房を持ち上げたが、先端が眠っていた。
麻美は自分自身でそれを目覚めさせ、もう一度両手で持ち上げ目線を自分の乳房に当てた。

斜めに構えるとモトモト大きい胸が、更にボリュームが増す。
麻美のは大きいのでそれ自身迫力を持っている。
その先に、膨らんだサクランボ。
女性の色気を感じさせるそのサクランボに、麻衣は麻美のバストにはかなわないと思った。

「シャッターを押す前にカメラレンズに息を吹きかけて。 ハァーっていう感じね。 レンズが曇るから乾く前にシャッター押してね」

久美子がレンズに息を吹きかける。
構えて構図を合わせている間に曇りが取れるみたいで何回も息を吹きかける。
ようやく要領がわかったのかシャッターを押した。

携帯カメラの特有のシャッター音がこのムードに合わないコミカルに思える。
「じゃぁ次ね」 と言って下の下着を取った。

浴衣の裾を広げて横座り。
斜めになった身体を片手でささえ、甘える目でカメラに視線を合わせる。
浴衣を全部脱がないのがいい。

久美子は綺麗な写真、裕子はさわやかな写真、麻美はエロチックな写真になりそうだ。

撮り終えると麻衣はどうする?って聞いてきた。

みんなの写真に圧倒され躊躇していると、麻衣の返事を待たず久美子が「じゃぁ、集合写真を撮ろう」って言い出した。

エ~ェっと思ったけど『しょうがない』っかとコクリうなずいた。

麻美が立ち上がって「マイ、私が脱がしてあげる」と言いながらそばに寄ってきた。
きのこのいえ
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
Music Movie

イディナ・メンゼル

巷にはあふれかえる名曲『LET IT GO』 あおいは男性バージョンの方が好きです 3分過ぎからの歌声は圧巻!


露出小説 ~露出の魅惑~
かおりの露出体験
露出狂の私
もっとエッチにいやらしいことしてみたい
露出の魅惑 始めに
≪中学生編≫
中学生編1 スカートの中の秘密
中学生編2 家の中での露出
中学生編3 バスの中の露出
中学生編4 ノーブラチャレンジ
中学生編5 家庭科室のお掃除
中学生編6 全裸で縛られ遊び
中学生編7 全裸でトイレ 学校編
中学生編8 外で初めての全裸
中学生編9 深夜のプール
中学生編10全裸でバスケットボール
中学生編11スカートの中の秘密
中学生編12小学校の校庭(全9話)
中学生編13生おっぱい露出
中学生編14下着屋さんでの失敗談
≪高校生編≫
高校生編1 ノーパン初露出
高校生編2 ペットと添い寝
高校生編3 スポーツ用品店
高校生編4 露出狂のあたし(全6話)
高校生編5 ウォータースライダー
高校生編6 通過電車
高校生編7 高2の海水浴(全9話)
高校生編8 どMな私(全6話)
高校生編9 ファスナー全開
高校生編10台風に燃える
高校生編11Gパン短パン
高校生編12ダウンジャケット
高校生編13スキー温泉旅行(全2話)
高校生編14高3の海水浴(全11話)
高校生編15かがみ
高校生編16浴衣が全開
高校生編17卓球でオールヌード
高校生編18ハミ尻卓球
高校生編19寒い冬の電車
≪大学生編≫
大学生編1 電車の中でパンチラ
大学生編2 自転車露出
大学生編3 アクセサリーショップ
大学生編4 濡れたTシャツ(全2話)
大学生編5 脇あまシャツ
大学生編6 自動車教習所
大学生編7 ビルメンテナンス
大学生編8 露出奴隷な私(全31話)
≪社会人編≫
社会人編1 タクシー露出
社会人編2 初めての靴磨き
社会人編3 新幹線露出
社会人編4 靴磨きのおじさん
社会人編5 沖縄ビーチ24才(全8話)
社会人編6 露出嬉戯(全14話)
社会人編7 全身美容エステ(全18話)
社会人編8 露天風呂(全30話)
社会人編9 下田の海(全?話)
魅惑の世界
エッチテク & お色気ニュース
お持ち帰りされる方法
やっぱり大きい方がいい おっぱい
女子学生の自分撮りテクニック
エッチ視線テレビドラマ2010
男が離れられなくなる女術
究極のチラリズム パンチラ
水着と下着の違い
ノーブラって増えてる?
ウグイス嬢のセクシーボイス

気になる一言


あおいのつまらない話
遊べる ♪ 野球拳

野球拳

行列が途切れない大人気の野球拳!
一時期は全然つながらなかったけど、
最近は少し待てば遊べるよ
画像をクリックすれば画面に飛びます
リンク先は音声が出るからご注意!!

携帯サイトのご案内
 PCサイトとは別に携帯サイトを作成しました。
 ご覧頂くにはお手持ちの携帯機器よりWEBページにつないで頂き、検索窓より『あおいつぼみ』を検索して下さい。
【ページタイトル】
 携帯通信には別途パケット料金がかかりますのでご注意ください。

携帯へmobileあおいつぼみURL送る

プライバシーポリシーとご注意
RSSリンクの表示
アクセス解析
misonoダイエットとは
プロフィール

あおい

Author:あおい

ご訪問ありがとうございます。

何かモノを書きたくって始めました。 つたない文章のど素人作品ですが、どうぞよろしくお願いいたします。







検索フォーム
Site Map (サイトマップ)
カテゴリ
最新投稿
あおいの特選! お勧め小説♪

本物の官能小説が無料で読める
プロ作家が女性心理を見事に物語っています。
 ☆  妄想の座敷牢
~官能小説家、紅殻格子の世界~

いろいろなお話がいっぱい!
ひとみさんの『私の実験』が大のお気に入り!
 ☆  ひとみの内緒話
(入り口は右下にある【入場口】)

♡ Special Thanks ♡
とても良いお話がいっぱい。
ぜひご覧ください。

≪Hなお話 相互リンク集≫

総合サイト 紹介

様々な小説・読み物紹介してます


官能小説ランキング

あおいつぼみは今何位かな?

皆様のワンクリックが順位を上げます。
ぜひ愛の手をお願いします<(_ _)>


ネット小説ランキング

最新コメント
18才以上限定メルマガ


秘密のお買い物
あおいが厳選した人気アイテム
大手Amazonだから安心のNetShop
魅惑のバストアップアイテム
バストを綺麗に魅せる隠しアイテム
魅惑のランジェリー&ショーツアイテム
これで男どもはノックダウン!
貴女の秘密のお楽しみminiアイテム
初心者に優しいミニを集めてみました
貴女を刺激する人気アイテム集
貴女は性感の虜 夢中にさせます
後ろを開発されればもう貴女は性奴隷
信じられない快感が貴女を襲う
彼方のオナアイテム
使用頻度にご注意! やりすぎ厳禁
性生活バイブル
お勉強するには楽しいかも?
あおいつぼみへのメール
リンクのご案内

当サイトはリンクフリーですが、上段↑メールツールより御一報頂ければ幸いです。

相互リンクをお考えの方は「相互リンクについて」をご覧下さい。

リンクバナー置き場はこちらをクリックして下さい

banner20040


banner8831