ご来訪、誠にありがとうございます。

 当サイトは官能小説につき18禁としております。 また性的描写に嫌悪感を持たれる方

の閲覧もご遠慮ください。 ご自身の自己責任において承諾頂ける方のみお楽しみ下さい。

また当サイト内の小説はすべて作り絵空ですのでご承知おきください。

2013-08-07(Wed)

いけない遊び (若かりし暴走) ≪第4話≫

とにかく男の子たちがいる前で、まるで水着に着替えるような気持ちでスカートのホックをはずし、

ファスナーを下げるといさぎよくスカートから手を離すと、

当然ながらスカートはなんの支えもなく、重力に引っ張られるままストンと落ちる。

ちまちま脱ぐより、その方が抵抗ないんじゃないかと思ったのでそういうふうにしてみた。

男の子たちが「大はしゃぎ」だったのはいうまでもない。

クラスの同級生の女の子が目の前でブラとショーツだけの姿になったのだ。

男の子にとってこんなに嬉しいことはないはず。

でもその時は恥ずかしい思いはしたものの、イヤラシさは感じなかった。

それが私の救いだったのかもしれない。


時間は止まらず、下着姿になってもジャンケンは続けられ負ける。

夢遊病者のように思考が停止したままブラのホックを外し、前は腕で隠しながらブラジャーを取った。

この頃からだったと思う、私はプルプル震えだした。

緊張の極みだったからだと思う。

小刻みながら、全身が痙攣を起こすようにガクガク震えたけど、

その時はまだ男の子には気づかれていないと思っていた。

だからすぐさまジャンケンは続けられた。

そういえばあとから振り返ってみると、この時の男子はあまり騒がなかった。

静かに、静かに、ジャンケンは続けられた。

たぶん、男の子たちも緊張をしていたのかもしれない。

なぜかその時は勝った。

その子がアンダーシャツを脱ぐと3人ともほぼ裸ん坊。

次のジャンケンは、まけた。

とうとう最後の砦を失うとき。

なにも考えず、片手で胸を隠したまま、もう片方の手でショーツを下げようと下着の間に指を滑らせ、

ずり下げる方法を取った。

だけどショーツは下がらない。

指先は小さな薄い布切れと、ボヨ〜んと張った肉脂肪との間に入ったものの、そこから先は力が入らない。

脱いだらこれで終わりになる。

男の子たちの目的も達成できたんだから、それで終わりになる。

終わりにするためには早く最後の一枚を脱がにゃきゃならない。

だけど力が入らない。

途方に暮れる。


「どうしたの?」

「ち、力が、・・・、は、い、ら、な、い」

「大丈夫?」

「うん」

そんな返事をしたけど、煮詰まっている。

なんかフラフラしてきた。

「もう、やめようか」

「見たかったんでしょ」

「そっ、そりゃ、まぁ・・・」

男の子は薄笑いを浮かべた。

「いいよ、好きにして。 わたし、できそうにもない」

今から思えば、なんたる大胆発言、身を委ねたのだ。

一人の子が近づくと私の前でしゃがむ。

あたしの指先は腰骨の前にできる下着の隙間に入ったまま。

その少し浮いたショーツに手をかけると、私は指を離す。

「まっ、約束だもんな」

そんなこと言わなくてもいいのに。

でも黙って突っ立ってた。

男の子は最後の薄布を下げると、膝から足首まで一気に降ろし、私は片足を浮かせ、

そこからスルリの滑るように取り払われた。

あたしの身を唯一隠していた最後の小さな布切れが、あたしの体から離れていった。

一瞬、時が止まる。


目をつぶると、あたしの体が揺れ始め、前後左右に大きく揺れだし、

「あっ、あぶない」

倒れそうな私をもう一人の子が抱きしめてくれた。

両手を背中に回し、グッと抱きしめるように私は抱かれた。

裸と裸。

火照った肉体同士の肌が密着した。

私はその子に体重を預けた。

少し汗っぽい、骨太の肉体に思えた。

グッと抱きしめてくれる。

「大丈夫?」

「うん、ごめんなさい」

「立てる?」

「うん」彼は両手を離してくれた。

「もう、いい、かな?」

服を着てもいいかと聞いた。

「そうだね」

3人とも黙って服を着て、体育館を出る。

「大丈夫?」

外は真っ暗で他の生徒たちはいなかった。

「うっ、・・・、ん」意味ありげな返事。

男の子たちは次に私の出る言葉を待った。

「誰にも、内緒にしてくれる」

「当たり前だろう。 絶対言わない」

「ほんとに、ほんとにね。 だったら、かまわない」

「絶対、約束する」

そうして3人は別れた。
2013-08-08(Thu)

いけない遊び (若かりし暴走) ≪第5話≫

《第二章 ハードワーク・オナ》

私はその夜、激しいオナニーをした。

最初は寝付けず、悶々としていたところでパジャマのズボンから、

その中にある下着の中に指を滑らせ、敏感な場所を弄ってた。

それはそれで気持よかったんだけど、思いはしだいにエスカレートした。

下着の中で指を動かすのは窮屈。

私は激しいエッチしてみたくなり、ベッドから抜け出すと鏡の前に立ち、パジャマ下とショーツを脱ぎ去った。

その格好で自分を鏡に映すと、そこには黒々とした陰毛が映し出されている。

彼たちはこれを見たのだろうか。

あの時、あまりそっちには気にかけていなかったけど、絶対見ているはず。

その陰毛を少し引っ張ってみると、奥の敏感な場所が揺れる。

気持ちよかった。


本当はいやらしい自分。

一本のペンを取り出し陰毛をかき分け、その奥へ滑らせると敏感な粒上のものにペン先を当て、こする。

その姿を鏡に映し、いやらしい自分を堪能した。

変態っ子ちゃん

自分のことをそう思った。

もっと激しいことをしたくなり、ベッドに横たわるとペンを女穴に入れクリトリスをいじる。

ふだんのオナニーだったらこれで十分満足するはずが、その時は心も乾いていて、

もっとエスカレートな事を求めていた。

ペンを女穴に出し入れしても要求は収まらない。

そばにあった黒マジック発見した。

両サイドにペン先があり、細い方と太いペン先がある、どこでも見られるタイプのもの。

それを試したくなった。

太い方と細い方、しばし思い悩んだが、やはり細い方で試すことにした。

ペンを女穴から外し、代わりのそっとマジックを当てた。

クチュっと音をたて、細マジックのキャップが体内に沈む。

痛くはなかった。

そーっと、そーっと、奥まで入れてみた。

びっくりしたことにドンドン入っていく。

どこまで深いの、私のあそこ。

恐怖心が湧いたが、勇気を持ってみた。

男の人のあれは20センチぐらいあるという。

マジックの半分ぐらい、体に入ったとしても不思議ではない。

そうして異物をいれたまま、またクリトリスをいじる。

こするととても気持ちいい。

そんなエッチな感触がとても官能的に思えた。


でも、その一方、今日はそれで収まりたくなかった。

最後の最後まで変なことをしてみたい。

ペンはいつも愛用する愛玩具。

それを余らしてる手はない。

もう一つの穴に入れてみたい・・・いけないことを考えた。

こっちは滑走液がないので、自分の漏らしたエッチな液で湿らせ、穴に当てるとそっと押してみた。

最初は反発があるものの、ペン先がクチュっとはいったみたい。

でもその先からは大変だった。

なかなか奥へとは進まない。

自分のしたたる液体を指ですくい、ペン周りに塗りつけ、静かに押し込むと少しずつだけど体に中に入っていった。

でも思っていたよりあまり入らない。

初めてだし、上手くないんだと自分に言い聞かせ、後退を試みたその時、あたしの肉体に変化が訪れた。

入りにくいのなら、当然、出にくい。

ペンに私の肛門筋がまとわりつき、ペンを逃さなかった。

つまり出すにも一苦労。

見えてないから正確なことはわからないけど、ペン先には書きやすいようゴム質のラバーが巻かれている。

そのラバーが私の肛門筋に引っ掛かり、逃さないでいた。

無理に引っ張ると、肛門が引っ張られてイケない感触が体を襲った。

初めて体験するいけない快感。

「あっ、はぁぅ」

感じてはいけない所で感じてしまった私。

新たな刺激は、決して人に告白できない場所。

そんないけない所を犯された肉体は快感を期待している。

恐る恐る少し入れてみた。

肛門のシワが寄り、中に引き込まれる。

「うぅっっ」

一度手を離し、引っ張ると「ああん」いけない声を漏らしてしまいそうになる。

私の興味はイケない場所に集中してしまった。

私はベッドで横向きになると思いっきり足を広げ、女芯を弄った。

もう片方の手で肛門に突き刺さったペンを揺らす。

快感が身を襲った。

「はぅ」気持ちいい。
2013-08-09(Fri)

いけない遊び (若かりし暴走) ≪第6話≫

もっと気持ちよくなりたくて激しく女芯をこすりながら、

今度はペンをひねってみると、肛門はよじれ新たな刺激感を生み出す。

これだ!と思った私は激しくクリをこする一方、無茶苦茶にペンを出し入れしたり回したりして快感を求めた。

期待通りに気持よくなれた。

もっと、もっと、快感が欲しい。

ベッドから降りるとパジャマ上を脱ぎ、身体を鏡に映してみた。

寝るときはブラをしていないので素っ裸の肉体が鏡に映し出される。

異常に興奮していたと思う。

淫らな顔をした女が全裸を鏡に映して悦んでる。

股間から黒い物体が2本ぶら下がっていた。

変態女、私はそう思った。

いやらしい肉体に異物を入れて悦んでる女。

これ以上のないくらいのいやらしい、すけべな変態女。

そうやって自分で自分の罵りながらベッドに向かった。

この変態女、もっと気持ちよくなりたいんでしょ。

やらしてあげるからそこに寝な。

ベッドに上がると何かの拍子に股間からはみ出てるペンがシーツにあたり、おしりの穴をツン!と刺激した。

これだと思った私は、女の子座りをしながらゆっくりとお尻をシーツに近づけると、ツン!

お尻の穴に刺激が伝わる。

あまり深くまで入ると怖い気がしたので、チョンチョンと当てる程度にして、前の女芯をこすった。


私は変態女。

異物を股間に差し込みながらオナニーをしている。

こんな私はきっと変態。

そんなことを考えながら女芯をこすった。

擦って、こすって、コスって、ひねる。

あたしの女芯での楽しみ方。

そうやってしだいに気持ちよくなってくる。

チョコン、チョコンとお尻の穴にも快感が生まれ、肛門から女穴、女芯まで伝わってくるととても気持ちいい。

「あっ、あっ、あっ」声を押し殺しつつ欲情する私。

もう片方の手を胸に当て、むんずと掴まれるイメージで乳房を鷲掴みにしてみた。

大きくはないけど、小さくもない胸は私の手によってムニュッと変形する。

両方のおっぱいを交互にもみ砕きながら女芯を激しくこすり続ける。

見ると両方の乳首は、はち切れんばかりに膨らんでいた。

性欲にあふれた乳首は、さらなる刺激を求めている。

まさに欲情したメスの肉体。

欲情した乳房はいつもより前に突き出し、重量感を感じた。

胸もまた私同様興奮しているのだろう。

ふだんより重くなった乳房の先、興奮のあまり膨らんだ乳首。

それを指で捉えつまんでみると、甘味な味がした。

今日の私はそれをゆるさない。

ぎゅっと指で挟んで押しつぶすと、激痛にも似た刺激が脳天めがけて襲ってくる。

ギュウギュウ摘んでは、ひねりを加え、つぶさんばかりに乳首をいじめた。

それが気持ちよかった。

股間に伸ばした指先も、今までにしたことがないくらいに力を入れ、女芯を擦った。


こすって、こすって、こすって、こすって、こすって。


擦りすぎて、煙が出ちゃうんじゃないかと思えるくらいコスって、女芯をいじめた。

「あっ、あっ、あっ、いい、んん、いっ、いい」

気持ちいいんでしょ。 そんな刺激が欲しかったんでしょ。

いいわよ、虐めてあげる。 気持ちいいからもっと頑張んなさい。

頭のなかでそんな言葉が浮かんでいた。

虐めて、虐めて、あたしの肉体をもっと虐めて。

激しくこすっていた股間から指を離し、爪を立てるとそのつめ先で、女芯を捉え、ギュッと圧しつぶした。

と、同時に乳首にも爪先を食い込ませた。

「あぁん〜ん」

ギュッ、ギュッ、ギュッ、力を加えるたび頭が真っ白になり、

視点が合わない目は壁からベッド、その上のシーツを映しだしたと思ったら、

シーツが間近にせまり暗闇になった。

顔面からベッドに崩れると、お尻は高い位置にあり、その体制のまま気合を込めてクリトリスに爪を立てた。

あそこがわなわなと震え、

溢れだした大量のエッチなお汁とともにマジックインクはあそこから抜け落ちベッドに転がると、

意識も含め何もかも飛んだ。

肉体も意識も、宙を彷徨って白く飛んだ。

顔面と膝をベッドにつけ、お尻を高々とあげていた姿勢は横倒れて、ベッドに崩れ落ちる。

何もかも気持ちいい。

こんな快感は初めて。

とても満足したオナニー。
きのこのいえ
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
Music Movie

イディナ・メンゼル

巷にはあふれかえる名曲『LET IT GO』 あおいは男性バージョンの方が好きです 3分過ぎからの歌声は圧巻!


露出小説 ~露出の魅惑~
かおりの露出体験
露出狂の私
もっとエッチにいやらしいことしてみたい
露出の魅惑 始めに
≪中学生編≫
中学生編1 スカートの中の秘密
中学生編2 家の中での露出
中学生編3 バスの中の露出
中学生編4 ノーブラチャレンジ
中学生編5 家庭科室のお掃除
中学生編6 全裸で縛られ遊び
中学生編7 全裸でトイレ 学校編
中学生編8 外で初めての全裸
中学生編9 深夜のプール
中学生編10全裸でバスケットボール
中学生編11スカートの中の秘密
中学生編12小学校の校庭(全9話)
中学生編13生おっぱい露出
中学生編14下着屋さんでの失敗談
≪高校生編≫
高校生編1 ノーパン初露出
高校生編2 ペットと添い寝
高校生編3 スポーツ用品店
高校生編4 露出狂のあたし(全6話)
高校生編5 ウォータースライダー
高校生編6 通過電車
高校生編7 高2の海水浴(全9話)
高校生編8 どMな私(全6話)
高校生編9 ファスナー全開
高校生編10台風に燃える
高校生編11Gパン短パン
高校生編12ダウンジャケット
高校生編13スキー温泉旅行(全2話)
高校生編14高3の海水浴(全11話)
高校生編15かがみ
高校生編16浴衣が全開
高校生編17卓球でオールヌード
高校生編18ハミ尻卓球
高校生編19寒い冬の電車
≪大学生編≫
大学生編1 電車の中でパンチラ
大学生編2 自転車露出
大学生編3 アクセサリーショップ
大学生編4 濡れたTシャツ(全2話)
大学生編5 脇あまシャツ
大学生編6 自動車教習所
大学生編7 ビルメンテナンス
大学生編8 露出奴隷な私(全31話)
≪社会人編≫
社会人編1 タクシー露出
社会人編2 初めての靴磨き
社会人編3 新幹線露出
社会人編4 靴磨きのおじさん
社会人編5 沖縄ビーチ24才(全8話)
社会人編6 露出嬉戯(全14話)
社会人編7 全身美容エステ(全18話)
社会人編8 露天風呂(全30話)
社会人編9 下田の海(全?話)
魅惑の世界
エッチテク & お色気ニュース
お持ち帰りされる方法
やっぱり大きい方がいい おっぱい
女子学生の自分撮りテクニック
エッチ視線テレビドラマ2010
男が離れられなくなる女術
究極のチラリズム パンチラ
水着と下着の違い
ノーブラって増えてる?
ウグイス嬢のセクシーボイス

気になる一言


あおいのつまらない話
遊べる ♪ 野球拳

野球拳

行列が途切れない大人気の野球拳!
一時期は全然つながらなかったけど、
最近は少し待てば遊べるよ
画像をクリックすれば画面に飛びます
リンク先は音声が出るからご注意!!

携帯サイトのご案内
 PCサイトとは別に携帯サイトを作成しました。
 ご覧頂くにはお手持ちの携帯機器よりWEBページにつないで頂き、検索窓より『あおいつぼみ』を検索して下さい。
【ページタイトル】
 携帯通信には別途パケット料金がかかりますのでご注意ください。

携帯へmobileあおいつぼみURL送る

プライバシーポリシーとご注意
RSSリンクの表示
アクセス解析
misonoダイエットとは
プロフィール

あおい

Author:あおい

ご訪問ありがとうございます。

何かモノを書きたくって始めました。 つたない文章のど素人作品ですが、どうぞよろしくお願いいたします。







検索フォーム
Site Map (サイトマップ)
カテゴリ
最新投稿
あおいの特選! お勧め小説♪

本物の官能小説が無料で読める
プロ作家が女性心理を見事に物語っています。
 ☆  妄想の座敷牢
~官能小説家、紅殻格子の世界~

いろいろなお話がいっぱい!
ひとみさんの『私の実験』が大のお気に入り!
 ☆  ひとみの内緒話
(入り口は右下にある【入場口】)

♡ Special Thanks ♡
とても良いお話がいっぱい。
ぜひご覧ください。

≪Hなお話 相互リンク集≫

総合サイト 紹介

様々な小説・読み物紹介してます


官能小説ランキング

あおいつぼみは今何位かな?

皆様のワンクリックが順位を上げます。
ぜひ愛の手をお願いします<(_ _)>


ネット小説ランキング

最新コメント
18才以上限定メルマガ


秘密のお買い物
あおいが厳選した人気アイテム
大手Amazonだから安心のNetShop
魅惑のバストアップアイテム
バストを綺麗に魅せる隠しアイテム
魅惑のランジェリー&ショーツアイテム
これで男どもはノックダウン!
貴女の秘密のお楽しみminiアイテム
初心者に優しいミニを集めてみました
貴女を刺激する人気アイテム集
貴女は性感の虜 夢中にさせます
後ろを開発されればもう貴女は性奴隷
信じられない快感が貴女を襲う
彼方のオナアイテム
使用頻度にご注意! やりすぎ厳禁
性生活バイブル
お勉強するには楽しいかも?
あおいつぼみへのメール
リンクのご案内

当サイトはリンクフリーですが、上段↑メールツールより御一報頂ければ幸いです。

相互リンクをお考えの方は「相互リンクについて」をご覧下さい。

リンクバナー置き場はこちらをクリックして下さい

banner20040


banner8831