ご来訪、誠にありがとうございます。

 当サイトは官能小説につき18禁としております。 また性的描写に嫌悪感を持たれる方

の閲覧もご遠慮ください。 ご自身の自己責任において承諾頂ける方のみお楽しみ下さい。

また当サイト内の小説はすべて作り絵空ですのでご承知おきください。

2010-01-07(Thu)

麻衣妖炎 第五十話

第五章 大輔がやってくる ≪京都旅行のあとで≫

京都旅行から数か月・・・・・
麻衣は卒業式後、3月末からデンマークに行くことに決めた。

留学なら多いのはオーストラリア、アメリカ、カナダと続き、資金的に余裕があれば欧州、イギリス・フランス・イタリアなどだけど、麻衣の目的は語学留学ではない。

よく言う言葉なら自分探し。 自分を修行するのを目的として場所を決めた。

デンマークで有名なのは『レゴ』 知られてないのが『ベーコン』
日本の政治家がよく言う消費税率『25%』
この税金のおかげで貧富の差が世界最小のデンマーク。
そのような国だったら危険な目にも遭いにくいだろうとOKしてくれた。

もちろん最初は親の反対に遭った。 それはそうだろう。
3か月程度ならわからなくもないが、1年以上滞在したいという。

しかも行先は月並みのオーストラリアかハワイを最初は考えていた。
父親からいい加減な気持ちで行くなら「だめだ」と言われ、真剣になって考えた。

結局のところ小さな会社でもいいから平凡に過ごし、数年たったら結婚し、子供ができてから退職したら良いと、親はどの親でも娘に対してそう思うらしい。

その気持ちもわからなくもないが、ただなんとなく『それでいいの?』と思う。

麻美にも言われた。 やるなら今。 会社務めをしてからでは出来ない。
まして結婚してからは当然こんなことはできるわけない。

そんな先のことはわからない。
わからない先をクヨクヨ悩んでいててもしょうがない。 

『とにかく前に一歩』 これが麻衣が出した結論だ。

大輔にも相談した。 平凡に生きてきた私。
でも何かしてみたいという気持ちもある。
いつかは平凡に結婚し子供を産み育てたい。

母親になっておかあさんは若い頃、こんな事をしたと言いたい。
他の3人にはそれがある。 でも私にはそれがない。

その事を大輔に訴えた。
正直、大輔の浮気も気になる。 ないとは言えない。
あるとしたらこの私が原因を作ったとしか言えない状況を作ることになる。

思い悩んだ結果、もしそれで浮気をされてしまうようなら、私の存在はその程度のものでしかなかったのと思うしかないというのが結論。

とは思うもののやっぱり不安。 そんなに簡単に割り切れないもの。
後ろ髪を引かれるというのはこのことを言うのだろう。

でも、決めた。行く! 生涯をかけたたった一度だけの冒険。
外に出てどれくらい私が通用するものか?
確かめるというほどのポリシーは持ち合わせていないが、でも体当たりでチャレンジしてみる。

あと一ヶ月ちょっとすればしばしのお別れ。
大輔にはそれまでに十分愛してもらおうと決めた。

だからこそ家に呼んだのだ。 いつかは両親に紹介したい。
その前段階としてという気持ちもある。
今回は親に内緒という後ろめたさはあるものの・・・

大輔とのエッチは大好き。 長く愛してもらうのが大好き。

でも家には帰らなくちゃいけないからお泊りはない。
初めてのお泊り。
大輔にお泊りを誘う時、胸がキュンキュン鳴ったことをさっきのように覚えている。

大輔は初め戸惑った。
それもあとで考えると嬉しかった。

簡単に女の子の家に泊まる人ではやっぱり困る。
誘いながらも矛盾しているはおかしかったけど、それも正直な気持ち。

あたしがしつこく誘ったからようやくOKしてくれた。
思いっきり甘えてみようというたくらみが実践できそうだ。
2010-01-08(Fri)

麻衣妖炎 第五十一話

そんなことを思い出しながら麻美にもらった恋愛小説の本を閉じた。
京都旅行の帰り、駅地下の本屋に立ち寄り、麻衣に是非にといって買ってくれた小説。

麻美が大好きな小説らしく、女の子が男の子にモーレツアタックして恋を勝ち取る。
自由奔放な主人公は時として“はちゃめちゃ”な行動で、
男の子に意地悪なことも言うんだけれど、それがまた逞しく微笑ましい内容だった。

あの京都旅行は結構激しかったなぁ。
高校生と違い少し大人になっていろいろなことを試した。

いや、試されたかもしれない?

結局あの時、麻美に下着を全部脱がされ、麻美の指が私の中をグルグルかき回されたときは、もう私はドロドロ。

あのソフトタッチの指使いが忘れられなく、たまに思い出しながらひとりエッチで真似をするときもあったけど、でもやっぱり麻美の指と違う。
あのソフトタッチ感覚は麻美しか出来ないものなのかと、勉強不足?を呪ったこともある。

あの時はおまけもついた。

麻美のソフトタッチの指使いとは別に荒々しい手も襲ってきた。
おかしいと思ってみると裕子が私の中にいた。

裕子の指は長いけれど、バレーボールで鍛えられた指は太く猛々しい。
その指で麻衣の中をまさぐられた。
まるで男のあれを連想させる感触に、悶えてしまった自分もいる。

でも女の人とするときはやっぱりソフトタッチがいい。
そんな女同士の戯れに思い焦がれると、その世界にのめり込みそうになる自分も怖かった。

久美子はそのとき少し離れたところで女座りをしてこちらを見ていた。
月明かりの障子をバックに久美子の裸体が浮かび上がっている。
また綺麗だと感じた。

大きくはないが芳醇な香りがするバスト。
美しく引き締まったお腹。
薄い茂みに柔らかそうで引き締まったお尻。 そしてすらりと伸びた足。

モデルでも十分出来そうな肢体。
小柄でポチャリ目な麻衣にとっては、とてもうらやましい限り。

そのことを麻美に話すと、何事にも一生懸命している人は美しいものよと言われた。
仕事にも勉強にも、そして恋にしても一生懸命な人は輝いて見えるものなの。
だからマイもなにかに打ち込んでみたら。 そしたら綺麗になれるわよ。

そうかもしれない。 いや、そうだ。
学生のとき正直、不細工と思える人が一生懸命勉強していると美しいと思えた。
スポーツ選手でも、一見ビジュアルが悪そうな人も輝いて見える。

恋をしている女性は美しい。 そんな言葉もある。
何事にも一生懸命がその人を美しくさせる。
生き方がその人の顔を変える。 そんなものだと。

私も美しくありたい。

麻衣にはどうしても冷めた部分がある。
麻美が言うにはそれは自信のなさの現われ。
人は弱いもの。 弱いから自信がない。 それはみんな一緒。

でも自信がなくても好きだからやろうと思った事に集中していると、周りから綺麗に見えるものと教えてくれた。
要は好きなものを見つけ、それにどっぷり浸かれるかどうかで、その人の美しさが変わる。

そんなものかもしれない。 頭もよくなければ、容姿にも自信がない。
ポリシーも勇気もなにもないけれど、チャレンジすることは新しい世界が開かれるかもしれない。
そう思うと世界が明るく見えた。

女だから美しくありたい。
その単純な願いだけでも人を変えると麻美は言ってくれた。

ならば・・・。

そんなことを思い出しながら、ふと、大輔が来る時間が気になり顔を上げて時計を見ると、やばい! あと1時間くらいで来る。

視線を落とすとそこには大きな鏡がある。 麻衣は自分の姿を見た。
ベッドにもたれて、一人だからミニスカートにもかかわらず体育座りをしている。

少し開いた足の間からピンクの下着が覗いて見えるが…、
ん? やだ! 色が変わっている。

エッチなことを思い出していたからお汁をこぼしてしまったらしい。
やだ、大輔に見られたら困る。 はき替えなくっちゃ。

急いで立ち上がり引き出しを開けた。
そこには今つけている下着と一緒に買った紐仕様の下着が一番上にある。

身支度をするときに迷った一枚。
紐を解くとはらりと取れてしまうので、エッチ過ぎるかもしれないと思い今つけているのを選んだ。

今は悩んでいるほどの時間はない。
エィっと思いその下着を手に取るとトイレに駆け込みビデを使って身支度をし、その下着を身につけた。
2010-01-09(Sat)

麻衣妖炎 第五十二話

身支度をしてホッとしているのもつかぬま玄関のチャイムが鳴った。
アッ、来た!っと思った麻衣は、それまでにはいていたパンツを握り締めていたので、
慌てて隠してから玄関に飛び出していった。

「あら、早かったのね」
「うん! 急いできた」
「じゃぁ、上がって」
「うん、お邪魔します」
「そんなに固くならなくてもいいのよ。 言ってたとおり家には誰もいないから」
「あはは、でも、やっぱ、なんとなく緊張する」
「私の部屋、案内するね。 ついて来て」

大輔は脱いだ靴をそろえると麻衣の後について2階へと続く階段を登った。
途中、階段を上がる麻衣の後に続くと、視線の先に麻衣の生足がみえる。

大輔は視線の先に太ももの裏側を捉えた。
いつも見慣れた太ももだけど今日はなんとなく心臓の鼓動が高鳴る。

そういえばあまり裏側をしげしげと眺めたことはない。
太ももの裏側はふくよかで艶っぽく、思わず口付けをしたい気分になったけど、階段を上る途中でそれは出来ない。

その階段を登るたびに、お尻を隠しているスカートがふわふわ揺れて可愛く見える。
手を伸ばせば届くスカートに、めくってみたい衝動に駆られたが、怒るだろうからと思いとどまった。
ただ揺れるスカートが可愛く、色っぽさをかもし出していた。

部屋に入るとカーペットや家具・調度品はベージュや木目調で整えられている。
ところどころピンク系のインテリアがあり女の子の部屋といった感じがする。
箪笥の上には熊の大きなぬいぐるみがあり、壁には等身大の大きな鏡が立てかけてある。

「片付いてるね」
「そりゃそうでしょう。 ダイが来るんだもん、一応きちんとするわよ。 あくまでも一応だけどね」

舌をペロッと出しながら小さな机を出してきて、足を組み立て部屋の真ん中に置いた。
「お茶、入れるね」
「あっ、これ買ってきた。 ショートケーキ」
「ワーィ、嬉しいなぁ。 ダイはコーヒーがいい? 紅茶がいい?」
「じゃぁコーヒー、難しいヤツはダメだよ。 ノーマルなコーヒーがいい」

「ハイハイ、わかりました。 用意してくるから待っててね。 待ってる間あっちこっち覗いちゃぁダメよ。 おとなしく待っててね」
「わかってるって」
「じゃぁ、待ってて」

大輔はバイト疲れとケーキ屋さんなど、あっちこっち走り回って急いで来たので少々疲れた。
暇だから座布団を枕に横になっていると、いつの間にか寝てしまった。

麻衣はトントントンと階段を弾むように降り、お湯を沸かし2人分のコーヒーを入れる。
急いでしたつもりが時計を見るともう20分以上も経っている。
慌てて2階に上がると大輔は寝息をたてていた。
可哀そうなのでコーヒーカップを乗せたお盆を机の上に置き、ケーキを冷蔵庫に入れるため持って下りた。

仕方がないので夕ご飯の準備をする。
買ってきたパスタの材料を出し、お湯を準備しながらサラダ用の野菜を取り出し切り始めた。

本当は生クリームをいっぱい入れたカルボナーラを最初から作りたかったけど、そうすれば大輔をかなり待たすことになり、残念だけどレトルトを買ってきたので、あまりすることはない。

サラダが完成したのでラップをかけて冷蔵庫に入れる。
パスタ用の大きな皿やフォークなどを準備し、あとはパスタ・レトルトを暖めるだけにして準備を終えた。

一通り準備が整うと再度2階に上がり大輔の様子を見るとまだ寝ていた。
大輔は頼んであったDVDをたぶん借りてきているはず。
それを部屋の真ん中にあるテーブルで見るために、ノートパソコンを勉強机から移動しようと思い、配線を外しにかかる。

動かすときに大きな音がしたので大輔が起こしてしまった。

「あっ、ごめん、寝てた」
「うん、いいのよ。 疲れてるんだもん。 反対にごめんね。 起こしちゃって」
「いやいや、寝てるほうが悪い」
「大丈夫? もうちょっと寝る?」
「いやいいよ、ケーキ、食べよう」
「じゃぁコーヒー暖めなおしてくるね。 ケーキも冷蔵庫に入れてあるの」
「わかった、寝ないで待ってる」
麻衣はなんとなく大輔が可愛く思えたのでほおにキッスをした。

突然の行為にビックリしたが、お返しに麻衣の唇にキスをする。

麻衣は動かなかったので大輔は思い切って抱き寄せた。
抱き寄せ上から唇を重ねる。

重ねてからやわらかい麻衣の唇を噛んだ。
上唇も下唇も。
麻衣は動かないでジッとしている。
大輔は舌を侵入させた。
麻衣の口の中を大輔は自由に駆け回った。

目を開けて麻衣を見るとセーターの襟元がふくらみ、セーターの隙間から胸のブラが見える。
大輔は麻衣のセーターの上からバストに手を沿え、優しく包むように抱擁した。

胸への抱擁を繰り返しているとどうしても他の意識がおろそかになる。
いつの間にか唇が離れキスがおろそかになっていた。

目をつぶっていたはずの麻衣がしっかり目を開き上目づかいに大輔を見つめている。

「おいたしたら、ダァ~メェ~」と言いう麻衣の目は猫の目。
そそくさと立ち上がり「コーヒー、温めてくるね」と階下へ降りていった。
きのこのいえ
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
Music Movie

イディナ・メンゼル

巷にはあふれかえる名曲『LET IT GO』 あおいは男性バージョンの方が好きです 3分過ぎからの歌声は圧巻!


露出小説 ~露出の魅惑~
かおりの露出体験
露出狂の私
もっとエッチにいやらしいことしてみたい
露出の魅惑 始めに
≪中学生編≫
中学生編1 スカートの中の秘密
中学生編2 家の中での露出
中学生編3 バスの中の露出
中学生編4 ノーブラチャレンジ
中学生編5 家庭科室のお掃除
中学生編6 全裸で縛られ遊び
中学生編7 全裸でトイレ 学校編
中学生編8 外で初めての全裸
中学生編9 深夜のプール
中学生編10全裸でバスケットボール
中学生編11スカートの中の秘密
中学生編12小学校の校庭(全9話)
中学生編13生おっぱい露出
中学生編14下着屋さんでの失敗談
≪高校生編≫
高校生編1 ノーパン初露出
高校生編2 ペットと添い寝
高校生編3 スポーツ用品店
高校生編4 露出狂のあたし(全6話)
高校生編5 ウォータースライダー
高校生編6 通過電車
高校生編7 高2の海水浴(全9話)
高校生編8 どMな私(全6話)
高校生編9 ファスナー全開
高校生編10台風に燃える
高校生編11Gパン短パン
高校生編12ダウンジャケット
高校生編13スキー温泉旅行(全2話)
高校生編14高3の海水浴(全11話)
高校生編15かがみ
高校生編16浴衣が全開
高校生編17卓球でオールヌード
高校生編18ハミ尻卓球
高校生編19寒い冬の電車
≪大学生編≫
大学生編1 電車の中でパンチラ
大学生編2 自転車露出
大学生編3 アクセサリーショップ
大学生編4 濡れたTシャツ(全2話)
大学生編5 脇あまシャツ
大学生編6 自動車教習所
大学生編7 ビルメンテナンス
大学生編8 露出奴隷な私(全31話)
≪社会人編≫
社会人編1 タクシー露出
社会人編2 初めての靴磨き
社会人編3 新幹線露出
社会人編4 靴磨きのおじさん
社会人編5 沖縄ビーチ24才(全8話)
社会人編6 露出嬉戯(全14話)
社会人編7 全身美容エステ(全18話)
社会人編8 露天風呂(全30話)
社会人編9 下田の海(全?話)
魅惑の世界
エッチテク & お色気ニュース
お持ち帰りされる方法
やっぱり大きい方がいい おっぱい
女子学生の自分撮りテクニック
エッチ視線テレビドラマ2010
男が離れられなくなる女術
究極のチラリズム パンチラ
水着と下着の違い
ノーブラって増えてる?
ウグイス嬢のセクシーボイス

気になる一言


あおいのつまらない話
遊べる ♪ 野球拳

野球拳

行列が途切れない大人気の野球拳!
一時期は全然つながらなかったけど、
最近は少し待てば遊べるよ
画像をクリックすれば画面に飛びます
リンク先は音声が出るからご注意!!

携帯サイトのご案内
 PCサイトとは別に携帯サイトを作成しました。
 ご覧頂くにはお手持ちの携帯機器よりWEBページにつないで頂き、検索窓より『あおいつぼみ』を検索して下さい。
【ページタイトル】
 携帯通信には別途パケット料金がかかりますのでご注意ください。

携帯へmobileあおいつぼみURL送る

プライバシーポリシーとご注意
RSSリンクの表示
アクセス解析
misonoダイエットとは
プロフィール

あおい

Author:あおい

ご訪問ありがとうございます。

何かモノを書きたくって始めました。 つたない文章のど素人作品ですが、どうぞよろしくお願いいたします。







検索フォーム
Site Map (サイトマップ)
カテゴリ
最新投稿
あおいの特選! お勧め小説♪

本物の官能小説が無料で読める
プロ作家が女性心理を見事に物語っています。
 ☆  妄想の座敷牢
~官能小説家、紅殻格子の世界~

いろいろなお話がいっぱい!
ひとみさんの『私の実験』が大のお気に入り!
 ☆  ひとみの内緒話
(入り口は右下にある【入場口】)

♡ Special Thanks ♡
とても良いお話がいっぱい。
ぜひご覧ください。

≪Hなお話 相互リンク集≫

総合サイト 紹介

様々な小説・読み物紹介してます


官能小説ランキング

あおいつぼみは今何位かな?

皆様のワンクリックが順位を上げます。
ぜひ愛の手をお願いします<(_ _)>


ネット小説ランキング

最新コメント
18才以上限定メルマガ


秘密のお買い物
あおいが厳選した人気アイテム
大手Amazonだから安心のNetShop
魅惑のバストアップアイテム
バストを綺麗に魅せる隠しアイテム
魅惑のランジェリー&ショーツアイテム
これで男どもはノックダウン!
貴女の秘密のお楽しみminiアイテム
初心者に優しいミニを集めてみました
貴女を刺激する人気アイテム集
貴女は性感の虜 夢中にさせます
後ろを開発されればもう貴女は性奴隷
信じられない快感が貴女を襲う
彼方のオナアイテム
使用頻度にご注意! やりすぎ厳禁
性生活バイブル
お勉強するには楽しいかも?
あおいつぼみへのメール
リンクのご案内

当サイトはリンクフリーですが、上段↑メールツールより御一報頂ければ幸いです。

相互リンクをお考えの方は「相互リンクについて」をご覧下さい。

リンクバナー置き場はこちらをクリックして下さい

banner20040


banner8831