ご来訪、誠にありがとうございます。

 当サイトは官能小説につき18禁としております。 また性的描写に嫌悪感を持たれる方

の閲覧もご遠慮ください。 ご自身の自己責任において承諾頂ける方のみお楽しみ下さい。

また当サイト内の小説はすべて作り絵空ですのでご承知おきください。

--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-02-19(Fri)

麻衣妖炎 第八十話

≪麻衣妖炎≫

再び甦った男根は膣壁を擦るようにゆっくりと体の中に入ってくる。
入り口からムニュッとした感触がドキッとさせた。

それから穴を広げるように入れられる。
麻衣はもっとも好きな時間。
大輔の顔を見ながら、大輔の大切なものが私の中に入ってくる。 嬉しい・・・

「ああ~ぁ いいぃ~」 甘い声。
大輔はピストン運動を始めた。

膣の中でオチンチンがこすれフワフワした感触が麻衣の体をつつむ。
ああ、とっても気持ちいい・・・ 両手を高く広げ招きいれたい。

キスのおねだり。 大輔を身を伏せて重なる。
麻衣は大輔の唇にむさぼりついた。
やわらかい感触に麻衣の体は甘く・小さくなる。

おちんちんがズンズン突いてくる。 息苦しくなり唇をはずした。
「あっ、あっ、あっ」 大輔の動きに合わせて自然と声が漏れる。

「感じる?」 「な・ん・か、とっても・・・」
ダイのがあたしの中に入ってる。

なにかいつもより、たくましい物があたしを征服するの。
このまま大輔の排泄するものをゴムではなく直接、体で受け止めたい。

いけない。 それはまだ早い。
いや!いつまで冷静にいられるかわからない。 頭が混乱をし始めた・・・

「今日のマイはとっても可愛い、大好きだよ・・マイ」
「あたしも~、ダイのこと・・スキ!」

「あっ、あっ、マイのこと、もっといっぱい・・して・・」

大輔は加速した。 麻衣の体のなかで更に大きく固くなる。
麻衣の胸が大輔の胸とこすれる。
弾力のある麻衣の胸を見ると乳首が尖がっている。 体を浮かして乳首を掴んだ。
麻衣はいやいやするように首を振る。

表情に喜びの笑みがこぼれる。 そのまま胸をわしづかみにした。
口元に指を迎える麻衣。

「強くしていい?」
「もっと・・もっと・・ 強く・・・して」 胸を握り締めた。
 征服され喜びに打ち震える麻衣の裸体・・

体を重ね麻衣の腕を上げる。
わきの下に甘いキッス。 麻衣のウィークポイント。 気持ちよさそうによがる。
大輔は責め続けた。 麻衣の体が発熱を起こしてくる。 体が熱い。

大輔のおちんちんが子宮を突く。
最初はそうだった・・・ それが次第に上に、上に、上がってくる。
お腹から心臓へ。 それが今では顔を通り越して脳に届きそう・・
麻衣の大脳は大輔のペニスによって犯され始める。 体がフワフワ熱い。

両手を上に上げられ抵抗できず犯される。 気分が高まってきたそのとき

「ん~、なんか・・・、へん!! ♡~」

麻衣は無意識につぶやいた。
2010-02-20(Sat)

麻衣妖炎 第八十一話

「ん~、なんか・・・、へん!! ♡~」 感情とは別に体が勝手に声を発した。

「ん? どうした?」
「なんか、なんか・・・ 体がへんなの・・ でも続けて。 止めないで、ネッ、お願い。 そのまま続けて」

切羽詰ったように麻衣は動きを止めた大輔に動くようにお願いした。

なんとなく体が熱い。 子宮がうずく。
なにかのエネルギーみたいなものが子宮を刺激している。
それがしだいに全身に広がり・・・。 無性に大輔にしがみつきたくなった。
両手で大輔の背中に手を回し、力の限り抱きしめる。 

麻衣の雰囲気が変わった。
なにか切羽詰ったものが麻衣にとりついて気持ちを高ぶらせている。

いつもより声が大きいし激しい。 再び麻衣にピストン運動を繰り返す。
力の限り熱いものを麻衣に注ぎ込みたかった。

体ごと大きくグラインドさせながらペニスをぶつけた。
ふいに麻衣に抱きしめられた。
動きにくくなるが、腰だけは動かしてなんとか続ける。
ここは男の頑張りどころ・・・

大輔のものがあたしの体の中で熱くて大きく感じられる。
熱く大きいものが体の中でズンズン突いて暴れ責めてくる。

気持ちいいのは通り越していた。
「あっ、あっ、 いいぃ~、 もっと・・ もっと・ してぇ~」
素直に欲望の声をあげた。 恥ずかしくはなかった。

体が反応してしまっている。 体がブルブル震える。
このまま続けば、あたしの体はどうなるの?

子宮の喜びが全身を襲い始めた。
あっ、これがそうなの? なにか来る。

なにか別のものがあたしの体に襲ってくる。 我慢ならない。
大輔の動きに合わせて麻衣も動いた。
もっと激しく突いて! 体が“へん”になる。

「ああああぁ~、 なんか・・来る・・」 「行きそうなの・・・」
「ああぁ~~」 大きな声が出そうなので、思わず手で口を押さえた。

抱きしめられていた大輔が開放され大きく動き出すことができた。

麻衣は我慢できなかった。
激しく自分から腰を振り、大輔との結合を求めた。

大輔のおちんちんから、大輔の体全部、すべてを自分の体の中に入れたい。
ああっ欲望が止まらない・・・

あっ、あっ、頭の中が真っ白に光りだす。
それと共に体が浮き、空高く彷徨いはじめた。

「あっ、あっ、あぁ~ァ」 麻衣の体は硬直から痙攣を始めた。
ビクビク体が震える。

麻衣は初めて頂点といわれるエクスタシーを迎えた。
女のエクスタシーは男より時間は長い。

まだ発射できない大輔はゆるやかにピストン運動を続けた。
「はぁ~、はぁ~はぁ~」
呼吸を乱している麻衣を見ながらゆっくりとスピードダウンし、静かに動きを止めた。

「良かった?」
「は、は、初めて・・ こ、こんなの、初めて・・ いっちゃたみたい・・」

まだ痙攣は治まらない。 ときおりビクンと痙攣を起こす。

自分から欲望の限り激しく腰を振ってしまった。
麻衣は恥ずかしいと思ったけど、今はそんなことを言っていられる身体の状況ではなかった。

「ねぇ、こんどはダイが行って欲しいの・・」
自分だけ乱れた姿を見られたのは恥ずかしい。 大輔も一緒に行って欲しかった。

大輔が私の体で満足して欲しい。
満足できるまで・・・どんなに時間がかかってもこの身を差し出す。

 あたしの体の中で楽しんで欲しいの。
2010-02-22(Mon)

麻衣妖炎 第八十二話

少し落ち着いてきたのでまた大輔は腰を動かし始めた。
最初はゆっくり。 麻衣の体を楽しむように。

麻衣が絶頂を迎えると、搾り取られるような強い締め付けをペニスに感じた。
もう2回発射しているので爆発しそうにはならなかったけど、もう少し時間が長く続けばわからなかった。 でも次は麻衣の中で行きたいと思う。

ゆっくりとピストン運動を繰り返すペニスとワギナ。
二人にとって再び妖しい気配が漂う。

リズムよく大輔のものが麻衣の膣を刺激する。
今度はがまん。 そう麻衣は思っている。

もし大輔が私の体の中で暴れだしても、今度は我慢して大輔に放出してほしい・・・そう思い麻衣は大輔の腕の中で、静かに時が来るのを待っていた。

男の胸の中で甘く小さくなっている麻衣。 女の性を感じる。
やっぱり女って得だ。 いっぱい愛してもらうことに喜びを感じる。

ギシ、ギシ、ギシ、単調なリズムに大輔のものをホールで感じながらベッドのきしむ音を麻衣は聞いていた。

クッチャ、クッチャ、・・・いやらしい音も聞こえる。
あ~ぁ、また子宮に火種が。 大きく開かれた股に大輔が責める。

「あ~ぁ、い~~ぃ~ ダァイィィ! 今日、とっても・・す・ご・いぃぃ」
我慢するつもりが耐えられそうにないのを不安に思った。
 ひょっとしたらダメかもしれない・・

ギシ、ギシ、ギシ、 クッチャ、クッチャ、クッチャ

脳裏に淫靡な音が響き渡る。 股間が熱い・・ 子宮に湧いた炎が大きくなる。
やがてそれが業火となり身を焦がす。 それは一度燃え盛ると手がつけられない。
身で感じる。

「ダイ、まだ・・ あっあっ、 あたし・・ダメかもしれない・・」
大輔に早く行って欲しかった。 体がもちそうにない。

「あっ・・あっ・・あ~・・ダイ、お願い、いって・・ ダメ・・ また・・きそう・・」 体の中で火の手が上がりだした。

「お願い、いって・・ でないと・・ ん、あぅ、 わ・・あたし・・ん! あぁぁ~、あたし・・こわれる・・・」

このまま犯され続けると脳神経も体も壊れると不安に感じた。
しかもそれは近い・・

「あ~、ダメダメダメ・・ いぃ、いや~~ぁ~ 壊れる・・・ マイの・・からだ・・こわれる。 あぁぁぁ~」
再び業火が麻衣の体を包み始めた。 嵐が麻衣の体を飲み込む。

ワギナがペニスを吸い取るように収縮を始めた。
それに伴い体にも痙攣が襲う。 ビクビク体がしびれる。

溜まらずまた麻衣は自分から強く腰を振り始めた。
下から自分で腰を振るのは恥ずかしい。
でも“もっと”と身体が欲する。 と、と、止まらない・・

大きな声が出そうなので口を押さえたが時すでに遅し。
手の隙間から絶叫を放った。

大輔は麻衣を見ていた。
身をよじったりして我慢していたみたいだけど、呑まれる波に勝てなかった。

激しく振られる腰が空高く浮いた瞬間、大きな絶叫を放ち痙攣する。
大輔もペニスの先端に大きな膨らみを感じ、もうすぐ終焉を感じ取る。
麻衣の絶叫の後、遅れて発射した。

「はぁ~~ はぁ~~」 大輔は発射の安堵から麻衣に身を重ねた。

ピク、ピク、麻衣はしばし全身の痙攣が続く。 本当に壊れると思った。
今まで体験したことのない大きな波が来て、体を宙に放り上げられた感じ。

身も心も真っ白。 燃え尽きる。
“女がいく”ってこういう事なんだと初めて知った。

余韻を楽しむかのように素肌を合わせたまま眠ったように二人重なったまま、しばらく動けない。

大輔も大きなエネルギーを放出させたのですぐには動けなかった。
しばらくしてから麻衣はキスを求めた。 フレンチキッスを繰り返す二人。

大輔のものが小さくなって“つるん”と麻衣から抜け落ちた。
それを合図に大輔は麻衣から下り、すぐ横に横たわる。

麻衣は甘えたかった。 横たわる大輔の胸にホオを乗せる。

「とってもすごいの・・ 初めて“いく”ってわかった。 しかも2回も・・ 軽蔑しない?」
「ん? けいべつ?」 大輔は意味がわからないでいた。

麻衣は大きな声を上げ、エクスタシーを迎えたくって自分から腰を振ったのを恥じていた。

そんないやらしい自分をさらけ出して、大輔に嫌われないかと心配になる。
「だってぇ… 大きな声出しちゃったでしょ。 いやらしい女だと思うんじゃないかと思って」

大輔は麻衣のことを可愛く思えた。
性欲をあらわさないと男と女の関係は続かない。

なのに乱れた姿をみられて恥じている麻衣。 そんな“ウブ”なところが可愛い。

「なんだ、そんなこと。 マイが感じてくれて嬉しいよ」
「えぇ~ほんとぉ~、いやらしいと思わない?」

「そんなこと思わないよ。 だって僕がして、感じてくれれば嬉しいだろう」
「ほんと~ぉ よかった」
「本当にホント。 だって今まで行ったこと、なかっただろう。 僕ばっかりで悪いと思ってたよ。 マイを行かせることができてよかった」

「マイ・・・かわいいよ」 麻衣の胸がキュンキュン鳴った。
そんな言葉をベッドの中で言われると、とてもたまらない。

ルンルン気分 大輔で良かった。
大輔の上に乗った。 広くて大きな胸。 安らぎの気分。

大輔の乳首にキスしてから、顔のところまで登り唇を重ねた。
いつまでも、くっついていたい、そんな気分。

続きを読む

きのこのいえ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Music Movie

イディナ・メンゼル

巷にはあふれかえる名曲『LET IT GO』 あおいは男性バージョンの方が好きです 3分過ぎからの歌声は圧巻!


露出小説 ~露出の魅惑~
かおりの露出体験
露出狂の私
もっとエッチにいやらしいことしてみたい
露出の魅惑 始めに
≪中学生編≫
中学生編1 スカートの中の秘密
中学生編2 家の中での露出
中学生編3 バスの中の露出
中学生編4 ノーブラチャレンジ
中学生編5 家庭科室のお掃除
中学生編6 全裸で縛られ遊び
中学生編7 全裸でトイレ 学校編
中学生編8 外で初めての全裸
中学生編9 深夜のプール
中学生編10全裸でバスケットボール
中学生編11スカートの中の秘密
中学生編12小学校の校庭(全9話)
中学生編13生おっぱい露出
中学生編14下着屋さんでの失敗談
≪高校生編≫
高校生編1 ノーパン初露出
高校生編2 ペットと添い寝
高校生編3 スポーツ用品店
高校生編4 露出狂のあたし(全6話)
高校生編5 ウォータースライダー
高校生編6 通過電車
高校生編7 高2の海水浴(全9話)
高校生編8 どMな私(全6話)
高校生編9 ファスナー全開
高校生編10台風に燃える
高校生編11Gパン短パン
高校生編12ダウンジャケット
高校生編13スキー温泉旅行(全2話)
高校生編14高3の海水浴(全11話)
高校生編15かがみ
高校生編16浴衣が全開
高校生編17卓球でオールヌード
高校生編18ハミ尻卓球
高校生編19寒い冬の電車
≪大学生編≫
大学生編1 電車の中でパンチラ
大学生編2 自転車露出
大学生編3 アクセサリーショップ
大学生編4 濡れたTシャツ(全2話)
大学生編5 脇あまシャツ
大学生編6 自動車教習所
大学生編7 ビルメンテナンス
大学生編8 露出奴隷な私(全31話)
≪社会人編≫
社会人編1 タクシー露出
社会人編2 初めての靴磨き
社会人編3 新幹線露出
社会人編4 靴磨きのおじさん
社会人編5 沖縄ビーチ24才(全8話)
社会人編6 露出嬉戯(全14話)
社会人編7 全身美容エステ(全18話)
社会人編8 露天風呂(全30話)
社会人編9 下田の海(全?話)
魅惑の世界
エッチテク & お色気ニュース
お持ち帰りされる方法
やっぱり大きい方がいい おっぱい
女子学生の自分撮りテクニック
エッチ視線テレビドラマ2010
男が離れられなくなる女術
究極のチラリズム パンチラ
水着と下着の違い
ノーブラって増えてる?
ウグイス嬢のセクシーボイス

気になる一言


あおいのつまらない話
遊べる ♪ 野球拳

野球拳

行列が途切れない大人気の野球拳!
一時期は全然つながらなかったけど、
最近は少し待てば遊べるよ
画像をクリックすれば画面に飛びます
リンク先は音声が出るからご注意!!

携帯サイトのご案内
 PCサイトとは別に携帯サイトを作成しました。
 ご覧頂くにはお手持ちの携帯機器よりWEBページにつないで頂き、検索窓より『あおいつぼみ』を検索して下さい。
【ページタイトル】
 携帯通信には別途パケット料金がかかりますのでご注意ください。

携帯へmobileあおいつぼみURL送る

プライバシーポリシーとご注意
RSSリンクの表示
アクセス解析
misonoダイエットとは
プロフィール

あおい

Author:あおい

ご訪問ありがとうございます。

何かモノを書きたくって始めました。 つたない文章のど素人作品ですが、どうぞよろしくお願いいたします。







検索フォーム
Site Map (サイトマップ)
カテゴリ
最新投稿
あおいの特選! お勧め小説♪

本物の官能小説が無料で読める
プロ作家が女性心理を見事に物語っています。
 ☆  妄想の座敷牢
~官能小説家、紅殻格子の世界~

いろいろなお話がいっぱい!
ひとみさんの『私の実験』が大のお気に入り!
 ☆  ひとみの内緒話
(入り口は右下にある【入場口】)

♡ Special Thanks ♡
とても良いお話がいっぱい。
ぜひご覧ください。

≪Hなお話 相互リンク集≫

総合サイト 紹介

様々な小説・読み物紹介してます


官能小説ランキング

あおいつぼみは今何位かな?

皆様のワンクリックが順位を上げます。
ぜひ愛の手をお願いします<(_ _)>


ネット小説ランキング

最新コメント
18才以上限定メルマガ


秘密のお買い物
あおいが厳選した人気アイテム
大手Amazonだから安心のNetShop
魅惑のバストアップアイテム
バストを綺麗に魅せる隠しアイテム
魅惑のランジェリー&ショーツアイテム
これで男どもはノックダウン!
貴女の秘密のお楽しみminiアイテム
初心者に優しいミニを集めてみました
貴女を刺激する人気アイテム集
貴女は性感の虜 夢中にさせます
後ろを開発されればもう貴女は性奴隷
信じられない快感が貴女を襲う
彼方のオナアイテム
使用頻度にご注意! やりすぎ厳禁
性生活バイブル
お勉強するには楽しいかも?
あおいつぼみへのメール
リンクのご案内

当サイトはリンクフリーですが、上段↑メールツールより御一報頂ければ幸いです。

相互リンクをお考えの方は「相互リンクについて」をご覧下さい。

リンクバナー置き場はこちらをクリックして下さい

banner20040


banner8831

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。