ご来訪、誠にありがとうございます。

 当サイトは官能小説につき18禁としております。 また性的描写に嫌悪感を持たれる方

の閲覧もご遠慮ください。 ご自身の自己責任において承諾頂ける方のみお楽しみ下さい。

また当サイト内の小説はすべて作り絵空ですのでご承知おきください。

--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-01-21(Thu)

麻衣妖炎 第六十二話

≪大輔のものを≫

麻衣は鏡の前で腕を上げ大輔の髪の毛を掴んだまま。
腕を上げることで胸がせり出す。
大輔はその乳房を十分に楽しんだ。

乳首が固い。
コロコロ動かすと麻衣は軽やかなメロディーを奏でる。

楽器にたとえると大きさはチェロのようなもの。
楽器は女性の体型だといわれている。
小さなものではバイオリン、ギターの小柄な女性から、大きなものではウッドベースなどグラマラスな体型を想像させる。

男は演奏者。
妖しくなでる旋律にマイチェロは綺麗なメロディーを響きだす。

細やかな指使い、つまんだり弾いたり優しくソフトなテクニックで演奏する。
マイチェロは歌声を旋律で奏でる。

両腕を上げ、すべての肉体をさらけだし、ボディのいたるところを自由にタッチできるよう男に肉体をささげる。
妖しい指使いに敏感なところは高音に、そうでないところは低音に、強弱をともない女の切ないメロディーを奏でた。

大輔はチェロの一番共鳴する楽器の真ん中にあるホールに手を忍ばせた。
楽器のホールはもっとも共鳴する。

そのふちをなぞり始めるとチェロは一段と強い、旋律を演奏し高い音を響き渡らせる。
フィナーレは近い。

演奏者は強めに奏でるとチェロは大きな音とともに震えだす。
クライマックスを迎えるためにもっと強く荒くするとチェロの腰は前後に振れ、苦しそうな旋律を奏でると共に上下にも揺れだした。

「アッ、アッ、も、も、もうダメ」
「た、た、立ってられない」
麻衣は腕を下ろし大輔の腕にしがみついた。

自由が効かなくなった腕は動きを止められ、しばらく余韻を楽しむ。
必死に腕にしがみつき、息を整えるためお腹が上下するのが愛くるしい。
大輔は興奮冷めやらぬ麻衣が落ち着くまで待っていた。

落ち着きを取り戻した麻衣は振り返り唇を求めた。
熱い口吻を繰り返す。
接吻に満足したのか上目使いに大輔を見上げ「ねぇ、今度は私にやらして」

大輔は意味がわからないでそのままにしていると、大輔のシャツのボタンをはずし始めた。
麻衣にされるまま腕からシャツを脱ぐ。
白い下着を裾からめくり上げ肌着をとると、大輔の胸が現れた。

大輔の胸にほおを寄せると目の前に小さな乳首がある。
少しほお擦りしてから小さな乳首を口に含む。

キスを繰り返し唇を離してみると、小さな乳首は緊張のため硬くなっていた。
男の乳首をまじまじとこんな至近距離で見るのは初めて。

麻衣は噛んでみたくなった。
女性の乳首と違いあまりにも小さい乳首は噛みづらいが、前歯でそっと噛んでみた。

突然の刺激にびっくりした大輔は思わず胸を引いた。
麻衣は悪戯ぽく「ねぇ、感じた?」

大輔は動揺していると重ねて聞いてくる。
「ねぇ、感じたでしょ。 マイにもさせてね」

反対の乳首を噛んだ。
大輔は麻衣の愛撫に我慢していた。
その刺激は男性のシンボルまでには到達しないものの、その感触はお尻に響き、どうもむず痒い。

男の乳首の戯れに満足し、今度はGパンのベルトに手をかけ、ゆっくり解くとジッパーを引き下ろす。
足を折り、しゃがみながらお尻の方に手を持って行きGパンを引き下げる。
目の前に現れたトランクスは緊張しきっている男のものが、トランクスの形を妙に変えていた。

麻衣はトランクス越しに口付けをする。
今日は大輔のものを口に含んでみたい。
そう思ってはいたものの勇気がなく緊張していた。
照れ隠しのため何度も口付けをし、トランクス越しに口にくわえる。

大輔はもどがしさを感じていた。
女性に男のものをさわってもらうのは嬉しい。
でも、それは直接さわってもらうのがいい。
パンツ越しだとどうも物足りない。

直に触れてもらえたらもっと気持ちいいんだけど、だからといって自分からパンツを脱ぐのはためらわれる。
麻衣の目の高さにちょうどその物があるから…。

いつまでたっても決心がつかない麻衣。
トランクス越しに口付けを繰り返していたら、唾液でだんだん湿ってくる。

いつまでも同じことは出来ない。
そう思ってようやく決心しトランクスの下の裾を持ちずり下げてみる。

ズルッとした感触があり幾分トランクスは下がった。
もう少し下げてみようと引っ張ったけど、今度は下がらない。

強めに力を入れてみた。
下がらないのでよく見ると大輔の緊張している物が、トランクスのゴムに引っかかっているみたい。

「痛いって! そんなに無理して引っ張ったら痛いって」
「ごめん、どうしていいか分からなくて」
「ふつう、パンツを脱ぐときは下から引っ張らないで、上のゴムを持って脱がない?」
「そうだね。 ごめんね。 なんか恥ずかしくて。 上からするね」

麻衣はトランクスのゴムに手をかけ前をめくる様に下げた。
大輔の硬直したものがすぐ目の前に現れ、ドキッとしたけどそのままトランクスを下まで下げ足元から脱がした。
2010-01-22(Fri)

麻衣妖炎 第六十三話

何気ない雰囲気をつくろうと冷静な作業で足元から取り去ったつもり。
でも顔を上げると目の前に大輔の一物が目の前にある。

距離にして30cmもない。 本当に目の前だ。
ドギマギしないでくれって言う方が無理。

この一物のおかげで女の子は甘えられ、楽しみ、夢の世界へ連れて行ってくれるシロモノ。
それがすぐ目の前にある。

麻衣は久々にじっくりと眺めた。

人間の身体とは別の生き物のように、そのものは脈を打つたびにヒクヒクと鼓動する。
つややかなボディから茶系から黒っぽく染まる色感は猛々しく力強さを表わしているよう。

この力強いもの前では魅惑に負け、女はひれ伏してしまう。
麻衣もそのひとり。

でもこの代物は以前に何人かの女を泣かした事もあるという。
その女の子達は私と付き合う前のことだからしょうがないと思うものの多少は嫉妬心もあるのも事実。

でも今は、私だけのもの。
今は存分に愛してもらい楽しましてくれる唯一、私だけのもの。

麻衣は恐る恐る手に取ってみた。

『熱い!』

エネルギーを蓄積させたその代物は、麻衣を興奮の世界へ導いてくれる。

愛おしく口づけをする。

以前大輔に教わった、男の子が気持ち良くなれるようにさすってみる。
ゆっくりと感触を楽しむかのように手を動かしキスをしてみる。

でも麻衣の行動は優しすぎた。
その猛々しいものは脈を打つたびに天にそり返る。

麻衣の手から逃げるわけでもないが自由に動き回ってしまう。
そのやんちゃぶりに麻衣を困惑させた。

このやんちゃ坊主を抑えるためどうしたらいい?
私の手の中で遊びなさいと思うけど、言うことを聞いてくれない。

麻衣は心に余裕はなかった。
その動きを止めるため、いや、自分の支配下に置くためやんちゃ坊主の頭を口に含んだ。

びっくりしたやんちゃ坊主は、麻衣のお口の中で暴れ出す。
逃げはしないけど、麻衣の口の中で膨れ、歯や舌、上あごなどあっちこっちにぶつかる。

やんちゃ坊主の先端部分は敏感だ。
歯を当てると痛がるはず。

そう思った麻衣は奥深くまで飲み込むと先端は歯に当たらない。
幹の部分なら多少、歯が当たっても大丈夫なはず。
麻衣はそのものを奥深くまで口に含んだ。

やんちゃ坊主は多少おとなしくなる。
麻衣は暴れ出さないように根元から幹の部分をしっかり手に持ち、口を外した。

先端部分が麻衣の唾液でしっとりと濡れている。
麻衣は舌をからめて口づけをする。

やさしくソフトクリームをねぶるように舐める。
その刺激にまたやんちゃくれを発揮しようと力が入ったようだけど、もう麻衣はしっかり握りしめ動かないようにした。

そのやんちゃ坊主の裏筋をなめた。
やんちゃ坊主は元気になりグイグイ力がはいる。
それは感じている証拠。

ポイントがわかった麻衣はその頭を何度もソフトクリームをなめるように舌を動かし、そして口に含む。

麻衣は大輔のものを口に含んだことの理由は二つある。

一つは以前、麻美に言われたこと。
一度でいいから男の人のものを飲んでみる。

それはとってもまずいと聞いたけど、愛情のしるしだと思うし麻衣自身その液体に興味もあるのは事実。
一度くらいなら試してみようと思ってた。

それともうひとつの企み。
男の人はどうしても一回目は早い。

友達の話を聞いていると、どうも大輔は早いみたい。
今日はじっくりと時間があるし、長~~く愛してもらいたいので2回目にかける思い。

でも内心、実は3回目もあるかどうか?期待している。
今までは一度に2回まで。

3回目は時間的に余裕がない。
だから3回があるとどうなんだろうと期待もしてしまう。

でも…、1回目は麻衣の体ではなく、お口の中の予定。
とすれば1回、損した気分…、 やっぱり一夜に2回?

1夜に3回、男の人は無理なのかなぁ?  ・・・・。
2010-01-23(Sat)

麻衣妖炎 第六十四話

大輔は黙って麻衣を見ていた。
麻衣のするとおり服を脱ぎパンツを取り去った。

お互い裸になると麻衣は一物を口に含んだ。
甘く、ねっとりしたものが先端から感じる。
気持ちよさにドキドキ。
実は今日この日のために、1ヶ月間、我慢し溜め込んだ。

大輔にしても今は毎日でもやりたい年頃。
でも今日この日、麻衣を思い存分楽しませるために我慢した。

どうやって麻衣を攻めようか?
ちょっとエッチぽいことを考えて、布団に入るとどうしても息子に手が伸びる。
いやダメだ! 我慢しなくちゃと自制した。

我慢に、我慢した1ヶ月。
今日は思い存分楽しめる。

思いっきりエッチがしたい。
そして思いっきり麻衣を感じさせてあげたい。
そんな言葉が…思いが…頭にめぐりまわる。

麻衣は大輔の前にひざまずき男のものを咥えている。
生暖かい感触が伝わり気持ちいい。

しゃぶり続けた口元をはずすと大輔の一物は勢い余って大輔のおなかにピタンと打ち付けた。

そそり立つ大輔の一物。
元気がいい。

やわら麻衣は手に取り先端部分をねっとりとなめ回す。
ソフトタッチの唇は気持ち良いけど、締め付け感が物足りない。
そんな気分にも、こんなことをあまりしない麻衣が、一生懸命奉仕してくれることの方が気持ちいい。

いったん口をはずすと裏筋を舐められた。
先端部分の次に敏感なところ。

大輔はどうしても力が入り一物は動いてしまう。
麻衣は玉袋にも手を添えてきた。

くすぐるようにさわられると堪らない。
優しく何度も玉袋を撫で回す。
大輔はたまらず力が入り一物は暴れだそうと動き回る。

おなかにくっつきそうになる物を麻衣は唇で抑えた。
またねっとりとしゃぶりつく。

大輔はなんだか興奮してきた。
麻衣は根元までくわえ込み前後に頭を振る。

リズミカルな刺激に時折、玉袋がこそばい。
手で刺激を加えているのだろうが、なんとなく気分が高まり大輔のスイッチが入ったようだ。

このまま続けられると間違いなく噴火する。
「ねぇ、マイ。 出ちゃうよ」
「いいの、そのまま出してみて。 一度だけ飲んでみたいの」
「いいの?」
「うん、いいよ。 ダイのもの、一度、飲んでみたかったの。 いい?」
「いいもなにも、もうすぐ出ちゃう」

おしゃべりの後、すぐ口に含みリズミカルに頭を揺らす。
大輔は気分が高まってきた。

玉袋にも感触があり、その後ろのありの門渡りにも指を伸ばしているようだ。
エネルギーがお尻から先端部分にたまってきた。
先端部分にエネルギーが固まり、大きく膨らむ。

麻衣は感じた。
大輔のたくましい、固いものがいっそう強度が増して来たように思える。
今は鉄のように硬い。
そして全体的に、一回り大きくなったように思えた。

麻衣は大輔の玉袋が縮むのを感じた。
最初のころは玉を2つぶら下げていたものが、しだいに上にあがり小さな固まりになろうとしている。

なにかで読んだ。
男の射精を止めるなら、玉の袋を引っ張り伸ばすと射精は止まる。

以前、ネットで見たことがあるけど、今はもちろんしない。
もうすぐだと思い、動きを早めた。
きのこのいえ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Music Movie

イディナ・メンゼル

巷にはあふれかえる名曲『LET IT GO』 あおいは男性バージョンの方が好きです 3分過ぎからの歌声は圧巻!


露出小説 ~露出の魅惑~
かおりの露出体験
露出狂の私
もっとエッチにいやらしいことしてみたい
露出の魅惑 始めに
≪中学生編≫
中学生編1 スカートの中の秘密
中学生編2 家の中での露出
中学生編3 バスの中の露出
中学生編4 ノーブラチャレンジ
中学生編5 家庭科室のお掃除
中学生編6 全裸で縛られ遊び
中学生編7 全裸でトイレ 学校編
中学生編8 外で初めての全裸
中学生編9 深夜のプール
中学生編10全裸でバスケットボール
中学生編11スカートの中の秘密
中学生編12小学校の校庭(全9話)
中学生編13生おっぱい露出
中学生編14下着屋さんでの失敗談
≪高校生編≫
高校生編1 ノーパン初露出
高校生編2 ペットと添い寝
高校生編3 スポーツ用品店
高校生編4 露出狂のあたし(全6話)
高校生編5 ウォータースライダー
高校生編6 通過電車
高校生編7 高2の海水浴(全9話)
高校生編8 どMな私(全6話)
高校生編9 ファスナー全開
高校生編10台風に燃える
高校生編11Gパン短パン
高校生編12ダウンジャケット
高校生編13スキー温泉旅行(全2話)
高校生編14高3の海水浴(全11話)
高校生編15かがみ
高校生編16浴衣が全開
高校生編17卓球でオールヌード
高校生編18ハミ尻卓球
高校生編19寒い冬の電車
≪大学生編≫
大学生編1 電車の中でパンチラ
大学生編2 自転車露出
大学生編3 アクセサリーショップ
大学生編4 濡れたTシャツ(全2話)
大学生編5 脇あまシャツ
大学生編6 自動車教習所
大学生編7 ビルメンテナンス
大学生編8 露出奴隷な私(全31話)
≪社会人編≫
社会人編1 タクシー露出
社会人編2 初めての靴磨き
社会人編3 新幹線露出
社会人編4 靴磨きのおじさん
社会人編5 沖縄ビーチ24才(全8話)
社会人編6 露出嬉戯(全14話)
社会人編7 全身美容エステ(全18話)
社会人編8 露天風呂(全30話)
社会人編9 下田の海(全?話)
魅惑の世界
エッチテク & お色気ニュース
お持ち帰りされる方法
やっぱり大きい方がいい おっぱい
女子学生の自分撮りテクニック
エッチ視線テレビドラマ2010
男が離れられなくなる女術
究極のチラリズム パンチラ
水着と下着の違い
ノーブラって増えてる?
ウグイス嬢のセクシーボイス

気になる一言


あおいのつまらない話
遊べる ♪ 野球拳

野球拳

行列が途切れない大人気の野球拳!
一時期は全然つながらなかったけど、
最近は少し待てば遊べるよ
画像をクリックすれば画面に飛びます
リンク先は音声が出るからご注意!!

携帯サイトのご案内
 PCサイトとは別に携帯サイトを作成しました。
 ご覧頂くにはお手持ちの携帯機器よりWEBページにつないで頂き、検索窓より『あおいつぼみ』を検索して下さい。
【ページタイトル】
 携帯通信には別途パケット料金がかかりますのでご注意ください。

携帯へmobileあおいつぼみURL送る

プライバシーポリシーとご注意
RSSリンクの表示
アクセス解析
misonoダイエットとは
プロフィール

あおい

Author:あおい

ご訪問ありがとうございます。

何かモノを書きたくって始めました。 つたない文章のど素人作品ですが、どうぞよろしくお願いいたします。







検索フォーム
Site Map (サイトマップ)
カテゴリ
最新投稿
あおいの特選! お勧め小説♪

本物の官能小説が無料で読める
プロ作家が女性心理を見事に物語っています。
 ☆  妄想の座敷牢
~官能小説家、紅殻格子の世界~

いろいろなお話がいっぱい!
ひとみさんの『私の実験』が大のお気に入り!
 ☆  ひとみの内緒話
(入り口は右下にある【入場口】)

♡ Special Thanks ♡
とても良いお話がいっぱい。
ぜひご覧ください。

≪Hなお話 相互リンク集≫

総合サイト 紹介

様々な小説・読み物紹介してます


官能小説ランキング

あおいつぼみは今何位かな?

皆様のワンクリックが順位を上げます。
ぜひ愛の手をお願いします<(_ _)>


ネット小説ランキング

最新コメント
18才以上限定メルマガ


秘密のお買い物
あおいが厳選した人気アイテム
大手Amazonだから安心のNetShop
魅惑のバストアップアイテム
バストを綺麗に魅せる隠しアイテム
魅惑のランジェリー&ショーツアイテム
これで男どもはノックダウン!
貴女の秘密のお楽しみminiアイテム
初心者に優しいミニを集めてみました
貴女を刺激する人気アイテム集
貴女は性感の虜 夢中にさせます
後ろを開発されればもう貴女は性奴隷
信じられない快感が貴女を襲う
彼方のオナアイテム
使用頻度にご注意! やりすぎ厳禁
性生活バイブル
お勉強するには楽しいかも?
あおいつぼみへのメール
リンクのご案内

当サイトはリンクフリーですが、上段↑メールツールより御一報頂ければ幸いです。

相互リンクをお考えの方は「相互リンクについて」をご覧下さい。

リンクバナー置き場はこちらをクリックして下さい

banner20040


banner8831

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。